« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 覚王山 弘法さんの縁日に »

2012/03/28

第12次東北支援レポート

西島株式会社 西島 篤師様から
第12次東北支援レポート

ーーーーーーーーーーーーーーーー

日頃お世話になっている皆樣方へ、おはようございます。西島篤師です。Bcc でお知らせします。
先日3月23日(金)に第12次東北支援として宮城県石巻方面へ行ってまりました。
今回は、豊橋から株式会社イズミテック社長の大野 哲さん、株式会社トヨハシ事務器社長の西脇友伸さん、名古屋から株式会社システムトラストの中浦正浩社長と社員8名、そして日本経済新聞社郡山支局長の佐藤 敦さんの計13名の参加者でいってきました。西脇社長と大野社長は、小学校の子供たち約1000名に、クレヨンとスケッチブックを持っていってくれました。また、中浦社長は、会社で募金をしてくれ多額の支援金をお持ちいただきました。ありがとうございました。

この月は、震災から1年を迎え、各地でお祈りが捧げられ、復興への誓いがありました。また、3月21日(水)には甲子園で、選抜野球大会が始まり、石巻工業高校の阿部主将が、(前日からの風邪をおしての)力強い、彼ならではの選手宣誓を行ない、全国に「勇気と力」を発信してくれました。

今回は、石巻専修大学をはじめとして、11カ所を訪問しました。いつものように石巻専修大学の尾崎課長が先導してくれ、義援物資も一緒に積んで運んでくれました。
3月23日(金)はちょうど石巻市では終業式や学校の人事の発表の日でもありましたが、校長先生以下皆さんにお会いできました。

石巻専修大学では、坂田学長がお待ちいただき、一行に「震災から学ぶ」多くの示唆に富んだお話しをいただきました。私のドイツの提携先のプロフィロール社が、「被災した(石巻専修大学の)学生を3ヶ月間、ドイツのプロフィロール社(ライプチヒ近郊)で語学と技術研修に招待してくれる」提案をしてくれています。大学院生の村上さんが選ばれ、前日3月22日の夜、彼と仙台でうちあわせ、彼はこの日23日にドイツに向けて出発しています。若い時の外国経験はなににも代え難い経験です。こういう若者が一人でも多く生まれてほしいものです。

その後、東松島市にて木村・教育長と面談。東松島市は、被災地のなかでも一番、津波浸水が激しかったところです。ドイツのヨハネスケプラーギムナジウム(中高一貫校)から青少年交流の提案があり、木村教育長も前向きに考えていただいています。
東松島市は、震災直後から震災本部を立ち上げ、150年分と言われる「瓦礫の分別」を当初から進め14に分けてスムースに行なっているとのこと。参考にしたい実例ですね。

石巻市立雄勝(おがつ)中学校も訪問。佐藤淳一校長以下生徒全員37名が3月16日から22日までドイツへ招待され、「雄勝の復興太鼓」を持って、ドイツ外務省、ニーダーザクセン州政府、ヴォルフスブルグなど5カ所で立ちみ席の満員の中で演奏してきました。雄勝の子供たちはドイツからの支援に演奏を通して精一杯の感謝の気持ちを表しました。ゴスラールというドイツの古都でのコンサートでは、コンサート終了後、見知らぬ夫人が生徒全員に近づき50ユーロ(約5,400円)を一人一人に手渡し、名前もいわずに帰っていったとのこと、すごい人がいるもんです。震災後、不登校になった雄勝の一人の生徒もドイツ旅行をきっかけに一緒に行ったそうで、ドイツ旅行が不登校生徒を立ち直らせてくれた良い機会だったようです。このような子供たちに夢と感動を実現していただいたバローグ輝子さんや、ドイツで受け入れていただいたり、お世話をしていただいたりしてくれた方々にあらためてお礼申し上げます。
なによりも元気に無事にドイツから子供たち全員が帰国したことがうれしかったです。(石巻市雄勝町の人たちにとってドイツへ娘、息子を出すなんて夢のまた夢である、その)親御さんの心配はいかばかりかと、想像を絶するぐらいの「大事件」(笑)でしたからね。日独交流の結晶の賜物ですね。

ただ、実に残念なのは、復興太鼓を発案し、生徒たちをここまで育ててきた佐藤淳一校長が、この3月の人事で雄勝中学校を離れなければならないことです。3年生の生徒の進学が決まるまではひげを剃らない、とドイツでもヒゲを伸ばしたままだった、という生徒思いの佐藤校長を雄勝から奪わないでくれ、と2000人の方々から嘆願書がでていた、にもかかわらず、佐藤校長は仙台教育委員会へ行くことになりました。今、佐藤校長が雄勝にとって、生徒たちにとっていかに大事か、という時にです。現場をもっと理解した人事をしてほしいですね。

復興ももっと現場を直視してほしいですね。危機感とスピード、対応力がちがってくるはずです。

一校一校にそれぞれの思いがある中ですべてを紙面にはできませんが、訪問していつも思います、「最大の支援は継続」ということを。
次回は、4月20日(金)を予定しています。
 西島篤師

|

« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 覚王山 弘法さんの縁日に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 覚王山 弘法さんの縁日に »