« ふる里岐阜が23分でなくなる | トップページ | < 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号 »

2012/12/22

2012年 朝鳥明神 冬至祭

毎年ここ揖斐川町 朝鳥明神では冬至の朝 日の出前に冬至祭が行われます。
  日の出前に神社に到着しなければいけないのですが朝寝坊して 神社に到着したのは7時10分。すでに神事は終わってみなさん 篝火を囲んで町の長老のお話を聞いていました。
 
 一宮の磯野さん大垣の日比野さんと懐かしい方に会えました。
 
また磯野さんの紹介という各務原の若い女性の一行約20人が来ていてとても賑やかでした。
町の長老は馬場さんと言って今年90歳の方ですがとても90には見えずカクシャクとしていらっしゃいました。
神社のことや神仏のこと孫の教育のことなどを若い人に何度も言って聞かせておられました。
馬場さんの説明が終わって帰ろうとしたらそこにいた若者たちから呼び止められました。
「おじさん 一緒に踊っていってください。ほんの七分間ですから。見よう見まねでいいですよ」 終わって人数を数えたら21人でした。私が入ってよかったね。
どうやらこれがかねてから聞いていた「わの舞」というものらしいです。

|

« ふる里岐阜が23分でなくなる | トップページ | < 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふる里岐阜が23分でなくなる | トップページ | < 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号 »