« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/26

ウェルフェア2009なごや 

5月24日急に予定が空いたので ウェルフェア なごや に行ってきました。

例年に比べて変わったなと思った点

・トヨタ中心が益々濃厚に感じられました。
   他が元気がない所為か?

・医療関係の出展が活発になった
   前からかもしれませんが、イベント的な参加が目立ちました。
   理学療法士、作業療法士、訪問看護財団、理学療法士 など

・面白いと思った商品

 1・温泉の湯  販売
    有限会社 新美里温泉
       スーパー銭湯や老人保健施設などに三重県の榊原温泉の湯を配送する会社       です。個人用かと思って聞いていたら違ってました。あくまで業務用。
       ここで聞いていたら稲沢の宮の湯の優待券を2枚くれました。
       帰りに 稲沢の宮の湯 へ入ってきました。二人で700円び券2枚1400円
       の儲けでした。ラッキーです。素晴らしいスーパー銭湯でしたよ。

 ・高齢者専門宅配弁当
    宅配123

    株式会社 エックスヴィン

    他にもいろいろあるでしょうが、高齢者に的を絞った食事の配給です。
    メニューが多いこと、きめ細かいサービスなどが売りです。配送地域に制限は
    あるようです。

 ・おたっしゃランチ
    中日本航空株式会社
    これは老人保健施設などの業務用老人食の販売会社です。すべて冷凍です。
    人件費の削減が狙いです。
    前に食べたことがありますが結構おいしいです。航空会社がやっているのが
    面白いですね。
    実際の経営は名鉄です。

 ・メタボリックシンドローム・リスク判定
    株式会社 セラノスティック研究所

    名古屋大学の先生がやっている会社で知り合いが社長です。
    遺伝子を調べることによりこれからどんな病気にかかるかがわかるというものです              大手企業や健康組合、医療機関などと提携しています。
    最先端の医学だと思います。
    ですが何故かがんは対象外だと言います。
    なぜですかと聞いたら
    「がんはなることはわかるのですが直す方法がないので本人には言いません。」
    ということです。

 ・排出物が消える! ポータブルトイレ ひだまり

    株式会社 エール・ケア
    オムツはいやだが自分でトイレに行けない人にピッタリの個人用トイレです。
    病室においても匂いません。排泄物を捨てる必要がなくなくなってしまいます。

    実はこういうトイレは以前からありましたが今回驚いたのはその価格です。
    なんと99800円 介護保険を使えば自己負担はたったの9980円です。

 ・不思議な石  
     株式会社 田口石材 ギャラリー田
   
    中津川の鳥居を作る石屋さんが不思議なものを作りました。
    御影石から出るラジウムなどのホルミシス効果で健康にいいものです。
    水もおいしくなるし、ご飯を炊いたらこれまた格別です。
    今回はこの石を1000度の窯で焼いたものが新製品で出ていました。

     

講演会を聞いてきました。
    ◆ 摂食障害を克服し、世界に挑戦するトップアスリート 鈴木明子選手

    ◆ 『一緒に生きていきましょう』~次代に伝えたいこと~
            講師:家田 荘子氏作家 高野山真言宗僧呂)

Img_0012Img_0025

Img_0036

Img_0046

続きを読む "ウェルフェア2009なごや "

| | コメント (3)

2009/05/24

枝廣 淳子様 から二つのレポート

私は枝廣 淳子様が発行されているメールマガジンをとっています。
これは 「環境メールニュース」 というもので枝廣 淳子様が発行されているものです。 しかも無料なんです。

http://www.es-inc.jp/lib/mailnews/index.html

昨日送られてきたもの2本を今朝サウナに入りながら読みました。
いつもたくさんのメールマガジンが送られてきますが、あまりに量が多いのでなかなかよめなくています。
昨日のはタイトルが気になったのでプリントアウトして読みました。

概略はこんなものですが、実際には上記メールマガジンをお取り寄せされて読まれることをお勧めします。

1・漁場回復に向けた海洋保護地域の拡大を    レスター・R・ブラウン

  http://www.earthpolicy.org/Books/Seg/PB3ch05_ss6.htm

 ・世界の漁獲量は1950年から1997年まで約5倍にも増加した。
 人口増加を上回るものである。

 ・世界の漁場は持続不可能な状況にあり、あちこちで壊滅的な打撃を受けている。

 ・世界的に海洋保護区を作りネットワークすれば漁場の回復は3年で出来る可能性がある  。その費用は世界各国が漁業のために出している補助金の額よりも少なくてすむ。

 ・世界の中で200箇所に及ぶデッドゾーン対策をすべき。肥料流出や未処理下水の
  流出を防ぐ対策を。

2・「自然共生的な持続可能社会への転換を目指して」
         ―技術や社会のあり方はどう変わるかー
       
    琵琶湖環境科学研究センター長     内藤 正明
                    (佛教大学教授、京都大学名誉教授)

    http://www.pref.shiga.jp/d/kankyo/sd_shiga.html

 ・滋賀県が日本の最先端の持続可能なモデルになるというこ

 ・西洋的世界観からの脱却
   今の日本はまだ西洋的世界観にどっぷりつかっています。
   滋賀県は西洋的世界観からの脱却し東洋的世界観から持続可能社会を目指します。
   30年も前に「佛教経済学」を唱えたのもドイツのシューマッハである。

 ・滋賀ビジョンの特徴
   1・緩和策でなく適応策

   2・エゴと言われ様が救命ボートを自分たちで設計する以外にない

   3・「自然共生の地域自立型」に軸足を置く。

   4・「脱資源型社会」を目指す

レスターブラウン氏の提案も滋賀県の提案もこれからの世界を変えていくとてもいい提案だと思います。

| | コメント (0)

篠島 「民宿 妙子」

先週の土日 仲間と9人で篠島へ行ってきました。
観光シーズンとしては半端な時期でしかも大雨と強風というさんざんな天候でしたが、食事は期待以上のもので大満足でした。

16日  昼食  食事処 真砂  
         じゃこ丼定食   1200円Img_0026
         
島へついて今夜泊まる 「民宿 妙子」 にまずは荷物を預けて早速島を散策です。
おっとその前に昼ごしらえでした。
「民宿 妙子」のすぐ近くにある食事処 真砂へ入りました。
ここは島一番の高級旅館 真砂 「悠々庵」の旧館を利用して息子さんがやっていらっしゃるそうです。ここのお勧めはなんと言ってもじゃこ丼定食   1200円です。
8人全員がこれを注文しました。
そしてもう一つ篠島名物  タイラギのお造りを一つ注文しました。
ご主人はうまいこと8つに切って出していただきましたので喧嘩にならずに良かったです。
タイラギというのは初めていただきましたが大きな貝でとてもおいしいサシミでした。

食後の運動を兼ねて島内を散策しました。雨が結構きつくて靴の中は水でいっぱい、ちょっと寒くなってきました。

お寺や帝の井戸のあとや酒蔵の跡や神明神社へ参拝してから
民宿に帰りました。
風呂へ入っているうちに女将さんが
「みなさん お揃いのようですから夕食を早めさせて
いただきましゅか?」といううれしいお言葉で

料理が並べられました。
大きな船盛がふたつ。
鯛と鱸でした。いずれも漁師のご主人が釣ってこられたものだとか。
それにまん丸な茹でたこがでてきました。これも名物です。
次から次へと料理が運ばれて
お酒はビールのあとひれ酒をいただきました。
半田の国盛りですがひれの味がよく出ていておいしかったです。
料理を運んでくれたのは若いお嫁さんと中学生のめいっこさん。
めいっこさんはひれ酒のアルコールを飛ばすのを見たいとかで。

食事も終わりかけたころ女将さんが資料を手に入ってきました。
篠島の話題、風習を話していただきました。
すぐ近くに日間賀島があるのですが篠島とはいろいろなところで
違いがあるようです。

以下は妙子女将から聞いた話です。

篠島では  朋輩(ほうばい) という風習が昔からあり、若い男たちが集まって先輩のおじさんからいろいろと教えてもらうようになっていたそうです。そのなかで大事なことは嫁さん探しです。
娘さんの家に朋輩が揃って夜訪ねていくのです。
そのうち1対1のカップルがそれとなく出来上がると他の
人は邪魔をすることなく二人は公に付き合うようになるのだそうです。
その場合男性が娘さんの家に通います。
たまに親が許さない場合もあるそうでそのときは娘さんは
二階や裏口からそっと男を招きいれるそうです。

そのうちに子供が出来ると正式に結婚式をあげるのだとか。
女将さんは私たちもそうして結婚したんですよと。
もちろん親もその親もそうしたらしいですね。いわゆる出来ちゃった結婚が
昔からあったわけです。そしてその結婚のやり方は カヨイ婚 と言って男性が女性の家に夜出かけて行って朝また戻ってくるのだそうです。

むしろ今の人たちのほうが出来ちゃった結婚は少ないと
おっしゃいました。
なんだかここいらとは逆ですね。

今年に入って篠島ではえらく不漁が続いているんですよ。
名物のちりめんジャコも獲れません。息子も父親の跡をついで
漁師になっているのですが、今年は年末から今も知多半島で土方をやって
います。なぜ採れないかって、海の温度が低いからですよ。
地震の前兆でなければいいのですがね。

島では付き合いが非常に濃密だから何があっても1日で全員に知れ渡ってしまいます。
うっとうしいという面もありますが、篠島ではかっての日本人が持っていたいい風習がいまだに残っているのですね。

最近の若い人は卒業すると外へ働きに出るためそのまま向こうで結婚してしまうケースが多いですね。それで島に残っている男性は外から嫁さんをもらうことになり段々と知らない人が増えてきたのです。

今年の春は観光客も少ないね。高速道路が1000円でどこまで行っても一緒だからね。
これも堪えているのとちがうかね。こちらは駐車場代や船代もかかるからね。

おんべだい と言って鯛を開いて干したものを毎年6月8月10月と3回伊勢神宮へ奉納するのですよ。ここから船で伊勢まで行くのです。鎌倉時代から続いているのです。

鯛のお礼の意味もあって
島の神明神社の社殿は伊勢神宮のご遷宮の1年後に伊勢神宮の古い材木をいただいて建てかえるのです。素材はもらっても造作するのにえらいお金がかかるんです。だいたい1億くらいかかるので一軒あたり数十万出さないといけないのです。外へ出た人で成功した人なんかはたくさん出してもらうけどね。でもね創価学会の人は出さないんだよね。

「民宿 妙子」は18年前にこの家を建てた時にそれまでやっていたお好み焼きから民宿に変えました。借金を返すためにはお好みではねー。
うちは小さな民宿だけど料理の内容では決してひけをとりません。お値段の割りには満足していただける料理を出しますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女将さんの話は尽きることありません。
夜遅くまで続きました。

肝心なことを書き忘れました。  1泊2食で8000円でした。

Img_0046

Img_0071

Img_0068

Img_0081

| | コメント (0)

2009/05/23

システムダイナミックス学会行ってきました

今日は名古屋大学で開かれたシステムダイナミックス学会日本支部名古屋大会に行ってきました。
もともとシステムダイナミックスなんてさっぱりしらないのですが、名古屋の責任者をしている人が古い知り合いで動員を頼まれたのでどんなものかなーと思って行ってきました。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsd/index_j.html

はっぱり行かなきゃ良かったですね。  ハハハ
次からつぎへ発表者が出てきて話をするのですが
何のことかさっぱりわかりません。

昼休みに主催者である名古屋大学の栗本教授に
尋ねてみました。
システムダイナミックスってだいたいどんなものなんですか?
すると栗本教授は丁寧に教えてくださいました。

システムダイナミックスとは物事の問題解決に非線形方程式を
使ってとくやり方です。
いろいろな条件を設定して非線形方程式を使うことによって
それがどういう具合なるのかを予測することです。

たとえば
・たとえば高速道路の1000円  やったらどうなるか
・医学生の研修医制度をやめたらどうなるか
・定額給付金を出すとどうなるか

 というようなことを政府が決める前にシステムダイナミックスを
使ってシュミレーションすべきだと思いますが
どうも
えいやっ で思いつきでやられているように思えてならないのですが


という説明を聞いて納得しました。
こんなこと初めに言ってよね

でもこれを知らずに参加しているのは私と友人の二人だけかもしれません。

とにかく二人とも前のほうに座ってよく寝ました。
帰りに三越百貨店で沖縄物産展を見て帰りました。

P1000004

P1000009

P1000016

| | コメント (0)

2009/05/15

レッドクリフⅡ  見てきました

昨日少し時間が出来たので(ほんとは毎日 日曜日)かみさんと映画を見てきました。
レッドクリフⅡです。 Ⅰを見ていたので続きがやはり気になっていたのです。

いやー今回のレッドクリフⅡのほうがずっと良かったです。
やっぱりⅡを見て良かったと言うのが感想です。

1800年も前に中国ではあのような壮大な戦いがあったのだということにまずビックリ。
三国志の物語や人の名前なんかは聞いていたものの正直言って詳しいことは殆ど知らずに年だけとってしまっています。

これは映画だからと自分を納得させながら見ていたのですがあのような火薬が本当にあんなにあったのだろうかとかいらぬことばかり考えてしまいました。

しかし主人公の俳優 どれもカッコウ良かったですね。

あの戦いが相手の美人妻を取りたいがための戦いだったのか

諸葛 孔明の戦術や戦略は気象学をもとにしたものだったのか

最後の戦いの勝敗を決した1杯のお茶 のやりとり

などとっても面白かったです
あっというまの2時間半でした。

美人歌手の歌も良かったです。21歳らしいですね。

| | コメント (2)

2009/05/09

岐阜大学 「遊Go」

8日は月1回の岐阜大学 「遊Go」 という産官学連携推進本部による会合でした。
4時30分から1時間 ちょっとお勉強
5時30分から    飲み会 500円会費という異業種交流会

大変リーズナブルで中身の濃い会合です。
もう5年も続いているそうで、岐阜大学や主催されている先生方に敬意をあらわしたいと思います。

今日のお勉強
医学部 高橋 優三教授によるバーチャル教室のご案内
高橋教授は7年前から医学部の学生に医療現場の体験をバーチャルで教えることを考えられて日本で最初の施設を作られた方です。
実際の人間で失敗しながら覚えていく というのが高橋教授が若いころのお医者さんの実態だったのですが、今はそんなことは許されません。さりとてなかなか実習が出来ないのも現実で、そこの間をなんとかしようと試みられたのが今回の装置郡です。
問診のやり方を実習するコンピューター装置。
胃カメラを実際に行うロボットの患者
AEDの実際の操作が出来るロボット 
ALSの患者ロボット
人体の中をバーチャルで見せてくれる装置
人体の絵 を書いてくれるイラスタレーターの養成
などなど大変興味深いものを詳しく見せていただきました。
高橋教授がやられたようなことがこれから全国の大学、病院で始まろうとしているそうです。またテルモという会社は神奈川県足柄にとても立派な実験室を作ってこの業界での最先端をいっているそうですね。テルモでは社会貢献ということで安く行っていますが国のほうは利益供与ではないかといちゃもんをつけているとか。
今年7月東京で世界学会が開かれて高橋教授がその会長を勤められるそうです。

このようなことがもっともっと活発に行われることを期待したいです。

Img_0095

Img_0108

Img_0109

| | コメント (0)

2009/05/07

桂新堂のレストラン

先日の土曜日、金山に12時に行くべきところなんと9時に着いてしまいました。
何のことはない単なる勘違いですが
どこで時間をつぶそうかと思って金山駅南へ出てみたら目の前に桂新堂の売店がありなんともう5,6人の女性が並んでいました。

桂新堂は海老せんべいで有名なメーカーです。

Img_0019Keisindou

そうですここの店の地下にはレストランがあるのですが、私が行くのはいつも昼時でもう売り切れましたのつれない言葉ばかり。
やっぱりこの時間から並んでいることがようやくわかりました。
今日はさいわい時間があるから並んでみようかと後ろに並びました。7番目でした。すぐに後ろに並ぶ人が増えてきました。
待つこと40分くらい、ようやく開店の10時となり店の中へ招き入れられました。
順番に名前を書いて人数と希望の時間を係りの人に言うのです。

食事は1回目が11時から12時30分
   2回目が 1時から2時30分までです。
そして一人が予約できる人数は4人まで。
店の席数は20席です。
もしも4人づつ予約をしたら5人で満席になってしまいます。
私はかろうじて11時の席の予約を取れました。
一人で食べるのは淋しいので近くの友人を呼んで二人で食事をいただきました。

肝心なのは料金です。定食しかなくて一人1050円です。
内容はとても濃いものでとても1050円では食べられないと思います。
これで毎日9時から並ぶ理由がわかろうと言うものです。
食事後の抹茶とお菓子は別で210円ですがもちろんいただきました。
また日本酒や焼酎は厳選された銘柄がそろっていましたね。

料理の詳しいところはここのブログを見てちょうだい。
すごく詳しい報告が載っていました。

http://bimiler.jugem.jp/?eid=115

続きを読む "桂新堂のレストラン"

| | コメント (0)

2009/05/06

雨にもまけず

友達からもらったものです

宮沢 賢治 が書いた
雨にもまけず の詩の原文のコピーです

もうみなさんはご存知かと思いますが
私は始めて見ました
驚きましたねー

病床にあってこれを書かれたのですね
宮沢 賢治さんの悲願が胸にヒシヒシと
伝わってきます

0021000  001800                   

そしてこんなものを見つけました

http://www.st.rim.or.jp/~success/amenimo_ye.html   

| | コメント (0)

2009/05/05

フットマッサージ やってきました

知り合いが岐阜駅でフットマッサージのボランティアをやっているので
お出でになりませんか?
と誘われて行ってきました。

NPO法人 日本フットセラピスト協会の岐阜支部として毎月1回岐阜駅の広場を借りて無料でフットマッサージをやっているのだそうです。
女性ばかり5人でやっていました。
毎月10人程度の人をマッサージしているそうです。
まあ自分たちの仕事のPRということでしょうがそれにしてもこういった無償のサービスはありがたいことですね。名古屋では聞いたことがありませんから岐阜だけのことでしょうか?
1000人を目指しておられるとのことですが私は980人目でしたので、来月には1000人達成が出来ると思います。

P1000120

汚い足をマッサージしていただき申し訳ない気持ちで一杯です。
やっていただいた後は足の血行がよくなりスッキリと気持ちがいいですね。
足の色が少し赤色から白くなりました。血行がよくなった証拠だそうです。

| | コメント (0)

2009/05/04

近江日野商人館

滋賀県日野市に近江日野商人館という歴史館があります。
「日に新た館」 を見たときに館長さんから是非行っておいでなさいと勧められて行ってきました。

ボランティアの説明員が二人いらっしゃいましたが二人ともとても親切丁寧にご案内いただき近江商人のことがよくわかりました。

◆ 近江商人 とは日野 近江八幡  五個荘 から他国へ出稼ぎにいった商人のことをいうそうです。
八幡 表  八幡の商人は表を飾りたがる。派手好み 。江戸表に大きな店を出した。
       通りから見えるところに金をかけた。
日野 裏   一番奥の見えない部屋に金をかけた。江戸を避けて関東の田舎のほうに      出店を作った。それも小さい店をたくさん作った。

商いのものは  お椀 (木地師が作ったもの) 薬  

関東後家  日野の商人はみな関東に出店を作り主人は関東に出て働いていて、家を守るのは奥さんの役目です。それで奥さんのことを日野では関東後家と言ったそうです。奥さんは丁稚の採用からしつけ教育をすべてこちらで行って丁稚を主人のもとへ送りだしたそうです。留守を預かるのは女世帯であるため、日野の商家の店先には板塀や植え込み、紅がら格子などで品を保ちつつ、倹約・防衛する日野商人らしい工夫が数多く見られた。

◆ 日野の商人は徳川幕府からたいそう庇護されていた。
      関が原の合戦に際して鉄砲300丁を徳川に寄贈した。
      その恩義を感じて幕府は日野の商人を特別扱いした。
      その最たるものは
      「大当番仲間」という組合制度です
      そのメリットは
      1・売掛金の徴収が滞まった場合にその領主に訴えて幕府の威光によって徴収        できる権限を持ったこと。
      2・東海道や中山道の各宿場に現在の指定旅館、契約ホテル制度のような「日        野商人定宿」を設け、旅の便宜を図りました。安心して旅ができ、また料金も安かったといいます。1770年には181軒もの定宿数になったようです。商品を定宿に送っておくことも出来ました。
      3・「大当番仲間」の木札があれば関所もフリーパス。

      このような庇護は八幡の近江商人には適用されませんでした。

◆ 近江日野商人館 

日野商人の民俗資料を展示し紹介しているのが、歴史民俗資料館「近江日野商人館」で、静岡県御殿場市を本拠にして大成功を収めた6代目山中兵右衛門氏の旧邸宅である。昭和11年建築です。死後遺言により町に寄贈されました。

◆ 山中兵右衛門氏の旧邸宅(近江日野商人館)の奥座敷の贅沢
      ・天井板はすべて屋久杉 現在作れば1m2 300万円かかる
      ・床の間の床板 けやきの一枚板 たまもくのけやきと言って200本切って
              1本あるかないかという板
      ・障子の桟  1枚の板を切り抜いて作ってある
      ・襖の取っ手 七宝焼きで出来ている
      ・障子の桟  ななめに面取りしてある。猿の顔に見えるから。
      ・廊下   10メートルの1本もの。松の木で出来ている。ヤニが出ない松
      ・天井の丸太 京都北山杉の
      ・トイレ  1階と2階に水洗トイレ 2階から下へパイプで流している。
      ・1階客用のトイレ 3畳ほどの大きな部屋で水洗式。半分は畳がしいてある
      ・ガラス  昭和11年のもの
    などなどまことに贅を尽くしたものです

◆ 山中兵右衛門氏の旧邸宅から出てきたもの 薬石3つ
    昨年 山中兵右衛門氏の旧邸宅の蔵の中から3種類の石が出てきました。
    10個の箱のうち3つを開けただけですから後の箱には何が入っているか楽しみで    すね。
    この石は石薬といって「滑石(かっせき)」「蛇含石(じゃがんせき)」「枡石(ますいし)」の3種類。削って粉末にしたり塗り薬にすることで、打撲傷や引きつけなどにたいする効能があるとされる。石薬を鑑定した益富(ますとみ)地学会館(京都市上京区)によると、中国や台湾などから輸入された可能性が高いとか。
    説明のおじさんの話では正倉院の御物に同じ石があるそうです。
    日野でこのような物を見れるとは思ってもいませんでしたね。

    Img_0232
    

    



◆ 近江商人十ケ条  山中兵右衛門 (近江日野商人館の主)

   「oumi.pdf」をダウンロード
    

 金儲けの秘訣は  三つ   九十翁 中井良祐氏の教え 
    1・健康で長生きすること
    2・仕事を一所懸命すること
    3・稼いだお金は使わないこと(自分の遊興には)

Hinoshonin010

 三方よし の精神 (近江商人の基本的な考え方)
    

    売り手よし ・ 買い手よし ・ 世間よし -
        近江商人から現代にまで受け継がれる三方よしの理念

◆ 日野祭り  毎年5月3日に行われる馬見岡綿向神社のお祭りです。              曳山16両は見事ですね。
     私は3日は地元のお祭りですのでたぶん日野祭りは見れないと思います。
     ここの山車は関東のほうから来たものでお囃子も関東流だそうです。
     聞いたらどこかで聞いたことのある音楽ですがあの徳島の阿波踊りとソックリ
     なんです。日野の商人が関東に出て商売をしたのでお祭りも関東流になったらしいです。       

   桟敷窓
     全国で日野にしかないといわれるものに桟敷窓があります。
     お祭りの山車を家の中から見るために作られた桟敷です。優雅ですね。
     

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »