« 今年もやるぞ!第5回 矢作川 森の健康診断 へのお誘い | トップページ |  山元 加津子様 宇宙の約束 映画会ほか »

2009/04/25

NPO法人 エコトピア・リエゾン21  カスケード・リサイクルボード

NPO法人 エコトピア・リエゾン21というNPO法人がプラスティックと紙のリサイクルで合板のようなものを作っているという新聞記事を見たので尋ねてみました。
新聞記事に書いてあるところへ電話をして見せてほしいと言いましたら「どうぞいつでもお出でください」ということで仲間と3人で見てきました。

工場は尾張旭市の雑木林のなかの小さな工場です。
まだ看板もなにもなくて目の前まで行っても工場がどこなのかわからない状態です。

資源となるプラスティックや紙ゴミがかなり持ち込まれておりました。

NPO法人 エコトピア・リエゾン21 は名古屋大学の伊藤 秀章名誉教授 が理事長をつとめられる団体です。

目的  地球環境に優しいカスケード・リサイクルボードの実用化をする

業務  ・廃プラスティック(70%)と木質系繊維廃材(30%)を原料としてカスケード・リサイクルボードを製造する
    ・各企業や団体から廃材をいただいて加工してそれをもとのところへお返しする
    ・販売や二次加工はもとの企業や団体にやっていただく

狙い  この事業を行うことで今まで焼却処分や埋立処分をされていた廃棄物がリサイクルされて再度活用されることにより地球全体のCO2削減につながる。

まことに結構な企画だと思います。ただ私が見たところ実際に実用化するのはかなり困難が伴うのではないかと思いました。このNPOでは加工をするだけと言われていますが実際にこれをどこへどう使うかを考えるのが大変難しいのです。

今実用化されているのは名古屋市地下鉄のユリカの改修箱くらいのものです。
もっと大量に使える用途開発が大事だと思います。

私はここでみなさんにお知らせしてその用途開発のアイデアがほしいと思うのです。

燃えるものですから建築資材には無理かもしれませんが、コンクリートパネルには使えるのではないでしょうか?
硬さや重さは変更可能とのことでした。
加工賃は1キログラム  100円程度とのことでした。

用途開発のアイデア 募集です

NPO法人 エコトピア・リエゾン21
   尾張旭市上の山
   052-778-1604

「primo.pdf」をダウンロード

Img_0015

Img_0024

Img_0028Img_0037  Img_0032

|

« 今年もやるぞ!第5回 矢作川 森の健康診断 へのお誘い | トップページ |  山元 加津子様 宇宙の約束 映画会ほか »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もやるぞ!第5回 矢作川 森の健康診断 へのお誘い | トップページ |  山元 加津子様 宇宙の約束 映画会ほか »