« 1両1人で電気代が賄える新幹線  | トップページ | 願蓮寺華まつり  »

2010/07/26

阿弥陀ヶ滝のみそぎ祭り

  1. 昨日の日曜日、郡上の友達に誘われて 阿弥陀ヶ滝のみそぎ祭り に参加してきました。
    今年で6回目の行事だそうでもっと参加してほしいそうですが、あまり多くなっても困るとのことです。今年の参加者は私みたいな飛び入りも入れて約30名そのうち女性は3名でした。宮司さんの話では50名以上は無理ですねとのことで、来年あたりは予約でいっぱいになるかも。

全国どこでも禊の行事は行われますが、ここ阿弥陀ヶ滝の禊は白山ゆかりの神社の宮司さんたちによって行われてきたものを、6年前から一般の人にも参加してもらおうということになったらしいです。

この日も 白山長滝神社 の 若宮宮司さん は始めから最後まで何かとお世話をいただきありがとうございました。また美濃市の 洲原神社 の 跡部宮司さん には禊の前と後の所作について一緒にやっていただいて教えていただきました。そして滝の池にも一緒に入っていただきました。入水している時間は約10分間です。この間、若宮宮司は池の淵に立って祝詞を上げておられました。

今回は今までで一番水が暖かかったということでした。水に入っても冷たいということはなく気持よくいつまででも入っておられる雰囲気でした。

ただ水の中は大きな石がゴロゴロしておりバランスを崩しそうになります。思わず隣の人に捕まったりしました。水は結構深くて胸より上までつかりました。

阿弥陀ヶ滝
http://www8.plala.or.jp/takimi/kengai_taki/amidagataki.htm

阿弥陀ヶ滝みそぎ祭り

http://www.gujokankou.com/topics-525.html

 日時  毎年7月最終の日曜日に行われます

◆ 予約   ハートピア四季
        0575-85-2001

◆ 受付
   一般受付 ハートピア四季フロントにて
       10時00分~11時00分
   11時に滝へ行くバスが出ます。
◆ 参加費   3000円
   祈祷御札  はちまき、ふんどし 直会(なおらい 神事終了後の食事)付き

◆ みそぎ の行事

1・ご祈祷   若宮宮司さんが池の前に置かれた神棚でご祈祷をされます。

Img_0006

2・準備運動
  ・左足を前に出して舟漕ぎ運動をします。

Img_0013

Img_0024 

   櫓を引くときに「エイッ  エイッ 」と掛け声をかけます。
   途中で宮司さんが短い歌を歌われます
   それについて同じ文句で歌を歌います
   神様の歌です
   この間櫓をこぐ運動は続けます。
   歌が終わるとまた「エイッ  エイッ 」と掛け声をかけます。
   終わると右手を上にしておへその前で両手を上下に重ねます。
   そして手を上下にゆすります。
   この時「はらえどの大神 はらえどの大神」と唱えます。

  ・右足を前に出して舟漕ぎ運動をします。
   櫓を引くときに「エイッサッ  エイッサッ 」と掛け声をかけます。
   途中で宮司さんが短い歌を歌われます
   それについて同じ文句で歌を歌います
   神様の歌です
   この間櫓をこぐ運動は続けます。
   歌が終わるとまた「エイッサッ  エイッサッ 」と掛け声をかけます。
   終わると右手を上にしておへその前で両手を上下に重ねます。
   そして手を上下にゆすります。
   この時「はらえどの大神 はらえどの大神」と唱えます。

  ・左足を前に出して舟漕ぎ運動をします。

   櫓を引くときに「エイッチャ  エイッチャ 」と掛け声をかけます。
   漕いで手を前に出すときに指をサット伸ばします。
   途中で宮司さんが短い歌を歌われます
   それについて同じ文句で歌を歌います
   神様の歌です
   この間櫓をこぐ運動は続けます。
   歌が終わるとまた「エイッチャ  エイッチャ 」と掛け声をかけます。
   終わると右手を上にしておへその前で両手を上下に重ねます。
   そして手を上下にゆすります。

   この時「はらえどの大神 はらえどの大神」と唱えます。

  ・両足を開いて両手を腰にあてます。
   大きな声で叫びます。宮司さんについで
   「イクタマー  サルタマー  タマータマルタマー」

  ・左足を前に出して
   左手を腰に当てて
   「国のとこたちの・・・   エイッ  エイッ  エイッ」
   これは右手を上から斜め左地面に向かって振り下ろしながら言います。

  ・両足を開いて手を下に下げながら息を吐きます。それから両手を上にずーっと上げ       てきて頭の上で両手を結んで胸の前まで持ってきます。この時に息を吸います。これを3回繰返します。これで準備運動は終わりです。約20分間でした。

  ・これから池の中へ静かに入って行きます。
    水に入るときに「エイッ」と気合を入れて入ります。

Img_0016

水から上がったら準備運動と同じことをまたくりかえします。
終わってから若宮宮司さんからなおらいのお神酒を少しいただきます。
「滝を見ながらいただいてください」と言われました。

  3・白鳥町観光協会の幹部の方のご挨拶がありました。

このあとホテルで風呂に入って着替えをしてから全員で揃って食事をいただいて解散しました。
食事の前に跡部宮司さんのお話をお聞きしました。

Img_0021

|

« 1両1人で電気代が賄える新幹線  | トップページ | 願蓮寺華まつり  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1両1人で電気代が賄える新幹線  | トップページ | 願蓮寺華まつり  »