« 小泉 武夫先生の講演から | トップページ | 斎藤 吾朗さん個展 »

2011/05/03

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ

ちょっと時間が空いたので家内と一緒に映画を見てきました。

「英国王のスピーチ」  です

なかなか面白い映画でした。
実在のことなんですね。
第二次世界大戦が勃発するまさにその時に大英帝国の国王となったジョージ6世の物語です。
ジョージ6世は子供の頃から大変などもりでした。
大きくなってから大英博覧会の閉会の挨拶を命じられましたがまったく話せませんでした。

ジョージ6世は3人兄弟の真ん中で普通に行けば国王にはならなくてもよかったのですが。
兄が一旦は国王になりましたが、認められない恋のために国王の座を投げ出してしまったためにジョージ6世に国王の椅子が転がり込んできました。
そして当然演説をしないといけなくなりました。

そこにいたるまでのお話です。どうして吃りを克服したか?
至極真面目なお話ですが

当時の世界の状況を知る上でも大変参考になりました。
またジョージ6世の長女が現在のエリザベス女王なんですね。

|

« 小泉 武夫先生の講演から | トップページ | 斎藤 吾朗さん個展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小泉 武夫先生の講演から | トップページ | 斎藤 吾朗さん個展 »