« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/27

 川のセミナー   “川の本質と治水のあり方”

 川のセミナー 
   “川の本質と治水のあり方”

家だけの近代治水になった。しかし現在の治水はリスク論の破たんや、環境・自然と共生できないため終焉を迎えつつあり、
究極の治水はいかににあるべきかが問われています。お話は地方分権、近自然工法などとも大いに関連があります。
90分のご講演の後、60分の討論会と60分の懇親会を持ちます。大熊先生のお話は滅多に聴けません。
どうぞこの際万障お繰り合わせのうえお出かけください。                                            本守拝

大熊 孝(おおくまたかし)先生のプロフィール
新潟大学名誉教授。1942年生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。74年、新潟大学助手となり、同大学教授を務め、08年3月退官、現在に至る。専門は河川工学、土木史。NPO法人「新潟水辺の会」代表。『利根川治水の変遷と水害』(東京大学出版会)、『洪水と治水の河川史』(平凡社)、『川がつくった川、人がつくった川』(ポプラ社)、『技術にも自治があるー治水技術の伝統と近代―』(農山漁村文化協会)など著書多数。

                                      ーーーーーーーー記ーーーーーーーーー
                                     
◆ 期日:10月22日(土)13:00~16:30、

◆ 場所:中部大学名古屋キャンパス6F大ホール(JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ 地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100m)

◆ 参加費  無料   

      ただし参加は申し込んでください。

       先着順150名、FAXで0561-83-2561(愛知・川の会事務局曽我)

            まで氏名、住所、連絡方法、
     
◆ 懇親会(¥3000、定員20名)  参加の有無

◆ 主催  愛知・川の会  
        http://www.geocities.jp/aichi_kawanokai/
        
        

| | コメント (0)

『 依存から自立へ~たったひとつの自然の法則 』 東京講演会

知り合いの一般財団法人  テネモス国際環境研究会理事長 飯島 秀行さん と有名な外科医 土橋 重隆さん の講演と対談の行事案内がまいりました。
とても興味のある組み合わせだと思います。

行ける方はぜひご参加をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般財団法人 テネモス国際環境研究会 飯島秀行理事長
医学博士 土橋重隆先生  コラボ講演会 開催のお知らせ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * *

『 依存から自立へ~たったひとつの自然の法則 』

2011年3月11日。東日本大震災が起きました。
津波がやってきて無数の家屋が流され、貴重な人命を失い、さらに
かねてから危惧されていた原子力発電所が事故を起こしました。

次々に起きてくることの原因を、みなさんは、どのように掘り下げて
受け止められたでしょうか。

さまざまな見方はあると思います。
そのとき、ひとりひとりが体験すること、生死、失うものと得るもの、
すべてに意味があると思います。

私は、『自立せよ、依存するな!』という叱咤激励のように感じました。

物事の道理を正しく理解していくこと、そして、反省すべきところは
反省し、改善すべきところは改善していくのが、残された私たちの
できること、なのではないかと思います。

こうした大災害、その対応を通じて、見えてきたことはたくさんあります。
内にあるものが外側に投影して見えてきただけ、なのかもしれません。

いままで、当然だと思ってきたことは、本当に正しい認識だったのかどうか?
教科書やマスコミ、政府広報に頼って、正しい情報を得られるのだろうか?

違ったかも知れないなら、自分たちは今、どこをどう、生き直したらよいのか?
今だからこそ、大いに問い直すことが、大事だと思います。

これまでの社会システムが崩壊する、資本主義は終わる、と叫ばれて、
もう何年も経ちました。

終わるべきものが終わらない限り、新たな芽が出にくい環境にあります。
しかし、芽が出ていないわけではありません。

政府や行政、さまざまな大樹に寄れば守ってもらえるはずだという考えは、
壊れてゆく旧来のシステムにしがみつき、守ろうとする考え方に直結して
いるのではありませんか。

先日、土橋先生との打合わせの時間に、先生がこんな言葉をくれました。
 「システムの外側へ」
お話しを聞いているうちに、それは、私自身が今年、キーワードとしてきた
「脱依存」につながるものだ、と思いました。

自立しているつもりでも、案外、依存心は深く根付いています。
隠されていて気付けないこと、誰かが教えてくれないとわからないことは、
結果から言えば、確かにあります。

しかし、知ろうともしないこと、やってみようともしない事自体に、教えられ
ない理由、気付けない原因があるのではないか、とも思うのです。

だれもがみな主人公です。

社会システムに頼りきるのではなく、カリスマや一人の天才に頼り切るの
ではなく、全体性をもって積極的に生かされていくこと。
他力本願になることなく支え合いの輪を広げること。

視点を変えて、意識を変えて、たったひとつの自然の法則に則った、
天地自然に守られる生き方をしていきませんか?

おふたりの先達に意識を変えるヒントをお聞きしてみたいと思います。

対談の時間は、土橋先生から飯島理事長に向けて、さまざまな問い掛け
を通じて、天(空)の引き出しから、知恵を引き出して頂けるものと思います。

なかなか得難い機会ですので、みなさんぜひ、ご参加ください。

さちラボラトリー
   阿部 幸子

■ 日時 平成23年10月16日(日)

    開場  11時
    開演  12時

    12時~1時 飯島秀行理事長 講演
     1時~2時30分  土橋重隆先生 講演
     2時30分~3時  休憩
     3時~3時40分 おふたりの対談
     4時には終了いたします。

  ホール内では、飲食が禁止されています。
  ロビーには、コーヒーなどの自動販売機があります。
  お持ちになったものは、ロビーてご飲食いただけます。

  早めのお昼を取られてから、お越しいただければと思います。

  今回は、質疑応答の時間は設けておりません。

■ 場所 文京シビックホール 小ホール  定員325名

  〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21
  問い合わせ:03-5803-1100 (公財)文京アカデミー施設管理係

  最寄駅
  東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅>【直結】
  都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前)
                 >文京シビックセンター連絡通路【直結】
  JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】
http://www.b-academy.jp/b-civichall/access/access.html

■ 参加費 事前振込 2000円 (振込手数料は各自ご負担願います)  
        当日払い 2500円

■ お申込みは、 

   PC用 http://ws.formzu.net/fgen/S8120117/
   携帯用 http://ws.formzu.net/mfgen/S8120117/

  まで、お願いします。

  パソコン環境にない方には、FAXにてお申込みください。 
    FAX番号   03-3606-0170 
    代表者氏名、 参加者人数、 ご連絡先をお書きください。

  折り返し、ご連絡差し上げます。

| | コメント (0)

2011/09/26

渋澤 寿一様 沖縄のおじいおばあの大事なこと

Img_0035

25日 名古屋の金虎酒造株式会社で聞き書きの映画上映と対談の会ありました。
5時間にも及ぶ長丁場でしたが対談の最後に渋澤 寿一様 がおっしゃった言葉が大変印象に残りました。

今日渋澤 寿一様にメールで確認して正確なお話を再度伺うことができました。

日本人が忘れてしまった大事な事だと思います。

沖縄のおじいおばあのいう 大事なものは5つ

 
一・あたい

  家の近くに自給用の菜園を持つ
  食べ物は自分でつくる、「生きる基本は他人に任せるな」

二・ゆんたん


  おしゃべり、茶のみ、人とゆっくり話しをする縁側
  「毎朝一時間のゆんたんで生活の都合はほぼ全部つく」

三・ゆいまーる


  結い、共同作業

四・共同みせ


  
明治39年に設立、全戸出資。自分だけが安く買えればよいのではなく、
  皆で配分する利益をプールするシステム。
  そこから得られた利益で無利子の融資制度をつくり、製茶工場、電気、バス、
  村舟・・・  
  スーパーダイエーが提唱した「価格破壊」が生んだもの。自分だけの幸せを考える、
  まわりの人々が見えない社会。他人の夢、他人への思いやり、他人の悲しみ・・・
  ダイエーで180円で買えるものが共同みせでは200円する、
  しかし、村の皆の自己実現ができる。→地域自治

五・ていげー

  大概、アバウト、ぼちぼち

Img_0014

| | コメント (0)

2011/09/20

郡上市 第四回環境フェア  養老 孟司先生の講演

19日郡上八幡で第四回環境フェアが開かれました。
そこで養老 孟司先生の講演を聞いてきました。
そのあと郡上の森林の現状報告やパネルディスカッションが
ありました。
いろいろ問題が山積みですが郡上の人たちが地元の人達が
森林問題に真正面から取り組んでおられる姿に感動しました。

講演  養老孟司先生

養老 孟司先生の話は難しいですね。それに私は耳が遠いので
余計理解できにくかったです。
私なりに聞きとったことです。
間違いがあるかもしれませんが。

、出身はこの近くでした。父親は越前大野の出身ですので郡上はほんのお隣です。

、環境省   作るのに尽力した。出来たからもう環境という言葉を使うのはやめようと思う。へそ曲がりだから。

、自分というものは自分で決めている。

、寝ている時の脳波と起きている時の脳波は同じ。
  夢の中では自分というものが結構変わる。夢の中で蝶になったりする。
  人生は夢なのか夢が人生なのか?  夢と現実  区別がつかない。

、脳の中にはみんなそれぞれ地図を持っている。自分の場所がわかっている。
  駅前の地図を見ると頭にくる。だって地図に現在位置が書いてないから自分は
  どこにいるのかわからない。
  脳の中の地図は現在位置がわかっている。
  人と人の間が人間。本当は中国では人と人の間は世間のこと。日本人だけは
  違う。日本では世間に属している人だけが人間である。
  世間に属してない人は死んだ人。死んだ途端に仏になる。

、22日からヨーロッパへ行く。墓の研究に行く。

、自分のことはえこひいきしているはず。悪口言ったら非常に怒る。
  だから本当のことを言ってはいけない。女房には特に言ってはいけない。

、子供の質問
  つばを外に出すとどうして汚いの?
  つばは身体の中にある間は綺麗なのに
  もう一度飲んでくれませんか?と言われて飲むひとはいない。

、なぜ日本中水洗トイレになったのか?
  汚いものはないことにしようという思想だ。お腹の中のもの
  外へ出た途端とても汚いものになってしまう。 

、みんな身体は常に入れ替わっている。細胞は昨日とは
  違っている。顔にセロテープを貼ってごらん。くっついてきたものは
  身体の一部である。

、腸の中は外と同じ。
  肺の中は外と同じ。自分というものがしっかりすれば環境である。

、昔 環境という言葉はなかった。
   環境省が出来たということは問題が起こったということ。

、家庭環境はあるのか?
   諸行無常     年をとればわかってくる。

、子供に聞きました
   大きくなったら何になるの?
    大きくなったら会社へ行って給料もらつて金を稼ぐんだ。
   大人がとんでもないこと教えている。

、ご先祖さまがいるということは未来があるということ。

、士農工商     見直してみよう。
   士農工商はいい制度だったと思う。
   昔は50になったら   隠居した。
   私は隠居したら虫を取って暮らす。

、ご先祖様がいるということは未来の子々孫々がいるということだ。

、松阪     江戸や京都の大商人がすんでいたところ。
   本居宣長家は    商売失敗した。京都に行って医者の
   勉強をしてきて伊勢松阪で医者をした。
   二階の書斎に篭って国学を研究した。これは金になる仕事では
   なかったが好きでやり国のためにやった。

、世界の街   城郭で囲んである。
      敵から攻められないように。
      古代都市    じべたはなかつた。
      自然のもの置いてはいけない。
      昭和天皇    世の中に雑草という草はない。と言われた。
      ヨーロッパ古代文明の遺跡
      行きたくない。。森がないから。森をなくしてしまった。
      そこには虫がいない。

、裸で街を歩けばすぐに警察につかまる。

、私の身体は私が作ったものではない。
    服は結界と同じこと。

、お釈迦様の言葉
 
       四苦八苦
             四苦は、通常、生老病死を指します。生まれる、老いる、病む、死ぬという、人間ならば誰でも避けて通れない宿命を、 苦と捉えているわけです。
釈迦は更に、 この四苦に4つの苦が加わると分析し「四苦八苦」と定義してます。これが、愛別離苦(愛する人ともいつかは離別しなければならない)・怨憎会苦 (イヤな奴や嫌いな人でも会わなくてはならない)・求不得苦 (欲しいものが得られない)・五陰情苦 (食欲や性欲が過ぎて自制が利かず心が乱れる) です。
             
          生老病死  
                人としてまぬがれられない四つの苦しみ。
                すなわち生まれること、年をとること、
                病気をすること、死ぬこと。四苦。

       愛別離苦
             親愛な者と別れるつらさ。親子・夫婦など、
             愛する人と生別または死別する苦痛や悲しみ。
             仏教でいう、八苦()の一つ。

       四門出遊
             釈迦しゃかが出家する前、まだ太子のとき、
             王城の東西南北の四つの門から郊外に出掛け、
             それぞれの門の外で、老人・病人・死者・修行者に出会い、
             その苦しみを目のあたりに見て、人生に対する目を開き、
             出家を決意したという伝説。また、そのときに、
             それぞれの苦しみを実際に見て、世をいとう心が生まれたともいわ  れる。

、石油が高騰すれば不景気になる。

、自分のことは自分で考えること。

、食糧とエネルギー があればなんとかなる。

、エネルギーは水とバイオマスでやりなさい
       自給自足が原則だ
   
       水        小水力発電    
       バイオマス   森林を使う

       これを上手に使うべき
       昔のエネルギーは木材から取っていた。

、原発   どうするんだ
       廃棄物    どうにもならない。
       俺は知らないではどうしようもない。
       ロケットに乗せて宇宙に捨てればいいじゃないか
       という意見があるが、日本のロケットは途中から戻ってくるぞ

、参議院議員     80年先のことを考える議員にすべき。
       給与なし。そのかわり調査する権限を与えること。
       
、ホームレス 都市型狩猟最終生活という

、日本は2000年もの長く続いてきた国だから長いスパンで
 考えていきましょう。あとはみなさんにお任せしますよ。

Img_0059
 
 
 写真はこちらにもあります             

       

| | コメント (0)

柳橋市場ビアガーデン

今年始まった 柳橋市場ビアガーデン 何度か行こうと思ったのですがいつも満員では入れませんでした。5時の予約ですが入り口には大勢の客が並んでいてなかなか会場の屋上にあがれません。それもそのはず1台のエレベーターで1組づつしか上げないのですからたまりません。

我々は4人でしたがやっと番がまわってきました。屋上の受付でチケットを受け取り席に案内されました。
システムは 飲み物は2時間 飲み放題。まずは生ビールですがいろいろな飲み物が用意されてました。
食事はバイキングと有料コーナーにわかれています。バイキングはお皿が1枚用意されて食べ放題。有料コーナーは800円ぶんの金券がついてますのでこれで買います。寿司やお魚が人気です。うまいシステムだと思いました。時間になったらステージでパフォーマンスも 
気をつけないと時間オーバーとなります。オーバーしたら30分 500円だそうで時間は自己管理です。

Img_1996

Img_2009_2

Img_1993

こちらにも写真がありますよ。

| | コメント (0)

大須演芸場 落語協会大須寄席

18日、恒例の落語協会 大須寄席に行ってきました。  この日は日曜日でもあり開場 1時間前から予約の客で一杯でした。予約 2000円 3人で予約して行きました。
2階の畳の席でくつろいだ時間を過ごしました。
やっぱり後になるほど上手ですね。当たり前ですが。

最後の笑福亭 鶴光さんは若いころ「オールナイトニッポン」のラジオを聞いたのを覚えています。
落語もすごくうまかったです。

こちらにも写真があります

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.254062614632893.56102.100000874685396&l=6b114561ae&type=1

Img_1978

| | コメント (0)

2011/09/16

★ 南河内万歳一座×長久手文化の家公演「嵐」 公演のお知らせ」

★ 南河内万歳一座×長久手文化の家公演「嵐」 公演のお知らせ」

よしひめこと 後藤好子☆ さんからのお知らせがきました。

秋ですね~(*^.^*)いかがお過ごしですか?私は、毎日、愛知県、長久手町まで稽古に通っています。
自宅からはなんと!片道2時間はかかりますが、へっちゃらです。なぜなら、とても面白い芝居だからです。
「そんなあほな!」と突っ込みながら、ご覧頂くうちに、「やられた!!(涙)」と思う作品です。
小学校教師が登場人物と言うのも親近感を持って頂けるかと思います。秋の一日、
小旅行気分で長久手文化の家までいらっしゃいませんか?
南河内万歳一座と言うのは、ご存知、大阪を拠点に全国展開している人気劇団です。
そのメンバーと名古屋のオーディションに受かった役者で作る作品です。

★ 南河内万歳一座×長久手文化の家公演「嵐」 公演のお知らせ

◆ 日時:10/1(土)  14時/   19時

       10/2(日)  14時
    

◆ 場所:長久手文化の家 (駐車場無料) リニモ・ハナミズキ駅から歩いて7分

◆ 料金:日時指定 一般2000円 学生1000円

お問い合わせ、お申し込みは、私、よしひめこと後藤好子☆まで♪

         後藤好子 <runrun.yosihime.no1*ezweb.ne.jp>   (*を @ にかえて)
         
ご予約、首をなが~くしてお待ちしてまぁすChu!(^3^)-☆

http://triple3-menu.seesaa.net/article/195948443.html

| | コメント (0)

地球のために   NPO メダカの学校

地球のために   NPO メダカの学校 

◆ 日時  10月9日日曜日  13:30~

◆ 場所  名古屋芸術創造センター ホール

◆ 参加費 前売り 2000円 当日 2500円

◆ 申し込み先
    
        
        
     NPO メダカの学校 
       TEL 052-805-7328
       
       FAX 052-802-4435
       
       medaka*dance.ocn.ne.jp   (*を @ にかえて)
       
       
スケジュール 
   第一部 絵本「地球を助けて!!メダカのお願い」から

       朗読と解説、メダカのお願いのメッセージソング歌唱とこれからの地球を
       考える刻を演出します
       
        NPOメダカの学校理事長 遠藤 榮子

        元東海放送アナウンサー 谷口 佳世子

        オペラ歌手 福島 郁枝

   第二部 メダカのお願いに賛同した3人の音楽家が地球に響けと
       ばかりにピアノ、和楽器、オカリナのコラボレーションで
       会場を埋めていきます
       
        ピアニスト・作曲家 稲垣 達也

        ネイティブアメリカンフルート演奏  堀田 峰明

        和楽器奏者・作曲家・編曲家 木村 俊介

001_2

002_2

| | コメント (0)

映画「森聞き」上映会とトークセッション

「聞き書き甲子園」が映画になりました。その上映会のお知らせです。

映画「森聞き」上映会とトークセッション

◆ 日時  9月25日日曜日  11:00~17:00

◆ 場所  金虎酒造株式会社  酒蔵

◆ 参加費 大人 1800円 懇親会  2000円程度

◆ 申し込み先
    
        
        
    株式会社にんじん  伊勢戸 由紀
       
     iseto*ninjinclub.co.jp   (*を @ にかえて)
    
     fax 0568-71-1504
    
     参加費振込先
      <郵便振替> 00860-9-74636  にんじんCLUB
      
      (振込用紙に”つながるいのちの映画祭申し込み”と書いてください)
      
      
            001

            002

| | コメント (0)

2011/09/07

健康にいい  姫川薬石 のこと

だいぶ前に友達が 姫川薬石 という石が健康にとってもいいと教えてくれました。

そして販売している人も教えてくれました。
あまり高いものではないので試験的に買ってみました。

大   1000円

中   500円

小   300円

(と言っても大きさはえー加減です。)

とありましてこれに送料、代引き手数料がかかりました。
忘れましたが全部で4000円くらいではなかったかと思います。

この効用は下の写真のとおりです。
いま家では大をお風呂に入れてます。
中は電子水のタンクの中に入れてます。 電子水についてはまた別途。
小は出歩く時ポケットの中に入れてます。

ただし家内は全く信じません。
私は信じていますが3ヶ月使ったところではその効用はまだわかりません。

まあこんなことばかりですが

世の中ではかなりこの姫川薬石の効用を言う人が多くて注文が絶えない
そうです。

姫川というのはフォッサマグナで有名な糸魚川に白馬のほうから流れ込んでいる
川なんです。
この川の河原にある石を持ったり風呂に入れたりすると健康になると誰からと
なく言い出して糸魚川市内の人達が河原で石を拾うようになったらしいのです。

私は個人の人からわけていただいたのですが、ネットで調べるといろいろと

ありますね。ご参考までに以下に書きますがあくまで自己判断でお願いします。

またご自分で姫川まで取りに行かれてもいいかと思います。

姫川薬石  ネットショップの例

http://yamadaya-y.open365.jp/Products.25.aspx

http://www.crystarium.com/dreamspell/2011/05/post_126.html

http://himekawayakuseki.ocnk.net/

Photo_2

Untitled

Images1

| | コメント (0)

仏元環境大臣コリンヌ・ルパージュ女史の報告

札幌の「じあいネット」代表 稲田 陽子さんからこんなメールがきました。
参考になりますね。

仏元環境大臣コリンヌ・ルパージュ女史の報告が
         仏インターネット新聞「Rue89」に。

             「じあいネット」   稲田陽子

「事実を知らされない羊たち」(注)として、私が、3.11が起きてすぐに
こちらのhpで発信してきたことがいまやまぎれもない事実であったことが、
最近になって、政府やマスコミからも露呈してきています。
とくに、最近になって政府は、「メルトダウン、メルトスルー」の事実を
認めています。まさに、この事実を認めてこそ、本当の放射能対策が
立てられるということを政府はもっと以前に察知するべきだったのでは
ないでしょうか。

「御用学者」ではない「事実を認める学者」たちは、その危険性をしっかりと
当初から伝えていました。そのため、非難区域の拡大や内部被曝の問題、
未来に生きる子どもたちの被曝の特殊性、安全基準値の勝手な高騰への解除などを
切実に訴えていたのです。
とくに、福島の原発が、欠陥商品であったことなどは、国民には
隠されていたことであり、単純にマスコミの報道を信じた人々は、
やはりとんでもなに事態を予知できなかったのではないでしょうか。

これから、ここに掲載する記事は、フランスの元環境大臣コリンヌ・ルパージュ女史が
(B
来日し、現状を知り、日本では認識されていない事実をしっかりと報告
しています。

とくに、原発事故後に、風向きなどの指針を国民に与えず、ヨード剤も
ガイガーカウンターも与えず、迅速な非難指示もしなかったことなどが
指摘されています。
風評被害にも、市民が外部・内部被曝の測定器で
測定することができれば、問題はよりシンプルになっていったと
思われます。

まさに、今回のことは、日本が体験する未曾有の事態であり、どんな政府も
パニックにはなるにちがいありませんが、
より柔軟に広く事実収集を行なっていれば、いまよりはましな対応が
可能だったことでしょう。とくに子どもへの内部被曝問題にはぜひとも具体的な
対策をいますぐにでも必要としており、これも、「放射能」の実体を知らな過ぎ、
「御用専門家」だのみだった原発政策の大失策の落とし子だったというのは、
残念ながら認めざるを得ないことではないでしょうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
●出典:杉並からの情報発信です

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/4bac2acbcdf0bbd7d79e9f2d11f0ee81

=====以下転載歓迎=====

福島原発事故に関して、国内大手メディアが政府や東電や御用学者の
「大本営発表」報道しか流さない中で海外メデイアは独自の調査報道や
客観報道に力を入れています。

フランスの元環境大臣コリンヌ・ルパージュ女史が最近福島を訪れ
見聞した報告記事がフランスのインターネット新聞「Rue89」に
掲載されていましたので日本語に訳しました。

ルパージュ女史は記事の中で、「福島原発事故は終息に向かっている」
という大手マスコミの嘘に日本でもフランスでも騙されていると指摘し、
福島の事態は終息どころか悲劇的に進んでいると告発しています。

1000万人の「賢明な国民」に届くように情報拡散をお願いします。

■「福島からの報告、そこでは沈黙と嘘が住民を殺す」

元フランス環境大臣コリンヌ・ルパージュ(現カップ21代表)

(日本語訳山崎康彦)

2011年9月2日 仏インターネット新聞「Rue89」

http://www.rue89.com/corinne-lepage/2011/09/02/
de-retour-de-fukushima-ou-le-silence-et-les-
mensonges-tuent-220331

福島からの報告、そこでは沈黙と嘘が住民を殺す

すでに数週間前から、福島原発事故の危機はすでに現実的な問題
ではなくなっている。

大多数のフランス国民は、問題はすでに解決されており、
東電と汚染水処理を担当するアレバ社は完全に事態を
掌握していると思っています。

避難すべき住民はすでに避難しており、放射能の測定値は低下し,
フランスから見ると日本は原発を間もなく再開するように見えます。

フランスの原子力ロビーから情報提供されたフランスのマスコミは、
この原子炉、あの原子炉が間もなく再開されるだろうと報道しています。
しかしそれらは悲劇的な嘘なのです。

数百万平米の水が汚染されている

まず第一に、私は環境大臣、環境副大臣、福島県副知事に
お会いしましたが、彼らは「危機は去っていない。何も解決していない」と
言っていました。

正確な情報は非常にまれなのです。

日本の行政当局は「3つの原子炉の炉心が溶融し圧力容器を
貫通したこと」を認めています。

しかもいまどのような状態なのか分からないのです。

特にもっとも肝心な点である格納容器が溶融した核燃料で
穴が開いたかどうかさえも分からないのです。

もしも格納容器に穴が開いていたとしたら、必然的に
地下水は放射能に汚染されたことになります。

グリンピースは汚染水の処理に関して、処理はたった今
始まったばかりと言っています。

日本の行政当局は誰も話したがらない放射能に汚染された
汚泥が増え続けていることと

数百万トンの汚染水が貯まっていることを認めています。

放射能測定器が空港で止められている

二つ目に心配なことは、福島地方に居住している家族が
文字通り悲劇的な状況です。

私は断固とした決意をもって闘っている女性達が率いる数百家族が
集まっている市民団体と2時間話をしました。

彼女たちの言う事は十分理解できます。

彼女たちに起きたことはかつて私たちがチェルノブイリ原発事故の
際に遭遇した事と同じなのです。

大地震と大津波が襲ってきた時全てが混乱していました。

日本の気象庁は福島原発事故が起きた時の風向きを表示する
地図を提供できませんでした。

住民は風がどの方向から吹いて来るのかがわからなかったのです。

住民には何の避難指示も出されずヨード剤も配給
されなかったのです。

汚染度に関する情報が公表されるまでに一か月待たねば
ならなかったのです。

40000個の放射線測定器が政治的な決定で東京国際空港に
いまだ留め置かれたままになっているのです。

家族達は毎日生活している自分たちの地域の放射線量が
どの程度か知らないのです。

子供を心配する母親たち

食品検査に関して事前検査は行われていますが、検査結果は
食品が流通した後に知らされているのです。

母親にとって一番の問題は子供たちの状況です。

国際原子量委員会(AIEA)加盟の日本を含めたすべての
国は年間の許容放射線量を1ミリシーベルトと決めています。

原発労働者の年間許容放射線量は20ミリシーベルトです。

福島県内の原発近くに居住する人の年間の放射線量は5ミリシーベルトを
大きく超え、所によると20ミリシーベルトになるのです。

彼女たちは子供たちのためと自分自身のために、1ミリシーベルトの
環境で住める権利を要求しています。

問題は誰も彼女たちの質問に積極的に応じられる答がないことです。

より広い地区からの避難を考えるべき

考えられる二つの解決法は除染と良く議論されている避難です。

50cmから60cmの深さで土を掘って除染する訓練が行われています。

そのことで汚染レベルを下げることができます。

除染は狭い地域で実施すればそれなりの効果が出ると思われますが、
福島県全体を除染することはできません。

そして考えるべきは二つ目の解決方法です。

希望する人々を出発させることです。

離れていく人がほかの地域でも生活できるようにすることです。

実際のところ日本の行政当局は、悲劇的なことですが、
行政のやり方でしか行っていません。

住民には十分な情報が届かず本当の状況を知る手段は拒否されているのです、

農民は損害賠償されず

変化と技術的観点から、農業も例外とはならず行政当局の不作為に
よって犠牲にされています。

福島県は福島産の農産物の販売プロモーションを実施していますが
風評被害に悩まされています。

私はかごに入った素晴らしい桃をお土産にもらいました。

この地区の農産物の大半は消費すべきでないことはもちろんです。

し生産者は生活のため損害を補償されるべきなのです。

しかし補償はされていません。

日本が直面しているこの悲劇的な状況は、全ての工業国に対して
同じ危険と同じ悲劇が生じることを示しています。

沈黙が日本を支配している理由は正確に言えばこのためなのです。

医師たちが独自のネットワークを立ち上げた

医者は語る権利がなく敢えて語る事をやめています。

小児科医のネットワークが現地にでき、農村部で医者達が住民の健康を
守ろうと努力し、医学的フォローが始まっています。

しかしこれらの全ては市民によって行政とは別建てで組織されているのです。

原子力当局は福島原発事故による疫学的な影響に関する詳細で
正確な結果は得られないだろうと決めています。

私たちが闘わねならないのはこの沈黙の壁なのです。

なぜならば、福島の子供たちはフランスの原発が立地する
フェッセンハイムやブジェやブレイエの子供たちと同じ運命だからです。

大きな困難と現場で戦っている市民団体について、語り行動し
支援することは私たちの責任なのです。

日本は脱原発になるだろう

政府当局は限界を感じたらしく真の決定すなわち
脱原発を決定したように見えます。

57ある原発のうち現在14しか稼働していないのです。

(*訳者注:正確には全部で54基そのうち12基が稼働)

日本で今回大きな節電が可能となったのは様々な働きかけが
あったからです。

たとえば、昼間各官庁では照明を消し(数日前京都で38度の猛暑の時でも)
冷房を切っていたのです。

東京では大規模な広告の照明が切られました。

交替制で稼働する工業生産システムを様々に編成し直して驚くべき
節電を達成したのです。

我々ヨーロッパ国民が2020年までに電力を20%削減するとしたら、
日本の友人たちから多くを学ぶ必要があります。

新しく首相となった野田首相は民主党代表選の際、日本は今後新しい原発は
建設しない、すなわち原発から脱却することを認めました。

それはいつ?

再稼働するのか否かは2012年春までに点検のために停止する原発に
課せられるストレステストの結果次第です。

(終わり)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。転載終わり

| | コメント (0)

2011/09/06

>児玉龍彦先生(東京大学アイソトープ総合センター長)の情報を拡散するためのまとめ

| | コメント (0)

2011/09/05

後藤くんの個展

高校の同級生の後藤君が岐阜県笠松町で個展を開いています。4日の昼に見てきました。以前から絵を描いていることは知っていましたが格段の上達ぶりにビックリしました。お近くの方は是非  9日まで 笠松幼稚園の隣です。

日時  9月3日 ~ 9日  10時~5時

場所  みたに酒店内 アトリエ ミタニ
               羽島郡笠松町長池375
              058-387-2015

Img_1776_2

Img_1771_2

Img_1770

Img_1777   

| | コメント (0)

2011/09/01

<愛知・名古屋JOINT>ビジネスプラン発表会2011   ビジネスパートナー大募集!!

9月21日  ウインクあいち にて下記の催しがあります。

<愛知・名古屋JOINT>ビジネスプラン発表会2011
ビジネスパートナー大募集!!

起業家や新分野進出企業等がビジネスプランを発表し、希望するビジネスパートナーと出会うきっかけとなる交流会を名古屋市新事業支援センターと共同で開催します。
当日は、当機構と名古屋市新事業支援センターが選んだ企業の計6社がビジネスプランの発表と商談会を実施いたします。
これらの企業に対して、ビジネスパートナーとして融資、投資、生産提携、販売提携等などを希望される方々の参加をお待ちしています。

【日 時】
平成23年9月21日(水) 13時30分~17時15分

【会 場】
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)12階 1201・1202会議室
(名古屋市中村区名駅四丁目4番38号)
ビジネスマッチング会場:1201会議室
ビジネスプラン発表会場:1202会議室

【主 催】
(財)あいち産業振興機構 


(財)名古屋産業振興公社 名古屋市新事業支援センター

【内容】
ビジネスプラン発表 6企業
ビジネスマッチング(商談会)

発表時間

発表企業名

発表テーマ名

13:35~14:05

イチプラ株式会社

嫌な臭いを分子で吸着するイオン性消臭剤の製造・販売

14:05~14:35

株式会社エヌ・シー・ディ

微生物への特定波長の光の照射により生ずる蛍光を利用し、その有無を判定する検査装置

14:35~15:05

低炭素化支援株式会社

低炭素化支援サービス

15:15~15:45

有限会社ウォーターベル

スタンドアローン(どこでもステッキホルダー!長寿社会の自立支援アイテム)

15:45~16:15

株式会社リオ

動画を利用したマニュアルの作成と運用システムの提供

16:15~16:45

株式会社中部EEN

デジタル画像技術を用いた構造物の監視および診断・分析支援システム

◆ 参加申し込み先

【申込・問合せ先】
○ (財)あいち産業振興機構 新事業支援部 新事業育成グループ
〒450-0002 名古屋市中村区名駅四丁目4番38号
TEL (052)715-3073   FAX (052)563-1438
E-mail:
info-shinjigyo@aibsc.jp

○ (財)名古屋産業振興公社 名古屋市新事業支援センター
〒464-0856 名古屋市千種区吹上二丁目6番3号
TEL (052)735-0808   FAX (052)735-2065
URL:
http://www.nipc.city.nagoya.jp/new-biz/

Dm

Dm_2

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »