« 大津 たまみさんが新事業 | トップページ | 6日に初詣に行ってきました。 »

2013/12/30

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号 恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」

川田 きし江様から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新 年 あ け ま し て 
      お め で と う ご ざ い ま す 。

  今年もよろしくお願いいたします。


<東海歴史散策> <地球スケッチ紀行>
をこれからも送り続けていきたいと思っています。

........................................................................
.......................................

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号

恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」
          (京都市  東山区)


神仏への敬虔な気持ちと祈願が力強く生きていく糧となり、
道しるべとなっていく。理屈や道理ではなく、日頃信じるも
のや大切とするものは違っていても、あるがままを受け入れ
る事が大切である。

 暮れから新年へーーー。忙しく追い立てられて年を閉じ、優
雅に年の初めを迎える。今年も良い年でありますように、、。

 日本人にとって最も親しみ深い神様が、えびすさまと大黒さ
まである。室町時代に庶民信仰として広まり、家の中に祀られ
るようになった。家内安全、金穀増収、寿福円満などの願いを
託され、釣り竿をかつぎ、鯛をかかえた姿の「えべっさん」は、
茶の間や台所などに鎮座し日々の暮らしの中に祀られてきた。

 神話ではえびす様は事代主神(今年路主の命)は漁の神で、
えびすをまつる神社のある港町。海産物の交易で賑わった市場
や商店の守り神とされたところから商売繁盛の信仰が生まれた。
 今宮戎神社(大阪・天王寺区)西宮神社(兵庫県西宮市),恵
美寿神社( 京都市東山区)は日本三大えびすといわれ、大変賑わ
う。

 約八百年前土御門天皇の建仁2年(1202)に禅の祖といわ
れる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建て
られた。

 えびす信仰の象徴は " 笹 ”。元来京都えびす神社独自の
「お札」の形態が広まったものである。笹は、松竹梅の竹の葉で
「節目正しく真直ぐに伸び」「弾力があり、折れない」「葉が落
ちず常に青々と繁る」ことから家運隆昌、商売繁盛の象徴となっ
たものである。

 商売繁昌で笹もってこい,商売繁昌で笹もってこい。お笹に吉
兆つけましょか。つけた吉兆福の神」と三味線と太鼓のえびす囃
子が慶喜を盛り上げる。十日戎では、吉兆、小判、金色、大福帳、
のし、末広、俵、鯛などがついている福笹を年の初めにあたって
買い求める人達で賑わう。
写真: 川田 きし江様から
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新 年 あ け ま し て 
      お め で と う ご ざ い ま す 。

  今年もよろしくお願いいたします。


<東海歴史散策> <地球スケッチ紀行>
をこれからも送り続けていきたいと思っています。

........................................................................ 
.......................................

<東海歴史散策 109> 2014年 1月 1日号

恵 美 須 神 社 「 初 え び す 」
                                       (京都市  
東山区)

神仏への敬虔な気持ちと祈願が力強く生きていく糧となり、
道しるべとなっていく。理屈や道理ではなく、日頃信じるも
のや大切とするものは違っていても、あるがままを受け入れ
る事が大切である。

 暮れから新年へーーー。忙しく追い立てられて年を閉じ、優
雅に年の初めを迎える。今年も良い年でありますように、、。

 日本人にとって最も親しみ深い神様が、えびすさまと大黒さ
まである。室町時代に庶民信仰として広まり、家の中に祀られ
るようになった。家内安全、金穀増収、寿福円満などの願いを
託され、釣り竿をかつぎ、鯛をかかえた姿の「えべっさん」は、
茶の間や台所などに鎮座し日々の暮らしの中に祀られてきた。

 神話ではえびす様は事代主神(今年路主の命)は漁の神で、
えびすをまつる神社のある港町。海産物の交易で賑わった市場
や商店の守り神とされたところから商売繁盛の信仰が生まれた。
 今宮戎神社(大阪・天王寺区)西宮神社(兵庫県西宮市),恵
美寿神社( 京都市東山区)は日本三大えびすといわれ、大変賑わ
う。

 約八百年前土御門天皇の建仁2年(1202)に禅の祖といわ
れる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として最初に建て
られた。

 えびす信仰の象徴は " 笹 ”。元来京都えびす神社独自の
「お札」の形態が広まったものである。笹は、松竹梅の竹の葉で
「節目正しく真直ぐに伸び」「弾力があり、折れない」「葉が落
ちず常に青々と繁る」ことから家運隆昌、商売繁盛の象徴となっ
たものである。

 商売繁昌で笹もってこい,商売繁昌で笹もってこい。お笹に吉
兆つけましょか。つけた吉兆福の神」と三味線と太鼓のえびす囃
子が慶喜を盛り上げる。十日戎では、吉兆、小判、金色、大福帳、
のし、末広、俵、鯛などがついている福笹を年の初めにあたって
買い求める人達で賑わう。

|

« 大津 たまみさんが新事業 | トップページ | 6日に初詣に行ってきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大津 たまみさんが新事業 | トップページ | 6日に初詣に行ってきました。 »