« 岩谷堂 と うなぎの やすじ | トップページ | ふる里岐阜が23分でなくなる »

2012/12/17

瀬戸市民オーケストラの「2012ふれあいコンサート」

友達から入場券をいただいたので。
その友達の友達の奥様がバイオリンを演奏なさっているということで。
クラシックはわからないからと思っていたのですが演奏されたのは聞いたことのある曲目ばかりでよかったです。
http://www.geocities.jp/seto_simin_oke/
それにしても瀬戸市文化ホールの立派なことに驚きましたね。
初めて行ったわけではありませんが時間があったのであちこち見てまわりました。
大きな加藤 唐九郎作の陶壁が二つあったのには圧倒されました。
楽団員はどちらの方が多いですかと聞きましたら瀬戸ばかりでなく春日井や小牧、江南などあちこちからいらっしゃっているそうです。これだけの演奏会を続けておられるとはたいしたものですね。
写真はこちらで
https://picasaweb.google.com/109698561622737313587/2012121702

|

« 岩谷堂 と うなぎの やすじ | トップページ | ふる里岐阜が23分でなくなる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岩谷堂 と うなぎの やすじ | トップページ | ふる里岐阜が23分でなくなる »