« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 奈良国立博物館 大遣唐使展 観てきました »

2010/04/06

大麻ってどうよ

先日ポッドキャスティングで ロハス トーク という番組がありまして
そこで  麻の話を 赤星栄志さん から聞きました。

赤星さんいわく
大麻草には大きく分けて二種類ある

   繊維型   日本古来からあるもの
   薬用型   欧米で使われている薬物

詳しくはこちらにあります。
http://www.hemp-revo.net/report/0610.htm

これらのことは殆どがごっちゃになっており大麻イコール薬物 トンデモナイもの
と思われています。
おそらくみなさんもそうだろうと思います。

昔から神社のお払いの道具は大麻で作られていますし、天皇陛下が即位されるときには(あらたえ・麻布))の服を着ることになっています。
これはもちろん大麻で織ったものでこの大麻は天皇が即位されることが決まってから徳島の三木家の畑で作られます。そのために即位はすぐに出来ないのです。
また横綱の綱も大麻で作られていまして横綱が誕生すると大麻を作っている栃木のほうに大量の注文書が来るそうです。
このように日本人の生活と大麻は切っても切れない関係のために戦後大麻取締法が出来てもある一部の人だけは申請をして免許制で大麻を作ることが許されています。
しかし新規に許可は殆どおりない状況です。

それで 赤星栄志さん 中山康直さんやいろいろな人たちが産業用大麻を復活させる運動をしているのです。

産業用大麻は1年で育つので大変に効率がよい。

連作も可能
油が取れるので石油の代価にもなる
食用としても重宝  油が体にとてもよい
建築材料にもなる  大麻の家があります
これで作ったふんどしが若い女性の間で流行している(体にいいらしい)

まどなどいいことづくめです。

犯罪になる大麻と有効活用できる大麻をはっきりわけて法律を変えてほしいものですね。
ウイキペデイアを見ても区分けはしっかりされておらず、大麻イコール 犯罪となっていますね

|

« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 奈良国立博物館 大遣唐使展 観てきました »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下垣 真希さん コンサートのお知らせ | トップページ | 奈良国立博物館 大遣唐使展 観てきました »