« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/30

ソフトピア・デカンショ音楽会(野外)開催決定!

 ソフトピア・デカンショ音楽会(野外)開催決定!

知り合いのオカリナ演奏家 南 幸さん からお知らせがありました。
東日本大震災チャリティイベントとして急遽開催が決まりました。

http://ameblo.jp/daja-blog/entry-10855420503.html#main

O0800113111153528558

◆ 日時 5月3日 火曜日    11時から20時まで

◆ 場所  大垣市のソフトピアジャパン屋外ステージ
        せせらぎステージ

◆ 演奏者 多種多様 
       飛び入りもOKとか

      オカリナ  南幸さん は15時から30分間ソロ演奏です

◆ その他  屋台など飲食も多数あるらしいです

       家族お揃いでお出かけを

| | コメント (0)

2011/04/29

中学校の道徳の授業に行ってきました

中学校の道徳の授業に行ってきました

羽島市内の羽島中央中学校で全校生徒対象の道徳の授業があるというので参観に行ってきました。PTAではありませんが。

その授業は羽島市ないで塗装業を営む田中社長が石巻市へボランティアで行ってきた体験談を話されるというものでした。

たまたま田中社長からその話を聞いたので、それなら一緒に聞きたいと申し出たのです。

会場は広い体育館でした。中央中学校は今から20年ほど前に出来た新しい学校で、校舎はとてもモダンなものでした。

私は一番早く到着したのでまだ誰も会場には来ていません。全校生徒431人が聞くと聞いていたのでいまから10分間で本当に全員が集まれるのか心配していました。

Img_0006

Img_0010

そうしたらクラスごとに廊下から整然と男女の生徒が並んで体育館に入ってきました。それぞれが自分の座る丸椅子を持って。
そしてなんと10分間で全員がピッタリと整列しました。
先生の号令のもと一斉に起立して挨拶しました。

これだけ見ただけでこの学校の道徳の勉強はしっかり出来ているなと思いました。校長先生はじめ先生方のご苦労が偲ばれます。

それから若い田中社長の話が写真を交えながらはじまりました。
プロジェクターの光量が不足で見えにくかったのですが、話の内容は大変迫力のあるものでした。
4月はじめから10日間ほどボランティアグループで現地へ行ってこられたのですが、瓦礫とヘドロの回収を1軒づつやってこられた話しを聞きました。1軒を5人でチームを組んで整然とやっておられました。どこかの大学のグランドにテントを張っての生活です。

田中社長は自分の仕事をほっぽり出して社員を連れて行ってこられたのですね。こういう若い人たちがいてくれることで日本はまだまだ大丈夫だと思ったことでした。

Img_0036

Img_0038 

| | コメント (0)

2011/04/27

旅する絵描き  浅野 モオム展   羽島  と  名古屋 で

旅する絵描き  浅野 モオム展 

最近知り合った地元の中学の後輩 浅野 モオムさん が地元と名古屋で個展を開きます。

ちょっと変わった 絵 ですがまずは観にいきませんか?

絵 だけでなく面白いイベントやパーティもありますよ。

001

羽島会場

◆ 日時  5月20日金曜日 21日 土曜日 22日 日曜日

◆ 会場  羽島文化センター ギャラリー 円空

            058-393-2231 

◆ イベント  21日 モオムとお絵かき   チビッ子集まって

              三線演奏 「かじまや」

              落語    天満亭歯光

              夜はパーティ 場所 未定  有料

         22日 らくかき・よしむ 「むむむブルース」

                  あの有名社長の独演会

              夜はパーティ     会場  すばる360  有料

002

名古屋会場

◆ 日時  5月25日水曜日~30日月曜日

◆ 会場  ギャラリー シラカワ

             名古屋市中区栄2-11-11

                カモメハンカチーフビル1階  

◆ 友情出展   平子 純 (蔵)  ・ 中田 喜多子 (創作きもの)

◆ ミニライブ    28日土曜日 午後5時 会場内で 

                  森 彩乃 

◆  パーティ   28日 土曜日 午後6時30分   会費 3500円

                 つちやホテル

                     午後6時に送迎バスが会場へ  

| | コメント (0)

孫 正義社長の記者会見

先日 自由報道協会主催 孫 正義 記者会見 があった。

ご存じの方もあるかもしれませんが。

http://www.ustream.tv/recorded/14195781?lang=ja_JP

さすが 100億円をポンと出しましたが、言うこともしっかりしておられる。

相当勉強しないとこれだけの意見は言えないでしょう。

「原発は停止して、自然エネルギー発電へと転換」

財界人でこれだけのことを言う人はいませんね。

孫 正義社長は今まで原発はやむを得ない

経済のためには仕方がないと思っておられたようですが、

今回のことですっかり方向転換されました。

私もまったく同じですのですごく共感がもてます。

石原 慎太郎都知事のように未だに原発なしでは

やっていけないという石頭もたくさんいると思いますが

こういう孫 正義社長のようなリーダーをみんなで

盛り立てましょう。

| | コメント (0)

2011/04/25

小林五月 デュオ・リサイタル

名古屋の美人占い師 というよりも会社社長の竹村 亜希子さんからこんなお誘いをいただきました。素敵なピアノ演奏会だと思います。 私には猫に小判ですが、みなさま是非に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、来る5月23日(月)に、
“ピアノ界の大器”“天性のシューマン弾き”と評される小林五月さん 
大阪交響楽団首席ソロコンサートマスターの 森下幸路 (もりしたこうじ)さんと
名古屋の電気文化会館にてデュオ・リサイタルを開催いたします。

<プログラム>
クライスラー:ウィーン風行進曲
モーツァルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ  ト長調  K.379(373a)
クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
クライスラー:テンポ  ディ  メヌエット
シューマン:3つのロマンスより
ビーチ:ロマンス
スヴェンセン:ロマンス

(休憩)

クララ・シューマン:3つのロマンス 作品22
シューマン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 イ短調  作品105

※大阪交響楽団首席ソロコンサートマスターほか
  ソロ、室内楽でも多才に活躍する実力派ヴァイオリニスト・森下幸路さんと、
  近年シューマンのスペシャリストとして目覚しい活躍を続ける小林五月さん(Pf)のコンビによる
  素晴らしいデュオコンサートをお届けいたします。

時:2011年5月23日(月)
   受付 18:15~  開演 19:00
所:電気文化会館 ザ・コンサートホール

※ チケットは発行していません。予約不要です。
  当日受付にて会費¥2,500(学生 ¥1,500)お支払いください。
       
主催:名古屋モーツァルト協会 協力:電気文化会館
問い合せ:名古屋モーツァルト協会会長  吉川昌夫 090-7692-7722

★ここ数年、リリースするCDが軒並み「レコード芸術」誌で特選盤を獲得し、
  2008年リリースの「シューマンピアノ作品集Ⅲ/ピアノソナタ第1番&第3番」と
  昨2010年リリースされた「シューマンピアノ作品集Ⅵ/クライスレリアーナ&子供の情景」が
  二度に渡り「レコードアカデミー賞」にノミネートされるという快挙を成し遂げました。

★更に、今月7日リリースされた「シューマンピアノ作品集Ⅶ/幻想曲」も
  発売と同時に話題の新譜となっています。

※「ぶらあぼ 5月号」での音楽ジャーナリスト・堀江昭朗氏のコメントです。
      ↓
    『2005年からスタートしたシューマンのピアノ独奏曲全曲演奏会「シューマンチクルス」は、    同時にアルバムも収録するもので、すでに6枚をリリース。
    レコードアカデミー賞にノミネートされるなど、すべてが高い評価を受けている。

    その演奏は独自の個性的な世界を持った、むしろユニークと言っていいもの。
    メロディーやフレーズは緩急自在に揺れ動き、深い陰影をもたらす。
    それが、シューマン作品の独特の“におい”を醸し出すのだ。
    それらは磨き上げられた美しい音色と響きによって、まさに芸術作品として目の前に現れてくる。    何度でも繰りかえし聴きたくなる。』

小林五月さん の詳しい略歴などは、以下のHPでご覧いただけます。
  http://www7b.biglobe.ne.jp/~satsuki-klavier/

        or

  私のブログでも!
 http://plaza.rakuten.co.jp/anotamatebako2/8002

★今回のコンサートは、シューマンのスペシャリストとしての小林五月さんの魅力は勿論のこと、
  森下幸路氏との絶妙かつスリリングなアンサンブルセンスも期待されるところです。

※以下、小林五月さんからいただいた皆様へのメッセージです。
     ↓

  今回の選曲は全て森下さんにお任せしました。
  プログラム案について森下さんからメールをいただいたとき、
  そのセンス抜群の選曲&曲順に思わず驚嘆の声をあげてしまったのです。
  「素晴らしいプログラミング!これでOKです!!」と即返事をしました。

  まず、前菜アミューズに
  クライスラー「ウィーン風マーチ」で5月ウィーンの空気をお客様に感じ取っていただき、
  ウィーン時代に作曲されたモーツァルトのK.379のソナタへ自然につなげ、
  ふたたび「クライスラー編曲/ベートーヴェン&パガニーニ」の小品でモーツァルトをお洒落にサンドウィッチします。
  そしてここからが今回のコンサートのテーマともいえる、
  3人の作曲家(シューマン、ビーチ、スヴェンセン)による“ロマンス”の饗宴です。

  更に、休憩のあと後半ではシューマンの妻クララが「3つのロマンス」でもって更に色濃く語りかけ、
  それまで様々な恋愛模様に耳を傾け、いよいよこらえきれなくなったシューマンが
  名作「ヴァイオリン・ソナタ第1番」をメインディッシュに掲げて登場するのです。

  そう、今回のテーマは「ロマンス!ロマンス!!ロマンス!!!」です。
  5月23日では、どのような“ロマンス”を皆様に語れるか今から楽しみでなりません。

  ドイツの冬は灰色の雲におおわれ、とても長く厳しいものです。
  けれど、5月になると野の花がいっせい開き始め、鳥たちがさえずり歌い始めます。

  ハイネの詩によるシューマンの歌曲集「詩人の恋」の1曲目「美しい五月に」の歌詞にある
  “wunderschonen”という言葉はドイツ語特有の言葉だそうで、
  ただ単に美しいという意味ではなく、なんとなく胸のときめくような情緒的な気分を持っており、
  日本語にはとうてい訳せないと言います。

  かぐわしい五月に、恋をした者が相手に打ち明けるときの
  胸の高鳴りみたいなものを皆様に少しでも感じ取っていただければ嬉しいですね。

  小林五月

  ______

※レコード・アカデミー大賞は、レコード芸術が主催する賞で、その1年間に日本のレコード会社から発売されたクラシック分野のディスク中から、
全12部門の担当選定委員の合議により決定される、国内外を問わず優れた演奏に
贈られる賞。

  多忙にかまけて、皆さまへのお知らせが遅くなりました。
  お詫び申しあげるとともに、ご都合のよろしい方は
  ぜひこの機会を逃さず、お聴きいただければと思います。

           竹村亞希子

続きを読む "小林五月 デュオ・リサイタル"

| | コメント (0)

2011/04/24

テネモス国際環境研究会 理事長 飯島 秀行さんの話

先日中部異業種間リサイクルネットワーク協議会(CRN) で一般財団法人  テネモス国際環境研究会 理事長 飯島 秀行様をお呼びしてお話を伺いました。

Img_0010ss
飯島様は名古屋の株式会社 山善の山田 将貴様からのご紹介で来ていただきました。

飯島様は大変不思議な方で一言で言い表すことは難しいです。若い頃は南米のボリビアに行って自然農業を現地の人達に教えたりされてました。埼玉に帰ってきてからは環境をよくする数々の商品を開発されています。飯島 様によればそのどれも原理は一つである。自然界の歪みを正せばすべてが正常になるとおっしゃいます。

◆ 一般財団法人  テネモス国際環境研究会の目的

http://www.tenemos-ier.org/

テネモスとはスペイン語で「われわれは持っている」という意味です。
 今、世界中では、異常気象、地震等の災害が頻発しており、末法の世の形相をあらわしています。なぜこのような現象が起きるのでしょうか。全て自然のメカニズムが働いているといえます。これらの災害は、地球を正常な状態に戻すための自然のメカニズムが働いているため発生しているのです。
 このような状況の中、安全な水、食料の確保、有限の資源に頼らないフリーエネルギーの開発を早急に進めなければいけません。
 しかし今の科学では、地球環境を元の状態に戻すことすらできていません。それは、目に見える物質のみの現在の科学では絶対に解決できないからです。
物質を物質で変化させることはできません。
 これからは物質と、目に見えない空エネルギーとの関係である生命科学を解明する必要があります。また、根本的な原因である人間の利己的な考えを変え、自然と共存していく必要があるのではないでしょうか。
 テネモスグループでは、自然から学び、自然のメカニズムを理解し、現在の学問や常識では説明できない事象を具現化、実践しています。

◆ 主な事業
・水浄化システム(マナウォーターシステム)
 圧を上げる仕組み(沸水原理)で、吸引化により水道水の水分子クラスターを微細にし、有害物質を無害な安全な水に変質させます。

・汚染土壌浄化システム
  自然界の自浄作用を援助する方法であると共に、生態系との調和を計る事を基本原理とした土壌改良システムである。

・家庭用浄化槽及び畜産糞尿処理設備等の管理及びその指導
 マナウォーターシステム(水浄化システム)を導入しています。

・大気汚染の防止
 外部より空気を取り込み、ポンプで圧力変換機に空気を送り込みます。
 匂いやウィルスは、バランスがとれていないマクロな状態といえます。

・フリーエネルギーモーター
 自然法則を利用して製作したのが、フリーエネルギーモーターです。電流がほとんど流れないモーターです。つまりエネルギーがいりません。
 http://www.tenemos-ier.org/a.html
・風力発電
 微風で充電可能。
 http://www.tenemos-ier.org/b.html

・焼き塩を使いましょう
 (、焼いて強アルカリとなった塩を料理につかっていくことを提案します。
 例えば、焼いた塩を水に混ぜて、その中に野菜や肉等を15分~30分程つけておけば付着した農薬は中性に変化します。また、素材が生きたサイクルに変化するため、みずみずしくなります。お肉は臭みがとれます。焼塩はフライパンで焼いたり、塩をお皿に盛り、それにアルコール(無水エタノール)をかけ燃やして作ります。
 http://www.tenemos-ier.org/pg51.html

飯島理事長の話は目に見えないお話です。ホームページをご覧になり、質問をしてみてください。

| | コメント (4)

2011/04/23

下垣 真希さんのラジオ放送

下垣 真希さん からこんなメールをいただきました。
なんと4月からFM愛知でレギュラー番組が始まったそうです。
名古屋地区に限られるかと思いますが聴いてみてください。
インターネットでも一部聴けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここから

4月からラジオのFM愛知にレギュラー番組を持っています。
毎週土曜日夕方6時からの30分間「下垣真希のSKOアワー」。
ゲストを迎えてのインタビューのコーナー、そして名
曲の背景を伝えその曲を聞いてもらう「ミュージックシアター」、
中には現代の世の中のおかしいな~といったことに
私なりの意見を率直に語る「叱って真希さま」といったコーナーもあります。
是非聞いてみてください。
またFM愛知のHPから先週までのダイジェストを聞けますので
よかったら是非どうぞ。
http://fma.co.jp/pc/program/sko/4

4月30日は名古屋の栄にあるアートピアセンター2階で
セントラル愛知と震災のチャリティコンサートをします。
時間は2時からです。入場は無料。募金をお願いすると思いますが
もしよかったらのぞいてみてください。
私は2時半過ぎから出演すると思います。

今から、東京。明日ランチタイムコンサートをミシュラン二つ星の
レストランで開催します。このご時世に満席になっています。
こういう時期だからこそ、人々の心が、音楽や芸術を求めているなあと
感じています。
そこでは南三陸町の女流画家の画集を紹介することにしています。
彼女は海を見て育ち、海を愛し、ず~~っと海の絵を描いてきました。
その美しさ、優しさ、深さは見る人の心を包み込みます。
私の家にも何枚か彼女の絵があり、いつも心癒されて感謝しています。
今までの集大成として4月に画集を完成したのですが、
その愛してきた海が、皮肉にも弟さんも親族も奪ってしまいました。
一時は絵を描くことする迷ったそうです。
そんな悲しみから立ち直りつつある彼女の絵のすばらしさを一人でも多くの人に知っていただき、その画集を求めていただければとそのコンサートと、5月1日に開催する私の電気文化会館でのコンサートで呼びかけるつもりです。収益はすべて震災復興のために役立ててもらいたいと彼女は話しています。(外立 とし江さん
先日、毎日新聞に掲載された私のコンサートについてもこのことが
触れられています。
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110416ddlk23040109000c.html

それではまた。
土曜日、夕方6時、是非聞いてみてくださいね。

| | コメント (0)

2011/04/21

緊急対策マニュアル 原発事故 そのときあなたはどうするか!?

緊急対策マニュアル 原発事故 そのときあなたはどうするか!?

なんと1989年6月30日にこんな本が出版されてました。
それも福岡から
編者 日本科学者会議福岡支部核問題研究委員会

http://jsa-t.jp/local/fukuoka/genpatsujiko1989.pdf

36ページあります。
今朝ざっと拾い読みをしました。

20年前に今回の福島原子力発電所で起きたことはそのまま予測されていたのですね。

そして日本の国としては原子力発電所での重大事故は起きない
起きないから対策もしなくていい
予行演習もしない
ヨウ素も与えない

こんなことになっていたようです。
全く今回のことは想定外だと政府東京電力は言っていますが、そうではなかったのですね。
この委員会ではいろいろな提言もしています。
今すぐにでも行うべきことです。

また一般市民としては政府、電力会社を頼らずに防御すべきことも大事だと思いました。

今回福島の方をはじめ関東地方では大勢の方がすでに被爆をしました。
次に備えましょう。
見えないものは怖いです。

| | コメント (0)

東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び…!?

4月7日のインターネットでこんな記事を見つけていました。
今朝読み返すと恐ろしいことが書いてありますのでご紹介します。

東日本大震災を予知した預言者達! 日本に危機再び…!?

http://news.nifty.com/cs/item/detail/rl-20110407-6603/1.htm

今回の大地震 原発事故を予言していた人がいるということ。

・日本の霊能者・松原照子女史。『幸福の近道』というブログに、1月6日と2月16日に今回の震災を危惧した内容の文章が書かれてある

   http://kinmiraiken.jp/

・アメリカの予言者・Joseph Tittel 氏
  今年の1月1日のラジオで原発事故と津波を予言していた。
  津波が日本、中国、チリを襲う可能性があるとも
  日本はこれからもっと最悪な事態に陥るという

・小林朝夫氏
  小林氏のブログには、なんと震災前日の3月10日に、M8前後の非常に大きな地震が来ると警告。三陸沖で地震が続いていることから、ほぼ間違いなく関東から東海にかけて大地震が来るであろうと予見していたのだ。

   3月10日

   http://www.voiceblog.jp/asao/1342377.html

   4月7日
   http://error.fc2.com/blogbusy_l/?kobayashiasao.blog65.fc2.com

追伸

調べてみるとこの小林朝夫氏のことに関してはいいことを言わない人が結構います。
用心はしたほうがいいけどあまりあてにならないという意見が多いのでそのことも考えておきましょう。

3人とも地震が起きる前におっしゃっているので一応一理ありますね。

私の友人も3月10日のメールで近いうちに大きいのが来ると言ってきてました。
その翌日にこんなことになって

その日とも長いこと地震の計測をやってましてしょっちゅうメールをくれますが、私はまあ来たらしょうがないやと思って何も準備をしていません。水も食料も備蓄はしていません。

10日くらいは何も飲まず食わずでも大丈夫だと思っていますのでね。
そのうちに何か援助が来るだろうと思うのです。
備蓄をしても大勢の避難所の中で自分だけ食べれますか?

| | コメント (0)

2011/04/19

下垣 真希 日本の歌シリーズ

下垣 真希 日本の歌シリーズ
  いのち輝いて のご案内

恒例の下垣 真希さんのコンサートのご案内です。
すでに続々と注文が入っております。
お早めにご予約ください。

すべて指定席です。

◆  日時  2011年 5月1日日曜日
         14時から(13時30分開場)

◆  場所  ザ・コンサートホール  電気文化会館

           名古屋市伏見

           地下鉄(東山線・鶴舞線)「伏見」下車 5番出口

◆  料金  一般  5000円

        ペア   9000円

       高校生  2000円

◆  ヴァイオリン   﨑山  弥生.
   ピアノ         北川 美晃
     

◆   ご予約・お問い合せ
      クレッシェンド企画
          052-938-7011

           info@maki-opera.com

001

002

| | コメント (0)

2011/04/16

株式会社 アグメント って

株式会社 アグメント って
先日半田市である会合がありました。
食品リサイクルとバイオマスの関係です。
そこで株式会社 アグメントという会社の発表がありました。

こんな会社があるなんて知りませんでしたがなかなか面白い取り組みをされています。

この会社はもともと廃棄物処理や浄化槽のメンテをする会社ですが新たな環境事業として放棄耕作地を借り受けてそばを育成することをはじめられました。
苦心惨憺の末にりっぱな新そばが出来てきました。

4月一杯半田市の山田屋 ベル という料理屋さんでこの知多美人そば
が食べられます。
1日 10食限定とか

http://d.hatena.ne.jp/agment/20110401

Tita

同社の食品廃棄物リサイクルシステム
AGU・ECO (アグエコ)

  環境から農業への継続的循環事業 「アグエコプロジェクト」

 「アグエコプロジェクト」は、アグリカルチャー(農業)エコロジー(環境)エコノミー(経済)の三つの要素をかね合わせたプロジェクトであり、食品廃棄物の減量、再資源化をするだけでなく、リサイクル堆肥を原料として、野菜・穀物・ハーブを育て、持続可能な循環型社会の仕組みを構築します。
また、高齢化や少子化により担い手のいなくなった休耕地を積極的に利用することで、地他地域の耕作放棄地の問題に少しでも貢献していきたいと考えています。
 食品製造・販売、飲食業から輩出された食品残さを再生処理し、そのリサイクル堆肥を利用して、自然農法で栽培した野菜・穀物・ハーブを再び利用し、販売・消費すうrことにより、生活に密着した環境活動として身近に取り組むことが出来ます。

Agueco

| | コメント (0)

2011/04/15

 なばなの里

 なばなの里
久しぶりになばなの里へ孫を連れて行ってきました。

平日なのに結構な人出でしたね。
観光バスもたくさん来ていまして、震災のことを少し忘れました。

園内は桜が少し残っていますが桃が最盛期できれいでした。
ほかにも名前を知らないけど色とりどりの花が一斉に咲き誇ってまさに百花繚乱といったところです。

Img_0004

Img_0051

Img_0041

ベゴニア園にはさすがに入る気もしませんでしたね。

特設会場のチューリップはその量に圧倒されました。
ほぼ満開です。

Sta_0055

Stb_0065

帰りに 温泉(里の湯) に入りました。
1500円という入場料は私に取っては格別に高いのですが、それだけの値打ちは充分にありました。ほぼ独占気分で殿様になったようです。
殿様でもこんな豪華なお風呂には入れなかったでしょうね。
素晴らしい温泉です。

経営的にあれで成り立つのかちょっと心配です。

| | コメント (0)

2011/04/14

能郷白山の能狂言

能郷白山の能狂言

快晴の中、能郷白山の能狂言を見てきました。
カミさんは他の予定があったので一人です。

能郷白山神社で行われるのですが何故かカーナビに出ない。
薄墨桜まで行って聞けばいいやととにかく向いました。
薄墨桜を過ぎて うすずみ温泉も過ぎたところで三叉路がありました。

そろそろ聞かねばと角にあった雑貨やさんのおばさんに「能はどこで見れますか?」と聞きました。

「この道を真っ直ぐ行きなさい。10分くらいかな。」
いいところで聞いたものです。

目の前には真っ白な能郷白山が聳えています。さすがに大きな山です。
本当に10分も行くと車がたくさん停まっていてここだなとわかりました。

Img_0030

神社は急な石段の上にあり、下に拝殿と能舞台がありました。
舞台では子供も交えた大勢の人が次から次へと出てきて能や狂言をやります。
大変素朴なお祭りで他の祭りのように酒を飲んだり暴れたりしません。
どうしてこんな山深いところに能が伝わったのでしょうね。

屋台も一軒も出ていません。
地元のおばちゃんが芋もちを焼いていました。一つ100円ですがとても美味しかったですね。特にタレが

Img_0021

Img_0013

Img_0025

帰りには満開の薄墨桜を見て帰りました。
こちらは平日にも関わらず大変な人出でした。

Img_0035

昔は道路が悪くて大変でしたが今は楽になりましたね。

| | コメント (0)

2011/04/13

斎藤 吾朗さんの展示会ご案内

モナリザで有名な画家 斎藤 吾朗さんのちょっと変わった展示会が高浜で行われています。
お近くの方・高浜へ行ったついでの方・斎藤 吾朗なら是非行きたい方も
是非御覧ください。

5月29日までやっています。

001

002

「斎藤 吾朗の全活動を 語ろう、具展」

◆ 期間  4月9日~5月29日 まで

◆ 会場   かわら美術館  高浜市焼き物の里

           http://www.takahama-kawara-museum.com/

◆ 入場料  600円(高校生以上)中学生以下は無料

◆ お休み  月曜日

◆ 展示内容 斎藤 吾朗さんの絵ばかりでなく、今まで集めた骨董品や
       珍しいものがいっぱいあるそうです。

◆ 斎藤 吾朗さんに会いたい方は事前にお電話されるといいと思います
    電話 かわら美術館 
          学芸員  今泉 岳大さん  0566-52-3366

| | コメント (0)

2011/04/12

緊急開催!東日本大震災チャリティーイベント『今こそ日本再生』〜希望の未来 を切り開こう〜

緊急開催!東日本大震災チャリティーイベント『今こそ日本再生』〜希望の未来 を切り開こう〜
田中 優さん  の話はとっても分かりやすいです
これを聞いてください
郡上市内で活動する有志団体のみなさんから♪
お知らせです
テレビなどマスコミでは流されない
今の日本の現状や
これから福島から放射能の影響は日本中にあるのか?
原発・放射能の影響・対処方法
原発にかわる自然エネルギーの話しなど
原発問題第一人者の
田中優さん が映像を使いわかりやすく丁寧にお話をしてくださいます
沖縄三線の音と唄で癒しと勇気を運んでくれます♪
入場は無料です♪
東日本大震災
チャリティーイベント
『今こそ日本再生』
希望の未来を
切り開こう!
日時
平成23年5月18(水)
午後6時開場
午後6時半開演
午後9時半終演
田中優さんのお話90分
まーちゃんの唄40分
場所
郡上市美並町
多目的ホール
500名限定
予約はいりません
当日会場におこしください♪
混雑時は先着順となります
入場無料カンパをよろしくお願いします
収益はすべて復興支援に使わせていただきます
518_3
518_2
《出演者紹介と内容》
★田中優
(未来バンク事業組合理事長、「ap bank」監事)
映像を通して、わかりやすくお話をします。
福島原発のこと、放射能の危険性や対処法のこと、原発に変わる自然エネルギーのこと。
 これから未来への素敵なライフスタイルの提案と希望をお伝えします。
★南ぬ風人まーちゃんうーぽー
(復興支援NGO「心援隊」代表、三線アーティスト)
 沖縄三線の癒しの音と共に、希望のメッセージと生きる勇気を唄います。
また、福島原発の放射能から、赤ちゃんを守る活動や『福島☆復興プロジェクト』のこと、
西表島に太古から伝わる、人の生き方のメッセージを伝えます。
☆復興支援NGO『心援隊』の活動紹介
☆各地の応援ゲストの予定あり
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
主催団体みんなの念い
3月11日に発生した震災で直接的被災者にならなかった私達。
被災地のみなさんの一日も早い復興を願い
被災地に救援物質を送りました。
義援金を集め送りました。
現地に向かった仲間もいます。
日本中の人々の心が一つになりました
しかし目に見えない放射能がじわじわと日本列島をおおいはじめている不安は大きくなるばかりです
そこで今の日本の現状を知り、この先何万年も消えることのない放射牲物質をどう受け入れ生活していくのか?
日本中、そして世界を不安にしている原発はこの先必要なのか?
原発にかわるエネルギーはあるのか?
様々な疑問や不安を皆で解消するために、
長年、原発問題や平和運動に深くかかわられている
田中優さんのお話を聴き、まーちゃんの唄を心に刻み、
一人一人の意識を変え、新しいライフスタイルを、明るい未来を見つけたいと思います。
みんなで元気になりましょう!
そしてこの場所で受け取った情報とエネルギーを大切な人達に伝えてください。
それが一つの
社会的救済活動のかたちだと私達は考え、このイベント開催に至りました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
主催団体
地球救い隊
GO NATURE
長良川水系 水を守る会
家護り人
musublog
郡上市仏教会
EN-JOINT
EarthShip
月の会・長良川
月影企画
EarthCamp委員会
Ito-project
山石古民家工社会
朋子ヨガの旅
NatureDesingn GoodJobLabo
お問い合わせ
地球救い隊
GO NATURE
長良川水系水を守る会

| | コメント (0)

2011/04/09

東京電力 原子力発電所事故に関する二つの話

東京電力 原子力発電所事故に関する二つの話

友人から教えてもらった二つの話です。
テレビや新聞に出てきている情報とはかなり違います。
何が正しいかをよく考えてみましょう。
この二つの話が全て正しいというわけではありません。
判断は各自で

◆ 上杉 隆氏の放送

http://www.youtube.com/watch?v=eMZMfpiOD8Q&feature=youtu.be

・計画停電は東京電力の陰謀だ。
  原子力発電がないとこんなに困るのだ。

・今後30年から50年農作物への被害は続く

・半導体などの工業出荷への影響もありそう

◆ 田中 優さん  緊急講演会の放送

http://www.earth-garden.jp/community/9796/ 

「パニックを作ったたのは電力会社だ!!!」は真実です。
政府も「データは出すがなるべく見えないように」なので、メディアも極く最近知ったので、逃げ遅れて被爆しております。
東海岸の原発爆発で良かったです。
福井で爆発すれば、近畿東海はアウトです。
浜岡も悪い場所にあります、最悪です。

田中 優さん  の緊急講演会内容から

・「もんじゅ」で儲けているなんて、けしからんです。

・原発発電単価は13.9円なのですね。太陽電池に負けます。

「50分~2時間2分」をご覧下さい。

・日本の電気料金はアメリカの3倍とか。

・45分くらい  ドイツ政府の調査 原子力発電所の5キロ圏内の子供
  他に比べて小児がんの発生が倍 事故でないのに
  日本政府はこれを報道差止めしました。

・1時間10分くらいの電気料金説明をよくご覧下さい。

・1時間20分あたりの「ピーク解消策」はすばらしい!!!

・1時間24分の太陽光・風力についてご注目!!!

・「送電線を担保にして公共性を持たせる」がいいですね。

田中 優さん  は今全国を講演して回っておられます。
あなたの町でも呼びませんか?
そして市民が原発即時停止に立ち上がりましょう。

| | コメント (2)

2011/04/06

気象庁  放射能汚染予測の問題

えー加減にせーと言いたいです。

気象庁というのはどういう役所なのか?

知りませんが、東京電力 原子力発電所事故が起きた時から、原子力発電所から出てくる放射能は風に乗って動くことは誰でもわかることです。
それが昨日4月5日まで公表されませんでした。

わかる範囲で今までの流れを書いてみます。

3月11日 

地震発生

3月12日

ドイツでは12日から放射能予測をインターネットで流しだした。

   http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html

3月18日

日本気象学会が会員の研究者らに、大気中に拡散する放射性物質の影響を予  測した研究成果の公表を自粛するよう求める通知を出   していたことが分かった。
3月23日原子力安全委員会(班目春樹委員長)はSPEED1を公表
   http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
4月4日 

気象庁は3月11日から毎日予測データを出していたことがわ   かった。それをIAEAに送っていた。国民には知らせず。
   http://news.livedoor.com/article/detail/5468382/

   枝野官房長官 が気象庁にデータを公開するよう指示した。

4月5日 

指示されて…気象庁、放射性物質拡散予測を公開
   http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110405-OYT1T00872.htm

こんなことも聞きました。
気象庁は花粉情報や黄砂情報は出すのに何故放射能飛散情報を出さないのですか?

ーー それは文科省の担当です。放射能は気象庁の役割ではありません。

私は知りたい

気象庁がなぜ外国にはデータをだして、国内には出さなかったのか?

それは誰が決めて指示するのか?

| | コメント (0)

2011/04/04

首相「おれが話す」 (毎日新聞) 4月4日

今朝の毎日新聞


http://news.www.infoseek.co.jp/mainichi/politics/story/mainichi_20110404k0000m010149000c/


最近毎日新聞の頑張りが目立ちます。

こんな大きな事故が起きると
どうしたらいいのか

どうも決まっていなかったようですね。

もう少し遅かったら原子力発電 圧力容器の大爆発
に至ったかもしれませんね。
危ないところでした。

今度は読売新聞です。

こんな研究もしていたのですね。

それが活かされなかったとは残念
電力会社が電気がなくなったらどうなるかを知りながら考えてなかったということはあきらかな人災ですね。

死刑にしても償えないことです。

私にはそれを追求する資格はありませんが
キリストの言葉を思い出しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「電源喪失で容器破損」東電報告書検討せず

2011年4月4日(月)3時8分配信 読売新聞 

 東京電力福島第一原子力発電所2、3号機で使われている型の原発は、電源が全て失われて原子炉を冷却できない状態が約3時間半続くと、原子炉圧力容器が破損するという研究報告を、原子力安全基盤機構が昨年10月にまとめていたことがわかった。

 東電は報告書の内容を知りながら、電源喪失対策を検討していなかったことを認めている。

 国は2006年に「原発耐震設計審査指針」を改定し、地震の想定規模を引き上げた。これを受け、国の委託で原発の安全研究に取り組む基盤機構が、09年度から様々な地震被害を想定した研究を始めた。

 1970年前後に開発された、2、3号機の型の沸騰水型原発(出力80万キロ・ワット)については、地震で電源喪失した場合、原子炉内の温度や水位、圧力などがどう変化するかを計算した。

 その結果、3時間40分後には圧力容器内の圧力が上がって容器が破損し、炉心の核燃料棒も損傷。格納容器も高圧に耐えきれず、6時間50分後に破損して、燃料棒から溶け出した放射性物質が外部へ漏れるとした。

| | コメント (0)

2011/04/03

MapFan for iPhone これは便利だ

MapFan for iPhone これは便利だ

2300円もするMapFan for iPhoneというソフトが今なら無料だと人から教えられて即ダウンロードしました。震災のため地図を探すのに役立ててもらおうと言うことらしいです。

これはiphone用の地図ソフトなんですね。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110319_434104.html

地図の検索が
周辺設備
キーワード
TVスポット
住所

電話番号
連絡先

といろいろと出来るんです。
特に優れものは連絡先から調べるものです。
地図は家の形までわかるというしろものです。

たくさん入っているiphoneの電話帳から名前を選んでそこの住所をクリックするだけでそこの地図が表示されます。
そして今いる場所からカーナビみたいに案内してくれるのです。
女性の声で右に回れ
左に回れ
目的地周辺です

などとカーナビと同じです。
ウォーキング中にポッドキャスティング でイアホンで聞きながら歩いているとそこへそういう案内が聞こえてくるのです。

お勧めですよ。

残念ながら無料は3月31日までらしいです

| | コメント (0)

2011/04/02

東京電力 原子力発電所事故 のこと

毎日毎日頭の痛いことですね。

政府の発表を信じていいものかどうか?

私達の年代は大丈夫と大船に乗っていますが、孫子のことを思うと深刻です。
心配してもしょうがありませんがこれ以上原発の事故が続かないように、その為には今動いているものを停めるしかないと思います。

対策を打つからもうちょっと待ってください。神様
と言いたいのですが、それを聞いてくださるかどうかわかりませんね。

読んでほしいもの

副島隆彦さんのブログ

http://ht.ly/4rvCB

広瀬 隆さん

「福島原発事故 メディア報道のあり方」

http://www.youtube.com/watch?v=AjOMiQL6bQw&NR=1

広瀬 隆さんのインタビュー

「hirose_317.doc」をダウンロード

京大原子炉の小出裕章さんの怒りの放送
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/754.html

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »