« 植松 努様の講演会 | トップページ | 割木作り »

2009/02/28

奇跡のリンゴ  木村 秋則さん

知人がこんな本をくれました。読んでみろと言って。
その人から本をいただくいわれはないので「どうしたんですか?」と聞いたら
「この木村さんに会いに青森まで行ってきたんだよ。そして話を聞いて感動してしまったので、この本をたくさん買ってきました。知り合いにも読んでほしいと思ってね」ということでした。
読んでみて本当に驚きましたし、大変感動感激しました。
こんな人もいるもんだなー
こんなこともあるのだなー って

本のタイトル
 奇跡のリンゴ 
    「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

     幻冬舎  石川 拓治著 1300円

NHKの番組 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で2006年12月7日に放映されましたから見られた方も多いかと思います。あの 茂木健一郎 さん の番組ですね。
またこの本以外にも本が出ていますし、木村 秋則さんはいまでは全国の農家を回って講演やら指導をされておられますので話を聞かれた方もいらっしゃると思いますが

木村 秋則さんは22歳で奥さんと結婚して木村家の養子となりました。
農業が根っから好きで好きで一生懸命働いてとてもいいお婿さんでした。
それがある転機があって無農薬無肥料栽培へと走ることになりました。

木村 秋則さんはとても勉強家で冬の間は雪で農作業が出来ないために本をいろいろと読んでいました。あるときトラクターのことが知りたくて町の本屋さんでその本を見つけましたが一番最上段に置いてあって手が届きません。近くにあった棒切れでその本を引っ掛けて取ろうとしましたら隣の本まで一緒に落ちてきました。そして下の水溜りにつかってしまって売り物にならなくなってしまいました。しかたないのでその本も買って帰りました。
この本に出会ったのがこの道に入ったきっかけになったのです。

それは福岡 正信という人が書いた 「自然農法」 という本です。
この本を読んでからリンゴの無農薬栽培をやってみようと思い立ったらしいのです。
それには奥さんがやたらと農薬に弱いという事情もありました。

無農薬でのリンゴ栽培はみんな大反対です。
実家の両親が一番反対しました。とうとう親子の縁も切られました。
しかし養子先の木村家の両親は「やってみなさい」と許可してくれまして最後まで反対の言葉を言わなかったそうです。

それから30年 筆舌しがたい苦労の連続です。
とうとう 岩木山 に登ってロープで首をつろうというところまでいきました。
その山の中であるものを見て気が変わり、急いで山を降りました。
それから成功への道筋がついていったのです。

詳しくは是非本を読んでください。

私もこのリンゴを食べてみたいものです。

そしてこういうものがあることを見つけました。
ハーモニック・トラストという無農薬無肥料の野菜などの通信販売をしている会社があります。ここの河名さん という社長が木村 秋則さんと意気投合して今は全国行脚をしていますが、ここのホームページから木村 秋則さんの話をダウンロード出来ますのでこれもご参考までに

ハーモニック・トラスト
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/seisansya/kimura2.html

|

« 植松 努様の講演会 | トップページ | 割木作り »

お勧めの本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植松 努様の講演会 | トップページ | 割木作り »