« 「流通価格の不思議」(あぶらむ通信メルマガ版) | トップページ | 「岩手・大槌町で新団体、住民を雇用し収益還元 」 »

2014/07/09

第39次東北交流支援

第39次東北交流支援

2014年6月28日 16:41

西島株式会社 西島 篤師様から

 

日頃お世話になっている皆樣方へ、西島篤師です。

 

 

去る6月19日(木)から21日(土)まで第39次東北交流支援へいって参りました。その報告書と写真を石巻専修大学の石川次長がファイルにしてくれましたので添付します。

 

 

今回は、愛知県が事務局をしている異業種交流グループ「ハイテクあいち」(丸山育利・代表幹事)のメンバー15名をお連れしました。メンバーの一人、中浦正浩氏が永年懇意にしている林家染也師匠をお連れして「笑い」をお届けすることにしました。染也師匠はこの9月に三代目「菊丸」という大名跡を百十数年ぶりに襲名します。上方落語界のエースでもあります。

 

 

19日(木)に南三陸町のホテル観洋、20日(金)に宮城県女川町清水仮設住宅、そして石巻専修大学の三カ所で、林家染也師匠に落語高座をお願いしましたが、場所、聞いている人の男女構成、年齢層などを考慮し、師匠はその場で演題を決め、大いに笑っていただきました。女川町の仮設住宅では、ナンキンタマスダレまで披露してくれました。どの会場からも「染也師匠、また来てください!」とおばあちゃんやおじいちゃんが熱烈な握手をもとめていたのが印象深く残っています。笑う門には福来たる、日常を一時忘れて、大いに笑う、いいですね!染也師匠は、メンバーとの懇親会の席でも「あいさつということですけど、落語家ですからお題をいただければ即興でお答えします。」といったら、ハイテクあいちのメンバーから「ハイテクあいちでお願いします。」と出題。染也師匠は「いやあ、なかなか難しいお題ですけど、ハイテクあいちとかけて、新幹線と解く、その心は、のぞみもひかりもあります。」さすがですね。

 

 

その他、石巻専修大学、石巻市立渡波保育所、女川町立女川中学校にハイテクあいちのメンバーやドイツから義援金、「絆」の文字を使った金太郎あめ、冷や麦セットなどをお届けしました。ありがとうございました。

 

 

次回は、7月27日(日)、28日(月)に東北へ行きますが、世界で大活躍している演奏家4名をお連れして、楽しいクラシックコンサートを企画しています。いつも、格別なるご配慮に心からお礼申し上げます。 平成26年6月28日(土) 西島篤師

 

|

« 「流通価格の不思議」(あぶらむ通信メルマガ版) | トップページ | 「岩手・大槌町で新団体、住民を雇用し収益還元 」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「流通価格の不思議」(あぶらむ通信メルマガ版) | トップページ | 「岩手・大槌町で新団体、住民を雇用し収益還元 」 »