« ガイアシンフォニー応援フォーラム  | トップページ | ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』 »

2013/12/12

明治村のこと

明治村のこと

 

明治村と言えば誰もが犬山の「明治村」を思い浮かべるのではないでしょうか?

ところが本当の明治村は今の安城市あたり、碧海郡に実際にあった村なんです。

ある人からそのことを聞いてウィキペディア(Wikipedia)で調べてみました。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/明治村

 

  • 江戸時代末期、この地域は刈谷藩領、福島藩領[2]、沼津藩領、西端藩領、天領、旗本領、寺社領などが混在していた。
  • 1878年(明治11年) - 石井新田と城ヶ入村が合併し、城ヶ入村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 -
    • 高棚村と榎前村が合併し、高棚村となる。
    • 米津村と南中根村が合併し、米津村となる。
  • 1890年(明治23年)10月20日 - 高棚村[3]から榎前村が分立する。
  • 1906年(明治39年)5月1日 - 米津村、西端村、東端村、根崎村、城ヶ入村、和泉村、榎前村が合併し、淵辺村となる。
  • 1906年(明治39年)5月7日 - 明治村に改称する。[4]
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 分割され、安城市、碧南市、西尾市に編入される。

 

 

  1. ^ 1943年に海軍が開設した飛行場。明治村大字東端、根崎、和泉(現・安城市)にまたがる地域に位置していた。1944年7月に第三四五海軍航空隊明治派遣隊の基地となり、以後第三四一海軍航空隊明治派遣隊、第二一〇海軍航空隊、東海海軍航空隊の基地となった。現在、飛行場自体は残っていないが、防空壕、弾薬貯蔵庫、燃料貯蔵庫の建物や痕跡が残る。

 

知覧から出発する特攻隊の飛行士はここで訓練を受けてから飛び立ったそうです。

戦争末期にはアメリカの爆撃機がこの明治村の飛行場を空襲してきました。

|

« ガイアシンフォニー応援フォーラム  | トップページ | ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガイアシンフォニー応援フォーラム  | トップページ | ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』 »