« 片岡温泉  アクアイグニス | トップページ | 第二回フナクリ感謝祭 »

2013/04/21

いといん せんべい

写真: いといん せんべい

昨日知り合いからお土産に「いといんせんべい」というお煎餅をいただきました。小さなせんべいで軽い甘い味のする大変食べやすいお煎餅です。

伊勢名物らしいです。
調べてみると 播田屋 という店で製造販売しています。
明治天皇にさし上げるために作ったのだそうでそれ以降天皇家御用達だとか?
「いといん」という言葉にひっかかって同社のホームページを調べてみると次のように書いてあります。
http://www.geocities.jp/haritaya/

絲印とは、室町時代以降中国からわが国に輸入された生糸に
添付されていた銅印のことをいい、小さな鈕(ちゅう)のついた印です。
この輸入生糸の一荷には、必ず銅印一個をつけ、わが国に到着した後その斤量をあらため、受領証書にこの印を押して、取引の証とする優雅な風習がありました。
しかも、一荷ごとにつけてある印は、印面も形もそれぞれ異なり、
印文も取引用語を抜きにして、弄花吟月、愛春惜秋等の風流語や、
判読しにくい謎のような文字、絵、文様などが風雅に表されていました。
また、鈕には人物、動物等を鋳出し、意匠も種類も雑多で、明時代の精巧な鋳金術をそのままに、小さいながら当時の工芸美術品の代表的なものと言えます。
太閤秀吉もこの絲印を愛し、公文書に押す自らの朱印もいくつか秘蔵していた中の最珍品を用いたと伝えられています。

|

« 片岡温泉  アクアイグニス | トップページ | 第二回フナクリ感謝祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片岡温泉  アクアイグニス | トップページ | 第二回フナクリ感謝祭 »