« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/24

篠島 お渡様

この正月に篠島のお渡様のお祭りをみてきました。

http://www.nanpuu.jp/blog/?page_id=911

お渡様というのは篠島にある八王子社の男の神様が年に一度1月3日の夜6時に同じく篠島にある女の神様のおられる神明社へ行かれる行事です。
このことは神様の秘め事ですので島の人達は見てはいけません。
それで午後6時になると島の中部電力から来る電気の配電盤のもとのスイッチが切られます。

私たち4人はその時民宿でふぐコースで大宴会でした。
女将さんがろうそくを持って来てくれて電気が消えてからはろうそく宴会です。Img_0045

30分たったときに電気が点きました。同時に神社の方から太鼓の響きが聞こえてきました。私たちは料理をひとまずおいて神社へ行きました。
四方八方から島の人達が神社へ駆けて行きます。
神社のImg_0061入口に八王子社の神様が鎮座していました。大きいです。

人々は神社の係の人からお神酒をいただいて帰っていきます。
私たちはこの神社のお手伝いをする廰屋衆の親方 小久保 弘己様の案内で神社の社務所の中へ入れていただきました。そこでこの神社の総代の人Img_0053に紹介されて総代さんからいろいろとお話を伺うことができました。

総代さんの一番の仕事はお祭りの費用を集めることだそうです。段々と過疎化する中でご苦労が多いようですね。
お神酒をいただいて再び民宿へ。
そうそう民宿は 「妙子」 です。ふぐコースは食べきれない料理で大満足でした。
妙子女将は若くて(おばあちゃんになっているそうですが)美人です。
若いお嫁さんも素敵です。
夜遅くまでカラオケで大盛り上がりでした。

Img_0031

Img_0032

Img_0034

Img_0104

翌日は11時から浜でお祭りが始まるということでそれまでの時間島の中を散策しました。お寺さんがずいぶん多いです。

11時に浜へ行くとすでに大勢の人が集まっていました。
大名行列をする人達が(子供から大人まで すべて男性)浜で大名行列の練習をしています。
面白いのは小学生の一団で、なにやら歌の練習をしています。

Img_0206
よく聞くと大変に卑猥な歌を大人が教えていてそれを子どもたちが大声で歌って笑い転げているのです。一種の性教育ですね。
大名行列の練習をしている時に島の奥さんがお酒をコップに入れて持ってきてくれました。ありがたくいただきいい気分になりました。
この奥さん方は島の厄年を迎える人の奥さんだそうです。振る舞い酒は厄年の人達が出しているのでしょうね。

Img_0207

1時からお祭りが始まるということで昼食を取りました。
食事は島一番の高級旅館 「真砂 悠々庵」の息子さんがやっている

お食事処 真砂(まさごImg_0223

で名物のじゃこ丼をいただきました。
あんなにたくさんのじゃこをいただいたのは初めてですね。

1時前に浜へ出るといよいよです。
大名行列のみなさんも緊張しているのがわかります。
いよいよ神明神社から八王子社の神様が八王子社へお帰りになる行列です。
浜では両側に大名行列の人達が頭を下げて待っています。
我々観衆も頭を下げて待っていました。
神主さんを先頭に神様がやってきました。神様は大きな獅子頭で髪の毛は美濃和紙で出来ています。この神様をお連れする一行が廰屋衆と言われる人達で7人です。

ある場所へ来ると突然太鼓が激しく鳴り出して神様が髪を振り上げて左右に大きく舞います。これが一番の見せ場だそうです。

そして浜の真ん中に備えたもちの木で出来たおたなぎさんというものの前で神様をひとまず鎮座させます。それから控えていた前厄本厄後厄の男たちと還暦の男数人は着ているものを脱ぎ去って裸になります。裸男たちの前で神主さんが祝詞をあげます。寒い 寒い 早く終わってほしいと祈っているようです。祝詞が終わると裸男たちが浜に埋められたおたなぎさんを引き抜きますが、これがなかなか抜けません。
ようやく抜いたらみんなで「ワッショイ ワッショイ」と海の中へ持っていって海に流します。
これでみんなの厄を落としてもらうのだそうです。

Img_0212

Img_0213

Img_0259

Img_0270

これが終わると行列はまた整えて八王子社へ向かいます。八王子社へ神様がお着きになって祭りは終わりました。

どうもこのお祭りは島の人達が年に一度集まり厄落としをする行事なんですね。そこに神様のラブが関わっているのが面白いと思いました。
観衆の中にはどこかのカメラ倶楽部の団体が来ていましたが島の人達にとっては観光客が来てもらうよりも自分たちの厄落としのお祭りが大事なように感じました。

篠島の民族や生き様を書いた本がこのたび出版されました。『篠島 海こそすべて 15編の聞き書き』という本です。実は私もこの聞き書きの書き手の一人です。

ご注文はこちらまでお願い申し上げます。

山里文化研究所
http://www.yamazato4.com/index.html

『篠島 海こそすべて 15編の聞き書き』
http://www.yamazato4.com/

| | コメント (3)

障害者雇用で会社はどう変わるのか

友人からのお知らせです

「koyou.pdf」をダウンロード

「障害者雇用で会社はどう変わるのか」というイベントがあります。
関心がある方は申し込んでください。

◇ 日 時:2010年 2月 9日(火) 
            受付18:00~ 開会18:30~21:30


◇ 会 場:愛知県産業労働センター(旧中小企業センター)
            10F 大会議室1002 
       名古屋市中村区名駅4-4-38  TEL:052-571-6631

報告者    望月 優氏 (東京同友会)  ㈱アメディア 代表取締役

●会社概要
        1989年設立 資本金4,000万円
        社員数14名(視覚障害者、精神障害者含む)
        事業内容:ソフトウエアや機器の開発・販売、ウェブ
             サイトのアクセシビリティを推進
             http://www.amedia.co.jp/company/overview.htm

◇ 参加費 : 500円 (当日受付で頂きます)

◇ 締  切 :第一次 2010年1月13日、最終 1月31日

◇ お問合せ先  愛知中小企業家同友会   
          〒460-0003 名古屋市中区錦3-5-18 京枝屋ビル4F
          電話 052-971-2671   FAX 052-971-5406
           <E-Mail>mailto:aichi@douyukai.or.jp     
           <Ainet>  http://www.douyukai.or.jp/

| | コメント (0)

「なごや下町商店街ムービー」 

001

002_2

003

004

名古屋で「なごや下町商店街ムービー」という映画を作ろうという運動が起きているようです。
先週の金曜日土曜日の二日続けて別の人から勧められました。

私は年金生活のためあまり応援は出来ませんがどなたか余裕のある方にお願いいたしたいと思います。

西区の円頓寺商店街を中心とした映画を作って町おこしをしようというものらしいです。
円頓寺商店街のみなさんである程度のお金を出しあって大体目処がたちつつあるようですがみなさんからもうちょっと応援していただけると完成できるかなと言ってました。

監督   古波津 陽 さん   若手の映画監督 「築城せよ。」

撮影   桐島 ローランドさん あの桐島 洋子の息子 写真家

支援金 募集  「なごや下町商店街ムービー」 制作委員会 会長 久路里 まり
法人   一口   5万円

個人   一口   1万円

ホームページは1月末頃出来るとのことです。

お問い合わせ
  「なごや下町商店街ムービー」制作委員会  事務局 (パートナーズ合同会社内)
  TEL 052-990-6428  FAX 052-220-3086         

    e- mail k-partnaers@jgtj.ftbb.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100120-00000032-minkei-l23

「hoijin.pdf」をダウンロード

「kojin.pdf」をダウンロード

| | コメント (2)

2010/01/20

NPO法人 いずみの会 20周年記念大会

「tirasi.pdf」をダウンロード

愛知県にあるがん患者の会 NPO法人 いずみの会が今年発足20周年を迎えます。
そのイベントの案内が来ましたのでお知らせします。

NPO法人 いずみの会 20周年記念

   ガンなおす
      希望と夢の大集会

◆ 日時   3月22日 祝 月曜日
          午後1時から

          

◆ 場所   愛知県産業労働センター 

◆ 内容   基調講演 安保 徹(新潟大学大学院教授)
                『免疫力強化がガンをなおす』

         歌謡ショー   石原 詢子
                    岐阜県出身
 ◆ 入場券  前売り  3000円

 ◆ 申し込み先   052ー363ー5511  までお問い合わせください

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »