« イーロン・マスク氏  テスラ・モーターCEO | トップページ | 岐阜・郡上市白鳥学校給食センター  優勝 »

2010/12/11

黒坂 三和子様からのメール  COP16日本がんばれ

黒坂 三和子様からのメールをご紹介します。

http://miwako-kurosaka.com/

黒坂 三和子さんは「持続可能な発展のための日本評議会(JCSD)」事務局長 をされていて環境問題に関してのオーソリティです。

COP10の始まる前に名古屋へ来られたときにお会いしました。それ以来時々メールをいただきます。

今回のメールはとってもながーいので、興味のない方は見るのをやめられたほうがいいと思います。

「kurosaka.txt」をダウンロード

「kurosaka2.pdf」をダウンロード

「101209-World-CO2-emission.jpg」をダウンロード

黒坂さんはとても大切なことをおっしゃってます。
いまCOP16(カンクンCOP16 気候変動枠組み条約第16回締約国会議)というのをどこかでやっているそうですね。
そこで日本は諸外国から相当にいじめられている様子です。
黒坂さんは日本代表に「がんばってー」とエールを送っておられるのです。

ヨーロッパや中国は「京都議定書」を延長することを望んでいるらしい。

日本は「京都議定書」を一旦やめて新しい枠組みをしたい。

ここで意見が別れて日本叩きにあっているのです。

アメリカは知らん顔。

「京都議定書」で日本は1990年比 CO2を6%削減することを約束させられました。
ヨーロッパは7%削減です。
ロシアは0%

中国・インドは0%

アメリカカナダは参加せず

この結果6%達成出来ずに日本だけが1兆円とも言われるお金をCO2削減に使いました。
こんなこと知ってました? 
そもそも「京都議定書」の決まりごとはあまりにも日本だけに不利な内容だったのです。
このことは以前からいろんな人が言っていますが、当時の日本の政府やお役人の力ではいかんとも出来なかったのでしょうね。
中部大学 の武田教授もいつもおっしゃってますね。

こんど新たな約束を決めるに当たってはこの決まりを日本としては変えたい
外国は返させたくない。もっと日本からお金を取りたい。

もあこんな大事なことを議論しているのですが、日本の国会では殆んどなんの議論もなさそうですね。お互いの足の引っ張りっこばかりしている場合じゃないと思うのですが。

|

« イーロン・マスク氏  テスラ・モーターCEO | トップページ | 岐阜・郡上市白鳥学校給食センター  優勝 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーロン・マスク氏  テスラ・モーターCEO | トップページ | 岐阜・郡上市白鳥学校給食センター  優勝 »