« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/30

狐穴 の神社

狐穴 の神社はやっぱり
お稲荷さんがいいね

うちの町内の隣町は 狐穴 といいます。
昔は狐がたくさんいたことだと思います。
そこの神社をなにげなく見たら稲荷神社でした。
やっぱりね ということで

| | コメント (0)

川田 きし江様 圧 巻 の 絵 馬  多 度 大 社 上 げ 馬 神 事

川田 きし江様から
*名古屋で個展をやってます。
5月31日まで   中日ビル 1階  郵便局内

< 東海歴史散策 101> 2013年 5月 1日号

圧 巻 の 絵 馬  多 度 大 社 上 げ 馬 神 事
               (桑名市 三重県)

 多度山は、桑名市と岐阜県海津市にまたがる標高403M、
養老山脈の南端にあり、多度大社創建以前は山全体を神体とし
ていた。     

 天正天皇は美濃に行幸した「続紀」には、『不破の行宮で数
日滞在したとき,多度の美泉を見た。みずから手や顔を洗った
ところ、皮膚はなめらかに、また痛むところを洗うと治癒し、
大変効果があった。また美泉を飲んだり浴びたりすれば白髪も
黒く若返り、眼もよくなり、すべての病は治る』ということで
霊亀3年を改めて年号は養老元年となったと伝えられている。

 天津彦根命(あまつひこねのみこと)を祀る多度大社の祭礼
は5月4・5日に行なわれる。

 社伝によれば,南北朝(14C)の頃、織田信長の兵火にか
かり、約30年余中断していたが、徳川の時代になり、桑名城
主本多忠政の祭事復興により御厨(みくりや=神饌を供える地
区)の組織による盛大な祭事として始まった。

 700年前から続く神事で、上げ馬の成功回数で、作物の豊
凶や景気を占う。祭神は産業開発の神であり、農水産の神とし
ても信仰が厚く雨乞いの神でもあった。

 古くからの言い伝えに「お伊勢参らばお多度もかけよ。お多
度かけねば片参り」とあるように、伊勢神宮に対して北伊勢神
宮ともいわれている。

 少年たちは,4月1日に神占い(おみくじ)で、14~17
歳の氏子の中から選ばれる。祭りまで騎馬の特訓と「一切の穢
がつかないように」潔斎し神事に備える。当日には、陣笠に袴
姿に衣裳を整え、200mほどの助走で高さ3mほどの急坂を
観衆が見守る中、若武者姿の少年達を乗せたサラブレッドが人
馬一体となって一気に駆上がる。

 5日の本祭にも上げ馬神事は行なわれる。多度小山(おやま)、
戸津(とづ)、北猪飼(きたいかい)、猪飼、力尾(ちからお)、
の六地区から騎手を、肘江(ひじえ)地区からは神児を出す。
花馬とは最初に上げ馬をする地区で毎年順番に交代し,その祭
りを取り仕切っていくのだ。

| | コメント (0)

2013/04/21

美濃国池田山麓物語 -2013美濃国池田山麓クラフト展

美濃国池田山麓物語 -2013美濃国池田山麓クラフト展
知り合いが二人出展しているということで初めて美濃国池田山麓物語 -2013美濃国池田山麓クラフト展 に行ってきました。
池田町の一番奥 大津谷公園一帯で行われていました。
ところが知り合いの店が見当たりません。昨日は間違いなく出ていたと聞いたのですが。
どうしたのでしょう。
公園一帯にいろいろなクラフトの店が出ています。
みなさん技があるんですね。
あまり売上はなさそうですが楽しみなんでしょうね。
一番下にはステージと食事の店がたくさんありました。
フナクリでお腹は一杯でしたが焼き餅と干し柿を土産に買いました。
願成寺古墳群美術展も同時開催とあったのですが
よくわかりませんでした。
帰りに池田温泉へ入って帰ってきました。

| | コメント (0)

第二回フナクリ感謝祭

第二回フナクリ感謝祭
雨が予想された21日ですが朝から晴れ渡って絶好の行事日和となりました。
ただ風が強くて寒かったですね。
午前11時の開場前から大勢の参加者でフナクリはいっぱいの人でした。
100台以上は停められる駐車場には続々と家族連れの車がやってきます。
大勢の駐車係の人達が整理にあたってくれていました。
係の人に聞くと
今回は二回目ですが従業員の皆さんからの発案でこの行事を行なっているとのことで、会社から予め予算をもらってその範囲内で知恵をしぼってやっているとのことでした。
従業員は総出ですがその家族や患者さんや家族そして地域のみなさんも大勢参加して楽しんでおられました。
アトラクションは地元中学生による吹奏楽やおちょぼさんの太鼓グループなどで盛り上がりました。

足湯やカラオケも体験しました。
楽しみな昼食は一人3枚の食券が無料で配られてやきそば、カレー、豚汁、みたらしなどいただきました。
私は食事をして帰りましたが午後もいろいろなアトラクションがあったもようです。
普通の医院がこれだけのイベントをやるとは大したものですね。

| | コメント (0)

いといん せんべい

写真: いといん せんべい

昨日知り合いからお土産に「いといんせんべい」というお煎餅をいただきました。小さなせんべいで軽い甘い味のする大変食べやすいお煎餅です。

伊勢名物らしいです。
調べてみると 播田屋 という店で製造販売しています。
明治天皇にさし上げるために作ったのだそうでそれ以降天皇家御用達だとか?
「いといん」という言葉にひっかかって同社のホームページを調べてみると次のように書いてあります。
http://www.geocities.jp/haritaya/

絲印とは、室町時代以降中国からわが国に輸入された生糸に
添付されていた銅印のことをいい、小さな鈕(ちゅう)のついた印です。
この輸入生糸の一荷には、必ず銅印一個をつけ、わが国に到着した後その斤量をあらため、受領証書にこの印を押して、取引の証とする優雅な風習がありました。
しかも、一荷ごとにつけてある印は、印面も形もそれぞれ異なり、
印文も取引用語を抜きにして、弄花吟月、愛春惜秋等の風流語や、
判読しにくい謎のような文字、絵、文様などが風雅に表されていました。
また、鈕には人物、動物等を鋳出し、意匠も種類も雑多で、明時代の精巧な鋳金術をそのままに、小さいながら当時の工芸美術品の代表的なものと言えます。
太閤秀吉もこの絲印を愛し、公文書に押す自らの朱印もいくつか秘蔵していた中の最珍品を用いたと伝えられています。

| | コメント (0)

片岡温泉  アクアイグニス

片岡温泉  アクアイグニス
仲間と一緒に11人で片岡温泉  アクアイグニスに行ってきました。
朝の10時まえに到着しましたが平日にもかかわらず偉い人出に驚きました。
そして以前は近鉄電車の線路の南側にあった片岡温泉ですがそこはすっかり更地になってました。
新しい片岡温泉  アクアイグニスはカタカナの名前になって線路の北側の広大な土地にいろいろな建物が建っていました。とっつきは薪をたくさん並べたパン工房です。
おいしそうな匂いにつられて中へ入ったらすでに客でいっぱい。
ついついパンとコーヒーを注文しました。二人で1000円です。
みんな揃って温泉棟へ
白を基調にしたシンプルなデザインで広くて清潔な雰囲気です。
男風呂は内風呂を修理中とのことで露天風呂と洗い場のみで料金は半額の300円でした。
ずっと修理をしていてほしいですね。露天風呂は竹林のなかにあってとてもいい雰囲気でした。
昼食は温泉の隣の「奥田食堂」で
客席が少ないせいか待ちがノートにびっしり
私達は早くにノートに名前を書いていたのですぐに入れてもらえましたが。
味はどれもさすがに美味しかったです。もうちょっとメニューがあるといいなと思いました。
温泉を出てケーキのお店に入ったのは午後2時ころ。驚いたのはショーケースがどれも空っぽですでに売り切れとのことでした。ここは午前11時オープンなので2,3時間で売り切れということですね。どうやらこれが作戦のようで売れ残るほど作らないのでしょうね。
隣は奥田食堂のイタリアンでこちらも満員でした。
他に宿泊棟もあるようです。
また敷地の入口には小さな面積 0.5坪程度の奥田さんの貸し農園というのがたくさんありました。年間の賃料が6万円ということでした。 たっかーい!!
イチゴのビニールハウスがたくさんありました。ここでいちご狩りや採れたイチゴは店内で売っているようです。
とにかく湯の山温泉街の入り口でこれだけ客を集められたら温泉街のホテルは真っ青でしょうね。

| | コメント (0)

25-04-19 ・柳ヶ瀬活性化 勉強会

25-04-19 ・柳ヶ瀬活性化 勉強会


茂木 邦基様 財団法人 ソフトピアジャパン
池村 週二様 美濃市観光協会
講演とパワーポイント  あげました。
参考まで

http://sdrv.ms/11xzknZ

| | コメント (0)

2013/04/16

岐阜・2001年の会に参加しました。

写真
写真

| | コメント (0)

春日村秘境探訪

春日村秘境探訪
フェースブック仲間の森さんのご案内で仲間と一緒に揖斐川町の春日地区(旧春日村)の秘境を探訪してきました。
1・長者の里  春日村の一番奥にあります。キャンプ場、バンガロー、森の染織工房 「のの」、テニスコート、森の文化博物館、などがありました。
森の文化博物館はとても立派な施設で一見の価値はありますね。特に炭の種類があんなに多いとは知りませんでした。実際の木と炭を並べたものが70種類くらいありましたね。
2・貝原棚田  天空の棚田と言えるところです。普段は道路に扉があって入れませんが、今日は案内人がいますから。棚田ではお二人農作業をされてました。
棚田会員制もあります。
来年また募集すると思います。
3・古屋笹又  薬草畑
の入り口を右に折れる道をぐねぐねと登り切ったところが笹又という地区です。ここまでの道路の両側は薬草畑だそうです。見てもわかりませんが。薬草はわざわざ植えたものではなくて自然に生えているものだと聞きました。
ここは伊吹山さんへの登山口になっているところです。
見上げると伊吹山ドライブウェイの道並みが横たわっているのが見えます。伊吹山山頂は見えませんが。
4・モリモリ村
薬草の湯とレストランがあります。ここのレストランで「薬膳料理 春日膳 1200円」をいただきました。薬草茶、朝鮮人参、カボチャ    サラダ    美味しい が特によかったです。
売店ではフェースブック仲間の中野さんに会いました。美人です。
春日村の薬草は280種類ありその数日本一だそうです。
5・上ヶ流茶園
春日村一の茶畑です。春日村のお茶は農薬をほとんど使わない。一番茶しか出荷しない。ので非常に高級です。このよさをもっともっと知ってほしいですね。
一番高い所まで登って見た景色は壮観でしたね。
昨年定年退職 してお茶畑をされている山村さんからお話を聞きました。
他にもいくつか茶園があります。
お茶の宣伝はこちらで
http://www14.atpages.jp/chaboboen/hanbaiten.html
 
6・小島城址
その昔ここは尾張、美濃、伊勢の3つを収めるお城だったとか。こんな山奥が文化の中心だったのですね。しかし1390年には廃城となっています。
*案内してくださった森さんは5年前に兵庫県の宝塚からこちらにUターンしてこられた方で春日村の町おこしをしようと頑張っておられます。
なんとかお力になりたいものです。

長者の里 入り口
センターハウス 泊まれます。二階では宴会も
テニスコートが二面
森の染織工房 「のの」です。染の体験ができます。
森の文化博物館 入り口
森の文化博物館 内部
長者の里 中を流れる小川
春日村の民家 しだれ桜が満開でした
貝原棚田 段々は石組みがされてました
貝原棚田 全景
さざれ石公園
伊吹山ドライブウェイが
モリモリ村 薬草の湯
春日膳 
上ヶ流茶園の部落
上ヶ流茶園全景
岐阜の金華山が見えました

| | コメント (0)

養豚家で焼肉パーティ

養豚家で焼肉パーティ
先週はみよし市の養豚家   いさむポークさんち
で焼肉パーティでした。美味しい豚肉食べ放題
あんなにたくさんの肉を食べたのは初めてでした。
そして奥さんご自慢のカレー  格別です。
生ビールに赤白ワイン 特製の日本酒も美味しかった。
近くの農家さんが持ってきてくださった銀杏
レンジでチーンしたのですが私のやわな歯でも簡単にころっとむけるのでビックリ
そして身がむちっとして柔らかいこと。
なんでもこういう特殊な品種らしいです。
今年の秋にはわけてほしいものです。

| | コメント (0)

2013/04/12

株式会社 ナベヤ の工場見学

ESD21のイベントで岐阜にある株式会社 ナベヤ の工場見学をしてきました。
https://www.esd21.jp/
株式会社 ナベヤは創業1560年 なんと450年を超える超老舗です。
http://www.nabeya.co.jp/
岐阜市の本社工場は大変古い工場ですが吊り下げのワイヤなどはどれも
ピカピカで安全に対するなみなみならぬ心配りが感じられました。

糸貫工場は最新鋭の工場ですが驚くべき改善のあとが見れました。
これはトヨタ生産方式の導入による改善です。
マシンバイス リードタイムが 45日から4日へと驚異的な改善がなされていました。
1992年 45日
2002年 19日
2005年 7日
2011年 4日

見学後1時間以上にわたって意見交換をいたしました。

続きを読む "株式会社 ナベヤ の工場見学"

| | コメント (0)

第二回フナクリ感謝祭 のお知らせ

第二回フナクリ感謝祭 のお知らせ

◆ 日時  25年4月21日 日曜日 11時から15時30分

◆ 場所  船戸クリニック 

◆ 入場無料  やきそば 綿菓子 ポップコーン  などなど
        無料です

◆ 健康コーナー
        介護相談
        足湯
        福祉体験  など
  イベントコーナー
        太鼓
        吹奏楽
        カラオケ
        餅つき

プレゼントもあるよ

412001
412002

| | コメント (0)

大垣舟下り

大垣舟下り
かみさんと一緒に行ってきました。少し肌寒い中平日とあって舟下りの客は少なかったです。定刻に10分ほど遅刻でしたが待っていてくれました。
本来なら満開の桜のしたでの舟下りのはず でしたが桜は殆ど散っていました。
昨年は今日あたりが満開だったそうです。
芭蕉になった雰囲気は多少ありました。

船を降りてから新装なった大垣 本陣跡を見て市役所前の酒井亭老舗でおそばを47いただいてきました。

| | コメント (0)

2013/04/04

犬山へ花見

今日は天気が良かったので犬山へ花見に行ってき

ました。

平日にもかかわらず犬山城の駐車場は満杯です。

人出もすごかったです。

駐車場の屋台村は閉店でしたがもったいないです

ね。これだけの人出を放っておくなんて。

犬山城の天守閣もカメラで覗いたら人が鈴なりで

した。

| | コメント (2)

2013/04/03

あいち環境塾熟生 募集

4月1日より

6月から12月まで  14日間 

費用   7万円


中小企業の経営者の養成にぴったしです。

| | コメント (0)

ギャラリー・モオム・Opening パーテイー

            パーテイー
  ◆ 日時   4月20日 土曜日
           13時~18時
  ◆ 場所   浅野 モオムさん 自宅
  ◆ 参加費   2000円  
  ◆ 持ち込み  大歓迎


モオム・アトリエに新設。オープニング記念個展もあ


ります。
ガーデンのとなりの建物・インテリアはてずくりで

す。
Photo
 

| | コメント (0)

2013/04/01

屋久島ウコン  3800円 600粒 買ってみました

写真: 屋久島ウコン  3800円 600粒 買ってみました

友達からのお勧めです。
こんなメールがきました。
ーーーーーーーーーーー
春ウコン研究会
http://www.haru-ukon.com/

伊勢白山道さんが一時発表されましたが
そのときは切実でもなくてなんとも思わなかったです。
でもうこんのことは Nさんがよく飲みに行く前には
絶対「ウコンの力」です。とかカレーを常食にする
インドではがんが少ないとか。
野球のイチローさんは朝カレーとか聞いていたので
うこんは凄いかもと感じていました。
何か気になって 春ウコンとネットで調べましたら
上記の春ウコン研究会というページがありました。
末期肝臓がんレベル4の方が何もできなくて
春ウコンを試したらがんが消滅していたりした記事を
読みました。それどころか白血病(治験がなかっただけですが)を
除くすべてのがんが100%消えた例が掲載されていました。
100%が凄いです。

またすべての成人病にももちろん効果があるとも書いてありました。
それでさっそく実験です。600粒3800円の屋久島の春ウコンを
毎日三回5粒ずつ飲み始めました。
もうすぐ2週間ですが 調子よすぎです。(笑)
ーーーーーーーーーーーーー
あまりに調子のいい話なのでどう変化したのですか?と聞きましたら

ーーーーーーーーーーーーーー
お酒がいくらでも入っていきます。(笑)
朝めざめがいいです。
疲れにくいです。
腸の調子もよいです。(便通)
よく眠れます。
食事がおいしいです。

ようするに 快食快眠快便なのですね。(笑)
肝臓にやや難があったのですが その心配が
吹き飛んでいきました。
糖尿もよさそうです。 なんでもOKですが。

ーーーーーーーーーーーーーー
私は上記のことなら今と変わらないなとおもいますが。
とにかく600粒飲んでみましょう。
どんな変化があるのか楽しみです。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »