«  「直ちに」とは何か? 「冷静に」とはなにか? | トップページ | 「弥栄(イヤサカ)の会」 大麻は世界を救う »

2011/03/23

 たみちゃんからの手紙

 たみちゃんからの手紙

知り合いの大垣市にいる高田 民代さんからこんなメールが来ました。
今回の地震に際して災害に会われた方々に特に読んでほしい内容です。
お知り合いの方にも是非読んでもらってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆  生 存 の た め の 情 報

 このたびの東北・関東大震災の被災者の皆さまに、生存のために重要な情報を緊急にお伝えいたします。
「喉の渇きを癒し、生命力を活性化させて生き延びるため、自らの尿を飲むこと」を実行していただきたいのです。
 尿は、一般に考えられているような不潔な排泄物ではなく、体内の血液が腎臓でろ過されて出てきた「血液の上澄み液」であり、成分は血清とほとんど同じです。排出されたばかりの尿は、通常は「無菌」であり、1㏄当たり100個以上の細菌を含むといわれる水道水に比べれば極めて清浄な水です。
 太平洋でヨットが難破し、約1か月漂流していた間、自分の尿のみを飲んで生還した事例があります。尿は、渇きを癒し、心と体の生命力を高める命の水なのです。
 私たちは、今年の5月8日に米沢市で「第3回尿健康法全国大会」を開催する準備を進めています。
 全国、世界には、幾万人もの人たちが、日常生活の中に「尿を飲む」ことを取り入れることにより様々な病気から快癒し、心身の健康を維持、増進しています。毎日2,000㏄、週末には全量を飲んで活力に満ちた毎日を送っている方もいます。
 一般にはエビデンス(科学的根拠)がないとされていますが、長年継続実行して元気な私たちが生き証人です。
 この未曾有の危機の中で被災された皆さま全員が「生き延びるため、たった今から1日コップ1杯、ご自身の尿を飲むこと」を切に、切にお勧めします。
平成23年3月

第3回尿健康法全国大会 参加者有志一同
遠藤国勝(米沢・三友堂病院副院長)、岡田恒良(医師、いずみの会顧問、名古屋醫新の会代表)、渋田英隆(北九州市・歯科医)、山中健嗣(東洋医学研究所所長)、小宮山カヨ子(MCL研究会代表)、中山武(名古屋・いずみの会代表)、島貫幸子(米沢・MCL山形)、瓜生良介(東京・快療法創始者、ウリウ治療室)、望月佐知子(東京・㈱デポル、バイオヘルス・ジャパン)、高田たみ代(大垣・尿健康法普及活動)、倉永幸泰(諫早・自然療法研究普及)、小川栄一(名古屋・シグマ社社長)、中尾守正(岡崎・いずみの会、世界快ネット会員)

「3kaizenkokutaikai.pdf」をダウンロード

[問合せ先]  高田たみ代(TEL/FAX 0584-73-0855)
島貫幸子(TEL/FAX 0238-21-1604、090-6789-2413)・中尾守正(070-5036-1861)
HP「まりもの摩訶不思議な世界へようこそ」http://www.geocities.jp/hkbbm798/index.htm

【賛同者】
足立幸信(西宮市・数学者)      保坂昌子(秋田市・主婦)
石脇勇雄(名古屋市・自営)      関谷和子(秋田市・足セラピスト)
山本昌志(大分県九重町)       植村慎一郎(高知市)
村瀬由香里(郡上市・地球救い隊)   小寺 慶子(郡上市・地球救い隊)
佐久間 稔(春日井市・ 獣医師)

◆  【アセンション♪麻りもの会】 の会員の皆様へ

手から手に大切な情報を伝えていきましょう。

被災者の皆さんに愛を持って手渡ししていきましょう。
学校でも病院でもは教えてもらえなかった大切な情報です。
福島の方から避難されてきている方々や、今伝えておきたい大切な人にお渡しください。  
転ばぬ先の杖、今元気な人にも必要な情報です。

日本人が立ち直る力になると信じています。

・【生存のための情報】 (19日のブログで紹介したチラシ)
・『あなたに出会えて幸せです』(高田麻りも著)
・JWT(ハーブティー)2ティーパック(2リットルのペットボトルに入れて水出し出来ます)
この3点で送料込¥1000で用意させていただきます。

被爆対策としても最適です。
尿療法で白血病や甲状腺癌を克服された体験がありますし、JWTは尿の味を飲みやすくし、ハーブの薬効で相乗効果を高めてくれます。

昨日は秋田県の被災者から電話相談もありました。
被爆の不安を抱えている方は多いです。

本に私の住所・電話番号が書いてありますので、わからないことはこの人に聞いてくださいとお伝え下さい。

※ 2セットの注文まではメール便を使います。
   それ以上は郵パックを使います。
   場所によってはお届けできないところがありますので、ご了承下さい。

※ 希望される方はメールまたはFAXでお申し込みください。
※ 紙コップを一緒に渡されると良いと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん本だけでも受け付けます。
送料・消費税はサービスさせていただきます。

いのちの泉  ¥1500
あなたに出会えて幸せです ¥600
まりもの摩訶不思議な世界へようこそ ¥1000
おしっこは天才薬剤師 ¥1200
医療の革命 ¥1300

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私もMCL山形を通じて本の寄付など行わせていただきます。

【生存のための情報】の賛同者も引き続き募集していきますので、カミングアウトの決断がついた人はお申し出ください。 お待ちしています。

寄付金振込先

郵便振込口座 記号18560 番号6725891
MCL 山形  健康交流会 代表者 塩野  宣

東日本大地震災害寄付金と明記してください。

大会の案内はこちらでご確認ください。
http://www.geocities.jp/hkbbm798/

被爆の心配から米沢市の方にも沢山の方が避難されてきているそうです。
MCL山形の会員さんも積極的に活動してくださっています。

神ガイアからのメッセージ

今こそ、皆が一つになる時です。全ての時を共にする仲間として、助け合い、励まし合い向上していく時代なのです。もうそこには、争いや、驕り昂ぶるものを必要としない平和な楽園のような世界が待っているのです。今一度、自分達の住む地球に、目を向けて下さい。
あなたたちの一部が汚してしまった、この美しい地球を皆の力で浄化させて下さい。
たとえ、一人の力であっても、それは、大きなうねりとなって世界中に波紋を拡げてゆくのです。
まずは、一人一人の意識が肝心なのです。誰かを待っていても始まらないのです。
まずは、あなたからなのです。
今、地球は、かつてない危機を迎えています。有史以来、共存共栄で成り立ってきた循環の体制が崩れようとしています。
小さな植物、動物、鉱物さえも、悲鳴を上げて助けを求めています。
この星は、あなた達、人間だけのものではないのです。地は轟き、海は叫び、マグマは活性化し、自浄作用として振動しています。 一部の人々は、もう、気付き始めました。自分達の行いが、この地球に及ぼす影響の大きさを・・・。
しかし、自分が地球の住人、そして、宇宙の住人であるという意識までには至っていません。
あなたも私も、宇宙の一員なのです。それは、秩序と調和に満ちた世界なのです。

斉藤一人さんの言葉

このお話は、あるとき、一人さんが「ここにいる人、全員覚えておいてください」 といわれた時のお話です。
不幸でも構わない、嫌なことがあろうが、何があろうが、
幸せだっていうんです、幸せそうな顔をするんです、人に対して
嫌な顔をみせないんです。
ストレスがたまってもやリ続けてください、自分に来たものは自分で
受け止めてください。自分は絶対に出さないんだって気になったとき
奇跡が起きます。

|

«  「直ちに」とは何か? 「冷静に」とはなにか? | トップページ | 「弥栄(イヤサカ)の会」 大麻は世界を救う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  「直ちに」とは何か? 「冷静に」とはなにか? | トップページ | 「弥栄(イヤサカ)の会」 大麻は世界を救う »