« 山岡 和歌子さんからの手紙 | トップページ | 名古屋市科学館の夏の 特別企画展「空飛ぶのりもの」 »

2012/07/09

船戸クリニック「特別講演会」

船戸クリニック「特別講演会」に行ってきました。 
午前10時から午後4時まで3人の先生のお話が ありとても有意義な勉強会でした。 講演には現在ガン患者の方やこれからガンにかかる であろう方約50名ほどが集まりました。

はじめに船戸 崇史クリニック院長から 「癌治療とは」ということでお話がありました。 船戸クリニックで行っている癌治療の数々に ついての説明がありましたが一番心に残ったのは 「癌を治すためには自分が変わらなければいけない。 自分が変わるために神様が授けていただいた 大きなチャンスである。 また病気が治るのが生きている目的ではない。 
本当の目的を全うする生き方をしましょう。」 と言われたことです。 


Img_6163



Img_6170


◆ 「高濃度ビタミンC点滴によるガン治療」  柳澤 厚生先

http://www.spicclinic.com/

         

Img_6171_2

体の中にビタミンCを大量に入れる治療法     
ライナス、ポーリング博士 ノーベル賞を二つとった学者 
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0 
が提唱したもの。           
癌が治るとは言わないが患者のQOLがよくなることは 間違いない。  

◆ 「マイルド加温療法   元愛知医科大学 伊藤 要子先生    
 HSP (ヒートショックプロテイン)の話     
http://yurari.biz/newpage29.html          
お風呂で体温を38度になるまで暖めると病気がよくなる。     
40度くらいから初めて段々温度を上げて30分から40分くらい入る。     水分を1回に500CCくらい取るように。      

Img_6208



Img_6211


◆「リンパ球点滴療法」 東京クリニック 医師 照沼 裕先生 

 
http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/southerncross/200808/top.htm          
まず、30から50CCの採血を行う。2~3週間、リンパ球からNK細胞     (ナチュラルキラー細胞・免疫細胞のひとつ)を選択的に活性化し、     培養する。その後、本人に点滴を20分位して終了だ。     
自分の細胞だから、副作用はない。2週間培養すると、細胞の数が数千倍に増え活性も非常に高まるという。     
「点滴して体に戻すのはNK細胞ですが、それ以外のTリンパ球など、    ほかの免疫細胞もぐんと活性が上がります。外来でできる体に優しい治療法です」  


Img_6253




Img_6274


いろいろと新しい治療法が開発されているようです。

ただ保険の適用はなかなか難しいようですね。

私は伊藤 要子先生のマイルド加温療法なら風呂に入るだけですしできそうだと
思いました。


録音と写真を撮ってます。
入用ならメールをください。

|

« 山岡 和歌子さんからの手紙 | トップページ | 名古屋市科学館の夏の 特別企画展「空飛ぶのりもの」 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山岡 和歌子さんからの手紙 | トップページ | 名古屋市科学館の夏の 特別企画展「空飛ぶのりもの」 »