« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/30

有限会社まんま農場 の 「低温スチームのまんま野菜」

先日高山の素敵な農場の方に会いました。
有限会社まんま農場 です。
龍の瞳 というとびきり美味しいお米も
一番びっくりしたのは 「低温スチームのまんま野菜」 
というものです。

*ソフトスチームで加熱処理だから栄養を逃がしません

*下処理いらずですぐ調理

*冷蔵庫で2週間保存出来る

| | コメント (0)

2012/12/28

循環型社会形成推進事業費補助金  予定

循環型社会形成推進事業費補助金  予定
来年度もこういう補助金の募集をやる予定です。
 
もしも受けてみたいなら今から準備をされるといいと
思います。
絶対あるとは言えませんし必ずもらえる訳でもありま
せんが。
*先導的なリサイクル施設整備に対する補助事業
*先導的な排出抑制施設整備に対する補助事業
*地域ゼロエミッション施設整備等に対する補助事業
*事業可能性の検討(フィジビリティ・スタディ)に
 対する 補助事業
応募相談期間は 平成25年3月1日から4月30日
まで (平成25年度の予算による) 
 CRNの事務局でも相談をお受けいたします。


001_3
002
003
004

| | コメント (0)

2012/12/26

産業廃棄物を適正に処理しましょう

愛知県からの資料

 
  産業廃棄物を適正に処理しましょう

    ーー産業廃棄物処理マニュアルーーーー


こちらからダウンロードしてください


   http://sdrv.ms/12F2gxR
写真: 愛知県からの資料

 
  産業廃棄物を適正に処理しましょう

    ーー産業廃棄物処理マニュアルーーーー


こちらからダウンロードしてください


   http://sdrv.ms/12F2gxR

| | コメント (0)

2012/12/25

プラス  「フィットカットカーブ」 

どこのラジオだったか忘れましたがこんな話を聞きました。

ベルヌーイの定理      http://www.gijyutu.com/kyouzai/kikai/beru1.htm 

を応用したハサミがプラスという文具メーカーから売りだされてヒットしていると

    プラス  「フィットカットカーブ」  http://ure.pia.co.jp/articles/-/425

物好きの私は早速にアマゾンで買おうと調べました。

ありました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9-SC-175S-Green-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%96S%E5%9E%8B-34%E2%88%92512/dp/B0079WLCCC

この他にもいろいろなタイプがありまして400円から700円くらいです。

私は700円のハサミを買おうと思い購入に進みました。

最後のところで合計金額1300円と出ましてビックリ。

そうなんです送料が600円以上してました。

そこでキャンセルしました。

ちょうど今日名古屋に出るついでがあったので名古屋駅前の東急ハンズで

探しました。

そうしたらこのプラスの 「フィットカットカーブ」は一番目立つところに

各色展示されてましたがなんと285円のものしかありません。

それでこれを買って来ました。

700円のものはチタンですがこれは普通のものですが

私はこれで十分です。

プラスのハサミが素晴らしいこととアマゾンも送料を気をつけないと

いけないということです。

Img_5074

| | コメント (0)

2012/12/23

< 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号

川田 きし江様から

< 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

江 戸 時 代 よ り 引 き 継 が れ る 

              古 式 捕 鯨 の 祭 り
                 ( 三重県 梶賀 )

 捕鯨が盛んであった江戸時代より今日に受け継がれてきた古
式捕鯨を再現する祭りである。

 熊野灘の捕鯨は、紀州藩の奨励もあり、17世紀に最盛期を
迎え、尾鷲の九木浦に紀州藩の鯨方役所があったが、その後衰
退の一途をたどった。

 捕鯨国日本に伝承される鯨突き神事は、伊勢湾から熊野灘一
帯に広く行なわれている。

 一月十三日の太地町「お弓祭」、八月十四、十五日四日市市
「鯨船神事」、九月十五日新宮市「鯨踊り」、十月十四日太地
町「飛鳥神社大祭」などがある。

 一月十五日(前後の祝日)、梶賀では、鯨供養と大漁祈願の
ための大般若経が地蔵寺で行なわれた後、白塗に化粧した男衆
が、鮮やかな長襦袢を着て.大漁旗をなびかせたハラソ船に乗
り込み「ハンヤ、ハンヤ」のかけ声と共に梶賀の港を漕ぎ出し
「ハラソ、ハラソ」とかけ声が変わると、古式の速い漕法とな
り、やがて舳先に乗った突き役(ハダシ=羽差)が古式そのま
まに銛を海に投げ入れるのだ。若者たちは、待望した天からの
恵みを心から感謝し、その気持ちを所作に託している。

 熊野へ捕鯨の業を伝えたのは秦の除福であると言われている。
新宮の阿須賀の森の西、宇楠薮に「秦之除福の墓」がある。紀
伊続風土記などによると、突き鯨を始めたのは慶長11年、又
別の古記録によると元禄4年、宝暦4年、元文5年と、熊野九
十九浦一帯で捕鯨が行なわれていた。

 太平洋に面した漁村の太地からさらに土佐室戸、九州の大村
へと伝わっていった。

 ハラソ祭りの起源は文献もなく、口碑も伝わっていないが、
小梶賀には鯨石と呼ぶ石がある。鯨船は赤黄青緑紫と五彩の色
と桜菊牡丹の花模様や鳳凰を描いたきれいな船であったので、
捕鯨がすたれた後、そのままハラソ祭りに使ったものと考えら
れる。

 諸事情で捕鯨漁は行なわれなくなったが、今日までこうした
祭りが受け継がれてきている。
< 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号

川田 きし江様から

    < 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

江 戸 時 代 よ り 引 き 継 が れ る 

              古 式 捕 鯨 の 祭 り
                 ( 三重県 梶賀 )

 捕鯨が盛んであった江戸時代より今日に受け継がれてきた古
式捕鯨を再現する祭りである。

 熊野灘の捕鯨は、紀州藩の奨励もあり、17世紀に最盛期を
迎え、尾鷲の九木浦に紀州藩の鯨方役所があったが、その後衰
退の一途をたどった。

 捕鯨国日本に伝承される鯨突き神事は、伊勢湾から熊野灘一
帯に広く行なわれている。

 一月十三日の太地町「お弓祭」、八月十四、十五日四日市市
「鯨船神事」、九月十五日新宮市「鯨踊り」、十月十四日太地
町「飛鳥神社大祭」などがある。

 一月十五日(前後の祝日)、梶賀では、鯨供養と大漁祈願の
ための大般若経が地蔵寺で行なわれた後、白塗に化粧した男衆
が、鮮やかな長襦袢を着て.大漁旗をなびかせたハラソ船に乗
り込み「ハンヤ、ハンヤ」のかけ声と共に梶賀の港を漕ぎ出し
「ハラソ、ハラソ」とかけ声が変わると、古式の速い漕法とな
り、やがて舳先に乗った突き役(ハダシ=羽差)が古式そのま
まに銛を海に投げ入れるのだ。若者たちは、待望した天からの
恵みを心から感謝し、その気持ちを所作に託している。

 熊野へ捕鯨の業を伝えたのは秦の除福であると言われている。
新宮の阿須賀の森の西、宇楠薮に「秦之除福の墓」がある。紀
伊続風土記などによると、突き鯨を始めたのは慶長11年、又
別の古記録によると元禄4年、宝暦4年、元文5年と、熊野九
十九浦一帯で捕鯨が行なわれていた。

 太平洋に面した漁村の太地からさらに土佐室戸、九州の大村
へと伝わっていった。

 ハラソ祭りの起源は文献もなく、口碑も伝わっていないが、
小梶賀には鯨石と呼ぶ石がある。鯨船は赤黄青緑紫と五彩の色
と桜菊牡丹の花模様や鳳凰を描いたきれいな船であったので、
捕鯨がすたれた後、そのままハラソ祭りに使ったものと考えら
れる。

 諸事情で捕鯨漁は行なわれなくなったが、今日までこうした
祭りが受け継がれてきている。


続きを読む "< 東海歴史散策 96> 2013年 1月 1日号"

| | コメント (0)

2012/12/22

2012年 朝鳥明神 冬至祭

毎年ここ揖斐川町 朝鳥明神では冬至の朝 日の出前に冬至祭が行われます。
  日の出前に神社に到着しなければいけないのですが朝寝坊して 神社に到着したのは7時10分。すでに神事は終わってみなさん 篝火を囲んで町の長老のお話を聞いていました。
 
 一宮の磯野さん大垣の日比野さんと懐かしい方に会えました。
 
また磯野さんの紹介という各務原の若い女性の一行約20人が来ていてとても賑やかでした。
町の長老は馬場さんと言って今年90歳の方ですがとても90には見えずカクシャクとしていらっしゃいました。
神社のことや神仏のこと孫の教育のことなどを若い人に何度も言って聞かせておられました。
馬場さんの説明が終わって帰ろうとしたらそこにいた若者たちから呼び止められました。
「おじさん 一緒に踊っていってください。ほんの七分間ですから。見よう見まねでいいですよ」 終わって人数を数えたら21人でした。私が入ってよかったね。
どうやらこれがかねてから聞いていた「わの舞」というものらしいです。

| | コメント (0)

2012/12/18

ふる里岐阜が23分でなくなる

ふる里岐阜が23分でなくなる

というショッキングなチラシを所 源亮様 アリジェン製薬株式会社 代表取締役社長兼一橋大学特任教授からいただきました。
チラシは大きなものなので分割して載せさせていただきます。
156140_472754639430355_2061800330_n
15961_472526576119828_1334586101_n
603228_472527579453061_1107073567_n
44634_472527806119705_1581628466_n
149759_472527722786380_1910141827_n
386061_472527452786407_1650820199_n
425638_472527916119694_1814305677_n
6631_472527956119690_1919068234_n_2
65051_472527959453023_86965726_n
60693_472527962786356_1219118203_n

| | コメント (0)

2012/12/17

瀬戸市民オーケストラの「2012ふれあいコンサート」

友達から入場券をいただいたので。
その友達の友達の奥様がバイオリンを演奏なさっているということで。
クラシックはわからないからと思っていたのですが演奏されたのは聞いたことのある曲目ばかりでよかったです。
http://www.geocities.jp/seto_simin_oke/
それにしても瀬戸市文化ホールの立派なことに驚きましたね。
初めて行ったわけではありませんが時間があったのであちこち見てまわりました。
大きな加藤 唐九郎作の陶壁が二つあったのには圧倒されました。
楽団員はどちらの方が多いですかと聞きましたら瀬戸ばかりでなく春日井や小牧、江南などあちこちからいらっしゃっているそうです。これだけの演奏会を続けておられるとはたいしたものですね。
写真はこちらで
https://picasaweb.google.com/109698561622737313587/2012121702

| | コメント (0)

岩谷堂 と うなぎの やすじ

瀬戸で音楽会に行ったついでに 岩谷堂というところへ
行ってきました。
話には聞いていたのですが行ったのは初めてでした。
http://4travel.jp/domestic/area/toukai/aichi/toyota/seto/travelogue/10483847/
愛知国定公園 岩谷堂  となっていました。
春は桜 夏はプール 秋はもみじのいいところです。
11月中にこればもみじのライトアップも見られたのに残念でした。
実はこの岩谷堂においしいうなぎやさんがあるということを
誰かから最近聞いたもので行く気になったのです。
花よりだんごのほうですね。
行ってみるとその団子屋さんがありお隣がうなぎ屋で「やすじ」という店名です。
小さなお店ですが入ったら席にはいっぱいお料理が用意されていてお客も半分くらい座っていました。
女将さんに声をかけましたらちょっと困った顔をされましたが
「おとなりでもいいですか?」と言われました。
意味不明のまま「いいですよ」と答えましたらさきほどの
お団子屋さんのほうへ案内をされましてこちらで食べてくださいということでした。
ちょうどこの日は団体客の予約でいっぱいだったようですが
もう一組のお客さんが来るまでしばらくあるからその間に
料理を出しますと言われました。
私たちはヘルシーうなどん というのを頼みました。
うなぎが少ないのでしょうね。
1,700円でしたが、うなぎはとても美味しかったです。
それに自然薯、吸い物、卵焼き、茶碗蒸し、デザートまでついてきました。
またシーズンに来たいものです。
食後は公園の上の方にあるという瀬戸大滝へ行きました。
大滝というには可愛らしい滝ですがちょうど滝に虹がかかってきれいでした。
写真はこちらで

https://picasaweb.google.com/109698561622737313587/20121217

| | コメント (0)

岐阜学会 第7回特別講座

岐阜学会 第7回特別講座

◆ 日時  平成25年2月22日 金曜日 

   13時30分~15時


◆ 場所  岐阜女子大学11号棟402教室



◆ 講師  岐阜女子大学 教授   丸山 幸太郎氏

      「岐阜を愛した

           原 三渓  と女優 花子


◆ 参加  自由   資料代 300円


1217

| | コメント (0)

2012/12/15

「新しい公共フォーラム・あいち」

「新しい公共フォーラム・あいち」


~地域でともに支え合う社会の実現を目指し


現在、NPO等の活動は、拡大する公共ニーズの担い

手として注目を集めており、愛知県においても、昨年

度から2年間「新しい公共支援事業」として、NPO

等の自立的活動を後押しするための事業が行われてい

ます。


そのような中で、このたび
「新しい公共フォーラム・あいち~地域でともに支え

合う社会の実現を目指して~」を下記のとおり開催い

たします。

「新しい公共」の担い手であるNPO、県民、企業

、行政等がともに「新しい公共」を考え、地域の諸課

題について幅広い観点から意見交換することにより、

「新しい公共」の拡大と定着を図ります。

フォーラムは、午前中に【全体会(パネルディスカッ

ション)】、午後は【分科会】を実施します。「新し

い公共」についての理解を深め、地域でともに支え合

う社会の実現を目指して、皆さんとともに考えたいと

思いますので、ぜひご参加ください。




&#9632;フォーラム概要&#9632;


「新しい公共フォーラム・あいち」~地域でともに支

え合う社会の実現を目指して~

◆日時:平成25年1月12日(土)

10:00~16:00


◆場所:愛知大学 名古屋校舎


 (名古屋市中村区平池町4丁目60番6 ※公共交

通機関をご利用下さい。)


◆主催:愛知県、企画:新しい公共フォーラム・あい

ち企画委員会、協力:愛知大学


◆参加費:無料


◆募集人数:約500名



◆タイムスケジュール


【9:30~】開場、全体会受付開始


【10:00~12:00】全体会


【13:00~16:00】分科会(18分科会)



◆申込方法(メール、FAX、又は郵送にてお申込み

下さい)

<メールでの申込方法>


以下の項目(①~⑧すべて必須)をご入力の上


「あいちNPO交流プラザ NPO


plaza@pref.aichi.lg.jp



までお送り下さい。

★メールタイトル(件名)には「新しい公共フォーラ



ム申し込み」と記載して下さい。

| | コメント (0)

2012/12/14

珪素パワーの活用法 作成: 江崎 忠男 日時: 2012

高木 利誌様がまたまた爆弾発言

 

ザ・フナイ  12月号に掲載

 

珪素パワーの活用法

 

 

http://sdrv.ms/Y1btQP

 

 

不思議な話がいっぱいです。

| | コメント (0)

北 欧 の 伝 承 に 登 場 す る 妖 精    ト ロ ー ル

川田 きし江様から
20121215_72
北 欧 の 伝 承 に 登 場 す る 妖 精 
                ト ロ ー ル
                 (ノルウエー)
 スカンジナビア半島の西に位置するノルウエー。
北は北極海,一部はフインランドとロシアとの国境に接し、約2 万人のサーメ人が住むラップランド地方からなっている。東側はスウェーデン,西側はノルウエー海と大西洋,南は北海に面 し、太古からの時と自然が造り上げたフィヨルドと森林,川、 湖、突き出してそそり立つ岩々が迫る面積38万�、南北に細 長い国土は日本とほぼ同じ大きさの国である。
 8Cから11Cにかけてのヴァイキング時代から海洋国家としての歴史を持っている。海賊としてだけでなく,交易商人や植民者としても活躍した。ヴァイキング船は、両先 端が反った独特の形で,耐久性、安定性,推進力の増加を可能 にした大発明により、はるか海の彼方まで推進することができ た。
 北欧の動物たちは、森林に生息している。道端に「ヘラジカ飛び出し注意!!」の標識があるほど,大きな角を もつヘラジカは国のシンボルともなっている。
 ノルウエーの伝承に登場する妖精トロールは、スウェーデン語で「魅惑する」という意味である。北欧神話の中 に、々なトロールが語られている。古代フェニキアのトル カーン・トロールは舟を巧みにあやつっている。
 トロールの能力は、姿を消したり,なんにでも変化したり、未知の予知や人に強い力を与えたり、貧乏にしたり 富を与えたり。騒音がひどく嫌いで、教会の鐘が鳴らされると ほとんどのトロールがその地域から逃げ出したという話もあ る。神話時代の雷神トロールのハンマーにおびえていた名残りか もしれない。
 小人で、丘、塚、土手の中に棲み、親切で人つきあいがよく、友好関係を持つ山のトロール、平地のトロールもい る。J・R・R・トールキン「ホビットの冒険」では、トロールは大陽の光を浴びると石化すると描いている。今でも日常生活 で、ふと物がなくなった際には、「トロールのいたずら」と言 われている。
 私が踏み入った森は、大陽の光が届かない絶好の棲に家だと感じた。又、サンタクロースの手伝いをする妖精ユールニッセは子ども達に信じられている存在である。

| | コメント (0)

2012/12/10

小泉 武夫先生の講演を聞いて来ました。

12月8日土曜日に中津川のチコリ村で。チコリ村では年に何回も小泉 武夫先生を招いての講演会をされています。同社の中田 智洋様

株式会社  サラダコスモ 代表取締役が大変な小泉信奉者ですので。

 

 

会場は200名を超える聴衆で満員でした。私はチコリ村から案内をいただき家内と一緒に参加しました。

 

 

もちろん講演を聞く前にチコリ村名物「バーバーズダイニング」で美味しい料理を腹いっぱいいただきました。ここの料理はいつ行っても美味しいですね。この日は高校生の団体や若い人達で一杯でした。

 

 

小泉 武夫先生のこの日の演題は「豆のちから」豆が如何に健康によいか日本食の素晴らしさ神代の昔からの豆にまつわるお話など1時間半はあっという間でした。みんなを笑わせながら肝心な話をしっかりとされる小泉 武夫先生は流石ですね。

 

 

その中で大事な話がありました。

 

 

5月16日毎日新聞に福島県の子供の99.6%に放射能がでていない。

 

 

11月6日朝日新聞 14版福島県の赤ちゃんを産んだお母さんから放射能が出ていなかった。何故かというと日本人がよく食べる繊維質によってウンチと一緒に体外に出てしまったと思われる。

 

 

 

これは大変に明るい話ですね。

 

でも本当かなー信じていいかどうかはわかりません。各自で確認する必要ありますね。

 

 

小泉 武夫先生の録音はこちらです

 

 

http://sdrv.ms/VZgi8Z

 

| | コメント (0)

ジャストワンナイトコンサート2012

大垣市のロワジールホテルで行われたジャストワンナイトコンサート2012に行ってきました。 9日日曜日16:30から1時間 とっても素敵なアットホームなジャズコンサートでした。 美濃染元 福田屋の若女将 福田 美代子さんの ボーカルでシンセサイザー ギター ベース ドラム の4人の演奏でした。 ホテルの1階喫茶室で行われたのですがバックの 1面は総ガラス張りで折から真っ白な雪がドンドン 降りてきてまさにホワイトクリスマスでした。
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000016476.html
しかもコーヒーを飲んで500円とは泣かせます。 私はホテルの立体駐車場に停めさせていただいたのですが 1時間半でなんとタダでした。
ビックリ仰天!!
福田 美代子さんの歌は
http://youtu.be/UlUUR_Gf0OM
Img_3541
Img_3545

| | コメント (0)

「彼らがあなたに知ってほしくないガーダシルとHPVワクチンの30の真実」

知り合いの杉本先生から教えてもらいました
ーーーーーーーーーーーーーーー
子宮頸癌予防ワクチン
ラッセル・ブレイロック博士による「彼らがあなたに知ってほしくないガーダシルとHPVワクチンの30の真実」
30 stunning facts they don't want you to know about Gardasil and HPV vaccines

以下転載

1、第一その根拠が嘘です。HPVそれ自体では子宮頸がんの原因にはなりません。エビデンスによれば、子宮頸がんが出来るには次の組み合わせの複数のウィルス、もしくはウィルととバクテリアによる同時感染が必要な事が分かっています。例えば、エプステイン・バーウィルス[Epstein-Barr virus]とHIVやクラミジア等とHPVの同時感染です。

2、出産をコントロールするビルとホルモン薬はHPVのリスクを上昇させます。

3、今までに子宮頸がんのワクチンが子宮頸がんを予防すると証明された事は有りません。いずれにしろなんの科学的な根拠もないのです。

4、100株以上あるHPVの中でほんの15種類ほどが子宮頸がんの原因になります。

5、子宮頸がんのワクチンはそのうちの本の2~4株を対象にしているだけなので、あなたはそれを受けても他の2/3以上の子宮頸がんの原因となる危険性のある株には無力です。だから、あなたは接種後も子宮頸がんの検診を定期的に受ける必要が有るのです。

6、あなたはワクチンを受けても子宮頸がんの発生率を減少させることは出来ません。研究では人の免疫システムはワクチンで獲得した株への抵抗性を発達させるので、他の株が優勢になるだけです。

7、米国疾病予防管理センターのウエブサイトでは人の体の免疫システムは2年以内にヒトパピローマウイルスを2年以内に消失させることが出来きる事(70%は1年以内に消失)が書いてあります。

8、子宮頸がんのリスクを上昇させる最も強力なプロモーターはの一つは喫煙です。女性で喫煙する人は前癌病変を子宮頸がんに進行してしまうリスクがしない人に比べて、2、3倍もあります。

9、食事が鍵です。栄養価の低い食事をしている人はリスクが上昇しまうすが、一方でビタミンB12や葉酸を十分な量摂取している人は子宮頸がんとヒトパピローマウイルスの感染のリスクを79%減少させることができます。

10、食事での組み合わせはどんなワクチンよりもヒトパピローマウイルスに対する十分な対策になる事が証明されています。

11、商業的な売り込みは全て嘘です。それは私たちのこの時代において最も壮大で有害な医学的な嘘の一つです。

12、公式に、ワクチンが約100の死亡例と500の永久的な障害の症例と関連があることが発表されています。

13、それらの数字は自発的に報告されたもので、歴史的にはたった2~10%のケースの例から報告されているにすぎません。その他の多くの症例では、報告すらされていなく、それで、控えめに見積もっても5000人の少女と若い女性がワクチンによる副作用を受けている可能性があります。

14、子宮頸がんはアメリカではとても希なガンで、年間に12000症例が報告され、そのうちの4000人が死亡します。

15、多くの少女と若い女性は重大なワクチンによる副作用を経験していますし、その死亡例の人数を超えています。

16、副作用は、多発性硬化症、脳炎、失明、心膜炎、昏睡、死亡など多くの症状を含みます。

17、最初に行われたワクチンのガーダシルは違法に行われています。米食品医薬品局はワクチンが認可されるまでに臨床試験が行われ4年の経過を見ることを要求しています。しかしガーダシルは市場に出るまでにたった6ヶ月でした。それでFDAは認可しているのです。

18、テキサスのリック・ペリー[Rick Perry]州知事は実際は子宮頸がんにかかる平均連例は48歳でHPVの潜伏期間は20年間であるにも関わらず、2007年にテキサスの6年生の少女にワクチンを受けることを義務化しました。かれは議会の反対を押し切ってそれを強制しました。

19、人々はワクチンを受けることを強制されますが、でもそれは実際には法律で決まっているわけでは無いのです。

20、ペリー州知事はワクチンメーカーから多額な賄賂を受け取っています。

21、ぺりーは、元メルクから雇われたロビイストのスッタフの代表を務めていました。メルクは2009年にガーダシルを作ったメーカーで、彼と巨大製薬会社は繋がりが有りワクチンを推進するモチベーションがあることが暴露されています。

22、テキサスの立法府はペリーの少女にに対するワクチン接種の強制命令を公衆の強烈な反発により覆しています。しかしながら、判例が成立し、他の州や国でもそれに追随するようにして法定に持ち込まれています。

23、パップ・スメァーだけでも80%の子宮頸がんが防げます。年に一でパップ・スメァーをするとあなたが子宮頸がんにかかる確率を0.02%に減少させることができます。

24、子宮頸がんワクチンはそのリスクはほとんど公開されずインフォームドコンセントを得ないまま違法に何百万人もの人に接種されています。

25、大衆は患者を守るインフォームドコンセントに関する法律があることを知りません。それらはワクチンによって障害を得た人々にとって法律的な戦略を与えてくれます。

26、ワクチンの製造メーカーはワクチンに関連する危険性を医者に公表したり話し合ったりすることを望んでいません。なぜならば、彼らは人々にそれを受けない事を選択して欲しくないからです。これは複数の医学雑誌で文書化されています。それにも関わらずまだ違法に医者たちにそのリスクは公表されません。

27、FDAのウエブサイトによれば、世界中の何百万人という少女、ティーンエイジャー、成人女性にワクチンが接種される前にほんの21000人の少女たちに臨床試験が行われただけです。

28、FDAのウエブサイトでは男性ではワクチンのテストが行われたことには何も触れられていません、それなのに米国疾病ヨボウカンリセンターではワクチンはすべてのティーンエイジャーから21歳までの男性に推奨されるべきだと言います。

29、インフォームドコンセント法はワクチンの効果について疑問を投げかけてもいます。それであなたはワクチンの効果について質問し回答を得る権利を有しているのです。なぜあなたはそのリスクと接種に甘んじる必要があるのでしょうか?

30、ワクチンの製造メーカーは立法府に働きかけてあなたがワクチンの合併症に対して訴える事が出来ないようにする法律を通させましたが、でもあなたは訴える事ができます。

| | コメント (1)

2012/12/06

ご報告2件です

ご報告2件です
1・三重大学 環境農林水産フォーラムのご報告
12月2日国際センタービルで行われた三重大学として
はじめて名古屋での会合に参加してきました。
4人の先生から発表がありどれも素晴らしいものでした。
1・次世代の生物資源学創出に向けて
     教授   坂本  竜彦様
2・ 栽培者と作物を情報で繋ぐスマート農法
    教授   亀岡  孝治様
3・ 森林から始まる新しい持続的工業システム
    教授   船岡 正光様
4・ 海洋生物たちが育む「美と健康」
   教授    幹  渉 様
以下のところにおいてありますのでダウンロード
してください。
http://sdrv.ms/Vz2nGx
2・中部バイオテクノロジーシンポジウ のご報告
11月30日にホテル・ルブラ王山で開かれました
中部バイオテクノロジーシンポジウム の講演の
ご報告をいたします。
・岐阜大学教授  高見澤 一裕様
  再生可能エネルギーとしてのバイオエタノール
      現状と展望
・佐塚 隆志様 名古屋大学准教授
  高糖性高バイオマスソルガムの育種開発と
   その利活用の可能性
こちらにおいてありますのでダウンロードしてください。
岐阜大学教授  高見澤 一裕様の録音は途中から
ですのですみません。
http://sdrv.ms/VyMorZ

| | コメント (0)

2012/12/04

知多地区バイオマス利活用プロジェクト会議

第5回知多地区バイオマス利活用プロジェクト会議の開催について

 拝啓 師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。第5回バイオマス利活用プロジェクト会議を下記のとおり開催します。ご多忙とは存じますが、御出席くださいますようお願い申し上げます。

お手数ですが、別紙にてご出席の連絡をお願い致します。


                                                                             敬具



              記
 


1 日時 : 平成24年12月14日(金)
 

 13:30~16:30
 

(1) 知多ABCネットより調査結果報告
 

(2) 事例報告
 

(3) 今後の進め方等
 
2 場所 : クラシティ半田3F
  
  市民交流センター大ホール
 
(駐車場入り口は、ビル東側にあります。)
 
3 内容
 

(1) 豊川市流域下水道のメタン発酵事業について


     (13:30~14:30)
 

 愛知県東三河建設事務所都市施設整備課(都市施設・下水道)
 
 課長補佐 青山知弘 
(2) 牛糞堆肥・竹粉燃料化事業の取り組み報告(14:30~15:00)

 株式会社アグメント 取締役室長今津悠見 

 知多ABCネット 理事 浅井信義

(3) 知多半島導入済み小型風力発電機及び愛知用水へのマイク

 水力の取り組み

 エコ・テクノロジー株式会社 代表取締役 加藤政春
    (15:10~16:00)

 小型風力発電装置のアセック、㈱エイゼン、中部空港等知多

 半島内導入事例、

 愛知用水実験事業結果と今後の計画について

(4)今後の進め方(16:00~16:30)

①分化会(プロジェクト会議)と協議会の設置について

②市民ファンド創設の方向について


別紙(出席連絡)
 

※12月7日(金)までにFAXまたはメールでご返信お願い致しま
 
  す。
 

有限会社竹内総合研究所 宛
 
竹内携帯 : 080-5150-7887

Tel    : 0569-89-8578

FAX    : 0569-48-8077

E-mail  : kazu-takeuchi*t-soken.net

 (*を @ にかえて)





第5回知多半島バイオマス利活用推進プロジェクト会議
平成24年12月14日(金)13:30~16:30
会議ご出席予定者
所 属 等
氏 名
連絡先
TEL/E-mail等)

| | コメント (0)

三重大学 環境農林水産フォーラム

1. 主催:生物資源学研究科

 『環境農林水産フォーラム』実行委員会

2. 共催:みえメディカル研究会
    (生物資源有効活用研究会)

3. 日時:平成24年12月12日(水)
      17:30 ~ 19:30

4. 場所:三重大学 環境・情報科学館 3階

       演習室 3,4

5. 参加費:500円

6. 内容:
テーマ『食品の機能性と健康』 司会:亀岡孝治(社会連携推進室長)

① 生物資源学研究科「環境農林水産フォーラム」の狙い 17:30-17:35
三重大学大学院生物資源学研究科 研究科長 吉岡 基

② 話題提供1「ゴマから学ぶ食品の潜在能力」 17:35-18:05
大学院生物資源学研究科 生物機能化学研究室 准教授 勝崎裕隆
話題提供2「食品廃棄物の機能性食品への循環」 18:05-18:35
大学院生物資源学研究科 栄養機能工学研究室 教授 梅川逸人

③ 参加者による情報交換会 18:40-19:30

7. 参加申し込み
   12月7日

| | コメント (0)

東海地域における6次産業創出フェア

http://www.shoku-aichi.com/soken/event07/event07.html




会場




名古屋大学 野依記念学術交流館



(名古屋市千種区不老町


開催時間


12月18日:10:30~17:00 

 12月19日:10:00~15:30

主催
岐阜・愛知・三重 6次産業化サポートセンター


後援
東海農政局


参加費
無料


申込み期限
2012年12月10日

   http://www.shoku-aichi.com/soken/event07/event07.html

| | コメント (0)

2012/12/01

所源亮様 アリジェン製薬株式会社 代表取締役社長 からの提言

12月1日 福井の水晶浜へ行き風船を飛ばし


てきました。

 

所 源亮様  


アリジェン製薬株式会社 代表取締役社長 


からの提言


12月1日 福井の水晶浜へ行き風船を飛ばして


きました。

 

そのとき同行した所源亮様 アリジェン製薬株式


会社 代表取締役社長より下記のような文章


をいただきました。

 

ご了解を得ましたので添付させていただきます。

 

原発はもはやどうしたらいいかでなく即時撤退し


かないと思います。

 

目からウロコの話ばかりですがそれぞれの数字


には裏付けがあるそうです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

綺麗な山と川に囲まれた、岐阜は、我々の故郷


(ふるさと)です。

 

 

 

我々は、今すぐ、「脱原発」運動を徹底的に推進


しなくてはなりません。


その最大の理由は、今我々の故郷が大きな分岐


点にあるからです。故郷を守りたい、


生活圏を守りたい、岐阜の文化を守りたい、そう


強く思うのであれば、


後悔のない選択をしなくてはなりません。大飯原


発で福島第一原発と同じ事故が起きれば、


我々の故郷は、僅か23分でなくなります。

 

 

 

今、我々の故郷は、46億年前地球が誕生して以


来、最大の危機に直面しています。


この豊かで美しい岐阜の地は、私達の先祖の血


の滲む様な努力の上に、築いた故郷です

その上に文化が開いています。今その故郷が、そ


の文化が、一瞬のうちに、破壊されようとしていま



す。


そのような危険が目前に迫っています。明日のこ


とかもしれません。明後日かもしれません。


はっきりしている事は、今直ぐ、待った無しで、躊


躇する事無く、その危機に、


備えなくてはならない事です。

 

 

 

我々は、故郷が破壊されるのを、黙って見過ごす


訳にはいきません。皆で一緒に、手を携え


知恵を出し、共に汗を流し、故郷を守る覚悟を決


めなくてはなりません。そして、皆で共に


故郷を守って行くという使命に、命を捧げなくては

なりません。

それが我々の世代に課せられた課題です。

 

 

 

我々の故郷に対する最大の脅威とは何か。それ


は、地震による原発事故です。


それは、福島第一原発事故によって実証されま


た。

 

 

 

2011年3月11日に起きた東日本大震災は、マグ


ニチュード9の地震

そして高さ30メートルを超える津波によって、甚大


な人的・物的損害を東日本に与えました。


その復興には、多大な資金と、献身的な労働と、


多くの知恵と支援が、要求されます

しかしながら、この地域の復興は、過去の実績か


ら、勤勉な我々の努力によって、


必ず成し遂げられると確信できます。

 

 

 

一方、福島第一原発事故は、人災です。その災


害は、人類が、かつて一度も経験した事の無い、


巨大過ぎる災害です。とんでもない非常事態で


す。既に、海洋、陸地・河川、地下水系


など環境中に拡散してしまった放射能の総量は、


おそらく、我々の想像をはるかに超えたもので


す。

少なくとも、政府発表の100倍以上であることは、


既に公知になっている事象から、明らかです。

 

 

 

アインシュタインを生んだ、放射能研究の世界最


高峰の研究所である、


ドイツのマックス・プランク研究所の前理事長のハ


ンス・ペータ・デュール博士は、


福島第一原発の科学的な修復は、不可能であ


り、解決策はない、と述べています

アメリカのエネルギー省の特別顧問、ロバート・ア


ルバレス博士は、福島第一原発事故の規模は

チェルノブイリの85倍~170倍になると指摘してい


ます。日本政府発表の1,000倍を超えています。

 

 

 

福島第一原発事故は、政府発表をあざ笑うかの


様に、メルトダウン、水素爆発、核爆発と続きまし


た。


事実は、政府発表が「嘘の塊」である事を、露呈し


ました。これは、悪夢としか言いようがありませ


ん。


日本国憲法で保証している、日本国民の健康的


な生活を保証すべき立場の政府が

日本国民の健康維持に必要不可欠な情報を「誤


魔化し・隠蔽」していたことが明らかになったから


です。


この「誤魔化し・隠蔽」の結果、今後日本の国土で


は、5年、10年、20年、100年、1000年、百万年


という超長期にわたり、何の罪もない、何百万、何


千万、何億人という日本国民が、


健康的な生活をおくることが、できなくなりました。

 

 

 

日本国政府は、国民を裏切りました。国民から真


実を遠ざけ、国民と共に問題の解決を探る機会


を、


放棄しました。これは、棄民政策です。その結果、


日本国民に、さらなる身体的・精神的な


傷跡を植え付けているのです。

 

 

 

日本人は、飲食物がきちんと検査されていると信


じています。しかし実態は、その逆です

殆ど検査されていません。日本の国の検査は、ベ


ラルーシの50分の1です。


一日僅か700検体ぐらいしか検査していません。


然も、最も危険なストロンチウムとかプルトニウム


などは無検査に等しいのです。ですから、検査済


だから日本の飲食物は安全だと思うのは、


単なる幻想にすぎません。日本国政府の姿勢


は、寧ろ日本人に対し、被曝した食品を、


安全だと思わせて、内部被曝を助長しています。


福島県内に、放射能をとどめて置かなくては


ならないのに、逆に、日本政府は日本全国に、放


射能を普及・拡大しています。


日本政府による、「日本人健康破壊計画」です。

 

 

 

福島第一原発事故によって、故郷を追われた人


は、17万人を超えます。必死の除染作業が、


今日に至るまで、続けられていますが、故郷がも


と通りになる可能性は、ゼロです。全くありませ


ん。

科学的には、僅かな、期待もありません。「帰還困


難区域」と「居住制限区域」は、


人間が如何なる除染をしようとも、再び住めるよう


になる可能性は、科学的には何一つありません。


除染は、むしろ、放射能の被害を拡大するだけで


す。にも拘らず、除染は、一つの恣意行為として、


行われています。福島県では、至るところに行き


場の無い青色のビニール袋が積み上げられてい


ます。

科学的に、滑稽な姿です。効果があるないは別と


して、除染をまともに行うと福島県の「帰還困難区


域」


と「居住制限区域」だけに限定しても、250兆円位


かかります。


これは日本の一年間の総ての稼ぎ(GDP)の半分


です。何という愚かな行為でしょうか。


これが、我々の税金で行われている、原発推進


者のイベントです。


我々はこの愚行を放置してはなりません。

 

 

 

福島県の子供を対象とした、甲状腺健康調査結


果は、絶望的です。


日本が、破滅に向かっていることを、示唆していま


す。2011年の調査結果は、35.8%に


甲状腺異常(A2判定以上)が出ました。これが


2012年になると43.7%になっています。


既に福島県の子供の約半数に甲状腺異常が認


められているということです。


事故後の同じ時期のチェルノブイリのこの数値


は、0.5%ぐらいです。福島第一原発事故の規模


は、


チェルノブイリの100倍以上と推定されています。


ですから、福島県のこの調査結果は、


総放射線量に見合っていると言えます。この様な


健康調査結果を前にして、未だに、


ノロノロと健康調査をしている日本国政府は、国


民を守ろうとする志が欠落しています。


まだ福島県の子供の20%位しか検査していませ


ん。甲状腺異常の子供に対する、


再検査についても消極的な姿勢です。こんな事で


は、国民を守ることなどできません。


同じことが、岐阜で起きたらと考えると、背筋が寒


くなります。

 

 

 

 

 

現在日本には54(福島第一原発は廃炉後は50)基


の原子力発電所があります。


そのうち11基が岐阜から100km圏内の福井県に


あります。300km圏内まで行くと石川県に2基、


新潟県に7基、静岡県に3基あります。合計23基


が、300km圏内にあります。規模でいうと、


何と日本の半分以上の原発が、われわれの故郷


の、すぐ近く、被曝圏内、にあります。


これらの原発が福島第一原発事故の様な事故を


起こすと、概ね1時間から3時間以内に、我々の故


郷に、


放射能が到着します。ほとんど逃げる時間は、あ


りません。我々の故郷は、


「一発の地震と一発の原発事故」で崩壊します。


そして、我々は、今福島県の難民が味わってい


る、


悲惨な体験を、共有することになります。

 

 

 

そもそも世界有数の地震国日本に、地震から免


責となる、土地などありません。


これには、多くの専門家が一致しています。最近


の予測では、大地震が30年以内に必ず来ると


多くの専門家が、指摘しています。となると、かな


りの確率で、福井県、石川県、新潟県、静岡県


にある原発が崩壊し、我々のふるさとが、無くなる


訳です。一発の事故で、僅か数時間で、

2,000年の歴史が、一瞬にして、消えてしまうので


す。

 

 

 

地震なんて「平気」、「大丈夫」などと大声で言って


いるのは、関電と中部電力をはじめとする、


電力会社だけです。電力会社と、政府と、お抱え


学者と、マスコミが当てにならない事は


福島第一原発事故で証明されました。問題を直


視しないで、まだこの人たちの言うことを信じ続け


て、


いいのでしょうか。我々は、故郷を守るために、断


固真実を求め、自らの頭で判断すべきです。


私の使命は、皆様と一緒に事実を、直視して考え


解決を探る、ことにあります。

 

 

 

原発が無くなると日本経済が壊滅的な状況にな


る、という経済人がいます。しかしながら、


この議論には、全く根拠がありません。総て嘘で


す。

 

 

 

第一に、電気は余っています。原発がゼロになっ


ても電力供給は、電力消費量の約倍あります。

 

 

 

第二に、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料の


埋蔵量は少なくとも後千年あります。


一方の原発の原料のウラン鉱石は、50年ぐらいし


か残っていません。


ですから、原発の方がはるか先に燃料切れにな


ります。

 

 

 

第三に、原発の電気代は、使用済燃料を電力会


社が負担することになれば、


今のキロワット時16円から最低でも3,000円になり


ます。

 

 

 

第四に、現在の日本の原発雇用者は約13万人と


言われていますが、ドイツの実例から判断する


と、

日本の原発が無くなると、逆にその10倍以上の


130万人の新たな雇用が生まれると見込まれま


す。

 

 

 

第五に、そもそも日本の製造業の原価における


原発の比率は、1%を超えて いません。

 

 

 

第六に、原発が作れるのは、そもそも電気だけで


す。例え、全ての電気を原発で産出したとしても、


日本の総エネルギーの18%位にしかなりません。


残りの82%は化石燃料に依存しています。


ですから、原発だけで日本経済は、回りません。


日本経済は、圧倒的に化石燃料に依存していま


す。

化石燃料がなければ、皆さんの車も動きません。


飛行機も飛ばなくなります。


物の輸送も基本的に総て止まってしまいます。衣


食住の全ての生産も止まってしまいます。


原発でお米は作れません。洋服も作れません。家


も建てられません。

 

 

 

第七に、2酸化炭素の問題です。原発は、クリー


ンである、という議論です。こ


れは、全くのデタラメです。何故なら、原発の設備


投資は、火力、水力発電と較べて


少なく見積っても2,000億円以上高くなります。こ


れをCO2換算すると、原発一基で、火力発電よ


り、


毎年約30万トンもCO2を多く排出します。これに


使用済燃料の処理管理から排出されるCO2を


入れると天文学的なCO2の排出量(約20億トン/


原発一基)になります。つまり、原発は、


2酸化炭素の排出量という面からも最悪の選択で


す。

 

*原発1基あたりの数字です。

 

 

 

原発と核抑止力について、いろいろな議論があり


ますが、2つ極めて重要な事が見落とされていま


す。


一つは、すでに日本には、人類が作った、最も危


険な物質といわれているプルトニウムの在庫が、


146.39トンもあるということです。プルトニウムは、


1グラムで4,000万人を、殺すことができる、


と言われています。僅か3グラムで、日本人全員


を、抹殺できます。日本にその猛毒の在庫が、


1億4千6百万グラムあります。この在庫で、世界


人口を、百万回位抹殺できます


然もそれが民間の電力会社や再処理上に置いて


あります。核抑止力などの不毛の議論を


展開するより民間任せのプルトニウム管理を真面


目にすべきです。

 

 

 

次に、原発も原爆(核兵器)も同じ科学的原理によ


るという事実です。原発は、


核分裂をゆっくり進行させるブレーキが組み込ま


れています。一方の原爆は、


逆に早く核分裂が進行するように出来ています。


共に最終的に、「放射能」を生み出します。


原爆は外国に向けた兵器であることは明らかであ


るとして、


福島第一原発事故によって分かったことは、日本


の原発は、


結果的に日本国民に向けた核兵器であることで


す。何故なら、福島第一原発で作られた、


放射能が今、大量に日本人に、襲い掛って、内外


被曝させているからです。

 

 

 

また、既に作られてしまった、危険な放射能(使用


済燃料)は、


日本に12,540トン以上あります。この猛毒の放射


能は、百万年の管理をしなければ安全になりませ


ん。


このコストは、日本人一人当たり最低でも約1億


円です。既に我々の子孫は、


使ってもいない電気に対して1億円の借金を負っ


て生まれます。


未だにその最終処分地が見つかっていません。


我々の故郷がその最終処分地にならない様


にしなくてはなりません。

 

 

 

 

 

最後になりましたが、我々の故郷、岐阜を守るの


が、我々の世代に課された、最大の仕事です。


我々の故郷は、近くの原発が事故を起こせば、数


時間以内で消えてなくなります。


そのことを、福島第一原発事故は、我々に教えて


くれました。福島第一原発事故は、


対岸の火事ではありません。我々に対する警鐘


です。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »