« 老後の住まいは? | トップページ | 一宮博物館で名古屋市博物館 学芸員 山本 祐子様の講演ー記憶装置としての博物館ー »

2012/02/05

千代菊株式会社酒蔵見学とお食事会

2月4日千代菊株式会社へ行ってきました。
これは羽島新報という地方紙の主催でした。
会費 2800円
http://www.senkou-sha.co.jp/shinpoh.html

飲み助にはこたえられません。

千代菊株式会社の坂倉社長と杜氏さんから説明を聞きました。

千代菊株式会社の場所で井戸を掘ると
50m 木曽川
128m 長良川
250m 揖斐川 からの副流水が流れている
千代菊株式会社では128メートルの長良川の水を使って酒を作っている。

米 50%以下 大吟醸
麹米
蒸し米
酵母 混ぜるのを仕込みという

米の温度 15度

麴と酵母 二つの微生物で酒が出来る

一つの樽で五トン 仕込む
お酒の出来る順番

添え 2-4日
おどり 2-5 6 7
中仕込み 2-8
留仕込み 2-9
三段仕込み
絞り 2-20 25日

半月から1ヶ月弱でお酒ができます。


微生物が活動する状態を作ってやるのが蔵人の仕事

麴米作るところ 麴室 他の人は入れない

日本酒 成分800 味わい深い
ワイン 500

アルコールは細菌の 排泄物だ

酵母が死ぬ寸前に酒に分ける

絞り機 200枚の板で絞る
上からもろみを入れて下から出てくる
4000リットル入れる
二日間で絞る
酒粕 20% 酵母は酒粕に入っている
大吟醸 50%粕が出る


おりさげ
火入れ 70度 半年置いておく 瓶詰めの時もう一度火入れする

火入れしないものを 生酒 という


金粉 瓶詰めの時に入れる
がんに効くといわれているが

酒 一合
ビール 大瓶 アルコール 同じ


酒 純米酒 三種類にわけて酒にする
 あらばしり   最初の酒
 中取り     真ん中の酒
 無名      最後の酒

**2月18日19日には 酒蔵開放 があります。
10時~16時  入場無料
各種イベント あります


写真はこちらで

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.324054570967030.70310.100000874685396&type=1&l=6bd6cdff46

|

« 老後の住まいは? | トップページ | 一宮博物館で名古屋市博物館 学芸員 山本 祐子様の講演ー記憶装置としての博物館ー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老後の住まいは? | トップページ | 一宮博物館で名古屋市博物館 学芸員 山本 祐子様の講演ー記憶装置としての博物館ー »