« 株式会社 エステム 環境フォーラムのご案内 | トップページ | あなたは「何」ですか? »

2011/05/27

「昭和の絵手紙」  間瀬 時江さんのこと

半田市亀崎のお菓子屋のおばあちゃん 間瀬 時江さんに最近会いました。
この間瀬 時江さんと知り合ったのは亀崎の望洲楼という半田でも有名な料亭で行われた落語の会の食事会でたまたま席が隣り合ったというご縁からです。
数年前のことでした。

その時はご主人と一緒で随分仲の良いご夫婦だなと思ったのです。
話をしているうちにこの間瀬 時江さんが本を出版されたということを知りました。
その本は「昭和の絵手紙」という昭和の時代を1枚の絵手紙にしたためた100枚ほどが載っているご本で、この本をあとでいただいたものです。 「昭和の絵手紙」はここでも紹介されています。

http://www.niimi-cs.co.jp/jihisyuppan1.html

間瀬 時江さんは今年88才だとのことですが、未だに店番をされたり絵を描いたりととてもお元気です。
声も若々しくみたところ70才前にしかみえません。
その若さの秘訣をお聞きしたら毎日みかんを絞ったジュースを飲んでいるんだわ と笑っておられました。

昭和は遠く成りにけり とか言いますが昭和のことを忘れないように後世に伝えることも我々の役目だと思う今日この頃です。

私が参加しているメロウ倶楽部でも大正、昭和のことを後世に残そうと 「メロウ伝承館」 というコーナーを作っています。

私はその時にこの間瀬 時江さんの「昭和の絵手紙」 をメロウ伝承館へあげさせていただきました。

下の写真は最近いただいた 古事記を書いた絵手紙の一部です。

Kojiki_2

間瀬 時江さんに亀崎と言えば

半田亀崎 女の夜這い

というのが有名ですが、そんなことありましたか?と不躾な質問をしてみました。そういうことは聞くけどそんなことはなかったね。

ということでした。

|

« 株式会社 エステム 環境フォーラムのご案内 | トップページ | あなたは「何」ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株式会社 エステム 環境フォーラムのご案内 | トップページ | あなたは「何」ですか? »