« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/30

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号 恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」

川田 きし江様から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新 年 あ け ま し て 
      お め で と う ご ざ い ま す 。

  今年もよろしくお願いいたします。


<東海歴史散策> <地球スケッチ紀行>
をこれからも送り続けていきたいと思っています。

........................................................................
.......................................

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号

恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」
          (京都市  東山区)


神仏への敬虔な気持ちと祈願が力強く生きていく糧となり、
道しるべとなっていく。理屈や道理ではなく、日頃信じるも
のや大切とするものは違っていても、あるがままを受け入れ
る事が大切である。

 暮れから新年へーーー。忙しく追い立てられて年を閉じ、優
雅に年の初めを迎える。今年も良い年でありますように、、。

 日本人にとって最も親しみ深い神様が、えびすさまと大黒さ
まである。室町時代に庶民信仰として広まり、家の中に祀られ
るようになった。家内安全、金穀増収、寿福円満などの願いを
託され、釣り竿をかつぎ、鯛をかかえた姿の「えべっさん」は、
茶の間や台所などに鎮座し日々の暮らしの中に祀られてきた。

 神話ではえびす様は事代主神(今年路主の命)は漁の神で、
えびすをまつる神社のある港町。海産物の交易で賑わった市場
や商店の守り神とされたところから商売繁盛の信仰が生まれた。
 今宮戎神社(大阪・天王寺区)西宮神社(兵庫県西宮市),恵
美寿神社( 京都市東山区)は日本三大えびすといわれ、大変賑わ
う。

 約八百年前土御門天皇の建仁2年(1202)に禅の祖といわ
れる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建て
られた。

 えびす信仰の象徴は " 笹 ”。元来京都えびす神社独自の
「お札」の形態が広まったものである。笹は、松竹梅の竹の葉で
「節目正しく真直ぐに伸び」「弾力があり、折れない」「葉が落
ちず常に青々と繁る」ことから家運隆昌、商売繁盛の象徴となっ
たものである。

 商売繁昌で笹もってこい,商売繁昌で笹もってこい。お笹に吉
兆つけましょか。つけた吉兆福の神」と三味線と太鼓のえびす囃
子が慶喜を盛り上げる。十日戎では、吉兆、小判、金色、大福帳、
のし、末広、俵、鯛などがついている福笹を年の初めにあたって
買い求める人達で賑わう。
写真: 川田 きし江様から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新 年 あ け ま し て 
      お め で と う ご ざ い ま す 。

  今年もよろしくお願いいたします。


<東海歴史散策> <地球スケッチ紀行>
をこれからも送り続けていきたいと思っています。

........................................................................ 
.......................................

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号

恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」
                                       (京都市  
東山区)

神仏への敬虔な気持ちと祈願が力強く生きていく糧となり、
道しるべとなっていく。理屈や道理ではなく、日頃信じるも
のや大切とするものは違っていても、あるがままを受け入れ
る事が大切である。

 暮れから新年へーーー。忙しく追い立てられて年を閉じ、優
雅に年の初めを迎える。今年も良い年でありますように、、。

 日本人にとって最も親しみ深い神様が、えびすさまと大黒さ
まである。室町時代に庶民信仰として広まり、家の中に祀られ
るようになった。家内安全、金穀増収、寿福円満などの願いを
託され、釣り竿をかつぎ、鯛をかかえた姿の「えべっさん」は、
茶の間や台所などに鎮座し日々の暮らしの中に祀られてきた。

 神話ではえびす様は事代主神(今年路主の命)は漁の神で、
えびすをまつる神社のある港町。海産物の交易で賑わった市場
や商店の守り神とされたところから商売繁盛の信仰が生まれた。
 今宮戎神社(大阪・天王寺区)西宮神社(兵庫県西宮市),恵
美寿神社( 京都市東山区)は日本三大えびすといわれ、大変賑わ
う。

 約八百年前土御門天皇の建仁2年(1202)に禅の祖といわ
れる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建て
られた。

 えびす信仰の象徴は " 笹 ”。元来京都えびす神社独自の
「お札」の形態が広まったものである。笹は、松竹梅の竹の葉で
「節目正しく真直ぐに伸び」「弾力があり、折れない」「葉が落
ちず常に青々と繁る」ことから家運隆昌、商売繁盛の象徴となっ
たものである。

 商売繁昌で笹もってこい,商売繁昌で笹もってこい。お笹に吉
兆つけましょか。つけた吉兆福の神」と三味線と太鼓のえびす囃
子が慶喜を盛り上げる。十日戎では、吉兆、小判、金色、大福帳、
のし、末広、俵、鯛などがついている福笹を年の初めにあたって
買い求める人達で賑わう。

| | コメント (0)

2013/12/26

大津 たまみさんが新事業

フェースブック友達の大津 たまみさんが新事業を立ち上げました。
私もお世話になることです。
http://www.action-power.net/tamami/

一般財団法人 生前整理普及協会
http://seizenseiri.net/
写真
写真

| | コメント (0)

小泉 純一郎元首相の原発ゼロのテレビ

小泉 純一郎元首相の原発ゼロのテレビ
是非ご覧になってください。

夢のある話です。
安倍総理とえらい違いです。
原発をやっていては日本は潰れると思います。

| | コメント (0)

2013/12/22

あぶらむの会 大郷 博様から

あぶらむの会 大郷 博様からこんな便りがきました。

今年はニホンミツバチがやってきて蜂蜜をたくさん作ってくれたそうです。

会員募集と寄付金

http://www.abram-no-kai.com/ホーム/会員募集-寄付金について/

ますます盛んに活動をされています。が呼びかけ人となって
  青森から佐藤 初女さんを5月17日に呼ばれます。
  是非参加したいですね。

http://www.abram-no-kai.com/あぶらむの宿/あぶらむの里/

| | コメント (0)

はんだ郷土史だより   11月号

はんだ郷土史だより   11月号

ちょっと古いです

| | コメント (0)

揖斐川町の朝鳥明神の冬至祭 

もう何回目になるでしょうか?
磯野 等さんから いや違う 郡上の前田さんから教えてもらった
揖斐川町の朝鳥明神の冬至祭 
今朝も磯野 さんに会いました。彼は毎年来られているようです。

冬至の日の朝  朝日が登るときに神社に集まりお供えをして
氏子代表が
コケコー  コケコー  コケコー
と大きな声で言います

すると集まっていたみんあなが
オー と大きな声をあげます。

あとは焚き火を囲んで直会をして終わり。

今年も大垣の年配の女性が私を待っていてくれました。
うれしいですね。
生きていてよかったね  と

ここで逢えるのを楽しみにしています。

今朝はまん丸い太陽が鳥居の真ん中に出ました。
朝鳥明神は神社の社はありません。
簡単な祠があるのみ。山の中に石がいくつかしめ縄を
しめてあります。
この石の位置は太陽光のあたる場所にあるのだそうです。
後ろの山の中には前方後円墳があるらしいです。

 
写真: 氏子代表。この方がコケコーと三回 叫びます。
写真: 鳥居の真ん中に太陽が  冬至の日だけです。
写真: しめ縄のある石が神様です。
お酒の向こう側に古いお経の巻物がお供えされています。
600年前のものだそうです。開くと破れてしまうので開きません。

| | コメント (0)

2013/12/19

特攻隊の真実  講演会のお知らせ

講演会のお知らせ特攻隊の真実  講演会のお知らせ

これは是非聞いてほしいお話です。
なんと名古屋の方ですよ。
知覧特攻平和会館(知覧特攻遺品館) を作られた方です。


<申込み方法>
佐藤 洋平さんまでメッセージお送りください。
https://www.facebook.com/sato.yohei.16
または、
株式会社ニコムHPよりお申込みお待ちしております。

株式会社ニコム
http://www.nicom-net.co.jp/


===================
特攻隊の真実
===================

皆さんは、“特攻隊”とお聞きしてどのようなイメージを持たれますか?

今回のニコムセミナーでは
「誇りを持ち、故郷や大切な人たちを守るために覚悟を決め志願した」隊員の真の姿についてご講演いただきます。
講師の板津氏は、知覧基地から出撃しましたが、エンジントラブルや悪天候の為出撃できませんでした。
講師の板津氏は戦後、遺族を訪ね遺品を収集され顕彰されました。

今日の日本の平和と繁栄が尊い犠牲の上にあることを戦争体験をお聞きいただき
今一度振り返っては如何でしょうか?


■ 講師
知覧特攻平和会館(知覧特攻遺品館) 
顧問   板津 忠正    氏


■ プロフィール
http://www.itatsutadamasa.jp/profile/profile.html


日時:平成26年1月30日(木)
会場:株式会社新東通信ビル8階会議室
住所:名古屋市中区丸の内3-16-29 (久屋大通駅1番出口徒歩5分)
セミナー:1,000円 ※予定
懇親会:1,000円
定員:50名程度

<当日のスケジュール>
講演
18:30~20:00(質疑応答含む)
懇親会
20:00~21:30

セミナー当日は、当時の写真や遺品(最後の手紙)などを展示する予定となります。
お時間に余裕がございましたら、少しお早目にお越しくださいませ。


■ 知覧特攻平和会館 ( http://www.chiran-tokkou.jp/ )
平和会館は、大東亜戦争末期の沖縄戦において特攻という人類史上類のない作戦で
爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示している場所になります。

Photo

Photo_2

| | コメント (0)

2013/12/18

ミカンやタオルからバイオマスを、風力と太陽光も拡大中

ミカンやタオルからバイオマスを、風力と太陽光も拡大中

四国の中で再生可能エネルギーの導入量が最も多いのは愛媛県である。中でもユニークなのはバイオマスの分野で、特産品のミカンやタオルから燃料・熱・電力を作り出す。長い海岸線を生かして風力や太陽光発電の取り組みも広がるなか、原子力発電の位置づけが微妙な状況だ。

[石田雅也,スマートジャパン]
愛媛県の再生可能エネルギーの導入量を見ると、小水力発電からバイオマスの熱利用までバランスよく普及していることがわかる(図1)。瀬戸内海に面して長い海岸線が広がり、南側には四国山地がそびえる。県内の地域によって気候に差があり、それぞれの特性に合わせて再生可能エネルギーを活用する。

まず注目すべきはバイオマスである。愛媛県はミカンの生産量が和歌山県に次いで全国第2位で、あの有名な「ポンジュース」が県の中部にある工場で作られている。この工場で2010年から、ミカンを搾った後の残留成分を使ってバイオ燃料を製造する実証プラントが稼働した(図2)。

 ジュースの残留成分から脱汁液を取り出すと、1日あたり100立方メートルの容量になる。これを発酵させて蒸留することで、5キロリットルにのぼる大量のエタノールを製造することができる。このバイオ燃料は工場のボイラーや自動車・農業用機械などで使われている。リサイクルによるCO2排出量の削減効果は1日あたりで6.4トンと大きい。

ranking_ehime.jpg図1 愛媛県の再生可能エネルギー供給量(2010年3月時点)。出典:千葉大学倉阪研究室と環境エネルギー政策研究所による「永続地帯2011年版報告書」

 

ehime_bio.jpg図2 ミカン搾汁の残留成分を活用したバイオエタノール製造プラント(えひめ飲料の松山工場)。出典:資源エネルギー庁

 このほかにも生産量が日本一の「今治タオル」で知られる綿繊維を使って、同じようにバイオエネルギーを製造する設備がある。リサイクル技術を専門にする日本環境設計が今治市の工場で取り組んでいるもので、タオルなどの生産工程で排出される繊維のクズからバイオ燃料を作り出す(図3)。繊維を活用したバイオマスの先進的な事例である。

| | コメント (0)

2013/12/15

ポ ス ポ ラ ス 海 峡 の      海 底 ト ン ネ ル を 走 る 地 下 鉄

川田 きし江様から
<地球スケッチ紀行 133> 2013年12月15日号

ポ ス ポ ラ ス 海 峡 の 
    海 底 ト ン ネ ル を 走 る 地 下 鉄

             (ポスポラス海峡、トルコ)


 三方を海に囲まれ、標高5000m級の峰を有するトルコは、
自然もけいかんもバラエティーに富んでいる。透き通るような
青い海、火山があり温泉が多い。又緑あふれる牧歌的な風景が
続く。

 1000年の都、ビザンツ帝国時代の大帝国の栄華を誇るア
ヤソフィア、オスマン朝のトプカプ宮殿など、歴史的建造物、
中世の雰囲気を残す歴史をたどったことが伝わってくる。

 アジアとヨーロッパを結ぶ国際都市トルコは,東西交流の要。
黒海沿岸諸国が地中海に出るにあたって重要なポスポラス海峡
は、黒海からマルマラス海峡を結ぶ31.5km。ヨーロッパ側の
海岸線は35km,アジア側は55kmに及んでいる。

 この海峡にかかるファティフ・メフメット大橋は1988年
に完成した1510mにも及ぶ巨大な吊り橋で,日本の高い技
術が注ぎ込まれ,18万台の車が行き交っている。

 2013年10月29日、トルコ共和国90周年の記念日に
合わせ、トルコ,ポルポロス海峡を横断する地下鉄が開通した。
海流の流れが早く、最深部56mの海底に11個の函体からな
る沈埋トンネルで結ばれ,アジア側のウスクダル駅から欧州側
のイエニカプ駅まで4駅13、6km。

 今までフェリーで30分かかっていた海峡間の移動がわずか
4分と短縮されたポスポラス海峡に作られた初めての鉄道であ
る。

 日本との交流も古く、エルトゥール号が和歌山県沖での難破
など100年以上の歴史を持っている。大橋にしろ地下鉄にし
ろ、日本の土木建設のすばらしい技術協力によって完成した。

 ポスポラス海峡周辺には、乙女の塔、ルメリ・ヒサル、ポス
ポラス大橋、トプカプ宮殿、ドルマバフチェ宮殿、ルメリ・ヒ
サル、アナドル・ヒサルなど、時間短縮の地下鉄とゆったりと
船上から眺める遺跡群の数々。

 多くの民族の興亡があり、文化をはぐくんできたトルコ。ど
こを訪れても遺産が点在し、悠久の歴史に触れることができる。

| | コメント (0)

2013/12/12

ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』

ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』
 

東京から㈱ユーグレナ 出雲社長をお招きして、
ニュービジネス講演会『ミドリムシが地球を救う』を開催します。
Photo
㈱ユーグレナは、2005年に設立されたベンチャー企業で、
2012年には東京証券取引所市場マザーズに上場しています。

ここ最近、近くのスーパーやコンビニでも「ユーグレナ&ヨーグルト」が
発売されていますので、ご存じの方も多いと思います。
ユーグレナ(和名:ミドリムシ)は、植物・動物の両方の性質と、
ビタミン類やミネラルなど実に59種類もの栄養素を持つ珍しい藻類。
近年その性質が注目され、サプリメントや機能性食品の原料として使われています。
HP http://www.euglena.jp/

| | コメント (0)

明治村のこと

明治村のこと

 

明治村と言えば誰もが犬山の「明治村」を思い浮かべるのではないでしょうか?

ところが本当の明治村は今の安城市あたり、碧海郡に実際にあった村なんです。

ある人からそのことを聞いてウィキペディア(Wikipedia)で調べてみました。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/明治村

 

  • 江戸時代末期、この地域は刈谷藩領、福島藩領[2]、沼津藩領、西端藩領、天領、旗本領、寺社領などが混在していた。
  • 1878年(明治11年) - 石井新田と城ヶ入村が合併し、城ヶ入村となる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 -
    • 高棚村と榎前村が合併し、高棚村となる。
    • 米津村と南中根村が合併し、米津村となる。
  • 1890年(明治23年)10月20日 - 高棚村[3]から榎前村が分立する。
  • 1906年(明治39年)5月1日 - 米津村、西端村、東端村、根崎村、城ヶ入村、和泉村、榎前村が合併し、淵辺村となる。
  • 1906年(明治39年)5月7日 - 明治村に改称する。[4]
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 分割され、安城市、碧南市、西尾市に編入される。

 

 

  1. ^ 1943年に海軍が開設した飛行場。明治村大字東端、根崎、和泉(現・安城市)にまたがる地域に位置していた。1944年7月に第三四五海軍航空隊明治派遣隊の基地となり、以後第三四一海軍航空隊明治派遣隊、第二一〇海軍航空隊、東海海軍航空隊の基地となった。現在、飛行場自体は残っていないが、防空壕、弾薬貯蔵庫、燃料貯蔵庫の建物や痕跡が残る。

 

知覧から出発する特攻隊の飛行士はここで訓練を受けてから飛び立ったそうです。

戦争末期にはアメリカの爆撃機がこの明治村の飛行場を空襲してきました。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »