« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/30

加瀬英明先生 の講演 

昨年の3月震災前に聞いた話のメモが今頃出てきました。

見なおしてみると大事なお話でしたので、今さらながら載せてみます。

23-3 加瀬英明先生 の講演  豊国平成塾


加瀬先生の話は、とても多岐に渡り、興味深いものでした。

 特に、「コトバを大切にしよう」ということで、明治の近代化の際に、西洋の概念を取り入れる為に作った新しい言葉に振り回されないように、という話は、初めて聞く話で興味深かったです。

 借りてきた言葉に振り回されるな、日本人が本来持っていた”徳の力”を取り戻すことが大事なのだと。


 以下、書きとめたことをツラツラ。

 何分にも私の脳を経由したものなので、間違いあったらすみません。


******************

・5000円札のモデルになっている樋口一葉(奈津)は、学校教育を4年しか受けなかったが、父親に漢詩の勉強を受け、文学の素養を身につけた。

 若くして父親に他界され、一家の大黒柱として働き、25歳で薄幸の生涯を閉じるが、その奈津が亡くなる1年前、24歳の時に書いた日記に次のような記述がある。

 『安(やす)きになれておごりくる人(ひと)心(ごころ)の、あはれ外(と)つ国(くに)(註・西洋)の花やかなるをしたい、我が国(くに)振(ぶり)のふるきを厭(いと)ひて、うかれうかるゝ仇(あだ)ごころは、流れゆく水の塵(ちり)芥(あくた)をのせて走るが如(ごと)く、とどまる處(ところ)をしらず。流れゆく我が国の末いかなるべきぞ。』

 その頃既に、奈津は西洋に浮かれつ人々を憂う日記を書いている


・私の母の兄の子、つまりいとこにオノ・ヨーコがいた縁で、私は生前ジョンとも親しくしていた。

 ジョンの「イマジン」は、天国と地獄を否定する歌で、キリスト教の否定にあたると教会は怒ったが、若い人は支持をした。

 私はジョンとヨーコを案内して靖国神社や伊勢神宮を案内した。ジョンは神道に憧れていた。

 日本には宗派はあっても、”宗教”という言葉はなかった。明治の時代に、religionを訳す為に作った言葉だ。

 西洋の概念のreligion とは、自分の教えは正しい、他は間違っているというもので、原語はギリシア語のreligioから来ており、その意味は”人を束縛する”ものである。

 
 日本の宗派は、お互いが共存する。

 ”自然”という言葉もなかった。これも、明治の時に仏教の”自然(じねん)”という言葉を持ってきた言葉だが、西洋の自然とは、人間が自然を活用する、人間が自然の上に立つという概念がある。

 
 神道では、今の世界が天国であり、天国や地獄の概念がない。

 人間は自然の一部である。

 「おかげさまで」は、ジョンが一番気に入っていた言葉だか、外国にはそのような言い回しに相当する言葉がない。

 
 私は時々、海外で日本文化を紹介する機会があるが、「神々が鎮まっている」ということを話すとき、その概念・言葉がないため、説明するのに非常にたくさんの言葉を使わねばならない。

 西洋の神は、人々の細かいところまで干渉する。

 日本では、天皇も鎮まっている。

 天皇陛下にご心配をかけず生きるのが日本人の勤めである。

 
 キリスト教、ユダヤ教、神が6日かかって天地創造をし、7日目に休んだという。
 アダムの肋骨1本を折ってイブを作ったと。

 神は、自らの姿になぞらえて人間を作ったとされるが、私はその逆で人間の姿になぞらえて神という存在を創ったと思う。

 
 神に供える供物をにも文化が現れている。

 キリスト教、ユダヤ教では、羊の丸焼きを捧げる。

 日本では、極一部に鶏の肉を捧げる神社があるらしいが、通常、五穀・野菜・魚、そしてお神酒。

 お神酒という表現は日本だけである。

 日本の神道は、日本人の生き方をつくったもの。


・日本は”和”を大切にする国である。

 拍手(かしわで)は、世界で他にない。

 拍手とは、鎮まっている神様にこちらに注意を引かせる所作。

 西洋の神様は、いつも人間を見張っているから、拍手をする必要がない。

 日本では、宴会の終わりにも、一本締めなどと拍手をする。
 その際には、一同の気持ちが一つになる。
 

・私は子供の頃、父親に漢詩や漢文を勉強させられた。

 漢詩は長い。西洋の詩も長い。
 そして、個人のいやらしい心情や主張が強い。

 日本の詩歌は、俺が俺がという主張がない。寡黙であり、和の上に成り立っている。


・一神教は、ユダヤ人がエジプトに奴隷でいた数百年のうちに出来たものと考えられる。
 
 元来エジプトは多神教だったが、アメンホテプ4世が太陽神だけが本当の神であるとした宗教改革を行い、そこに影響を受けたと考えられる。

 キリスト教では、クリスマスを祝うが、聖地エルサレムでは、雪は降らない。もみの木もない。
 多神教の影響を受けている。

 キリスト教のミサでは、キリストの血としてぶどう酒を、肉としてパンを用いるが、これは、ヨーロッパ大陸のゲルマン人の食人文化と融合して生まれたものと思われる。

 「宗教は文化が生んだもの」

 神道は21世紀に最もふさわしい宗教である。

 一神教は、あと200年も力を持たないだろうと考える。

 尚、キリストが存在したかしなかったかは議論が分かれるところであるが、私は存在しなかったと考える立場である。

 
・19世紀に黒船が来航した。

 そして西洋は、日本の浮世絵に衝撃を受け、ジャポニズムという言葉が生まれた。

 タウトは伊勢神宮を参拝し、初めて外容と内容が一致した建物を見たと褒め称えた。

 建築、食べ物(料理・器)、漫画、コスプレと日本人の感性が生んだ文化が世界に影響を与えてきた。


 中国は、古くは羅針盤・火薬・紙を発明し世界に影響を与えたが、近代に入ってからは何もない。

 また、武道は、西洋ではマーシャル・アーツであるが、例外であるフィッシングを除いて、それは技術である。

 日本では、武道全てにおいて、精神性が重要視され、精神修養が大切だとされる。


 また、着物も、ただ着るだけでは様にならない。
 着付けと所作が整わないと、どうにもならないものである。

 日本ほど、精神性が高い文化を形成していた国はない。


・江戸時代、75万人の江戸の都市を警備していたのは、同心12人、その配下に平均5人の岡引がいて70人でやっていた。

 テレビ見ているとしょっちゅう犯罪が起こっていたように思うが、実際は治安がよく、それで足りたのである。


・1012年前、紫式部は藤原宣孝と結婚するが、夫が早くに亡くなったので、子供を育てる為に出仕し、書いたのが源氏物語。

 日本では、昔から女性に教養があった。

 夫が妻からこづかいをもらうのは日本だけである。


・日本が明治維新を乗り越え、先の戦争の敗戦からの立ち直ったのは、”徳の力”によるものだと考える。

 今の日本は、その徳の力がなくなってきている。

 それを取り戻すことが急務と思う。


 明治の人々の願いは、「不平等条約の改正」「人種平等の世界を作る」ことであった。

 当時、西洋人には日本の裁判権は及ばなかった。関税も西洋人のいうがままだった。

 当時の人々は、西洋と肩を並べる為に、鹿鳴館を作り、西洋の文化を真似て、日本は西洋に劣らない国である事を認めさせる為に努力した。


 外国の要人を招いての晩餐会の料理とは、普通自国の料理がもてなされる。

 中国では、中国料理だし、インドではインド料理であるが、日本ではフランス料理が供される。

 日本も先進国になったのだし、日本料理を出せばいいのではという声もあるが、私はずっとフランス料理でいいと思う。明治の人々の屈辱を忘れない為に。

 
 喪服も、昔は白だったが、明治に通達が出て、西洋に習い、黒とした。
 
 女性の立小便禁止も、明治の通達である。

 直立不動も、今のスタイルは明治になってから西洋に習った。元は肩幅に足を開き、少し猫背のスタイルだった。

 小学校の唱歌も、西洋の音感リズムを幼い頃から身につけさせるために明治の時代に始まったものである。

 
 明治維新では、政治、経済、文化の独立を守ることを重要命題にしていた。

 しかし、いつしかその手段が目的となり、日本の魂を忘れてしまったのではないか?と考える。 


 私は、民族の自立には、独立自尊が最も大切と考える。

 しかし、今のメディアは、日本を貶めることはしても、褒める(誇る)ことはない。


 わずか60年前、白人が有色人種を差別してきた世界を変えたのは日本の成果である。

 それまで、アメリカでは、黒人は選挙権は勿論、白人と水を飲む場もトイレも別、テニスや水泳をすることすら許されなかった。黒人と白人のセックスも犯罪とされ、結婚も許されなかった。

 国際連盟で人種の平等を主張したのは日本である。

 八紘一宇こそ、人類の理想の形であると思う。


 日本には、4度国難があった。

 元寇、ペルー来航、大戦と敗戦、そして今である。

 私は今の4度目の国難が、もっとも大事だと思う。それは、”日本が日本でなくなる危機”だからである。

 これは、戦後教育が徳育を無視してきた報いだと思う。

 今こそ教育を変える必要がある。 

| | コメント (0)

2012/03/29

覚王山 弘法さんの縁日に

 

毎月21日は弘法山の縁日です。地下鉄覚王山駅のエレベーター乗り場はすごい行列です。
 
写真は午後1時の歩道です。帰る人で一杯ですね。
 
沿道はいろいろな屋台でいっぱいです。
 
境内の中もテント村のようです。

  


 
一緒に行ったひとから今日は弘法さんの日だから覚王山日泰寺でなくて沿道にある弘法さんにお参りしなければいけない と言われました。

 

日泰寺にお参りしたついでに左奥にある鉈薬師にお参りしました。
 
注意しないといけないのはここは参観時間が午後2時までなんです。私達が行ったのは丁度2時で門を閉めているところでした。
 
お寺の人に特別頼み込んで入れてもらいました。後でわかったのですがここは弘法さんの日 21日だけらしい のです。

 

ここには12支にちなんだ仏像が12体ならんでいました。

すべて円空作のものでとても珍しいものです。

027_2

あとの写真はこちら

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.355584544480699.76281.100000874685396&type=1&l=9278e65ba4

| | コメント (0)

2012/03/28

第12次東北支援レポート

西島株式会社 西島 篤師様から
第12次東北支援レポート

ーーーーーーーーーーーーーーーー

日頃お世話になっている皆樣方へ、おはようございます。西島篤師です。Bcc でお知らせします。
先日3月23日(金)に第12次東北支援として宮城県石巻方面へ行ってまりました。
今回は、豊橋から株式会社イズミテック社長の大野 哲さん、株式会社トヨハシ事務器社長の西脇友伸さん、名古屋から株式会社システムトラストの中浦正浩社長と社員8名、そして日本経済新聞社郡山支局長の佐藤 敦さんの計13名の参加者でいってきました。西脇社長と大野社長は、小学校の子供たち約1000名に、クレヨンとスケッチブックを持っていってくれました。また、中浦社長は、会社で募金をしてくれ多額の支援金をお持ちいただきました。ありがとうございました。

この月は、震災から1年を迎え、各地でお祈りが捧げられ、復興への誓いがありました。また、3月21日(水)には甲子園で、選抜野球大会が始まり、石巻工業高校の阿部主将が、(前日からの風邪をおしての)力強い、彼ならではの選手宣誓を行ない、全国に「勇気と力」を発信してくれました。

今回は、石巻専修大学をはじめとして、11カ所を訪問しました。いつものように石巻専修大学の尾崎課長が先導してくれ、義援物資も一緒に積んで運んでくれました。
3月23日(金)はちょうど石巻市では終業式や学校の人事の発表の日でもありましたが、校長先生以下皆さんにお会いできました。

石巻専修大学では、坂田学長がお待ちいただき、一行に「震災から学ぶ」多くの示唆に富んだお話しをいただきました。私のドイツの提携先のプロフィロール社が、「被災した(石巻専修大学の)学生を3ヶ月間、ドイツのプロフィロール社(ライプチヒ近郊)で語学と技術研修に招待してくれる」提案をしてくれています。大学院生の村上さんが選ばれ、前日3月22日の夜、彼と仙台でうちあわせ、彼はこの日23日にドイツに向けて出発しています。若い時の外国経験はなににも代え難い経験です。こういう若者が一人でも多く生まれてほしいものです。

その後、東松島市にて木村・教育長と面談。東松島市は、被災地のなかでも一番、津波浸水が激しかったところです。ドイツのヨハネスケプラーギムナジウム(中高一貫校)から青少年交流の提案があり、木村教育長も前向きに考えていただいています。
東松島市は、震災直後から震災本部を立ち上げ、150年分と言われる「瓦礫の分別」を当初から進め14に分けてスムースに行なっているとのこと。参考にしたい実例ですね。

石巻市立雄勝(おがつ)中学校も訪問。佐藤淳一校長以下生徒全員37名が3月16日から22日までドイツへ招待され、「雄勝の復興太鼓」を持って、ドイツ外務省、ニーダーザクセン州政府、ヴォルフスブルグなど5カ所で立ちみ席の満員の中で演奏してきました。雄勝の子供たちはドイツからの支援に演奏を通して精一杯の感謝の気持ちを表しました。ゴスラールというドイツの古都でのコンサートでは、コンサート終了後、見知らぬ夫人が生徒全員に近づき50ユーロ(約5,400円)を一人一人に手渡し、名前もいわずに帰っていったとのこと、すごい人がいるもんです。震災後、不登校になった雄勝の一人の生徒もドイツ旅行をきっかけに一緒に行ったそうで、ドイツ旅行が不登校生徒を立ち直らせてくれた良い機会だったようです。このような子供たちに夢と感動を実現していただいたバローグ輝子さんや、ドイツで受け入れていただいたり、お世話をしていただいたりしてくれた方々にあらためてお礼申し上げます。
なによりも元気に無事にドイツから子供たち全員が帰国したことがうれしかったです。(石巻市雄勝町の人たちにとってドイツへ娘、息子を出すなんて夢のまた夢である、その)親御さんの心配はいかばかりかと、想像を絶するぐらいの「大事件」(笑)でしたからね。日独交流の結晶の賜物ですね。

ただ、実に残念なのは、復興太鼓を発案し、生徒たちをここまで育ててきた佐藤淳一校長が、この3月の人事で雄勝中学校を離れなければならないことです。3年生の生徒の進学が決まるまではひげを剃らない、とドイツでもヒゲを伸ばしたままだった、という生徒思いの佐藤校長を雄勝から奪わないでくれ、と2000人の方々から嘆願書がでていた、にもかかわらず、佐藤校長は仙台教育委員会へ行くことになりました。今、佐藤校長が雄勝にとって、生徒たちにとっていかに大事か、という時にです。現場をもっと理解した人事をしてほしいですね。

復興ももっと現場を直視してほしいですね。危機感とスピード、対応力がちがってくるはずです。

一校一校にそれぞれの思いがある中ですべてを紙面にはできませんが、訪問していつも思います、「最大の支援は継続」ということを。
次回は、4月20日(金)を予定しています。
 西島篤師

| | コメント (0)

2012/03/27

下垣 真希さん コンサートのお知らせ

5月  に下垣 真希さん のコンサートがあります。

予約はお早めに

001

★母の日 ランチコンサート

 日時   5月13日 日曜日  12時から

◆ 会場   名古屋 東急ホテル 3階

           052-251-2411

◆ 料金       12000円  (料理・飲み物とも)

◆ 予約    クレッシェンド企画

             052-938-7011

             http://www.maki-opera.com/

 

| | コメント (0)

ドイツから帰ってきました

西島株式会社 西島 篤師様からのレポートです
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
日頃お世話になっている皆樣方へ、西島篤師です。
被災した宮城県石巻市立雄勝中学校の一行がドイツ招待を受け、1週間の
日程を無事終え、3月22日(木)に元気に故郷に戻っています。

今回、雄勝中学校一行をドイツへ招待していただいた主催者のバローグ輝
子さんからも、ドイツでのコンサートの模様を報道している(日本の)
FNNニュースのアドレ送ってきてくれました。以下ご覧ください。


また、ベルリン独日協会の竹谷(たけや)副会長からも旅行最後のベルリ
ンでのコンサートのレポートがありましたので写真と一緒に下記にお送り
します。

雄勝中学校一行が、みな元気に無事に帰国されたことをまずなによりもう
れしく思います

その背景にはバロ
ーグさんなど大勢のすばらしい人たちの入念な準備とお
心遣いあってのことと思います。
心からお礼申し上げます。

西島篤師

Photo

Photo_2


Lichthof


Mrs


Photo_3


Photo_4


| | コメント (0)

2012/03/25

第1回 国際先端生物学・医学・工学会議 IN 名古屋大学

第1回 国際先端生物学・医学・工学会議 IN 名古屋大学

名古屋大学で表記の会議が行われます。

医学関係にご興味の或る方は是非ご参加ください。

知人からのお勧め情報です。

Photo

Photo_2





| | コメント (0)

2012/03/21

金山巨石群 ~春分×巨石×縄文トランス~

飛騨金山へ行ってきました。ラビラビ@金山巨石群 ~春分×巨石×縄文トランス~
というイベントを一宮の友達が主催したのです。

金山巨石群と太陽暦
 http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/

金山巨石群へは以前にも何度か行ったことがありましたが、今日は人が大勢出ていて、駐車場も
整備され巨石の周りも随分きれいに整備されてました。
屋台も一軒でてうどんやみたらしや五平餅を売っていました。

この金山巨石群は前々からあって岐阜県の史跡に昭和48年になってはいたのですが平成10年に飛騨金山の
そばや「おおふくや」のご主人 小林さんが写生をするためにこの巨石の周りへ来て、この巨石は
太陽の動きを捉えるために作られたものであることに気づきそれ以来研究を重ねて今日ではまぎれもない
太陽の動きと連動したものであることが確認されたものです。
イギリスの学会でも認められ世界的な史跡となっています。

今日は残念ながら小林さんには会えませんでしたが、当初から小林さんと一緒に研究をしてこられて
この巨石に一生を捧げておられる徳田 紫穂さんに会えて説明も聞くことが出来ました。

金山巨石群調査員
 http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/katudou/2.html

今日3月20日は今年の春分ですから春分の線の上を太陽の光が西から東へ動いていきます。
いまは一日5センチづつ光が南に動いてくるそうです。

この大きな岩をどうやって動かしたのでしょうか?
今これを重機を使って岩をセッティングしようとしても難しいでしょうね。
いつ作られたのかも分からないそうです。3000年年前までは今と太陽の動きは寸分違わない
そうで少なくとも3000以上は前からあるのでしょう。
またこのあたりの土の中からは縄文時代の土器もたくさん出てきています。
昭和の始めの頃にこの岩の下の土は埋め込まれたそうです。
今90歳のおじいさんは子供のころこの岩の下をくぐって遊んだことがあるとおっしゃっています。
今は土がありますがそこが空いていてくぐることが出来たのだそうです。

昼は屋台でうどんなどいただきました。甘酒は無料でふるまわれました。
午後は東京から来たという ラビラビ という3人の不思議な音楽を鑑賞しました。
縄文から来たような不思議なドラムと声でした。

ラビラビ
 http://www.myspace.com/rabirabi


| | コメント (0)

2012/03/14

CRN 3月度研究会のご案内

3月中部異業種間リサイクルネットワーク協議会(CRN)
                                 研究会のご案内      
    
                                         事務局長  江崎  忠男

謹啓  毎度格別のご配慮をいただき有難く厚く御礼申し上げます。
厳しかった冬の寒さも峠を越したようで梅の花の便りも聞かれる今日この頃、みなさま
如何お過ごしでしょうか?
3月の研究会のご案内をいたします。
会員の鈴木 昌二様 アクティブ・ジャパンのご紹介により株式会社 林田 鉄工 部長 
林田 建次様 から次世代型の生ゴミ処理機のご紹介をしていただきます。
もうお一方は山県市から㈱岐北ホーム様に来ていただき
地熱利用による夏涼しく冬暖かい冷暖房システム「ジオパワーシステム」について
施工事例など含めてお話をしていただきます。これは住宅だけでなく工場などでも大変
効率的な冷暖房システムです。 
どちらも大変興味のあるお話だと思います。
ふるってご参加いただきますようお願い申し上げます。            謹言

                            ――― 記 ―――
◆ 日 時  平成23年3月22日 木曜日
                             午後2時から 5時

◆ 会 場  サンテクノ株式会社 研修室  (名鉄 栄生駅 近く)
〒453-0011名古屋市中村区千原町5番23号 三友ビル
問い合わせ 電話             090-8738-6686       
◆ 講 師
株式会社林田鉄工   部長    林田 建次様   
                                      「ループライン   バイオ式生ゴミ処理機」
                                      http://www.hayasida.co.jp/

㈱岐北ホーム     代表取締役  武藤 嘉邦様 
                                          一級建築士  松井 良美様
「ジオパワーシステムについて」
http://homepage2.nifty.com/gihokuhome/index.html
◆ 会費     会員以外の方は  1000円 いただきます。

*会場には駐車場がありません。公共交通機関またはお近くの駐車場をご利用ください。 
是非ご協力ください。

◆ 出欠連絡は、メールで、下記までお願い申し上げます
e-mail  t.esaki0417@nifty.com   江崎  忠男
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CRN事務局行き
3月22日(木曜日) CRN 〔研究会〕 
・出  席     ・欠  席

貴社名:             ご芳名:

〔提案・要望・意見等記入

| | コメント (0)

2012/03/04

第18回「美濃縞伝承会」作品展

小雨の中 

第18回「美濃縞伝承会」作品展

を見てきました。美濃縞がどうやって作られてきたのか?
各種の道具や染色の技術が面白かったです。
家庭の主婦が趣味としてやっていますが、楽しんでいる様子がわかります。

 こちらで写真が見れます。

 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.341413262564494.73359.100000874685396&type=1&l=96e1d1ea48

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »