«  さんさん会のお知らせ | トップページ | 近江日野商人館 »

2009/04/30

日に新た館 見学記

友人に誘われて 株式会社 ダイフク  「日に新た館」 を見学してきました。

株式会社ダイフクのコア事業は3つ(同社ホームページより)

“Material Handling”は、産業界のあらゆるシーンで必要とされます。ダイフクでは、モータリゼーション勃興とともにコンベヤを手掛けたAFA事業(自動車生産ライン向け)をルーツとして、FA&DA(製造・流通業界向け)、eFA(半導体・液晶業界向け)の3つをコア事業としています。また、Material Handling技術の応用分野として、LSP事業を展開、洗車機・ボウリング・福祉・環境関連の製造、販売、サービスを行っています。子会社のコンテック(東証2部上場)が電子機器事業を行っています。

株式会社 ダイフクはマテハンの世界に名だたるトップメーカーですがそのショールームである「日に新た館」に始めて訪問してきました。
到着するや「日に新た館」の代表取締役館長の戸上様はじめ案内の波多野様、営業の鈴木様に出迎えられて恐縮しました。

戸上館長さまからダイフクと「日に新た館」の概要の説明があったあと映写ルームでプロモーションビデオを見せていただき驚きのうちにいよいよショールームの中へ案内されました。ここは一応企業向けなので個人は断られる場合があるそうですが、今回は企業の方のお供で行きましたのでラッキーでした。内部の写真撮影は一切出来ませんし飲酒のお客様も当然ですがお断りです。

ダイフク 滋賀工場 
  昭和40年に40万坪の敷地を買収して工場建設した。現在15万坪に11の工場が建っています。ゴルフ場なら27ホールが出来るとか。敷地内は林や池がたくさんあり食堂も4箇所駐車場も各地に点在してゆったりとした森の中の工場です。
時々は鹿や猿、うさぎなどが出てくるそうです。
現在工場は国内はここに集約されています。海外にはたくさんの工場展開をしています。

売り上げは2300億で世界一です。日本の第二位は村田機械でこの分野の売り上げは約500億で大きく水をあけていますね。

ショールームを見て
波多野様のわかりやすく明瞭なご説明を聞きながら見て回りました。とは言え専門知識がこちらにありませんからちょっと理解できないところもありますが。

◆ 自動車生産ライン
 日本のほとんどすべてのメーカーと世界のメーカー30%に同社の生産ラインが組みこまれているそうです。展示ラインには国内すべてのメーカーの車が実際に乗って動いていました。これでは写真撮影禁止はもっともだと思いました。自動車の最先端の生産ラインがここで一堂のもとにわかります。
またラインに無接点で電気を送る無接触給電方式なるものも初めて見ました。火花を避ける工場には必需品でしょうね。

◆ 自動倉庫
 数々の自動倉庫が実際に動くように設置されています。初めは毎分60メートルのラインをみてほー と驚きましたが次に毎分200メートルのラインではへー と言って驚きました。最後には毎分500メートルのラインではギャーという悲鳴も出ました。しかも二つの可動部分が同じところをぶつからないで動き回るのにはたまげました。人間の知恵はどこまで進化するのでしょうか?

◆ 運搬車
 これは見ただけでわかるカゴ式の運搬台車ですがこんなところにもたくさんのアイデアが組み込まれていました。同じように見えて小さな力で動く車輪。動くときに音を出さない仕組み。折りたたみが出来るなど

◆ レベルカート
 物を載せたり外したりするだけでカートの台の位置が上下するもの。これは松下電器産業株式会社の工場からの要望で作ったそうです。こうすることにより女子従業員の腰痛が減ったとか。

◆ 荷物積み込みロボット
 これは驚いた。大きさの違うどんな荷物でも形状を判断して最適なつみ方でパレットにつんでいく。なぜ出来るかというと照明を物体に当ててそれをカメラで撮影しその画像によって判断するのだそうです。すごいですねー

◆  液晶搬送装置
 第一世代から第10世代までの大きさがわかるように展示してありました。今現場では第12世代の液晶が作られようとしているそうです。そうなると展示場の天井を越えてしまうとか。そんなに大きな液晶パネルしかも大変に薄い 聞き間違いでなければ0.7ミリとか
それを割れないように搬送する技術はたいしたものですね

他にもいろいろ驚くものがいっぱいでした。現代の世界の先端の製造、物流はダイフクなくしては出来ないだろうという印象を持ちました。素晴らしい会社ですね。
企業のポリシーがしっかりしているから社員のみなさん一人ひとりもしっかりされているのだと感じました。
案内していただいた波多野さんは大変さわやかな好印象をうけました。

ほかにも立派な国際会議場や研修室 関係企業のショールームや見晴らしの良いレストランもございました。

ここの見学には事前予約と入場料1050円がかかります。
是非一度はご見学をお勧めいたします。
また近くの近江日野商人館もいいですよ。

|

«  さんさん会のお知らせ | トップページ | 近江日野商人館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  さんさん会のお知らせ | トップページ | 近江日野商人館 »