« 東日本大震災  チャリティーイベント『今こそ日本再生』IN郡上 | トップページ | 5-23   放射能についての疑問 »

2011/05/22

医学の常識を見直しましょう  杉本医師の話

5月21日 愛知県女性総合センター(ウイルあいち)
EM友の会主催の講演会に行ってきました。
講師はEM生みの親の比嘉教授と横浜の杉本医師でした。

Img_0001

比嘉教授の話は福島原発の対策の話が聞けると期待していましたが
私は別件で用事があり前半の杉本医師のお話だけを聞いて
帰りました。

杉本医師はたくさんの資料を元にまさに目からウロコの話の
連続でした。

若干消化不良ですが、気になったことだけ羅列してみます。

講師は杉本 一朗 氏
医療法人 照甦会あかね台 眼科脳神経外科クリニック 院長  横浜  です。

・OECD2010発表資料より。CTは100万人当たり97台、MRI43台でOECD平均の4倍。
 世界平均の医療被爆量の日本は約5倍の医療被爆国。
特に頭部CTは被曝線量が高いが、米国コロンビア大学では癌の2%はCTによる被曝の影響。特に子供は感受性が高いので、子供のCTは熟考を重ねて判断し、余計な被曝はさせない。

 にもかかわらず
・悪性新生物(癌)、虚血性心疾患(心筋梗塞)は死亡率が増え続けている中で、脳血管障害(脳卒中)の死亡率だけが減っている。しかしこれは亡くなった数であり、罹患した数ではなく、罹患数は増えている。

・ガン よその国は減りつつあるが日本はまだ増えている。
      二人に一人はガンになって亡くなっていく
      日本のガン死亡率は世界一

・何故だ
  癌センターの報告では
  長寿のためだと書いてあるが本当だろうか?
  日本の平均寿命が長いのは 乳児死亡率が低いからである

・インフルエンザワクチンは安全ですか?
  日本では安全だと言っているが、アメリカでは危険だと感じている人がたくさんいます。マスメディアに洗脳されるレベルの人たちは未だにワクチンに頼っていますが学歴の高い人ほど、拒否しているのです。

・子宮頸がん予防ワクチン
  WHOの発表資料では年間で3億人が世界でHPVに感染し、そのうち45万人が子宮頸癌を発症するとされています。

  子宮頸がん予防ワクチンは世界的には危ないと言われているが日本では政府が勧めている。だが打つときは、あなたの責任ですよと言われる。

・食品の話
   野菜 昔に比べると栄養が激減している

・抗生物質 日本は世界の二パーセントの人口で世界の25%使っている。抗コレステロール薬も25%が日本で消費されています。

・トランス脂肪酸
   世界は規制しているのに日本は規制していない

・マクドナルド アメリカではジャンクフードの営業停止要請

   マクドナルドにジャンクフード以外あるのか

・携帯電話 中継アンテナ 世界では訴訟の嵐
 日本は甘い

 WHO 携帯電話について世界では二つの意見があり対立している
  ガンのリスク 増える 減る
    長時間使うと具合悪いことを認めざるを得ない

   日本でも 研究はしている
   長いこと携帯電話使うと病気になるという研究はでているが発表はされない
 
総務省の研究費で東京女子医大と鹿児島大学の共同研究で2010年11月に世界に発表されました。
1日20分、5年間の使用で聴神経腫瘍が3倍増えると言う発表です。しかし総務省は日本での公表の予定はないとのことです。

・ヨーロッパではWi-Fi 禁止

   日本では電磁波規制 ゆるい
    電力会社がガンになっている。

・化学物質および電磁波過敏症
   やっとみとめられた
 世界ではえらい問題になっている

・コレステロール
 高いより低いほうがよくない
  女性は心筋梗塞 脳卒中 男より圧倒的に低い

・高脂血症 脳卒中になりやすいか?
  薬を飲んでいる人のほうが危険率が非常に高くなる
  

・新しい常識が生まれた
  日本人 でコレステロールが高いということで治療している人の九割以上
  は欧米の基準で対応するなら治療いらないことになります。

・医学会の大部分は 賛助会員で成り立って居る
   賛助会員とは製薬会社のこと。

・今までの常識は見直してみる必要あり

・私たちが口にしているものは食べ物ですか?

・細胞膜の構造から
  脂肪酸とそれを支えるコレステロール
  脂肪酸 トランス脂肪酸は取ってはいけない

  オメガ6 リノール酸 病気になる
       ステロイド うつ病薬
       今の病気の主な原因ではないか?

   オメガ3 αリノレン酸、EPA、DHA  病気にならない

・医師の栄養指導は役に立つか?
  卵 いくら食べても大丈夫
  ルテインが多い

・ 塩分(自然塩のこと)   大事ですよ

・食育 東京大学 牧野 篤先生
 食べる内容よりも誰と一緒に食べるかが大事

・アメリカ人 は言います
  日本人は変わっている。おかしいね
  日本 年間三十五兆円も医療費を使っているのに
  病人は増え病院は増え医師は足りない。
  日本人は病気を見つけることと、治療することに一生懸命時間とお金をかけて、なぜ病気にならないようにするために一生懸命時間とお金をかけないのか。

・キューバ の 医療革命は
  カストロ首相   アメリカから経済制裁を受けたので
   国民にこう頼みました。
   みなさん
     各家庭で野菜を栽培してください。
     有機栽培でやってください。

   その結果 病気が、減って医療費も減った

・福島原発 メルトダウン認めた
   東京神奈川 も汚染されていた。チェルノブイリの十倍の汚染地域が出ていたのを政府は隠した。
       子供は特に大変だ。

       プルトニウムは特に注意すること。

  放射能の基準 年間 1ミリシーベルトだったのを今度 20ミリシーベルトに緩められた。しかも空間線量だけで内部被曝を考慮していません。
   おかしい
   特に子供が危ない

・放射能を食べるバクテリアがいる
   イスカンダルプロジェクト
     広島大学で研究していたが原発は安全だからいらないと却下されていた。
   光合成細菌を使った放射能除去は色々なところで研究されています。しかし比嘉先生はこの技術を30年前に確立されているのです。

・予防にまさる医療はない

・チェルノブイリへのかけはし

  北海道のお母さんたち ホームページ見よ
- 元のメッセージを表示 -

|

« 東日本大震災  チャリティーイベント『今こそ日本再生』IN郡上 | トップページ | 5-23   放射能についての疑問 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東日本大震災  チャリティーイベント『今こそ日本再生』IN郡上 | トップページ | 5-23   放射能についての疑問 »