« 生ゴミ三きり運動  | トップページ | フナクリ通信 2013年9,10月号  進行がんへの「生きがいの医療とは」 »

2013/09/30

岐阜県文化財一号指定永照寺本堂の謂われ

友達の永田 章さん 佐吉大仏 代表 のフェースブックから
《ふるさと羽島》 岐阜県文化財一号指定永照寺本堂の謂われ
永照寺は尾張徳川藩の儒学藩校「明倫堂」の御聖堂を本堂に転用したものです。
儒学藩校の聖堂が完全に残っているものは日本でも数少なく、文化財の一号に指定されました。(写真①)
明倫堂の学問上の伝統は、明治維新後、愛知県立明和高校に受け継がれました。(写真②③)
又、明倫堂の中興の祖で有り督学の細井平洲は東海市の偉人として、記念館が建てられ(写真④)、市内でもその顕彰の跡を見ることが出来ます(写真⑤)
細井平洲は米沢藩主上杉鷹山の儒学の師としても知られ、東海市と米沢市は姉妹都市です(写真⑥)。

|

« 生ゴミ三きり運動  | トップページ | フナクリ通信 2013年9,10月号  進行がんへの「生きがいの医療とは」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生ゴミ三きり運動  | トップページ | フナクリ通信 2013年9,10月号  進行がんへの「生きがいの医療とは」 »