« 水谷慶一様 越美文化研究所を訪問 | トップページ | 映画「終戦のエンペラー」を見て来ました。 »

2013/08/05

白山長滝神社の中尊寺ハス

中尊寺ハスというのをはじめて知りました。

http://www.i-tiiki.biz/hiraizumi/cyu-k/hasu.html

中尊寺ハスについてはこちらに詳しくかいてあります。

義経の悲しい物語ですね。

http://www.st.rim.or.jp/~success/yasuhirahasu.html

 

白山長滝神社へ行って若宮 多聞宮司からお話を聞きました。

そのなかで中尊寺ハスというのが境内に咲いている言われて見て来ました。

大賀ハスで有名な大賀博士が昭和25年に中尊寺から預かりましたが

ついに咲きませんで蓮の実は中尊寺に一旦返されました。

その後大賀博士の弟子の長島時子教授が再度チャレンジして

平成10年に開花したものだそうです。

なんと800年以上も前の4代目藤原 泰衡の首桶の中にあった蓮の実

が咲いたのです。

 

中尊寺と白山長滝神社は白山信仰でご縁があることから

若宮宮司がそれを分けて頂戴と言ったら向こうから届けて

いただいたそうです。

今から8年前のことです。

 

若宮宮司様

若宮宮司様

|

« 水谷慶一様 越美文化研究所を訪問 | トップページ | 映画「終戦のエンペラー」を見て来ました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水谷慶一様 越美文化研究所を訪問 | トップページ | 映画「終戦のエンペラー」を見て来ました。 »