« 特攻隊の真実  講演会のお知らせ | トップページ | はんだ郷土史だより   11月号 »

2013/12/22

揖斐川町の朝鳥明神の冬至祭 

もう何回目になるでしょうか?
磯野 等さんから いや違う 郡上の前田さんから教えてもらった
揖斐川町の朝鳥明神の冬至祭 
今朝も磯野 さんに会いました。彼は毎年来られているようです。

冬至の日の朝  朝日が登るときに神社に集まりお供えをして
氏子代表が
コケコー  コケコー  コケコー
と大きな声で言います

すると集まっていたみんあなが
オー と大きな声をあげます。

あとは焚き火を囲んで直会をして終わり。

今年も大垣の年配の女性が私を待っていてくれました。
うれしいですね。
生きていてよかったね  と

ここで逢えるのを楽しみにしています。

今朝はまん丸い太陽が鳥居の真ん中に出ました。
朝鳥明神は神社の社はありません。
簡単な祠があるのみ。山の中に石がいくつかしめ縄を
しめてあります。
この石の位置は太陽光のあたる場所にあるのだそうです。
後ろの山の中には前方後円墳があるらしいです。

 
写真: 氏子代表。この方がコケコーと三回 叫びます。
写真: 鳥居の真ん中に太陽が  冬至の日だけです。
写真: しめ縄のある石が神様です。
お酒の向こう側に古いお経の巻物がお供えされています。
600年前のものだそうです。開くと破れてしまうので開きません。

|

« 特攻隊の真実  講演会のお知らせ | トップページ | はんだ郷土史だより   11月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特攻隊の真実  講演会のお知らせ | トップページ | はんだ郷土史だより   11月号 »