« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/18

電気スタンド  買いました

家の電気スタンドが2個とも壊れました。首のところがどうも調子悪いのです。
それで今日お店へ行ったついでに安物でいいから何かないかと探し回りました。

蛍光灯スタンドはあまりたくさん置いてありませんでしたが、シンプルなお値段の安いパナソニックの蛍光灯スタンドに決めました。
27Wのものでネット3000円でした。

買い物を済ませてふと入り口を見たら電気スタンドが山に積まれていました。同じ27Wの蛍光灯でなんと1000円です。株式会社山善 と書いてあります。
家のスタンドは2個壊れたのでもう一個買うことにしました。

写真は左側 パナソニック タイ製  右側 山善 中国製 です。

それにしてもこれほど違うとは。
ランプが違うのでしょうか?
品番は同じですが。

山善の1000円は格別安いと思います。

実は今日リサイクルショップへも行きました。そこでは同じような蛍光灯スタンドの中古品が2000円から3000円で売られていましたので、買うのをやめて新品で3000円のパナソニックがいいかと思って買ったのです。

Sutand

| | コメント (2)

2009/10/16

NRI未来創発フォーラムIN名古屋

株式会社 野村総合研究所主催の NRI未来創発フォーラムIN名古屋
先日 中京大学文化市民会館大ホールで行われたNRI未来創発フォーラムIN名古屋に行ってきました。老若というより老々に近い1500人あまりの聴衆で満員でした。
老人は暇だということですね。これには事前に登録する必要がありますし、平日の午後ですから現役はなかなか来にくいでしょうね。

内容は素晴らしいもので是非若い人たちに聞かせたいものでした。
特に後半のパネルディスカッションが良かったですね。
いつもは有名人の講演がメインでパネルディスカッションは時間つぶしみたいなのが多いのですが、今回はこちらのほうが光っていました。

お二人の講演ももちろん良かったのですが。

◆ 藤沼会長の話
いま大きな変化が二つ起きている
これをどう捕らえるか

1・政権交代
2・CO2 25%削減の公表 対1990年比

◆ リチャード・クー氏

「日本と世界経済の現状と展望」

・今回の不況はアメリカ発だが日本の落ち込みが世界一
・気分は戻ってきているが実態はまだ最悪の状態だ
・いいものを作っているところほどダメージは大きい
  すぐ次を買わなくてもいいから
  日本 ドイツ 

◆ 椎野 孝雄氏

「日本人のDNAが造る持続可能社会」
・自動車の排ガス対策
  アメリカ  出てきた排ガスをきれいにしようと考えた
  日本    エンジンを完全燃焼させて排ガスが出ないようにしようと思った

   この差がその後の自動車の命運を分けた
・日本の技術開発の考え方は
  完全燃焼で省エネ・排ガスの浄化
  ゴミ0の工場を作る
  軽薄短小の家電
    など根底には資源効率の向上、自然を大切にする心がある

・「もったいない」 「物への敬いの心」 「供養」
    鎌倉 荏柄天神の針供養
    東京 西新井大師
    川崎大師  茶せん塚
・2000年以降少しづつ日本人の考え方が変わってきた
  伝統志向
  まじめ志向   へ

・キーワード
  スマートライフ

  コンパクトシティ

  省資源型技術開発

◆ パネルディスカッション
「次の日本を創るために」
モデレーター
池上 彰氏   こどもニュースのお父さん役

パネリスト
奥山 清行氏
デザイナー
フェラーリやマセラティのカーデザインをしたり、今は山形で木工や鋳物のデザインなどを行っている。
イタリアで仕事をしたために3ヶ月でイタリア語を覚えてしまった話は圧巻でした。

永谷 亜矢子氏

インターネットを活用した無店舗販売をしている。女性をターゲットにショーと販売を結びつけた。名古屋出身

紀里谷 和明氏

映画監督。アメリカ在住。 「CASSHERN」以来5年振りとなる映画「GOEMON」を完成。世界での公開を前提にした、アメリカの映画に対抗する作品だ。
日本人に日本の心を取り戻そうと熱く語ってくれました。

奥田 誠氏
NRI コンサルティング事業本部 名古屋オフィス代表
愛知のものづくり企業のコンサルタントを中心にしている。

| | コメント (0)

2009/10/15

健康について考えてみませんか?

半田市にある藤井治療院(鍼灸ほか代替治療)の藤井さんからのお知らせです。

藤井さんは若いのですが健康に関して実にいろいろなことをご存知です。
また実際にそれを患者さんにあたることで大変な効果を出している不思議な方です。
また美人の奥様はとてもおいしいパンを作っておられてこれもとても魅力的です。

そんな藤井さんが行われる二つの行事をご紹介します。

Holistic space "F"-sanga
         ~藤井治療院&真弓パンお菓子教室~
    HP 
  おバカブログ http://fujiisyoten.cocolog-nifty.com/gaia/

  電話0569-24-0332 (FAX共通)Fujii
    または 080-3611-5556  





◆ <バーストラウマを解放しよう―親子でワーク!>
~O-リングテストとツボを使って~「oyako.doc」をダウンロード       

日 時 10月24日(土)午後2時30分~5時

場 所 藤井治療院

 
参加費 3500円(一組につき/一組3名まで) 定員10組 ☆要予約
※親子でご参加ください年齢は問いません

☆バーストラウマ、という言葉を聞かれたことはありますか?
誕生時の心の傷という意味ですが、 バーストラウマは、後の慢性疾患や情緒不安定の引き金になり、子供の人生に重大な影響を及ぼす可能性があることがわかってきています
~胎内記憶(角川SSC新書)池川 明著より~
今回は、親子で出来るワーク、バーストラウマの解消に有効なセラピーの中から言葉とツボを使った方法を紹介します。 
子供と触れ合いながら、バーストラウマの解消をしましょう!

☆こんな方にお勧めです
○子育てが上手くいっていないと感じる 
○子供の態度が気になる 
○親と仲良くなれない
○義理の父母が嫌い・・・・
など、「親子」がテーマの問題  

”今”の問題は誕生時に感じた感情から生まれているのかもしれません。
このワークで、今の問題の解決のヒントになると思います。

◆ 詩人・堤 江実さんによるワークショップ
<ポエトリー・リーディング>「seimi.doc」をダウンロード

日時 11月3日(火)午前10時30分~午後4時30分

参加費 8000円 ※テキスト代金、お茶お菓子代金含む
 定員15名 ☆要予約

講 師 堤 江実  ☆ゲスト/イネ・セイミ

ポエトリー・リーディング…「詩を詠む(よむ)」こと。
そして、詩を詠むことは自分自身に深く向き合うこと。
堤 江実さんのガイドとセイミさんのフルートで、言霊に癒されるやさしい時間をご一緒にどうぞ♪

☆タイムスケジュール☆
午前中 レクチャーと基本実技
     *日本語はなぜこんなに美しいのか *呼吸法の不思議 *発声法など
午後1 実技 各自詩を詠んでいただきます。

~ティータイム~ ♪真弓パンお菓子教室提供です♪

午後2 実技 お好きな詩をイネ・セイミさんのフルートにのせてお詠みいただきます。

| | コメント (0)

2009/10/13

あぶらむの里 体験記

先月高山の国府というところにある 「あぶらむの里」 というところへ行ってきました。
知人の 南木曽木材産業株式会社 社長の柴原 薫様がご自分の知人を集めて講演会をこのあぶらむの里で開催されたのです。

なにもかも初体験の催しでした。何がって

◆ あぶらむの里  
ここのオーナーの 大郷 博様 は40歳の時に立教大学の教授をやめてここをつくられたそうです。6000坪の土地を買ったはいいけどそのお金がなかったそうで、自分が今死んだと思って香典を今くださいと友人知人に頼んだのだそうです。そしたらなんと6000万円が集まってしまった。大勢の応援があってのことだと思いますが大郷 博様の信念がこれを成し遂げられたのだと思います。もちろん奥様の応援も相当なものです。今では土地が2万坪にもなり300年前の家を移築したりして大きな館が二つあります。100人くらいは泊まれるのではないでしょうか。ここでちょっと問題のある少年を預かって農業体験などさせながら更生をさせているのです。
雪解けから農作業や大工仕事などなんでも自分でやってのける大郷さんはすごいです。
今回は我々のために五右衛門風呂を作っていただきました。

Aburamu

Aburamu2Goemonnfuro


◆ 集まった仲間  
北は東京から南は屋久島まで柴原 薫様の交友関係の広いこと。柴原 薫様は南木曽の材木屋さんですから全国の木造建築の関係者と仕事上のつながりがあるのですが。それだけではないようです。
株式会社 船井本社の船井社長様(息子さん)や生体エネルギーの研究者など。怪しい話もいろいろと出ましたね。Gotisou






◆ 講演者
  

お二人が講演されました。まず山口組3代目の田岡親分の娘さん 田岡 由伎さんです。親分には会ったことありませんがおそらくソックリのドスの利いた声でお話いただきました。田岡 由伎さんとは前の晩から一緒に一杯やれてラッキーでした。
お父さんのことや子供さんの育て方ご自分のことなど大変に示唆に富んだお話でした。

もうお1人は一燈園の石川 洋先生です。私はこれまで存知上げませんでしたが、先生のファンがたくさん来ていました。カンボジアの支援のこと、子供との対話のことなどさすがといったお話でしたね。特に3歳の子供でも魂は80歳のおじいさんと同じですよ。の言葉に説得力がありました。子供とも真剣に向き合いなさいと教えられました。

Taoka

Isikawa_2 






 宇津江四十八滝

あぶらむの里から歩いて10分ほどのところが宇津江四十八滝の入り口です。時間があったので滝の最上部まで山登りしました。
往復3時間ほどのハイキングでした。13の滝があり結構楽しめます。紅葉の時期はいいでしょうね。
何故48滝というかというと48あるからではありません。
よそ八という若者が大蛇を助けたことできれいな滝ができたので、よそ八から四十八となったのだそうです。48と言うのは仏教の言葉と関係があると聞きました。

Outaki

◆ 48滝温泉  しぶきの湯
あぶらむの里から歩いて10分ほどのところにあります。とても立派な温泉です。土曜日にもかかわらずがら空きでした。飛騨はどこも温泉があるのでちょっと不便なところは利用が少ないのでしょうね。あぶらむの里で割引券がもらえます。

| | コメント (0)

2009/10/12

「命のみず」と洞窟美術館

1ヶ月ほど前の岐阜大学の会合で始めて会った人から三重県の飯高というところに日本一の硬水が出る場所がある。その硬水は健康にとてもいい水だ。
と聞いたのです。

先週親戚の納骨が白山町であり、その硬水が出る場所はここから近いのではと思い立って親戚の人たちと別れてから家内と向かいました。
ただうろ覚えのことで飯高という名前も忘れていました。
ただ松阪から入って行ったところと言うのだけが頼りでした。

飯南の道の駅で聞いたらおいしい水はもうすぐそこですよ と
ここでは600グラム1000円の御茶を買いました。
安いけど地元だからまあいいか。Iinann

すぐそこがわかりませんでした。
道路わきの果物を売っているおばあさんに尋ねました。
水なら飯高でないかねー
もうちょっと行ったら飯高の道の駅があるからそこで聞いてみたら。
ここではみかんを600円でビニール袋いっぱい買いました。
おいしかったし安かったです。
和歌山のみかんだそうです。
よそもんだよ と言うおばあさんの言葉がおかしかったです。

次に飯高の道の駅で尋ねました。
売店の女性は
「売っている水はただ一箇所 「「命のみず」というんだよ。だけどこれは飲まないほうがいいよ。胃にくるからね。ご飯を炊いたりコーヒー入れるのはいいがね。ほかにタダの湧き水がいっぱいあるよ。」
と言いました。

Iidaka
私達はこの「命のみず」というのを求めて更に走りました。
松阪から1時間以上たっています。
目指すところは 森のホテル スメール というところの近くにありました。

そこは飯高洞窟美術館という看板がありました。
ホームページはありませんが先輩がいろいろと紹介してくれています。
http://hirarin2.fc2web.com/iitakadoukutubijutukan.htm

http://www41.tok2.com/home/kanihei5/doukutubijyutukan.html

http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn013/doukutub/doukutu1.html

http://plaza.rakuten.co.jp/emair031meme/diary/20090530/

内容はこれらのホームページのとおりですので省略します。
ちなみにここの入館料は大人 800円です。

Doukutu

問題の硬水 「命のみず」はここで販売していました。
おばちゃんとおじいさん   この人が館長さんです。
あとでわかったのですが若い従業員は息子さんでした。いい息子さんに恵まれて幸せですね。

館長さんといろいろお話できました。
洞窟はこの上にある蓮ダムの湧き水を抜くために作ったものだそうです。
それをどうして手にいれられたのか   不明です
美術館にするのに3億円かかったそうです。
美術品は15000点ありますが展示は3000点だけです。展示しきれないということです。東南アジアを中心に40年で買い集めたものだとか。

どうしてそんなにお金があったのか
何故このような美術館を作る気になったのか
聞きたいことばかりです

でも今は水のことを聞かなければ
この水は洞窟から出ているもので7年前からだそうです。
調べたら日本一の硬水だそうです。
何でも岐阜県の研究所で調べてもらった結果すごい水であるということがわかったのだそうです。

館長さんの話をそのままここに書くことは出来ません。
書けば薬事法違反ばればれですから。
あれも治るこれも治るとエスカレートは上がりっぱなしでした。

ただ私は半分以上信用しました。
それは水が大変安いからです。
そんなに治るならもっと高くってもいいのですが。

2リットルペットボトル   150円
水だけなら  20リットル 300円

です。
まっこと良心的ですね。
私がいくら友達にすすめてもリベートはありません。

とりあえず2リットルのペットボトルを10個買ってきました。

「命のみず」を買ってからスメール温泉へ入り、帰りは満月を見ながら帰ってきました。満足の一日でした。

SumeruMangetu

| | コメント (1)

2009/10/11

中秋の名月はいつも仏滅

中秋の名月はいつも仏滅
今年の中秋の名月は10月3日土曜日でしたね。
私は いなべ市 の東林寺さんで素敵なお月見をしてきました。東林寺のご住職が今年6月に急逝されましたので、それを偲んでのお月見の句会が行われました。
知り合いの南川 忠義様が奥様と二人で大活躍されて開催の運びとなったものですが、遠方から近隣からと50名もの人が集まってにぎやかなお月見になりました。

座禅に始まって、バイオリン演奏、お月見、ハーモニカ演奏
お食事会 芋煮のコンテスト 落語と盛りだくさんで午後6時から10時まで開かれました。

Img_0026sirataki

BaiorinMangetu

Syokuji

Mangetu2_2

Osyousan

ところで中秋の名月はいつも仏滅というのをご存知でしょうか?
毎年仏滅になるそうです。
旧暦と六曜とは関連しているのですね。

ご存じの通り、中秋の名月は旧暦の八月十五日。
旧暦では秋は「七・八・九月」です。そして、暦月の真ん中の日と言えば十五日。よって八月十五日と言えば「秋の真ん中の月の真ん中の日」ですから、秋の真ん中で「中秋」となります。
六曜は旧暦の月と日で決まります。旧暦の

   (月+日)÷ 6 =? と余りN 

この計算で「?」は何でもかまいません。重要なのは「余りN」。このNと六曜の関係は次の表の通り。
Nの値  0   1   2   3   4   5
六曜   大安  赤口  先勝  友引  先負  仏滅

さて、上の2つの条件を組み合わせると

  中秋の名月 → 八月十五日(旧暦)
    → (8+15)÷6=3 余り 5 → 仏滅 

| | コメント (0)

環境カウンセラー 浅野 智恵美さんからお知らせ

環境カウンセラーをしている豊田市の美人ママさん  浅野 智恵美さんからの
お知らせです。

浅野 智恵美さんは私と一緒に環境の勉強をした仲ですが、いまや愛知県いや全国的にも有名な環境カウンセラーであり環境市民・環境ウーマンです。

その彼女が関わる行事のお知らせです。
環境の勉強がてらに覗いてみられてはどうでしょうか?

◆ 講演会「地域から見た地球環境問題」
     (COP10パートナーシップ事業)


主催:愛知東邦大学、愛知東邦大学地域創造研究所、フレンズ・TOHO
後援:COP10(なお、愛知県、名古屋市へは現在申請中)

日時   11月19日(木) 14:10~16:50

場所   名古屋ガーデンパレス 

              公共交通機関でおいでください 
               名古屋市中区錦3丁目11-13 TEL:052-957-1022

第1部  講演 「COP10と私たちの暮らしのつながり」     14:10~15:10
  
             環境カウンセラー 浅野智恵美 氏
  ◆プロフィール◆
平成18年度地球温暖化防止活動(環境教育部門)環境大臣表彰。NHK教育番組
「どーする?地球のあした」HPで回答者を務める。あいち環境学習推進協議会委員。

第2部  講演 「地域からの地球温暖化防止」     15:20~16:50
              京都大学大学院経済学研究科教授 植田和弘 氏

◆プロフィール◆
京都大学大学院経済学研究科教授(工学博士、経済学博士)。専攻は環境経済学、公共経済学。著書として「環境経済学への招待」、「環境と経済を考える」など多数。
わが国における環境経済学の草分け的存在。

入場料  無 料

申込方法  はがき、ファックスまたはメールにて郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号をご記入の上、お申し込みください

お問合せ・お申込み先
愛知東邦大学地域創造研究所(愛知東邦大学内)
  〒465-8515 名古屋市名東区平和が丘3-11 
      TEL 052-782-1241<代表> 受付時間:月~金/9:00~18:00
       FAX 052-781-0931    E-mail:kenkyujo@aichi-toho.ac.jp

◆ 愛知県主催「COP10と女性の役割」

命のつながり   男ひとと女ひとの役割
= 生物多様性(COP10)と男女共同参画 =

主催 愛知県
企画・運営 地域開発みちの会
≪生物多様性‐COP10・男女共同参画≫って難しいとお考えのあなたへ
難しいと思う『生物多様性』を「地産地消 子どもに安全な食べ物を」「この水はどこ
から?」「ホタルの生きられる環境は?」と考え、『男女共同参画』を、「男も女も生きや
すい社会」「一方だけが我慢しなくてよいくらし」と考えればどうでしょう。
この講座は「見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐ」といった感覚を使うことにより、環
境についてさらに楽しく学ぶことが出来るように工夫しました。
楽しく学びながら、女性の環境に関する地域活動へのチャレンジを応援する講座です。
愛知県は来年COP10 の開催をひかえています。生物多様性の保全に女性の役割は大
きいものがあります。チャレンジ女性を応援するには家族の協力も必要です。
ぜひ、ご家族でお申込みください。

参加費無料
託児あり
満1 才半~
未就

愛知県チャレンジ女性応援モデル事業:知多市勤労文化会館
http://www.pref.aichi.jp/0000026331.html

◆ 日時 :2009・12・13(日)13:00~16:00 

◆場 所:知多市勤労文化会館
知多市緑町5-1 TEL0562-33-3600
定 員:350 名

【問合せ・申込先】
地域開発みちの会 会長 竹内より子
〒478-0021 知多市岡田字中谷7
TEL 0562-55-3535
Eメール: apri-cot@ma.medias.ne.jp

【申込方法】 往復はがき又はEメールにて

女 性 フ ォ ー ラ ム

申込み記入例
①氏名 山田花子
住所 478-0001 知多市緑町××××
電話番号 052-○○○-1212
②参加セミナー名 セミナー1・2・3・4
③参加者氏名
セミナー1(花子)2(花子、太郎)
3(花子、太郎、ゆう)4(花子)
④託児の有無 セミナー2(ゆう、4歳)

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »