« 山元加津子さんが緊急署名を集めています。 | トップページ | 半田手延麺「オカベの麺」を注文しました »

2010/08/26

がん予防の時代へ   ワールドサテライト

25日のテレビ  ワールドサテライトで
がん予防の時代へを途中から見ました。

これには驚きました。

検査をする会社は
株式会社 ジーンサイエンス です。
http://www.genescience.jp/kensa/

この会社は血液を少し取ることによって遺伝子検査をしています。

遺伝からがんになる人は5%あとは生活習慣からがんになる。

これは私は本物だと思います。

なぜなら今まで名古屋にある遺伝子検査の専門会社の説明を何度も聞いていたからです。
その会社では遺伝子検査はしますががんは対象外だとおっしゃるのです。
何故ですか? と聞いたら
がんになるかどうかは検査をすればわかるのですが、がんを治す方法が現在のところではわからないから本人にそれを言っても仕方がないから、がんを対象外としているのです。

という説明でした。

私はこれには納得できませんが、会社がしないというのだから仕方ないなと思っていました。ガンは二人に一人なるというのにがんを対象外にして、はたして大金をはたいてこの検査を受ける人がいるのかなと思っていました。

そこへ今夜このテレビを見たのでビックリすると同時にこれこそほんまもんやと思わずうなずきました。恐らく名古屋の会社も方針を変えられると思いますが

みなさんどう思われますか?

もちろんがんの治療法が確立出来ていないことはそのとおりだと思いますが、だからと言ってほっておいていいとは思いません。
対策はあるわけですから。

また番組では歯科医で遺伝子検査をするというのをやっていました。
なぜ歯科医で遺伝子検査をするのか
   
歯科医は全国に65000軒  コンビニの1・5倍もあり大変な激戦である。
歯だけみていてはだめという危機感がある。ということでした。

これは途中から見たのでちょっと違うかもしれません。

|

« 山元加津子さんが緊急署名を集めています。 | トップページ | 半田手延麺「オカベの麺」を注文しました »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山元加津子さんが緊急署名を集めています。 | トップページ | 半田手延麺「オカベの麺」を注文しました »