« あのkakkoちゃん(山元 加津子さん)の映画 「1/4 の奇跡~本当のことだから」 | トップページ | 奇跡のリンゴ  木村 秋則さん »

2009/02/27

植松 努様の講演会

2月の21日から3日間北海道から植松 努様をお招きして講演会やロケット教室をやりました。あいにく20日21日の北海道は大変な嵐と吹雪で千歳空港は閉鎖されました。その中を植松 努様は「夢はあきらめない」を地で行ったような行動で20日は1時間しか寝ないでマジックのように30分前に会場に現れました。
そのような状況で鼻水がたらたら落ちる状態で初日から最後まで精力的に語り、行動されました。
植松 努様の講演そのものの行動でした。
私はそれぞれの主催者とともに3日間植松 努様と行動を共に出来てとても幸せでした。

この3日間の内容は以下のとおりです。

21日 土曜日  メロウ倶楽部講演      西区生涯学習センター  50名
22日 日曜日  ロケット教室        港区西福田小学校     110名
           NPOアースアズマザー講演 ウイルあいち      150名
23日 月曜日  工場見学          東邦ガス緑浜工場
         (株)ニコム講演        新東通信           90名

Img_0098

Img_0013

Img_0035

Img_0101

Img_0126





メロウ倶楽部     ロケット教室 

Img_0136

Img_0148

Img_0019

Img_0098_2






全員で     パネルディスカッション ガスタンク  (株)ニコム講演会

講演の後の懇親会にもすべてに参加していただけました。あまり食べられなかったのではと心配です。
各所で講演を聞いた人はみな興奮しました。
翌日会った奥さんは「昨日の夜お父さんが帰ってきてえらく興奮しているのですよ。
とにかくあんなお父さんを見たのは初めてですわ。」
と言う人や聞いたその場で次の講演を植松 努様にお願いする人も2,3出てきました。
また自分が聞いてこれは息子や娘に聞かせなければと翌日の講演を申し込む人も出てきました。

植松 努様からは数々の珠玉の言葉をいただきました。スライドを見せながらの言葉には実践に裏づけられているだけに説得力がありますね。

そのいくつかをここに上げてみますね

ーーー植松語録ーーー

◆無駄遣いした方が豊かになる社会から
 節約した方が豊かになる社会に変わっていくのです

◆これからは0から1を生み出す仕事に生き残る可能性がある
  1を10にしたり100にするのは中国やインドがやるだろう

◆そんなこと無理だよ  ではなくって
 キーワードはだったらこうしてみたら?

◆生まれたときからあきらめ方を知っている人間などいない!

◆おばあちゃんの教え
  お金はくだらないよ一晩で価値が変わるから
  お金があったら本を買いなさい

◆間違いは一緒に直せばいい
   知らないことは一緒に調べればいい

◆「教えてもらわないとできない」から
  「自分で学ぶ」に変わりましょう

◆好きなことを掘り下げて学ぶのが大学や専門学校です
  

◆「どーせ無理」は楽をするための魔法の言葉
   なにもしなくてよくなる何も考えなくてよくなる
   楽することを覚えたら人生の落後者になる

楽をすると無能になる

◆「嫌なことは自分のところで食い止めるぞ!」
   という鋼のハートが不幸の連鎖を断ち切ります

◆楽をしてはいけません
   楽しみましょう

◆かってケネディ大統領はこう言いました
  「私たちが月を目指すのはその道が容易だからではない
     困難だから目指すのだ!」

◆手加減をして給料分の仕事しかしていないと
  給料分の人間にしかなれない

◆あきらめるとどんなに素敵な過去も後悔の対象にしかならない
  あきらめないとどんなに辛い過去にも感謝できる。笑いあえる。

◆「してもらう」と能力を失う
   「する」と能力が得られる

◆国家主導の「世界初」なんてありません
  「世界初」はすべて個人が自腹でやっているんです

◆殺人が罪なのは、人類にとって大切な、
    1人の可能性を奪うからです。

◆言葉で人の可能性を奪うことは殺人と同じなのです。

学力とは「学ぶ力」いまよりどれほど変われるか
   という未来の可能性の価値現在の値ではない!

◆夢とは、大好きなこと。やってみたいこと。
   仕事とは、社会に役立つこと。

◆夢が沢山あれば、一個くらい挫折しようが、
   くじけようが、平気でいられます。

◆これからの社会人に必要なのは
   やさしさ  わくわく  くふう

◆NASAの門に80年前から刻まれる言葉
   Dream can do,
   Reality can do

  
思い描くことができれば、それは現実にできる

   can do=感動

◆「明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ!」  沖田十三
    

植松 努様は今年13万m2の土地を買ってARCプロジェクト を立ち上げました。
 http://innovation.nikkeibp.co.jp/etb/20080605-00.html

これは子供たちの知恵を集めて未来を開発しようというものです。
当面の課題は

  僕の夢
 住むためのコストを1/10に
 食うためのコストを1/2に
 学ぶためのコストを0に

みんなで植松 努様の 「どーせ無理」禁止条例 に署名しましょう。
  そしてだったら「こうしてみたら」 と言いましょう。

|

« あのkakkoちゃん(山元 加津子さん)の映画 「1/4 の奇跡~本当のことだから」 | トップページ | 奇跡のリンゴ  木村 秋則さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あのkakkoちゃん(山元 加津子さん)の映画 「1/4 の奇跡~本当のことだから」 | トップページ | 奇跡のリンゴ  木村 秋則さん »