« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/28

講演会 「 福沢桃介 について」

講演会のお知らせ  講演会  「福沢桃介 について」

日  時   2010年5月8日(土)13:00~15:00

場  所  名古屋能楽堂(名古屋城)

講  師 藤野弘二(元東亜合成役員・日本冬桜の会名営会長)
           寺沢安正(産業考古学会員・中部産業遍歴研究会会員)

会  員   1000円

非会員    1500円 

        *私に言っていただければ1000円になるらしいです。

001

| | コメント (0)

2010/03/20

加藤 不譲さん 「ふすま絵を描く会」  ご案内

愛知県知多市在住の文人画家 加藤 不譲さんが今年も京都 乾窓院本堂で
「ふすま絵を描く会」を開かれます。
今年で9回目となります。
お寺の真っ白なふすまにみなさんで筆を入れていただきます。
一筆1000円のご寄付を
また当日は中国出身の京劇歌手 田 偉さんの歌と演奏とトークショーが
あります。
どうぞ近畿方面の方はお出かけください。
加藤 不譲さんとは名古屋ドームで100メートルの文人画を描いていただいて以来の
お付き合いです。

◆ 日時  4月29日 祝日
         10時から午後4時

◆ 場所  乾窓院本堂

◆ 会費  2000円

◆ 加藤 不譲師
   人々の見ている前で、浮かんだイメージを墨と筆に託して一気にふすま
   絵を措きあげる文人画家。すべて下絵なしの即興制作です。20年にわ
   たり措いたふすま絵は千枚。全国各地の寺や神社、アメリカの美術館・
   博物錦等に保存されています。 

  田 偉さん 
   田 偉さんは中国出身、神戸在住の俳優で、歌手。
   京劇、日本舞踊、琵琶、歌と、何でもこなすマルチタレントです。
   日本や中国の歌、楽器の演奏を交えながら楽しいお話を聞かせて
   くださいます。京劇の豪華な衣装も見られるかもしれません。

001_2 002_4 002_3

| | コメント (0)

2010/03/16

まだ働いている、100年前の豊田織機 

先日名古屋のNさんの案内で蒲郡市三谷の渡辺織物工場を見学してきました。

ノコギリ屋根が二つ並んだ大変古い味わいのある工場で、渡辺さんご夫妻が働いておられました。

Img_0005 Img_0019

Img_0058_2
この工場では親の代から働いているという豊田織機が5台が今日も三河木綿の反物を織っていました。

ガチャガチャというリズミカルな音が非常にこころよく聞こえてきます。

ここ蒲郡では昭和30年代までは100軒以上の織物工場があったそうですが、どんどんなくなって今ではもう数軒しか残っていないそうです。

ちょうどこの日もお隣の工場が解体作業中でトラックが往来していました。

渡辺さんは「うちもあと1,2年で廃業だねぇ」と寂しそうにおっしゃってました。

機械の製造名板を見ると1914年と打ってあります。今年で96年目ということになります。もうじき100年ですね。

伊勢湾台風とその後の13号台風の二度の台風では織機よりも30センチ以上、上まで海水に浸かってしまったそうですが、その後も修理して使っておられます。

最新式の機械よりもこの機械のほうがいい反物が織れるからと言われます。

ここで織られた木綿の反物はいったん中国に送られて向こうで絞りの加工をしてまた日本へ送り返されます。

そして国内で染色をした後有松や鳴海で鳴海絞り、有松絞りとして販売されるのです。

中国では織物や染色はどうしてもうまく出来ないそうです。

昔は篠島の女性がみな絞りをやっていましたが今では人件費の関係ですべて中国だそうです。

ちょうど前庭では真っ白な糸がいっぱい干してありました。

渡辺さんが廃業されたらこの織機の運命はどうなるのでしょうか?

こちらに写真をおいてます。

http://docs.google.com/Doc?docid=0AejOXSUdtrsOZGR6ejRicHNfMTkyY2tzZDZzZ2Y&hl=ja

動画もありますよ

http://www.youtube.com/watch?v=p_qUIM8K3i4&feature=youtube_gdata

| | コメント (0)

2010/03/14

聞き書きの本がまたまた発売に 

003 聞き書きの本がまたまた発売になりました。『いのち満ちる山河―中野方―』 この本でも私は柘植 強二様を聞き書きしました。柘植 強二様は80才ですが長年割木作りをされてます。その割木はすべてお二人の陶芸家に使われています。

前回の篠島の聞き書き

『篠島 海こそすべて 15編の聞き書き』   1500円も好評発売中ですが

001
山里の聞き書き第4弾  2010年2月28日刊行

-------
『いのち満ちる山河―中野方―』
   恵那・山里の聞き書き2010

人間は自然を糧にして生きてきました。
岐阜県恵那市の山里の人たちに、ヨソモノ10人が
お話をじっくり聞かせていただきました。
その10作品を収録した本を刊行しました。
ぜひご一読ください。

------
この本に書かれていること
●狩猟採集/山での狩猟(イノシシ、ウサギ)、川での魚捕り(ウナギなど)、キノコ採り、木の実採り(クリ、クルミ、サルナシ、アケビ、ヌルデ、ズミ、オオウラジロノキ、etc.)、草採り
●開墾/開拓、田んぼづくり、石積み、酪農
●木にかかわる仕事/大工、建具職人、割木づくり
●年中行事、地歌舞伎
●その他、自然のものの利用

A5版252頁
1200円

※ほか、別冊「澁澤寿一講演集」も刊行予定です。
※この活動は、セブン-イレブンみどりの基金の助成を受けて行っています。

■申し込み先
〒509-9132岐阜県中津川市茄子川364-10
NPO法人山里文化研究所
Fax(0573)68-6016
メール yamazato文化@feel.ocn.ne.jp (文化を bunka に入力しなおしてください)

| | コメント (0)

2010/03/09

素敵な写真のおすそわけ

友人からこんな写真をパワーポイントで
送ってきました。

グーグルのドキュメントに入れましたので
ご覧下さい。

表示でプレゼンテーションをスタートするを
クリックしてください。

http://docs.google.com/present/edit?id=0AejOXSUdtrsOZGR6ejRicHNfMTE2Y20zd2piaGQ&hl=ja

| | コメント (0)

生物多様性COP10プレ・コンファレンス

生物多様性COP10プレ・コンファレンス

「321.pdf」をダウンロード

というわけがよくわからないイベントが名古屋大学であります。環境問題に興味のある方、3連休を暇にしている方などお出かけを

ただし事前予約の必要があるようです。

日時  3月21日から22日  

      21日 10時~5時

      22日  9時~5時30分

場所  名古屋大学豊田講堂 

入場  無料 事前予約必要

     https://www.simul.co.jp/simul-conf/moe/registration.cgi

| | コメント (0)

2010/03/08

サイエンスカフェのお誘い

こんど素晴らしい料理の講演会があります

 日本人として知っておかねばならない話だと思います。

 サイエンスカフェのお誘い

「32122.doc」をダウンロード
◆ 日 時: 3月21日(日)14:00~16:00

◆ 参加費: 参加費2,000円(資料代・食材費)定員:36名

◆ 講 師:  山下正敏氏 真宗大谷派 徳行寺

◆ 場 所: 名古屋市熱田生涯学習センター(料理室)
     名古屋市熱田区熱田西町2-13 TEL: 052-671-7231

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »