« 柴原 薫さん 【木曽は山の中新聞 第136 号】から | トップページ | 「高橋尚子杯ぎふ清流マラソン」 »

2013/05/17

(有)三功 さんの工場見学

 三重県津市のリサイクル業者である(有)三功 さんの工場見学をしてきました。

香港から来た知り合いが見せてほしいということで、それに便乗して一緒に見せていただきました。
(有)三功 は津市久居町にあるリサイクル業者ですが非常に幅広く各種のものをリサイクルされています。
片野 宣之社長を中心に若い社員の少数精鋭で非常に活気のある伸び盛りの会社です。

http://www.sankoh35.co.jp/PDF/simplemg201112.pdf

同社で行なっておられるリサイクル事業の概要

☆ 汚れたプラスティックのリサイクル
42度のお湯を使って汚れたプラスティックをきれいにしてそれを中国へ送って
向こうで選別してリサイクルしやすい状態にしています。
選別は中国の安い人件費が有効とのことです。

☆ ダンボール  ダンボールを圧縮梱包して製紙会社へ納入。再度ダンボールになります。

☆ ペットボトル 細かくせん断されて大きな塊になります。これをプラスティック会社へ運んで
リサイクルします。

☆ 空き缶   ペシャンコにしてひとかたまりにしてリサイクル工場へ送ります。再度アルミに再生されます。

☆ 発泡スチロール   圧縮して再生工場へ送ります。

☆ RPF製造装置   固形燃料を製造します。原料は紙とプラスティックです。いろいろな工場の燃料として
採用されています。カロリーが高く安定した燃焼ができます。

☆ 生ゴミ処理   主に企業から出てくる生ゴミで堆肥を作っています。一次発酵をした後広い作業場で
3ヶ月間二次発酵をさせて完熟堆肥「有機みえ」として販売をしています。大変好評で販売店に出すまでもなく
同社への注文だけで完売しているそうです。
この堆肥を近隣農家を「酵素の里」というネットワークを作りそのネットワークの農家で安心な野菜を
作ってもらいそれを直売所やスーパーで販売をしています。
これはリサイクルループとして三重県で認定を受けています。
トマトのハウスでは美味しい完熟トマトをもぎっていただきました。身がしまっていてとても
美味しかったです。

このようにほとんどの物を1ヶ所でリサイクルしているのが(有)三功 です。
同社のスローガン  「捨てればゴミ  活かせば資源」 

|

« 柴原 薫さん 【木曽は山の中新聞 第136 号】から | トップページ | 「高橋尚子杯ぎふ清流マラソン」 »

環境」カテゴリの記事

コメント

ファティマ第三の預言とノアの大洪水について。
ブログを見てください。お願いします。
h ttp://ameblo.jp/haru144/

第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
また、ダニエル書の合算により、
エルサレムを建て直せという命令が、5月15日だと理解できます。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界      
2018年 3月30日(金) ノアの大洪水      

この期間に第三次世界大戦が起きています。

2014年 9月17日(水) 荒らすべき憎むべきものが
              聖なる場所に立って神だと宣言する
               
2014年 9月10日(水) メシア断たれる     

この期間に世界恐慌が起きています。

2013年 7月3日(水)  メシヤなるひとりの君が(天皇陛下)
2013年 5月15日(水) エルサレムを建て直せという命令が・・・


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

投稿: マタイ24 | 2013/05/17 14:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柴原 薫さん 【木曽は山の中新聞 第136 号】から | トップページ | 「高橋尚子杯ぎふ清流マラソン」 »