« 牛の発情日を知る | トップページ | 大原麗子さんのこと »

2009/12/31

友人の胃がん

私の友人が胃がんになりました。
62歳 男性です

さいわい軽症で胃カメラの先にメスを取り付けた
手術で癌は取れたそうです。
問題はそれからです。

一度がんになると再発の可能性が大変に
高いのでいっそ胃を全摘しませんか?

とお医者さんはのたまわれたそうです。
念のために愛知がんセンターでも見て
もらいましたが同じことを言われたので
手術することに決めたというのです。

私は大反対ですが哀しいかな素人の
言う事よりがんセンターの先生の
言う事をきくのはやむを得ないことで
しょうね。

新年の13日に手術するそうです。


なんともないのに手術するとはおかしいと
思わないのかな
がんが再発してから手術してもいいと
思うのですがね
胃を取ってしまったら後悔するのと
違うかな?

ここまでは私の意見ですがこのことを
知り合いのお医者さんに話しましたら
そのお医者さんの見方は以下のようなことを
言われました。
これもなるほどと頷くご意見ですので書いて
みます。

知り合いのお医者さんの意見

採ったもので必ずする病理組織検査で癌と診断したのでは?
で全部取れなかったとは、心理的な打撃を与えるので言わなかったのでは??
その癌が病理組織でもしかして悪性度の高いものだったのでは?
浸潤が端まで見られたら再発は必然です。
もっと詳しく訊いたら??

|

« 牛の発情日を知る | トップページ | 大原麗子さんのこと »

健康」カテゴリの記事

コメント

津田さん

そうでしたね。
大成功ですね。

そんなに早かったのですか。
大阪でお仕事されていたくらいですね。

今度手術する友達はお医者さんがもうがんは
ないと思うけど用心のために切ったら
というようなお話なので私はどうかなと
思ったのですが。

実際には悪いのかもしれません。
専門家にゆだねるのがいいのでしょうね。

アドバイスありがとうございます。

投稿: えーさん | 2010/01/06 12:42

お友達の癌
私も56歳のときに、定期健診で癌と診断され、広島日赤で胃を3分の2切除しました。癌の進行状況や悪性度合いによって手術方法(全摘、3分の1等)が異なってくると思いますので、信頼される専門の先生にお任せしたほうが無難と思います。
手術後は、タバコを吸っていた人(私)は夜中、タンが出て大変、ベッドの周りがティッシュペーパーの花盛り!といった具合でしたが、やがて収まりますので安心してください。又注意していないとダンピング症状(無理して食べると戻したりして肉体的心理的にダメージを受けます)などが起きて苦しいので、早食い、食べ過ぎには充分注意し、2,3ヶ月は分食に徹したほうがいいですね。私の場合は食べている最中に肩が引きつり出すと、DP症状の前兆信号でしたので、即刻食べることを止めたものです。
お陰で15年近く再発もなく、元気に暮らしています。癌は何よりも転移を防ぐことが肝心。
お友達のご成功を祈っています。

投稿: 津田 昭 | 2010/01/06 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛の発情日を知る | トップページ | 大原麗子さんのこと »