« ミナミ産業株式会社 見学記 「大豆まるごととうふ」 | トップページ | 東京電力 さん  頑張って  応援メッセージを送ろう »

2011/03/31

それでも原発は運転している

こんな事故が起こったのに日本中で原子力発電所はまだ動いています。

まさかあんな大きな地震は続いては起きないだろう。

うちの方は自家発のディーゼル発電機は高いところにあるから大丈夫だ

地元が止めろと言ってこないからいいだろう

安全対策は万全だ

こんな言い訳が聞こえてきそうですね

普通の感覚であれば危ないから一度止めて再点検してみよう

と思うはずですが、普通の感覚はないのでしょうね。

市民が声を上げないといけない時が今、来ていると思います。

そういう思いでいるときに、中部大学 の武田教授が同じことを

書いていただきました。

一部を下記に転載いたします。

全文はこちらを

http://takedanet.com/2011/03/post_b6d1.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「もんじゅ」に異常があるという。国は積極的に自らトラブルを発表して、国民側(奇妙な表現だが)に立って欲しい.私たちが政府を「雇用」しているのは、私たちの命を守ってくれるからなのだ。

また2度と「想定外」とか「地震に津波があるとはしらなかった」 等と言って欲しくない。今の日本は、「電力会社やお役所の失敗を、庶民の被曝という形で贖う」という奇妙な国なのだ。

名古屋は検討を開始する.浜岡、敦賀の発電所が破壊しても名古屋市民を守るため、水道の取水口、市民の避難、全てを準備する計画をスタートする。できれば緊急時の計画ができるまで原発は止めて欲しいものだ

「防災計画はある」と強弁する人がいる.現状を目の当たりにしてもまだ「防災計画」というのがあると言う人はどういう神経をもっているのだろうか。

・・・・・・・・・ 

東京には今、アメリカ人もヨーロッパ人もいない。ホテルはがらがらで外人専用のホテルは一部、閉鎖になっている。 

外資系の会社は大阪に仕事を移している. 外国人の命が高く、日本人は安いという現状は到底、我慢できない。 

でも、日本人は日本から逃げない.

日本人だから日本の国土を愛している. だから国も自治体も、電力会社もそれが判って欲しい。電力会社が自ら原発を止めて、市民の安全を守って欲しい。あなたも私たちの同胞なのだ。

(平成23330日 午後4時 執筆) 

|

« ミナミ産業株式会社 見学記 「大豆まるごととうふ」 | トップページ | 東京電力 さん  頑張って  応援メッセージを送ろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミナミ産業株式会社 見学記 「大豆まるごととうふ」 | トップページ | 東京電力 さん  頑張って  応援メッセージを送ろう »