« 外村仁氏が語る、シリコンバレーの新しい波 | トップページ | ニュービジネスシンポジウム2010  ご案内 »

2010/10/25

「第2回なごや美酒欄」

24日の日曜日名古屋商工会議所で行われた「第2回なごや美酒欄」に参加してきました。
これは中部ニュービジネス協議会が主催で名古屋商工会議所や愛知県酒造組合連合会や中部経済産業局の共催や後援も得て開かれました。

会場にはたくさんの酒蔵の杜氏や社員が自社の自慢のお酒を用意して待ち構えています。お酒だけで参加の酒蔵もあります。それに発酵食品のメーカーもコーナーを設けて試供品の提供や販売をしています。

今年はちょうど名古屋でCOP10 生物多様性条約第10回締約国会議を開かれているということもあり、発酵食品で生物多様性を考えようということで、お酒の前に勉強会が行われました。

トークショー「発酵がもたらす多様性」
             ~発酵業界のトップ技術者と日本酒文化研究家の鼎談~

      パネリスト 
       (株)ビオック 常務取締役 和久 豊氏
       関谷醸造(株) 取締役(総杜氏) 遠山久男氏
      コーディネーター
       (財)地域振興研究所
         常勤理事、石川県清酒学校講師 谷本 亙氏
特に麹の種を作って各酒蔵へ販売をされている、豊橋にある株式会社 ビオックは600年前に麹を中国から受け入れて今日まで続いているという大変な会社なんですね。始めは京都で始められたのですが途中から豊橋に来られたそうですが。
室町時代から続いている会社があるとは驚きました。

Img_0077

お勉強の次は利き酒大会。
4種類の分野にそれぞれ19種類のお酒が用意されています。それぞれスポイトでちょっとすくってみて味を比べるのです。
150人もの参加者がこれをやるのですから会場は大混乱。いや混乱しないように30人づつ交代でおこないました。
私はこれはもうギブアップで主催者には申し訳ないですが、えーかげんに書いてきました。
しかし後で入賞発表を見てみるとやはりそれなりの蔵元が入っておりみなさんの舌の確かさに脱帽です。

Img_0080

さあいよいよかんぱーいです。
中部ニュービジネス協議会の会長であり長者町商店街のマスコットでもある
長者町おじさん こと豊島会長の音頭で乾杯の後、飲んで食べておしゃべりしての楽しい時間を過ごしました。

Img_0079

なんと言っても圧巻は富山県氷見の観光協会および民宿のみなさんが今日とれたてのブリの子供(ワラサだったか)とアオリイカのオサシミです。
何度も何度も追加が出てきてみなさん満足でしたね。

Img_0086

最後に今日の利き酒大会での結果発表と表彰式がありお開きとなりました。

Img_0093

Img_0089

また来年の再会を誓って別れました。

関係者のみなさん大変お世話になりました。

|

« 外村仁氏が語る、シリコンバレーの新しい波 | トップページ | ニュービジネスシンポジウム2010  ご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外村仁氏が語る、シリコンバレーの新しい波 | トップページ | ニュービジネスシンポジウム2010  ご案内 »