« 所 秀雄さんに学ぶ「原発の止め方、なくし方」 | トップページ | あじさいの三光寺 山県市 »

2012/06/22

西尾街巡り

 6月20日メロウ倶楽部の仲間と一緒に西尾街めぐりを一日堪能してきました。
案内していただいたのは西尾の荘の案内人の平野 陽三様です。

・平野さんはボランティアでガイドをされていて大きなスケッチブックを手に角々で広げながら説明をしてくださいました。

吉良 という地名の起こりは

   このあたり一体は雲母がたくさん取れました。雲母は和名でキララと言います。
   それが訛って吉良となったのだと。
   八ツ面山は古くは雲母山、吉良山などと称し、雲母の採掘が特に盛んに行なわれた。
   
・小京都
   西尾は全国にたくさんある小京都の一つ。愛知県では犬山も小京都です。
   小京都というと京都市に上納金を収めないといけないらしい。
   
・西尾劇場

Img_5450

Img_5451


   駅前にある映画館。今も営業している。
   ここいら一体は飲み屋街。昔は青線だったそうな。
   青線と言われてもピンときませんが。
   朝から電気をつけて待っていていただきました。
   懐かしい映画館です。この建物は岡崎から持ってこられたもの。
   館主は青山さんです。青山氏は郡上城主の青山氏の流れですか?
   と聞いたら「あれは分家です」私の家が本家です。家紋も違い
   ますよ。
   ちなみに東京の青山は郡上の青山氏の父親が徳川 家康からもらった
   土地です。青山氏を調べてみると三河の青山氏がずっと古い先祖でしたね。
 

   映画館の青山氏があれは分家だよとおっしゃったのもうなずけます。  
   
・西尾城の歴史 は古く、承久の乱(1221)の戦功によって
   三河国守護に任じられた足利義氏(あしかがよしうじ)が築城した。
   その後徳川 家康の時代に大きく建て替えられました。
   現在天守閣があったところはただの空き地になっていました。
   最近櫓の跡地に天守閣のようなものが再建されてそこが歴史公園と
   なっています。
   友人のお父さんが現在再建をもくろみ費用も5億円ほど集まって
   いるそうですが総額15億円かかるとのことでなかなかすすみません。
   西尾の町の道路はかってのお堀を埋めて作ったものがたくさん
   あります。

・用水   上水と悪水と川が別れていた。
   上水では洗濯や顔を洗っていた。悪水の川は汚水をながしていた。
   ここいらは桜の名所。屋台が並んで宴会がはじまります。

R0015200w1024


   
・伝想茶屋 豆蔵  株式会社 デンソーが西尾 安城 刈谷に5000万円
    づつ寄付されました。そのお金でこの伝想茶屋 を作った。
      

Img_5462


    
・尚古荘 

Img_5478

 昭和初期に米穀商・岩崎明三郎によってつくられた京風庭園で、
   西尾城東の丸の遺構を生かして作庭されています。
   西尾城への思いから尚古荘(しょうこそう)と名付けられました。 
   ここから富士山が見えるそうです。
   
   隣は西尾小学校があります。風情のある学校ですね。
   太鼓櫓と太鼓門があった。
・旧近衛邸

Img_5516

Img_5534


   西尾市歴史公園内にある。京都の近衛邸にあった書院と茶室を移築したもの。
   鹿児島の津島家から近衛家にお嫁に来た時に嫁入り道具として持ってきた家。
   平成6年に移築した。天理教が買ったのですが要らなくなって解体しようと
   していたものを西尾市が買い取ったもの。
   
   ここでお抹茶をいただきました。
   西尾は日本一の抹茶の生産地です。

「手織三河木綿保存会」

Img_5555


毎週水曜日AM10:00~PM4:00のみ営業しているそうで、さいわい今日はその水曜日でした。西尾は木綿の発祥の地と伝えられているそうです。
希望者には機織体験も出来るそうです。現在11名の方がそれぞれ自分の織機を持って織っておられます。

  
   
   
・みそぱーく・はと屋

Img_2590

   はと屋さんは味噌屋さんですがレストランや売店もやっています。
   私たちは別室で鳥山 欽示社長様自ら作っていただいた特別弁当を
   いただきました。
   赤味噌を使ったおでんやおにぎり、かしわのステーキなどこれで
   1000円とはお値打ち。
   平野さんのお陰です。
   後で味噌蔵を見学させていただきました。
   ここでは3年仕込んだ味噌を作っておられます。 
   
   蔵は出来てから100年。味噌を入れている樽を締めている竹ですが
   これが痛むと治す職人がいません。
   建物も修繕すると味噌の味が変わってしまうので。
   
・和楽器店

Img_5586


   町中に和楽器店がありました。鼓 小太鼓 大太鼓 三味線 津軽三味線
   長唄三味線 など珍しいものを親父さんに見せてもらいました。
   芸者町なので。神社の祭りにも使われます。
   祇園祭が7月にあります。
   三味線の木は インド産 紅木  
・足軽屋敷

Img_5597


   江戸時代の松平 乗寛に仕えていた足軽の鈴木 与八さんの末裔が足軽屋敷を
   復元されたもの。一人で作った。その奥さんがおられて説明していただき
   ました。ご主人はお茶の先生でしたが10年前に亡くなられました。
   藪内流の師範でした。
   
   今は市民のお茶会の場所に使われています。
・唯法寺
   お城のような立派なお寺です。
   
・岩瀬文庫

Img_5622

Img_5657

Photo


  西尾出身の実業家・岩瀬弥助の手によって、1908年(明治41年)5月6日に私立図書館
  として開館した。日本初の古書ミュージアム。昭和30年から西尾市の運営となった。
  ちょうど企画展 「怪談尽くし」をやっていました。
  怪談話がこんなにもたくさんあるのかとビックリしました。
  これだけの資料が無料で見られるのですから西尾市民はいいですね。
  見終わってからコーヒーを喫茶でいただきました。一杯100円。
  岩瀬さんは学校などにも相当寄付されています。また初代西尾鉄道の社長や市長も   されてます。
   現在の建物は2003年に建て替えられたものです。

  
・鈴木姓
   西尾は鈴木姓が多いのですが、鈴木さんは和歌山の熊野神社の宣教師で
   全国に散らばったので全国的に鈴木姓が多いのだそうです。
   熊野神社へ鈴木さんが行くと御札をもらえます。
   
・盛巌寺

Img_5615


   西尾城主松平乗全(のりやす)公と奥方の墓所で大きなお墓がありました。
   奥さんの墓は東京にありましたが近世になって西尾に持ってきました。
   おくりさんが私達にお茶とお菓子を出してくださいました。
   

|

« 所 秀雄さんに学ぶ「原発の止め方、なくし方」 | トップページ | あじさいの三光寺 山県市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわさん

よかったですよ。
あの時歴史公園をざっと回りましたが
やはり案内していただくと全然違います。
また行きましょう。

投稿: えーさん | 2012/06/23 22:46

かよこさん
どうも有難うございました。
いろいろと勉強になりましたね。
これは平野さんの声を録音していたのと
あとはインターネットで調べました。
忘れることはいいことです。
覚えていたら頭がパンクしますから。
私はここに書いたらすべて忘れます。

投稿: えーさん | 2012/06/23 22:45

台風4号も早く通過し、天候も回復して楽しい散策ができてよかったですね。
私は、授業があり欠席しました。
2007全国職人の集いinあいち・にしおはず、10月に行ったことを思い出します。
古い歴史のあり西尾市ですね。
また、ボランティアガイドさんの案内がありとてもよい散策でしたね。
また、機会がありましたら宜しくお願いします。
(かわ)

投稿: かわ | 2012/06/23 13:57

おはようございます
楽しかったですね
案内していただいた所を事細かに書いていただいて
改めて思い出しています
メモされていたのですね そんな様子もなかったのに
頭の中ですか?(笑)
私は家に帰った時点で半分ほど忘れています トホホホ

投稿: かよこ | 2012/06/23 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所 秀雄さんに学ぶ「原発の止め方、なくし方」 | トップページ | あじさいの三光寺 山県市 »