«  名古屋活動写真  の活動 | トップページ | ESD21 第1回「ITマネジメントセミナー」のご案内 »

2011/06/10

東京駅の屋根復原に、東北産スレートを利用することについて

東京駅の屋根復原に、東北産スレートを利用することについて

東京駅の屋根復原に、東北産スレートを利用することについて、その結果が
注目されてきました。
それは3月11日の地震および津波によって東北産スレートが大きな被害を
受けたために、一時はすべて外国産のものに置き換えることを検討されて
いました。

そこで市民運動が起きて署名活動が行われました。
その結果主要部分には東北産スレートが使われることが決定しました。

昨日事務局のかたからメールを下記のようにいただきました。
私も大勢の方に署名のお願いをいたしました。

このブログを持ってお礼を申し上げます。

ーーーーここからメールの転載ーーーーーーーーーーーー
****************

東京駅の屋根復原に、東北産スレートを利用することについて

6月7日(火)午前9時過ぎにJR東日本を訪問し、4月15日に提出した要望書の正式な回答を受けました。

JR東日本は、建設工事部次長、建設工事部課長、広報部副課長の3名、
当会は前野まさる 森まゆみ 山本玲子 椎原晶子 多児貞子の5名が出席しました。

最初に、締め切り後に届いた賛同名簿992名分を手渡し、賛同者の累計は6221名になりました。賛同署名の提出は、今回の分が最終となります。

JR東日本の説明は、以下のとおりでした。
○4月15日以降、現地の状況が見えてきた。4月18日に現地調査に入ったところ、スレートは3割が流されていた。
残ったものが使えるかどうか、熊谷産業と木村社長(雄勝天然スレート)らが、プロの目で選別した。塩害については、
成分分析を行い5月末に問題ないとの分析結果が分かった。
雄勝産の新材スレートは約22000枚あったが、3割が流されて、約15000枚が使えるということで、すでに東京に向けて搬入し、
正面の屋根に葺く予定。戦後復旧時に葺いたものの再利用である登米産は、劣化しているものもあり、
当初約64000枚あったもののうち約45000枚が利用可能だったが最終的には、約40000枚を使う。
すでに洗浄作業の終わっている分もあり、順次輸送中で今月末にはドームに葺きあがる予定。今年中には駅舎の全容が見えるだろう。

○東京駅のスレートについては、JR東日本も当初国産材を使用したいと考え、既存の登米産の再利用、雄勝産の新規利用を計画してきたが、再利用できない部材も多くあり、雄勝産も大量には生産できず、震災前の計画でも不足分はスペイン産で補うことになっていた。その点は理解してほしい。

震災後、4月の上旬までは現地のスレートの被災状況がわからなかったが、その後の調査で使えると判断できた国産スレートは復原工事にできるだけ使う。当初の予定より減ってしまった分はスペイン産で補っていくが、象徴的な正面屋根やドーム部分に集中して国産材を使っていく。

スレートの洗浄作業は、地元のボランティアが手伝って作業がすすめられたので、改めての作業は不要とのことでした。

http://www.toshima.ne.jp/~akarenga/index.html

|

«  名古屋活動写真  の活動 | トップページ | ESD21 第1回「ITマネジメントセミナー」のご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  名古屋活動写真  の活動 | トップページ | ESD21 第1回「ITマネジメントセミナー」のご案内 »