« 平和映画祭「World Peace Cinema」 | トップページ | 『マザリーアースプロジェクト2010★ E・COMMUNITYフォーラム』 »

2010/08/14

済陽 髙穂先生の講演会に行ってきました。

済陽 髙穂先生の講演会に行ってきました。
済陽 髙穂先生は今をときめくガン治療法のスーパースターと言ってもいいでしょう。
西洋医学の手術をずっとたくさんしてこられましたが、手術などの3大療法の治癒率が52%であるということを知りガックリされたそうです。

一方で手術には手遅れだと言われながら食事療法でよくなった人もたくさんいることがわかり、食事のことを考えるようになったとか。

今回の講演会を企画したのは名古屋大学の卒業生ばかりで野菜作りの会社を始めた株式会社 M-easyです。
株式会社 M-easy では野菜の訪問販売と通信販売をする「やさい安心くらぶ」 というのもやっています。
そして食と健康は切り離せないということで昨年に続いての2回目の講演会イベントです。

済陽 髙穂先生は西洋医学の3大療法をやりながら、食事療法を併用することで難しいがん治療の治癒率を大きくアップされているのが特徴ですね。

一般に食事療法は病気予防を謳っていますが済陽 髙穂先生は治ると明言されているのがたいしたもんだと思います。今までこんな先生はいなかったと思いますね。

済陽 髙穂先生は千葉大学で世界的に有名な、食道外科医の大家、中山恒明名誉教授の一の弟子です。

Photo_2

お話はざっとこんなことでした。

ガンの原因は生活習慣病、食生活やがんばり過ぎというライフスタイルをやめるということをガン専門医が発表し、食養生の歴史を紹介されました。

 Photo_3 Photo_4 

   

三神美和東京女子医大名誉教授は99歳で元気で長生きという方にお会いして、その食生活がポイントということも調べました。

Photo_5

また綜合医学会のもと会長、故甲田光雄先生にも教えを請うたそうです。
アメリカにも留学した第一線の外科医でわざわざ、頭を下げて大阪までおいでになったドクターはこれまでに無かったでしょう。ほんとのことならわが目で確かめようという済陽先生の姿勢はたいしたものですね。

Photo_6

・ガンの発生原因は5つ
  1・塩分摂り過ぎ
  2・ビタミンB不足 (クエン酸回路障害)
  3・脂肪過剰 特に飽和脂肪酸
  4・動物性蛋白
  5・毒性物質:農薬、食品添加物

済陽 髙穂先生の食事法は ゲルソン療法と 甲田療法 が
基本のように思いました。

食養生の歴史を西洋と日本にわけてまとめられました。

Eiyouryouhouno_nagare

最後にこの3枚の写真で結論をおっしゃいました。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

質疑応答で済陽 髙穂先生は
・食事療法はやりだしたら半年は徹底してやりなさい
 中途半端だと病原菌にその体質に耐性ができてしまうから

・野菜ジュースが特によい
  カリウムが多い
  活性水素がある

・エビオス がよい

また済陽 髙穂先生の名著 
「今あるガンが消えていく食事―進行ガンでも有効率66.3%の奇跡 」
   著者  済陽高穂
   ¥1,365
   マキノ出版

こちらで概略を聞くことが出来ますよ

http://www.sinkan.jp/radio/popup.html?radio=10825

ガンの予防にも治療にも食事が大切だということがよくわかった気がします。

|

« 平和映画祭「World Peace Cinema」 | トップページ | 『マザリーアースプロジェクト2010★ E・COMMUNITYフォーラム』 »

健康」カテゴリの記事

コメント

まや=8ちゃんさん

リンクいいですよ。
どうぞお知らせください。

投稿: えーさん | 2010/08/21 07:22

えーさん よい情報をありがとうございました。
えーさんの記事をコピーして保存します。
また 他の人にもえーさんの記事をよんでほしいので わたしの日記にも転写させてください。
記事もとにリンクしておきますね

投稿: まや=8ちゃん | 2010/08/21 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平和映画祭「World Peace Cinema」 | トップページ | 『マザリーアースプロジェクト2010★ E・COMMUNITYフォーラム』 »