« 災害食 | トップページ | NPO法人 エコトピア・リエゾン21  カスケード・リサイクルボード »

2009/04/25

今年もやるぞ!第5回 矢作川 森の健康診断 へのお誘い

矢作川水系森林ボランティア協議会(矢森協)の丹羽 健司様からのお誘いです。私も今年は初めて参加してみようと思います。森のことがわかって楽しいですよ。

今年もやるぞ! 2009年6月6日(土)
第5回 矢作川 森の健康診断 へのお誘い

日時: 2009年6月6日(土) 9:30集合 (17:00頃解散予定)
   参加費: 500円

集合場所: 豊田市足助支所


愛知環状鉄道新豊田駅からの送迎バスも利用できます(8:00集合)。

*「森の健康診断」の状況はこちらで見ることが出来ますよ グーグルアースです

矢作川の水源の森が泣いています。
一見緑豊かな水源の森で、手入れされないスギやヒノキの人工
林で「緑の砂漠」が広がっています。光が入らないため植物や
生物の育たない緑の砂漠は土砂崩れが心配です。
めったに立ち入ることのない矢作川水源の人工林に出かけて、
「森の健康診断」を一緒にやりませんか?
過去4回で流域の人工林約9万㌶のほぼ全域、280地点の森の健
康診断を実施しました。今年は豊田市に戻り2巡目です。

健康診断の内容
① 参加できる人: ハイキングができる体力があり、自然が
好きな方。傾斜が急な場所もあります。
② 当日の流れ: 約8名の班をつくり、午前、午後それぞれ1
箇所の森林(約2kmメッシュの交点)で健康診断をします。
各班のリーダーは森林ボランティアが務め、他に自然観察サポ
ーターと地元サポーターがつきます。林業の話や、昆虫や野鳥
の観察なども交えて愉快で科学的に行います。雨天の場合は室
内で午前中のみの別プログラムを用意します。
③ 森の健康診断とは: 簡単な道具を使ってスギやヒノキの
混み具合、植物の葉が地面を覆っている割合、植物の種類数、
落ち葉や土壌の厚さなどを計測・観察します。(ホームページ
に詳しい情報があります。「森の健康診断」または「矢森協」
で検索してください)
④ 報告会: 2009年11月1日(会場=JA豊田大ホール(予定
))に報告会を行います。研究者グループが健康診断の結果を
集計、分析し、誰でもわかる報告書にまとめて発表します。当
日と報告会に参加することを前提にお申し込み願います。
参加申込み方法 
*次のa~hを記入の上、ハガキ、faxまたはメールでお申込
み下さい。申込み者多数の場合は当方で選考いたします。参加
が決定した方には詳しい内容を連絡致します。
a: 住所 b: 氏名 c: 年齢 d: 性別 e: 電話番号 f: (あれば
)メールアドレス g: バス乗車希望者のみ「バス」と明記(バス代往復別途1000円)。
*申し込み宛先                      
〒450-0001 名古屋市中村区那古野1-44-17嶋田ビル203 矢森協
第5回矢作川森の健康診断実行委員会  
e-mail: yamorikyou @ yahoo.co.jp    スペースを@前後つめてください  

fax  052-581-8161
※申し込み締め切り 5月10日(消印有効)

* 問い合わせ:090-4160-9065(矢森協)または上記申し込み
メールアドレスへ
主催:矢作川森の健康診断実行委員会(矢森協・矢森研)

|

« 災害食 | トップページ | NPO法人 エコトピア・リエゾン21  カスケード・リサイクルボード »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 災害食 | トップページ | NPO法人 エコトピア・リエゾン21  カスケード・リサイクルボード »