« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

東京電力 さん  頑張って  応援メッセージを送ろう

毎日のテレビ、ラジオ、新聞、インターネットどこを見ても東京電力 原子力発電所事故のことばかりです。お陰で原子力発電所のことずいぶん詳しくなってしまいました。お互いが

でも私には何もすることが出来ません。東京電力 けしからんとは思うものの今それを責めても何も解決しません。

ただただ現場で頑張ってくれている人たちの成果に期待するのみです。

ならばここは現場の方々へエールを送ろうではありませんか?(もちろん下請けの社員、自衛隊、警察、消防の方々、メーカーの社員も)

また少しでも現場の方々の待遇改善を東京電力にお願いしようではありませんか?

名古屋大学の高野准教授のブログにこんな記事がありました。

東京電力へのメール・FAXはこちらです

東京電力エコーボックス
https://www4.tepco.co.jp/info/custom/service/echob_s-j.html
ファックス0120-12-8589

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高野准教授のブログより抜粋

 100ミリシーベルトというような被曝をした現場の皆さんがガンにならないようにするとすれば、それは被曝以外のガンになる要因をすべて取り除くよう努力する他はない。つまり肉体的なものはもちろん精神的なストレスから解放されるということである。生活環境の整備はその最低限のものである。
 さらに私は、みんなで福島第一原発で作業にあたっている皆さんに応援メッセージを送ることを提案したい。私たちは皆さんをけっして見捨てない、その献身的で勇気ある行動に本当に感謝している、という気持ちを届けたい。それが固唾をのんで見守るしかない私たちが貢献できるほとんど唯一のことのように思われる。

東京電力エコーボックス
https://www4.tepco.co.jp/info/custom/service/echob_s-j.html
ファックス0120-12-8589

| | コメント (0)

それでも原発は運転している

こんな事故が起こったのに日本中で原子力発電所はまだ動いています。

まさかあんな大きな地震は続いては起きないだろう。

うちの方は自家発のディーゼル発電機は高いところにあるから大丈夫だ

地元が止めろと言ってこないからいいだろう

安全対策は万全だ

こんな言い訳が聞こえてきそうですね

普通の感覚であれば危ないから一度止めて再点検してみよう

と思うはずですが、普通の感覚はないのでしょうね。

市民が声を上げないといけない時が今、来ていると思います。

そういう思いでいるときに、中部大学 の武田教授が同じことを

書いていただきました。

一部を下記に転載いたします。

全文はこちらを

http://takedanet.com/2011/03/post_b6d1.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「もんじゅ」に異常があるという。国は積極的に自らトラブルを発表して、国民側(奇妙な表現だが)に立って欲しい.私たちが政府を「雇用」しているのは、私たちの命を守ってくれるからなのだ。

また2度と「想定外」とか「地震に津波があるとはしらなかった」 等と言って欲しくない。今の日本は、「電力会社やお役所の失敗を、庶民の被曝という形で贖う」という奇妙な国なのだ。

名古屋は検討を開始する.浜岡、敦賀の発電所が破壊しても名古屋市民を守るため、水道の取水口、市民の避難、全てを準備する計画をスタートする。できれば緊急時の計画ができるまで原発は止めて欲しいものだ

「防災計画はある」と強弁する人がいる.現状を目の当たりにしてもまだ「防災計画」というのがあると言う人はどういう神経をもっているのだろうか。

・・・・・・・・・ 

東京には今、アメリカ人もヨーロッパ人もいない。ホテルはがらがらで外人専用のホテルは一部、閉鎖になっている。 

外資系の会社は大阪に仕事を移している. 外国人の命が高く、日本人は安いという現状は到底、我慢できない。 

でも、日本人は日本から逃げない.

日本人だから日本の国土を愛している. だから国も自治体も、電力会社もそれが判って欲しい。電力会社が自ら原発を止めて、市民の安全を守って欲しい。あなたも私たちの同胞なのだ。

(平成23330日 午後4時 執筆) 

| | コメント (0)

2011/03/28

ミナミ産業株式会社 見学記 「大豆まるごととうふ」

ミナミ産業株式会社 見学記

今日は仲間と3人で四日市のミナミ産業株式会社を訪ねてきました。
お忙しい中、南川 勤様は我々のために長時間時間を割いて説明案内をしていただきました。

Img_0010

ミナミ産業株式会社は先代から豆腐製造機械のメーカーとしてやってこられましたが、最近の豆腐業界は大手への集約化がすすみ全国の豆腐屋さんは5万軒から1万軒まで激減しているそうです。
これでは豆腐製造機械は売れません。あがったりです。
そこで南川社長は考えました。
価格競争にならない豆腐を作ろう
新規参入する豆腐屋さんを作ろう   と

そこで考えたのはおからの出ない豆腐作りです。
普通豆腐を作ると
   大豆 50万トン から  豆腐 50万トン おから 70万トン

つまり材料と製品以上のおからが出るのです。
このおからはすぐに腐るし使い道がありません。再生の道もあるのですがなかなか採算が合わないのが現状です。
そこで南川社長はおからの出ない豆腐 「大豆まるごととうふ」を考えつきました。
http://www.minamisangyo.com/daizu/daizu.html

004daizu
「大豆まるごととうふ」の特徴
 ・おからが出ないので環境負荷を減らします。
   産廃費用がいりません。
 ・おからの栄養がすべて豆腐に入っています。
 ・同じ大豆で倍の豆腐が出来ます。
 ・製造時間の大幅短縮 もう朝早くから仕事をしなくていいです。
 
 いいことづくめですね。

そしてこの「大豆まるごととうふ」を使っての新規豆腐屋さんの開業をミナミ産業株式会社ではお手伝いされてまして、全国でたくさんの「大豆まるごととうふ」屋さんが開業しています。

これが出来たのは同社の微粉末製造技術にあります。
そしてそれが次の商品開発へとつながりました。

微粉末製造機でお米を粉末にしたら
  そしてこの粉を使って商品化をするメーカーが現れました。
  それから次々と
   ナバナ
   マコモ
   伊勢芋
   ヤーコン
   焼き海苔
   ほうれん草
   小魚 鯵など
   酒粕     などなど

これらはメーカーとの共同研究や商品化そしてミナミ産業株式会社での直売品の開発へと次々に事業化されています。

粉末にすることにより加工がしやすくなるとともに体への吸収もよくなり、健康増進効果もたいへんにあると思われます。
将来は医薬品への応用もありますね。

◆ 萬来鍋
次に地場産業の萬古焼を使って豆腐作りの鍋 「萬来鍋」をつくりました。
これは旅館やホテル、食堂などで使うと共に家庭でもいろいろな使用法が考えられてとても重宝なものです。
地場産業の活性化を考えたもので政府からの認証を得ています。

Photo

◆ 大豆づくり
尾鷲の海洋深層水を使って塩を作っています。その塩つくりで残った海洋深層水を大豆の葉にかけて無農薬の大豆を作っています。現在四日市と松阪で36万坪。近い将来耕作面積を倍増するそうです。

まさに逆転の発想ですね。

お豆腐さんを始めてみようと言う方は是非 ミナミ産業株式会社 南川 勤社長にご連絡を!!

朝早く起きて豆腐を作ることはありませんよ。

    

| | コメント (1)

原発 賛成 46・5%

信じられません。

今朝の新聞を見てビックリ

世論調査の結果が出ていますね。下のとおりです。

原発  反対 46・7%  賛成  46・5%

うーん  信じられない

いや原発を信じる人が半分もいることが信じられません。信じることはいいですが、他人に迷惑をかけないでほしいものです。

今日の朝刊から(世論調査)

今後の原発の在り方では「減らしていくべきだ」と「直ちに廃止」の合計が46・7%。「増設」と「現状維持」を合わせた46・5%と拮抗(きっこう)している。強化すべき防災対策(二つまで回答)は「被災者の生活支援」が65・1%で最多だった。

| | コメント (0)

2011/03/27

東電のカネに汚染した東大に騙されるな!

東電のカネに汚染した東大に騙されるな!

こんな記事を見つけました。

http://www.insightnow.jp/article/6430?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

私は東京電力も東京大学も知りませんので、真偽のほどはわかりませんが、昨今のニュースを見聞きするにつけさもありなんと思うものです。

間違っていたらごめんなさい。

| | コメント (0)

プルトニウムってどうよ

プルトニウムってどうよ

◆ 私の主張   中部電力は浜岡原子力発電所を即時停止してください。そしてプルサーマル計画の中止をしてください。

今朝の新聞には東電はプルトニウムの漏洩は調べてない(分析してない)と書いてあります。調べてないということと漏洩してないということとはやはり違いますよね。3号機にはプルトニウムが使われているということですが。

河野 太郎衆議院議員の動画説明

とてもわかりやすい説明です。
まずこれを見てください。

http://www.taro.org/2009/08/post-609.php

プルトニウムの説明

私には誰の説明が正しいか 判定する能力がありません。
これあたりはかなり詳しいかなと思いますが、判断は個人責任でお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 MOTOJAZZさんのブログより
http://blog.livedoor.jp/jazzim/archives/2755613.html

< 国・東電・全てのマスコミが口を揃える理由 - ICRPの欠陥.Ma24

東電がとっても隠したい「プルトニウム」の漏洩
カテゴリ:福島原発3/26 コメントを受け、全体的に記事を修正しました。しばらく元記事のままで検証しようと思ったのですが、アクセスが多く、誤った情報が流れるのも嫌なので、不確かな情報と思われるものについては訂正・削除しました。

•削除:「プルトニウムは重いから飛来しない」のか? の項

•訂正:もちろん福島原発にも の項
他にも部分的に数箇所訂正しました。なお、今後も情報を得次第編集していくつもりです。

東電の会見を見ていると、ヨウ素やセシウムについては言及するものの、プルトニウムについては全く語らない。記者に問われるも、計測できていない、という。僕は東電の体質から言って、もうプルトニウムはある程度漏れている、と考えています。というかそう考えた方がいいです。そうしないと、後手後手になってしまうので。

今日の記事はほとんどが京都大学原子炉実験所小出裕章さんの論文からのまとめです。

プルトニウムって?

プルトニウムはウランから作られます。長崎原爆の原料でもあり、プルサーマル原発の燃料でもあります。その強い毒性は多くの学者に指摘されており、「かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性を持つ」物質と言われています。なぜプルトニウムはそこまで危険なんでしょうか。まず生体への影響を考える上で重要なのは、

•α線を放出する
•比放射能(Bq/g)の強さ
•体内でのふるまい
の3つです(プルトニウムという放射能とその被曝の特徴より)

プルトニウムはα線を放出する放射性物質です。α線がなぜ危険かというと、「内部被曝」においてより甚大な影響を与えるためです。これについてはこちらを参照してください。

ヨウ素・ウランの数万倍危険なプルトニウム

比放射能というのは、物質が放射能を出す強さ、と考えてください。例えばヨウ素131の比放射能はセシウム137の数千倍になります。これはヨウ素は半減期が8日と短く、放射線を出す能力に長けていることが関係しています。セシウムは30年でやっと半減しますが、放射線はゆっくり出てくるんですね。

実はプルトニウムの半減期は24,000年と非常に長く、比放射能はヨウ素131と比べて一兆分の一くらい、非常に小さいんです。じゃあ安全じゃん、と思うかもしれませんが、ヨウ素が出すのはβ線、プルトニウムが出すのはα線です。

これがどれだけ違ってくるかと言うと、ICRPの勧告にて"内部被ばくに関する線量換算係数"で示されています。ようするに「吸入/経口摂取したら、物質によって人体にこれだけ影響が違うよ」という数値です(詳細 )。吸入摂取(呼吸で肺に取り込んだ際)においては、ヨウ素は7.4×10-9となっています。一方で、プルトニウムはどうでしょうか?1.2×10-4です。ではヨウ素はプルトニウムの何倍危険かと言うと、実に16,000倍なんです。この係数値はトリウムと並んで全物質中一番高い数字を示しています。

α線を出す放射性物質で代表的なのはウランですが、ウランとプルトニウムを比較すると比放射能は数万、数十万倍にもなります。僕は以前、ウランは微弱なα線を出すから危ないよーと書きました(詳細)。今回、プルトニウムは同じ時間で数万倍のα線を出すからより危険、ということになります。例えばウラン235は一年間で2mg摂取しても問題ないと言われています。しかし、プルトニウム239はたった0.000052mg摂取したらアウト!です。その比は38,000倍ですから、ほとんど比放射能の比と同じと言えます。

プルトニウムは肺に蓄積する

体内でのふるまいについては、こちらにも書きましたが(詳細)簡単に書きます。α線はとても近くの物体にしか届かない(ほとんど塵ぐらいの大きさです)。しかし、一般に被曝を想定する場合では、臓器や組織単位なんです。被曝された範囲にどれだけの影響が出るか、を考えた場合、実際の場合と臓器単位に換算モデルと比較すると、(放射性物質が体内を移動すること考慮しても)100万倍以上の開きがあるんです。

加えて、プルトニウムは肺に蓄積されます。肺の自浄作用によりある程度は除去されますが、非常に長い間人体を被曝し続けるものと思ってください。自浄されないプルトニウム量は1/4ほどで、徐々に血液の中に入り、リンパ節や肝臓、骨などに集まり、排泄されずに長くとどまると言われています。半減期は骨で20年、肝臓で50年と言われています。

またヨウ素であれば8日で半減期がきますから、体内に取り込む前の段階で減少が期待できるのですが、プルトニウムの半減期は24,000年です。体内で安定物質に変化するどころか、取り込んだ人が亡くなってもその周辺を汚染し続けるのです。僕らの世代だけでなく、孫やその孫まで害が及びかねない。これがプルトニウムの怖さのひとつです。

肺がんの原因は煙草ではなくプルトニウムだった?

「角砂糖何個で日本全滅」などと言われるプルトニウムですが、実は疫学的にプルトニウムがどれほど危険かは証明されていません。調査に何十年もの時間と莫大なコストがかかるためです(このことがプルサーマル原発の設立の一助となりました)。

しかし、眞鍋攝医師によって、核実験と肺がんの相関が指摘されています。こちらの「肺がん」の項を参照してください 。簡潔にまとめると、核実験を行った数十年後、肺がんが世界中で特異的に上がる。特に喫煙者に顕著である。喫煙者は肺に入った異物の排出機能が低下しているため、プルトニウムが排出できず蓄積し、肺がんを引き起こすのではないか。というものです。

僕は初めて聞いたときは「トンでも論」だな、と笑ってしまいました。普通、たばこの中の有害物質が肺がんを引き起こすと考えますし、僕もそう習いました。でもグラフを見るとどうも嘘とは言い切れないようです。

また、原発の漏洩とは違うので単純には比較できませんが、劣化ウラン弾の使用に伴い発ガン率が10倍上がったと言われています。

もちろん福島原発にも

福島原発の3号機にはMOX燃料が使われていて、数%のプルトニウムが含まれます。それ以外の1、2、4、5機は全てウラン燃料なのですが、こちらにもプルトニウムがある程度含まれます。

プルトニウムは一般的に「重いので飛ばない」と言われていますが、チェルノブイリ原発事故で発生したプルトニウムが、微量ながら日本の雨の中から検出されたという情報があります(気象研究所)。チェルノブイリと東京の距離は8000km以上ですから、容易に安心はできないようです。

「隕石が落ちて地球が滅亡するのと同じくらい」の確率

九州原発にプルトニウムを使ったプルサーマル原発を作ろうという話になったとき(事故前)、推進派と反対派のディベートが行われました。「格納容器がぶっ壊れたらどうするの?」という反原発派の意見に対し、東大のえらーい教授はこう言いました。「格納容器が壊れる可能性なんざ、隕石が落ちて地球が滅亡するのと同じくらいの確率だ。だから考える必要なんてないんだ」と(プルサーマル公開討論会議事録より)。

プルトニウムは漏洩したのか

しかし、今福島原発ではどうなってるでしょうか?16日の昼の段階で福島原発3号機の格納容器が損傷し、水蒸気が出ていると枝野氏ははっきり言いました。ぶっ壊れてるじゃん・・・。そして、「隠蔽らしき行動が16日午後~17日に集中している」という"いかにも"な情報があります。プルトニウム漏れちゃいました、と言ってるようなもんです。

さて、もうここから先は誰にもわかりません。考える必要がなかったから考えなかった、完全な「想定の範囲外」です。

| | コメント (0)

2011/03/25

福島原電の事故の状態

友人からのメールです。
ご参考まで

福島原電の事故の状態は悪化の一途をたどっているようです。

今後は最悪の状態も視野に入って来たのではと思う近頃です、

事故現場の作業員の方は病気、あるいは死を覚悟で仕事に

従事されているようです、我々の生活にも支障をきたす事態に

なって来ております。

ところが一方、原子炉は安全だと叫んでいた人たちはどの様に

この事態を説明するのでしょうか。“津波は想定外でした”で

逃げ切れるのでしょうか。

今後は津波の被害以上に問題が大きくなる可能性がありますね。

この事態になり原発反対で有名なジャーリストの広瀬隆さんが

先日講演さた映像が下記のサイトにアップされております。

参考にされて下さい。もしご存知でしたお許し下さい。

http://www.ourplanet-tv.org/ 

| | コメント (0)

活躍するヤクザ

活躍するヤクザ

友人から教えてもらったブログ

外国人のジャーナリストが書いた記事の翻訳です

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2613.html

| | コメント (0)

プルサーマルは素晴らしい

今朝何の気なしに日経ビシネスの最新号をパラパラと見ていましたらこんな記事が目に飛び込んできてびっくり仰天。

あまりのタイミングのよさ

3月14日号 もちろん11日以前に印刷されたものでしょうが。

今話題の福島第一原子力発電所3号機がその記事です。

同所の吉田所長に俳優の寺田 農さんが聞くというものです。

プルサーマルは一度使ったウランをリサイクルするものだから素晴らしい。

・資源のない日本はどうしてもこれをしないといけない。

・海外では1960年代から行われており安全だ。

・ここはすでに30年から40年たった古い原子力発電所だがこの度60年使えるように

政府に認めてもらった。

・安全には万全を期しているので大丈夫です。

ざっとこんなことが書いてあります。

今巷では3号機のプルサーマルは危険だ

中性子が出てくるから怖い

というような話が出ています。

本当のところプルサーマルはどうなんでしょうか?

中部電力浜岡原子力発電所でも近々プルサーマルをやると聞きました。

(これは今度の事故で少し延長されるようですが、やめたとは言ってません。)

001

002

| | コメント (2)

2011/03/23

ご支援のお願い

環境運動家の牧村 好貢氏からのメールです。
この田中さんは豊橋の人で私も知っている人です。
実に着実な支援活動をしている人です。
少しでも応援してあげたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NPO仲間の田中さんよりのメールを転送します。
赤十字に寄附するぐらいしか出来ないもどかしさを感じている人が多いと思いますが、赤十字や行政などが手の届かないところに支援の手を差し伸べているNPOに支援をお願いします。掛け算で物と心が届くのではないでしょうか。
普段はアカウミガメの観察と砂浜の清掃、保護を一年中休まずしている田中さんです。

以下引用

田中@表浜です。
続々と支援体制が出来てきまして、
浜松のカレー屋さんと3,000人分の炊き出し部隊が組めることになりました。
食器から食材も用意出来ました。
また、トレーラーも浜松の方から協力頂き、大量の物資を運び込めそうです。
渥美半島でも支援物資をお願いしている段階で、地元の新聞社(中日、東日、東愛知)が広報してくれています。
また、名古屋の自転車愛好家団体から、自転車の十台ぐらい頂けそうです。しかも有志が一緒に手伝ってくれそう。
できるだけ、食料の届いていない被災地に!!

支援物資は全て新品で揃えています。
紙おむつ(大人用、子供用)
粉ミルク
生理用品
マスク
タオル(新品と中古の場合は綺麗なタオル)
下着類(必ず新品)

食材も地元のええZoneマーケットや農業者から頂けそうです。
野菜も20箱以上は用意する予定です。

今週末に新潟経由で福島のあずま県立公園、その後、南相馬市まで炊き出し隊で二日間ですが廻ることが出来そうです。

もし、よろしければ義援金は大変助かります。ご協力頂ければと思います。できれば今後も定期的に行えたらと願っています。
よろしくお願いします。

(1)炊き出しボランティアと下着を買う資金、また配送料の寄付をお願いします!

支援口座
豊川信用金庫 弥生支店
普通口座 2311295
特定非営利活動法人表浜ネットワーク

| | コメント (0)

「弥栄(イヤサカ)の会」 大麻は世界を救う

「弥栄(イヤサカ)の会」 大麻は世界を救う

 大麻を推進する会 「弥栄(イヤサカ)の会」からこんなメールマガジンが届きました。
今回の東北関東大震災を契機として新しい世界を作りましょうと言っています。
ご参考まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 大震災体験は創造の素
                    ― やしろたかひろ
─────────────────────────────────

 このたび、麻と生活をテーマに新しいサイト「アサノハ」をオープンし
 ました。 
 基本的に企画・編集・運営は私ですが、中山康直さんや環境科学博士の
 赤星栄志さんにも企画や監修で加わっていただいております。
 まだ制作途中ですので、今後、中山さんと有名人の対談記事などで内容を
 充実させていきます。 アサノハ→ http://www.ooasa.jp/

私たちは、今回の体験を生かして、これからの社会のあり方について前向
 きに考えてみる時ではないでしょうか。
 ぶたん私たちが無意識に使用していた電気や水、食糧の有難さ、そして助
 け合いの尊さを、これだけ多くの人が同時に感じたことはなかったでしょ
 う。

 また、このたびの原発事故やガソリン不足による混乱は、ウランや石油と
 いった地下資源に頼る現代の経済や社会の仕組みに対して疑問を呈する体
 験になったと思います。
  私たちの文化は電気を使わないと生活できないものになっているのですか
  ら、ただ原発反対というだけではなく、それに代わるエネルギーの提案が
  必要です。
 もし植物から燃料を生産することが奨励されるようになれば、ガソリンス
 タンドへ行かなくても、地域単位で自分たちで燃料となる油を生産して、
 緊急時に使用する油ぐらいは貯蔵しておくことも可能になるのではないで
 しょうか。
 奇しくも今年、麻の油を燃料にして車を走らせるプロジェクトの実施が決
 定されています。

 「ヘンプカー・プロジェクト」
  http://www.ooasa.jp/hemp_car/ 

 岩手から青森にかけて一戸、二戸、三戸・・・八戸と、「戸」の付く地名
 が連なっています。岩手沖の地震は岩戸が開かれる前兆かもしれません。
 しかし、岩戸開きを現実の世界に落とし込むのは、私たち人間の創造力で
 す。
 今、日本人が変わらなければ、そして日本から世界を変えていかなければ、
 今回の大変な体験が無意味になってしまいます。
 ひとりひとりが各自の能力や環境に応じて役割分担をしながら行動し、新
 しい社会を創造していきましょう。

◆ 中山 康直さん の話

 私は、原発のあるところで生まれ育ちました。
 反対運動もしました。後に被爆して亡くなった原発の研究者や技術者、
 チェルノブイリの被爆者とも話をしました。
 地元の原発に従事していた友人も数年前、若くして白血病でこの世を去
 りました。
 だから原発の怖さも知っていますし、無意味ではないですが、反対を言
  っても始まらないことも知っています。
 だからこそ、麻(植物)のエネルギーを推進することで、地下資源に依存
  する社会からの脱することに尽力しているのです。
 大切な兄弟、親、友人たちは地元を愛するがゆえに、危険とわかってい
 ても、今でも原発のすぐそばに暮らしています。
 地元では様々な人の繋がり合いがありますので、短絡的に反対というの
 は、実はとても無責任なのです。

 ある時、私は原爆でも壊れない固い固い決心をしました。
 それは、神様からのメッセージでした。「麻は天地から人類への贈り物
 だよ」みんなが楽しめる真に豊かな社会が現実になることを本当に確信しました。
 大切な人のためにも、愛する存在のためにも、未来の地球のためにも、
 平和な社会の創造に生命を捧げる決心をしたのです。だから何があって
 も大丈夫という自分の中心にいつづけられるのです。

 島国であり、地震大国であり、原発が約50発もある日本にいるのだから、
 そもそも、覚悟がないと生きていけない状況なわけです。
 それは、皆さんもわかっていたことだと思います。
 私たちが経験していない、このような未曾有の災害に直面した時、直接
 の被災地の場合は、パニックとなり、過酷な状況となりますが、
 直接の被害がないようなそのまわりの人たちに求められている最も大切
  なことは、心を落ち着かせ、出来るだけ冷静になることです。
 冷静でなければ、正確かつ有益な情報にアクセスしにくくなり、不安と
 心配、さらには恐怖をまき散らし、パニック状態をつくってしまいます。
 それは、本当に大変な被災地の人たちの必要なものを奪い見殺しにする ことになりかねません。

 私たち日本にとって、この試練を好転させ、最高の世の中にしていかな ければ、犠牲になった方たちや応援してくれている地球の家族に申し訳 がない気持ちでいっぱいです。
 生きとし生けるものにとって、人間の生活にとって、かけがいのない人 生にとって、何が本当に大切か、みんなが思い出す時が来たようです。
まず、私たちに出来ることは、不安や心配や恐怖の意識から遠く離れる ことです。
 私たちは、温かいご飯を食べれて、温かい布団で眠れて、温かい世界に 囲まれているのだから、ありがたい限りです。
 被災地に居る人たちの過酷さを思うと、心苦しくなり、少しでも代わっ てあげたい気持ちになりますが、冷静に対応し、自分のやるべきことを やりましょう。
 自分のすべきことがわからないということは、冷静さを失っているとい うことでもあり、心を落ち着かせれば、やるべきことは、必ず明確にな ります。今やるべきことは、各々の持ち場で、いろいろとあり、それを 待っている人たちが居るのですから・・・

 政府の方や自衛隊の方、地元の自治体の方やボランティアの方々、不眠 不休で尽力してくれています。ともに素晴らしい日本を創りましょう。世界に誇れる日本を一から始め ましょう。ありがとうございます。

 宮城(ツル)と岩手(カメ)がズルッと統べった! 夜明けの晩の闇の時代から光の灯火が始まりました。世明けのアサにむかって、明るい未来に向かって、今こそ、日本がひと つとなる時です。
 心をひとつに !

 中山弥栄塾
 http://www.yaei-sakura.net/event/

| | コメント (0)

 たみちゃんからの手紙

 たみちゃんからの手紙

知り合いの大垣市にいる高田 民代さんからこんなメールが来ました。
今回の地震に際して災害に会われた方々に特に読んでほしい内容です。
お知り合いの方にも是非読んでもらってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆  生 存 の た め の 情 報

 このたびの東北・関東大震災の被災者の皆さまに、生存のために重要な情報を緊急にお伝えいたします。
「喉の渇きを癒し、生命力を活性化させて生き延びるため、自らの尿を飲むこと」を実行していただきたいのです。
 尿は、一般に考えられているような不潔な排泄物ではなく、体内の血液が腎臓でろ過されて出てきた「血液の上澄み液」であり、成分は血清とほとんど同じです。排出されたばかりの尿は、通常は「無菌」であり、1㏄当たり100個以上の細菌を含むといわれる水道水に比べれば極めて清浄な水です。
 太平洋でヨットが難破し、約1か月漂流していた間、自分の尿のみを飲んで生還した事例があります。尿は、渇きを癒し、心と体の生命力を高める命の水なのです。
 私たちは、今年の5月8日に米沢市で「第3回尿健康法全国大会」を開催する準備を進めています。
 全国、世界には、幾万人もの人たちが、日常生活の中に「尿を飲む」ことを取り入れることにより様々な病気から快癒し、心身の健康を維持、増進しています。毎日2,000㏄、週末には全量を飲んで活力に満ちた毎日を送っている方もいます。
 一般にはエビデンス(科学的根拠)がないとされていますが、長年継続実行して元気な私たちが生き証人です。
 この未曾有の危機の中で被災された皆さま全員が「生き延びるため、たった今から1日コップ1杯、ご自身の尿を飲むこと」を切に、切にお勧めします。
平成23年3月

第3回尿健康法全国大会 参加者有志一同
遠藤国勝(米沢・三友堂病院副院長)、岡田恒良(医師、いずみの会顧問、名古屋醫新の会代表)、渋田英隆(北九州市・歯科医)、山中健嗣(東洋医学研究所所長)、小宮山カヨ子(MCL研究会代表)、中山武(名古屋・いずみの会代表)、島貫幸子(米沢・MCL山形)、瓜生良介(東京・快療法創始者、ウリウ治療室)、望月佐知子(東京・㈱デポル、バイオヘルス・ジャパン)、高田たみ代(大垣・尿健康法普及活動)、倉永幸泰(諫早・自然療法研究普及)、小川栄一(名古屋・シグマ社社長)、中尾守正(岡崎・いずみの会、世界快ネット会員)

「3kaizenkokutaikai.pdf」をダウンロード

[問合せ先]  高田たみ代(TEL/FAX 0584-73-0855)
島貫幸子(TEL/FAX 0238-21-1604、090-6789-2413)・中尾守正(070-5036-1861)
HP「まりもの摩訶不思議な世界へようこそ」http://www.geocities.jp/hkbbm798/index.htm

【賛同者】
足立幸信(西宮市・数学者)      保坂昌子(秋田市・主婦)
石脇勇雄(名古屋市・自営)      関谷和子(秋田市・足セラピスト)
山本昌志(大分県九重町)       植村慎一郎(高知市)
村瀬由香里(郡上市・地球救い隊)   小寺 慶子(郡上市・地球救い隊)
佐久間 稔(春日井市・ 獣医師)

◆  【アセンション♪麻りもの会】 の会員の皆様へ

手から手に大切な情報を伝えていきましょう。

被災者の皆さんに愛を持って手渡ししていきましょう。
学校でも病院でもは教えてもらえなかった大切な情報です。
福島の方から避難されてきている方々や、今伝えておきたい大切な人にお渡しください。  
転ばぬ先の杖、今元気な人にも必要な情報です。

日本人が立ち直る力になると信じています。

・【生存のための情報】 (19日のブログで紹介したチラシ)
・『あなたに出会えて幸せです』(高田麻りも著)
・JWT(ハーブティー)2ティーパック(2リットルのペットボトルに入れて水出し出来ます)
この3点で送料込¥1000で用意させていただきます。

被爆対策としても最適です。
尿療法で白血病や甲状腺癌を克服された体験がありますし、JWTは尿の味を飲みやすくし、ハーブの薬効で相乗効果を高めてくれます。

昨日は秋田県の被災者から電話相談もありました。
被爆の不安を抱えている方は多いです。

本に私の住所・電話番号が書いてありますので、わからないことはこの人に聞いてくださいとお伝え下さい。

※ 2セットの注文まではメール便を使います。
   それ以上は郵パックを使います。
   場所によってはお届けできないところがありますので、ご了承下さい。

※ 希望される方はメールまたはFAXでお申し込みください。
※ 紙コップを一緒に渡されると良いと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん本だけでも受け付けます。
送料・消費税はサービスさせていただきます。

いのちの泉  ¥1500
あなたに出会えて幸せです ¥600
まりもの摩訶不思議な世界へようこそ ¥1000
おしっこは天才薬剤師 ¥1200
医療の革命 ¥1300

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私もMCL山形を通じて本の寄付など行わせていただきます。

【生存のための情報】の賛同者も引き続き募集していきますので、カミングアウトの決断がついた人はお申し出ください。 お待ちしています。

寄付金振込先

郵便振込口座 記号18560 番号6725891
MCL 山形  健康交流会 代表者 塩野  宣

東日本大地震災害寄付金と明記してください。

大会の案内はこちらでご確認ください。
http://www.geocities.jp/hkbbm798/

被爆の心配から米沢市の方にも沢山の方が避難されてきているそうです。
MCL山形の会員さんも積極的に活動してくださっています。

神ガイアからのメッセージ

今こそ、皆が一つになる時です。全ての時を共にする仲間として、助け合い、励まし合い向上していく時代なのです。もうそこには、争いや、驕り昂ぶるものを必要としない平和な楽園のような世界が待っているのです。今一度、自分達の住む地球に、目を向けて下さい。
あなたたちの一部が汚してしまった、この美しい地球を皆の力で浄化させて下さい。
たとえ、一人の力であっても、それは、大きなうねりとなって世界中に波紋を拡げてゆくのです。
まずは、一人一人の意識が肝心なのです。誰かを待っていても始まらないのです。
まずは、あなたからなのです。
今、地球は、かつてない危機を迎えています。有史以来、共存共栄で成り立ってきた循環の体制が崩れようとしています。
小さな植物、動物、鉱物さえも、悲鳴を上げて助けを求めています。
この星は、あなた達、人間だけのものではないのです。地は轟き、海は叫び、マグマは活性化し、自浄作用として振動しています。 一部の人々は、もう、気付き始めました。自分達の行いが、この地球に及ぼす影響の大きさを・・・。
しかし、自分が地球の住人、そして、宇宙の住人であるという意識までには至っていません。
あなたも私も、宇宙の一員なのです。それは、秩序と調和に満ちた世界なのです。

斉藤一人さんの言葉

このお話は、あるとき、一人さんが「ここにいる人、全員覚えておいてください」 といわれた時のお話です。
不幸でも構わない、嫌なことがあろうが、何があろうが、
幸せだっていうんです、幸せそうな顔をするんです、人に対して
嫌な顔をみせないんです。
ストレスがたまってもやリ続けてください、自分に来たものは自分で
受け止めてください。自分は絶対に出さないんだって気になったとき
奇跡が起きます。

| | コメント (1)

2011/03/22

 「直ちに」とは何か? 「冷静に」とはなにか?

 「直ちに」とは何か?「冷静に」とはなにか?

このところテレビやラジオでさかんに言われる言葉ですね。最初に言ったのは枝野官房長官だったでしょうか?その後いろいろな人の口からこの言葉が出てきます。
そこで武田教授がなんか変だね?ということで解説されてます。
分かりやすいので中部大学 の武田教授のブログを転載いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みんなが不安に思っている現在、私のような専門家が(打ち合わせなく、結果として)同じ事を言うことになるのが大切でしょう。そうしないと一般の人は不安に思います.その点では、私とテレビなどに出ている専門家との間にかなりの違いがあります。

本当は違いはないはずです。私も原子力の仕事を長くしてきましたし、第一種放射線取扱主任者ですから、同じ試験問題を解き、合格し、それを元に仕事をしてきたのですから。

そこで、少し深く考えてみました。

政府、テレビの専門家、NHKなどは、福島原発で放射線の汚染の数値が出る度に、「直ちに健康に影響が出るレベルではない」と「冷静に対応」と言っています.

3月21日には高い放射線の下で作業にあたる作業員の被曝について指揮をした人が「直ちに健康に影響ない」と言いました。

なぜ、政府や専門家は「放射線障害を防止する法律や規則」に定められた限度と異なる数値を言っているのでしょうか?

・・・・・・・・・

まず、辞書で「直ちに」を調べて見ると、

1: 間に何も置かないで接しているさま。直接。じかに。「窓は―通りに面している」「その方法が―成功につながるとは限らない」

2: 時間を置かずに行動を起こすさま。すぐ。「通報を受ければ―出動する」

とあります。日常的にも2つの意味でしょう。

一つは「原因と結果」が直接結びついていること、もう一つが「時間的にすぐ」だということです。
だから、「直ちに健康に影響がない」というのは、たとえば1時間に100マイクロシーベルトの被曝をしたときに、政府が言った意味は、

1)   1時間だけそこにいれば一般人の基準値の10分の1だから、この数値だけでは健康に影響があることはない。その家に1日いれば2.4ミリシーベルトになるから基準値を超える、

2)   今日の午後とか明日に病気になるわけではない(時間)、

のどちらかでしょう。

すぐ影響はないという時間的な方は当然です.放射線の障害というのは主に遺伝子障害や白血病、甲状腺ガンなどですから、放射線をあびてからかなりの時間を要します.

だから、放射線をあびてすぐその影響がでるなら、かなりの重症になるでしょう。私が作業を担当している人が「直ちに」と言ったことに心配したのはそのことです。

もしかするとその作業主任の人は、やけどのように、放射線をあびるとすぐ健康に害があると錯覚していたら、作業する人が可哀想と思うからです.

もう一つ、つまり1)も似たようなものです、多くの人はその場所に住んでいるのですから、1時間あたりなどの放射線の強さはあまり意味がありません。

1時間に時間を掛けると、1ヶ月あたりなら7.2ミリシーベルトですから、かなりの放射線をあびることになります。

でも、あくまでも専門家が決めた法律の値は次の通りです(1時間に換算).

1時間あたり(マイクロシーベルト)

一般人の目安        0.1 (1年が基準)

管理区域の設定の義務    0.6 (3ヶ月が基準)

放射線作業者(男性)限度  5.7 (1年が基準)

放射線作業者(女性)限度  1.4 (3ヶ月が基準)

Photo

ですから、10マイクロシーベルト(福島市など)とこれらの値の間を埋めなければなりません。

・・・・・・・・・

日本の官僚(この言葉は中央官庁が編み出した言い方と思います)はそれほど頭が悪くないのです.

「直ちに健康に影響がない」のは確かです.私も同じ意見で、1時間だけあびても、また今日の午後、気分が悪くなるのではないからです。

1時間だけあびるなら10マイクロシーベルトですから、一般人の1ミリシーベルトの100分の1になります.確かに「直ちに」健康には影響がありません。

私と同じ考えですし、法律にもそっています。

つまり、将来、もし健康障害が出たら、「私は「直ちに」と言ったのですよ」といえば良いようになっています。

「放射線が1時間あたりとも言っていますし、勿論、法律も知っていますよ.あなたは「直ちに」という日本語が分からないのですか」と言われれば反論もできません。

つまり、「直ちに・・・」というのは「そこで生活していたら」というのとは日本語が違うのです.

・・・・・・・・・

「冷静に対応」、「決してパニックにならないように」というのもなかなか意味深長です.

10マイクロシーベルトと聞けば、国民は、

「直ちには健康に影響がないが、10日、そこにいると規制値を大きく超えるので、私の家族は待避が必要だ」

というのは実に「冷静な対応」です。パニックでもありません。

この人が20日間、家にいて家族に健康の障害が出たときに、

「あのときに「冷静に対応」と言ったじゃないか!」

と怒鳴り込むと、官僚は落ち着いて、

「ええ、冷静に対応するというのは、放射線の量をお考えになって規制値を超えるまでに移動することですよ」

と言われてしまいます.

官僚とはそういうものです。

・・・・・・・・・

このように考えると、

「規制値を自分で計算して、法律の値にもとづいて考えた方がよい」

という私の考えと、

「直ちに健康に影響はないので、冷静に対応を」

という政府の言っていることは実は同じ!!なのです!!

しかし、混乱しているのは、「直ちに・・・」の後、CTスキャンのような例を出して、法律の規制値を言わなかったり、法律の規制値は「目安であって、健康とは関係がない」と言ってみたりするからでしょう.

それを言っているのは官僚ではなく、官房長官だったり、テレビの専門家だったりします。

3月20日夜、水の汚染について、ある専門家が「飲まない方が良いのですが、それしか水がなければ仕方ありません」と言っていましたが、これはある意味で、正直と思います.

・・・・・・・・・

政府が苦しい言い訳をして、専門家が追従しているのは、予想外の事故が起こり、普段では決してあってはいけないほどの放射線が東北南、関東北を汚染したので、その対応ができないからです。

対応ができないことと健康とは無関係ですから、もう少し誠意のある、わかりやすい表現を使って欲しいものです。

・・・・・・・・・

ちなみに、福島原発の状態を見ると、ここ3日ぐらいで、もしかすると今後の見通しがつくと思います。私が見通しがついたら直ちに書きます.なお、今はまだ東京は大丈夫です。

(平成23年3月21日 8時、執筆)     武田邦彦

   

| | コメント (0)

2011/03/21

原発関連情報 知ってほしいこと

このところ福島第一原子力発電所では日夜に亘って決死的な努力が行なわており、着々と成果が上がっているようです。ちょっと安心というところでしょうか?
あと少し成功を祈りたいと思います。

また現地で決死の努力をされている人たちのご努力に心からお礼を申し上げます。あなた方は日本の救世主です。誇りです。

池田 整治さん からのメールです。
メールマガジンの発行が出来なくなったのでメールで
送ってきました。
ご参考まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤマトごころの仲間へ

福島原発が日本の将来を分ける焦点となっています。

しっかり「本当のこと」を知るが大切です。

ここに私が是非知って欲しいと思う情報を三つ提供します。

是非、参考にして下さい。

① 平井憲夫さんのプログ

ご自身が原発技術者で、癌でなくなった方です。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

平井憲夫さんのブログ

原発の現場について、知りたい方に必読です。

② 広瀬隆氏のTVインタビュー

【必見!!! 】YouTube 1/3 ~3/3

 今、ベストセラーの「原子炉時限爆弾」著者の広瀬氏の

 ネットTVインタビューです。

 今回の福島原発事故の実情がよくわかります。

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/353.html

③ 放射能の健康に対する影響等について

 田中優氏が講演で話されているビデオです。

http://www.ustream.tv/recorded/13373990

(前半30分位が健康に対する影響、

後半が電力会社の構造等)です。

放射能は見えませんから、NHKなどを使って

電力会社、政府が、一方的にTVを使った

マインドコントロールができます。

キチンと1人1人が真実を知って、

意識向上させ、

日本をよくして行きましょう!

池 田 整 治

<http://www.azuma-geijutsu.com/> 東藝術倶楽部 顧問

船井幸雄.com <http://xn--elq200br40adgr.com>コラム「
<http://www.funaiyukio.com/ikedaseiji/> 21世紀ヤマト
ごころの部屋」

もう一つご紹介

環境問でいつも話題を提供されている中部大学 の武田教授
今回の地震で原発 緊急連絡 の特集をブログで作っておられます。

http://takedanet.com/

| | コメント (0)

2011/03/18

広瀬隆 「福島原発で今、何が起こっているのか」

広瀬隆 「福島原発で今、何が起こっているのか」

ニュースの深層3:17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」1:3
をご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=AjOMiQL6bQw&NR=1

今朝このニュースをメールでいただいて背筋が寒くなりました。
どこまで本当かわかりませんが、かなり詳しい分かりやすい
説明です。

やはり原子力発電はすぐに停めるばきですね。

世界の破滅につながることです。

もちろん福島原発の決着ついてからでもいいですが。
もう待てない気がします。

枝廣さんのこれも見てください。

ドイツからの情報です。

http://www.es-inc.jp/lib/archives/110316_123228.html

| | コメント (0)

東日本大地震によせて

  東日本大地震によせて

友人からのメールで教えてもらいました。
世の中には素晴らしい人がいるものです。

その1  横田尚哉の公式ブログ
       何のため、誰のため

       http://www.kamuna.jp/fa/

      
      横田尚哉さんは大手建設コンサルティング会社の部長さんです。公共事業の効率を上げるための手法を開発されてすごい業績をあげられています。

この人の3月18日のブログ
 「復興は、30年後の子供たちのために、輝く未来を遺すために。」

  http://www.kamuna.jp/fa/2011/03/14/1514/
 今日ですね。

 昨年3月7日にNHKの情熱大陸に出られました。
  http://www.kamuna.jp/fa/category/close-reporting/

その2  西田文郎先生からのメッセージ
      ピンチは大成長のチャンス
      北京オリンピック金メダル女子ソフトのメンタルトレーナ      ーです。

    【西田文郎先生】
http://nishida-fumio.com/profile/index.htm

立ち上がれ、今こそ大和魂!

日本人は60数年前に原爆を落とされ無条件降伏して国は崩壊し
たかに見えました。

しかし、そんな中で我々の親や祖父母は戦後、大和魂で敗戦国
日本を蘇らせました。

国は崩壊したかに見えたが日本人の心は崩壊していなかったの
です。

国民全員が己だけの利益を捨て、日本再生の為に日本男児は死
に物狂いで男力を発揮して働き、大和撫子である女性はそれを
徹底的に支え女力を発揮したのです。

自我を捨て、積極的自己犠牲で他喜力を発揮したのです。

今回の地震と津波は戦争とは違い憎き天災です。

これは、東北の皆さんだけの問題ではありません。
日本人全員の問題です。

この復興には時間とお金が掛かります。

この地震は、亡くなられた方も地獄でしたが生き残った方々
もまた地獄です。

今日から活動を始めます。

我々、男は日本男児、大和撫子です。
立ち上がらなければ戦後、命懸けで日本を救ってくれた、亡く
なった両親や祖父母に申し訳ありません。

みなさん、出来る事をしましょう。

3・立教新座高校の渡辺憲司校長が卒業生に送ったメッセージ

卒業式を中止した立教新座高校3 年生諸君へ。(校長メッセージ)
2011.03.16

卒業式を中止した立教新座高校3 年生諸君へ。

諸君らの研鑽の結果が、卒業の時を迎えた。その努力に、本校教職員を代表して心より祝意を述べる。

また、今日までの諸君らを支えてくれた多くの人々に、生徒諸君とともに感謝を申し上げる。

とりわけ、強く、大きく、本校の教育を支えてくれた保護者の皆さんに、祝意を申し上げるとともに、心からの御礼を申し上げたい。

未来に向かう晴れやかなこの時に、諸君に向かって小さなメッセージを残しておきたい。
このメッセージに、2 週間前、「時に海を見よ」題し、配布予定の学校便りにも掲載した。

その時私の脳裏に浮かんだ海は、真っ青な大海原であった。しかし、今、私の目に浮かぶのは、津波になって荒れ狂い、濁流と化し、数多の人命を奪い、憎んでも憎みきれない憎悪と嫌悪の海である。これから述べることは、あまりに甘く現実と離れた浪漫的まやかしに思えるかもしれない。私は躊躇した。しかし、私は今繰り広げられる悲惨な現実を前に
して、どうしても以下のことを述べておきたいと思う。私はこのささやかなメッセージを続けることにした。

諸君らのほとんどは、大学に進学する。大学で学ぶとは、又、大学の場にあって、諸君がその時を得るということはいかなることか。大学に行くことは、他の道を行くことといかなる相違があるのか。大学での青春とは、如何なることなのか。

大学に行くことは学ぶためであるという。そうか。学ぶことは一生のことである。いかなる状況にあっても、学ぶことに終わりはない。一生涯辞書を引き続けろ。新たなる知識を常に学べ。知ることに終わりはなく、知識に不動なるものはない。
大学だけが学ぶところではない。日本では、大学進学率は極めて高い水準にあるかもしれない。しかし、地球全体の視野で考えるならば、大学に行くものはまだ少数である。大学は、学ぶために行くと広言することの背後には、学ぶことに特権意識を持つ者の驕りがあるといってもいい。

多くの友人を得るために、大学に行くと云う者がいる。そうか。友人を得るためなら、このまま社会人になることのほうが近道かもしれない。どの社会にあろうとも、よき友人はできる。大学で得る友人が、すぐれたものであるなどといった保証はどこにもない。そんな思い上がりは捨てるべきだ。

楽しむために大学に行くという者がいる。エンジョイするために大学に行くと高言する者がいる。これほど鼻持ちならない言葉もない。ふざけるな。今この現実の前に真摯であれ。

君らを待つ大学での時間とは、いかなる時間なのか。
学ぶことでも、友人を得ることでも、楽しむためでもないとしたら、何のために大学に行くのか。

誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。
大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。
言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためでなないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。

中学・高校時代。君らに時間を制御する自由はなかった。遅刻・欠席は学校という名の下で管理された。又、それは保護者の下で管理されていた。諸君は管理されていたのだ。大学を出て、就職したとしても、その構図は変わりない。無断欠席など、会社で許されるはずがない。高校時代も、又会社に勤めても時間を管理するのは、自分ではなく他者なのだ。それは、家庭を持っても変わらない。愛する人を持っても、それは変わらない。愛する人は、愛している人の時間を管理する。

大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。
池袋行きの電車に乗ったとしよう。諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。高校時代、そんなことは許されていない。働いてもそんなことは出来ない。家庭を持ってもそんなことは出来ない。

「今日ひとりで海を見てきたよ。」

そんなことを私は妻や子供の前で言えない。大学での友人ならば、黙って頷いてくれるに違いない。
悲惨な現実を前にしても云おう。波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。
時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。

いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。海を見つめ。大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。

真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。
鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。

教職員一同とともに、諸君等のために真理への船出に高らかに銅鑼を鳴らそう。「真理はあなたたちを自由にする」(Η ΑΛΗΘΕΙΑ ΕΛΕΥΘΕΡΩΣΕΙ ΥΜΑΣ ヘー アレーテイア エレウテローセイ ヒュマース)・ヨハネによる福音書8:32
一言付言する。

歴史上かってない惨状が今も日本列島の多くの地域に存在する。あまりに痛ましい状況である。祝意を避けるべきではないかという意見もあろう。だが私は、今この時だからこそ、諸君を未来に送り出したいとも思う。惨状を目の当たりにして、私は思う。自然とは何か。自然との共存とは何か。文明の進歩とは何か。原子力発電所の事故には、科学の進
歩とは、何かを痛烈に思う。原子力発電所の危険が叫ばれたとき、私がいかなる行動をしたか、悔恨の思いも浮かぶ。救援隊も続々被災地に行っている。いち早く、中国・韓国の隣人がやってきた。アメリカ軍は三陸沖に空母を派遣し、ヘリポートの基地を提供し、ロシアは天然ガスの供給を提示した。窮状を抱えたニュージーランドからも支援が来た。世
界の各国から多くの救援が来ている。地球人とはなにか。地球上に共に生きるということは何か。そのことを考える。

泥の海から、救い出された赤子を抱き、立ち尽くす母の姿があった。行方不明の母を呼び、泣き叫ぶ少女の姿がテレビに映る。家族のために生きようとしたと語る父の姿もテレビにあった。今この時こそ親子の絆とは何か。命とは何かを直視して問うべきなのだ。今ここで高校を卒業できることの重みを深く共に考えよう。そして、被災地にあって、
命そのものに対峙して、生きることに懸命の力を振り絞る友人たちのために、声を上げよう。共に共にいまここに私たちがいることを。

被災された多くの方々に心からの哀悼の意を表するととともに、この悲しみを胸に我々は新たなる旅立ちを誓っていきたい。
巣立ちゆく立教の若き健児よ。日本復興の先兵となれ。

本校校舎玄関前に、震災にあった人々へのための義捐金の箱を設けた。(3 月31 日10 時からに予定されているチャペルでの卒業礼拝でも献金をお願いする)

被災者の人々への援助をお願いしたい。もとより、ささやかな一助足らんとするものであるが、悲しみを希望に変える今日という日を忘れぬためである。卒業生一同として、被災地に送らせていただきたい。

梅花春雨に涙す2011 年弥生15 日。
立教新座中学・高等学校
校長 渡辺憲司

◆ おまけ

枝廣 淳子さんの地震関連メールニュース

http://www.es-inc.jp/lib/archives/index.html地震によせて

| | コメント (0)

2011/03/17

梅林公園でチャリテイコンサート

東北関東大震災被災者にお役に立てるように同胞の高橋君の発起でチャリテイーコンサートが開催されます。

趣旨に賛同する音楽家多数が参加します、是非お出かけ下さい
皆さんのお友達にもお伝え頂ければ幸いです
尚、梅林公園には駐車場がありませんのでよろしくね

日時  3月27日 日曜日  10時から15時

場所  梅林公園   岐阜市

雨天中止 です

「327.xls」をダウンロード

| | コメント (0)

2011/03/16

私達に出来ること  枝廣 淳子さんからのメールマガジン

この度の地震には度肝を抜かれました。

地震・津波・原発  まさに3点セットとはこのことです。

被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。 そんななか今日あの枝廣 淳子さんからこんなメールマガジンをいただきました。みんなが知り、考えて実行したら少しでも良くなると思いますのでここに出させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 枝廣 淳子さんのメールマガジンから

「被災地の復興のために、わたしたちができること」

<ソトコト・ホームページ>
http://www.sotokoto.net/setsuden/

<ロハスクラブ・ホームページ>
http://www.lohasclub.jp/setsuden.php

2011年3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震による甚大な損害は、私たち
がこれまでに経験したことがない災害です。被災地域に暮らしている方々、救助
活動や復興活動に尽力されている方々を支援するために、私たちができることの
ひとつが「節電」です。

未曾有の大地震による、電力施設への被害発生により、私たちの日本は電力が不
足しています。特に、被災地域においては、電力の確保は、救援活動や復興活動
にとっては極めて重要な問題です。

政府及び東京電力は、3月14日から「計画停電」の実施をアナウンスしています。
計画停電は、電力需要が現状の電力供給能力を上回ってしまった場合に実施され
る手段であり、電力需要を抑制するためには、鉄道、工場、大型商業施設などの
社会全体での節電努力、そして、一般家庭での節電努力が必要です。

いま一番大切なことは、まず被災地が必要とするエネルギーを確保することです。
そして、そのためには、私たち一人ひとりが「節電」を心掛け、続けていくこと
が重要です。

電気は、水道やガスの供給にも必要とされるエネルギーであり、被災地での救援
活動や復興活動に必要なライフラインの確保のためにも、私たち一人ひとりの節
電努力が必要です。

●私たちが生活のなかでできる節電

・外出の際、あるいは、使っていない電気製品のプラグはコンセントから抜きま
しょう。機器によってはプラグを挿し込んでいるだけで、待機電力を消費してし
まう場合があります。

・昼間は、なるべく必要最低限の照明で過ごしましょう。オフィスでは、昼休み
の消灯や、通路のなどの照明の間引きも節電になります。

・暖房機器を必要とするこの季節は、朝の時間帯や18:00~19:00の時間帯が電力
消費のピークタイムとなります。電子レンジ、洗濯機、炊飯器などの消費電力の
高い機器は、ピークタイムをずらして使用しましょう。

・冷蔵庫にはものを詰め込み過ぎないようにしましょう。また、電気炊飯器の保
温時間を減らすのも節電に有効です。

・屋内では、温かい格好をして、カーテンを閉める(断熱効果があります)など
して、エアコンやストーブなどの暖房機器を使う時間を減らしましょう。

・テレビよりもラジオのほうが消費電力が小さくてすみます。

電気を大切に使うことで、被災地を励ますことができます。
私たち一人ひとりの節電努力が、被災地が必要とするエネルギーを創り出します。
物資援助やボランティアなどの人的支援も必要ですが、被災地側の受け入れ態勢
も充分ではない今、私たちが、いまそれぞれの暮らしのなかでできるアクション
が「節電」です。
私たちが日々の暮らしのなかで、節電に努力し、続けていくことは、確実に、被
災地のチカラになります。

現在、節電が必要とされているのは、東日本エリア(東京電力、及び、東北電力
の管轄内)です。東日本と西日本では、周波数が異なることから東日本に周波数
を変換して送電できる容量に上限があります。このため、東京電力、東北電力の
管轄外で節電しても被災地のためにという意味では効果は生まれません。

それでも、電力以外にも燃料が足りないという状況もあり、日本全国で節電・節
約していたくことはとても大事なことです。そして、「電力消費量を自分たちの
意思で減らすことができる」ことを未来に向けて実証・伝えていくためには大き
な役に立つと思います!

| | コメント (0)

2011/03/14

犬山ライオンズクラブ 合同演奏会のお知らせ

犬山市で犬山市4中学校吹奏楽部合同演奏会が行われます。

◆ 日時 20100年4月30日土曜日 13時30分から

◆ 会場 犬山市民文化会館

◆ プログラム  1部  犬山市立東部中学校吹奏楽

                犬山市立城東中学校吹奏楽

                犬山市立南部中学校吹奏楽

                犬山市立犬山中学校吹奏楽

                        2部  女性合唱団マドンナ「かきつばた」

                  ピアノ  渡部真理

               4中学校合同演奏

                  指揮  松尾 葉子

◆ 入場料   無料(入場整理券 必要) 
          整理券取扱所  犬山市民文化会館
                     キャスタ犬山店
                     楽田ふれあいセンター
                     清水屋犬山店
                     愛知北エフエム放送株式会社

◆ 主催          犬山ライオンズクラブ、犬山市、犬山市教育委員会

001_2

002_2

| | コメント (0)

ガイアシンフォニー7番 上映会のお知らせ

郡上市でガイアシンフォニー7番 上映会があります。

ご都合のつく方は是非ご参加を

同時に長島  龍人さんの「お金のいらない国」の上演も
ありますよ。

◆ 日時 3月20日 日曜日  午後1時30分より

◆   ガイアシンフォニー7番   龍村 仁監督 作品

◆ 会場    まん真ん中センター
           郡上市美並町
                http://www.mapple.net/spots/G02100094901.htm

 入場券       前売り 800円 当日 1000円

 申し込み   小寺 090-4253-0460‘
        
love-is-move-doublepeace@softbank.ne.jp
           村瀬 090-4861-4443 
           古川 090-5109-9695

001

002

☆youtubeにて予告編ご覧になれます♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=dF7YF8TiTvA&sns=em

☆☆☆☆映画ご案内☆☆☆地球の未来にとって示唆にあふれたオムニバス・ドキュメンタリー映画。
最新作のテーマは
「全ての生命が潔く健やかに生きつづけるために」

《自発的治癒力》
統合医療の世界的第一人者アンドルー・ワイル

《自転車的未来へ》
ツールドフランスチャンピオン。グレッグ・レモン


《昔の叡知は未来の科学》日本人初北極海横断の旅を成し遂げた
環境教育活動家 高野孝子の三人が

ガイアの自発的治癒力について語ります。


【霊性の原風景】

神道の源流には、今から五千年以上も前、わが日本列島に住み始めた祖先達の、大自然の見えない力に対する畏れと感謝の想いがあります。

日本神道における神とは、この世のすべてを生み出し、生かし続けている大自然の目には見えない力の事です。
太陽や月、水。火、木、土、岩にも、神が宿ると信じられてきました。

「第七番」では、
この日本神道の美とその背後にある自然観に触れることによって、私達の魂の内側に眠っている
“生かされている“という体感が蘇る事を願っています。

“生かされている“という体感こそが「霊性」の源だと思うからです。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »