« びわ葉温泉圧  講師 濱田 久美子先生   | トップページ | 『エバ・シンポジウム』 愛場 康雅 様の講演 がん とは? »

2012/09/12

メロウ倶楽部大垣散策会

  パソコンを通じた老人会のメロウ倶楽部
  東海地区のみなさん12名で大垣の街歩きを
  楽しみました。
  少しお勉強も

ソフトピアジャパン 
  ・ソフトピアの紹介・・・安田 奈美さん 
  ・iPadの使い方紹介・・・太田課長様 
   パソコンとipad の違い
   ipad の使われ方 あれこれ
                
  ・ ソフトピアジャパン施設 見学 

Img_3448



Img_8257


  ・昼食 美濃味匠しょう  ランチ 840円 飲み物サービス
   
  
   
大垣 街歩き

金蝶園総本家
   大垣駅前にあるお菓子の老舗です。
   みなさん知らない間に店内に吸い寄せられるように
   お店が夜7時までということでお土産を買っていました。
   あれもこれも食べたいものばかりで目移りしますね。
   店の外では大垣名物水まんじゅうを冷やしていましたが
   ある程度冷えると入れ替えているようでした。

Img_8268


   
餅惣 
   こちらで名物 水まんじゅう と水まん氷をいただきました。
   歩道に椅子を出していただいて
   若い女性が手際よく水まん氷を作ってくれました。
   6代目と言われるご主人が水まんじゅうの歴史を語って
   いただきました。何でも昔はもっと小さくて一つづつ売って
   おられたそうですが最近は器が大きくなり3個お皿に載せて
   売るようになったそうです。
   このところちょっとしたブームのようです。

Img_8274


   

有限会社大橋量器
   大垣は全国の8割の枡を作るところです。
   5軒の桝屋がありますがその中心の有限会社 大橋量器さんの
   工場を同社の斉藤さんに案内していただきました。
   一番オーソドックスな一升枡が出来る工程を順番にご案内
   いただきました。
   桧の細い板がそれぞれ加工されて最後にはきれいな枡に
   なっていきます。
   ここ有限会社 大橋量器さんでは従来からの枡だけではなくて
   アイデアでいろいろな枡を作っておられます。
   海外にも販路を広めておられます。
   最終段階で出てくるカンナ屑は桧のいい匂いがしますが
   これは今はすべて燃しておられるとのこと。
   何かもったいないなと思いました。
   うまく利用出来ないものでしょうかね?
   同社では500円で枡作りの体験もできますよ。

Img_8303

   
奥の細道むすびの地記念館
   今年の4月に出来たばかりの施設で芭蕉の大垣との関わりを
   中心に展示されてます。
   約20分間の3Dシアターで芭蕉の旅を見ることができます。

Img_8311

   
   
御菓子つちや 俵町本店
   俵町にあるつちや本店 外から店舗を覗かせていただきました。
   250年の歴史がある店舗の風格はすばらしいものですね。

Img_8316

 

竹島会館 
   美濃街道の大垣宿の本陣跡です。
   昔の建物は残っていなくて近代的な建物だけでちょっと
   残念です。
   美濃街道は中山道と東海道をつなぐバイパスなんですね。
   垂井から熱田までの街道で大垣を通っています。
   

美濃染元 福田屋 見学
   120年の歴史を持つ染物屋さん。最近では見ることも
   少なくなりました。その染物現場を社長様息子さんご夫婦
   からつぶさに見せていただきました。
   従来からの染め方だけでなくコンピューターを使った
   染め方や新しい風呂敷も作っておられます。

Img_8322

   
   
田中屋せんべい総本家
   大垣銘菓の一つ
   とても堅い味噌せんべいはおいしいものですね。
   みなさんお土産にずいぶん買ってました。
   卵を使わない、つやのある、素朴な風味のみそ入り大垣せんべい
   です。

Img_8326


   

懇親会  すし吉 
   二階の座敷で貸切の宴会。
   素材を活かした確かな料理の腕前が感じられる味でした。
   最近の居酒屋とは一味違う味に大満足。

Img_3450


   

|

« びわ葉温泉圧  講師 濱田 久美子先生   | トップページ | 『エバ・シンポジウム』 愛場 康雅 様の講演 がん とは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びわ葉温泉圧  講師 濱田 久美子先生   | トップページ | 『エバ・シンポジウム』 愛場 康雅 様の講演 がん とは? »