« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/28

奇跡のリンゴ  木村 秋則さん

知人がこんな本をくれました。読んでみろと言って。
その人から本をいただくいわれはないので「どうしたんですか?」と聞いたら
「この木村さんに会いに青森まで行ってきたんだよ。そして話を聞いて感動してしまったので、この本をたくさん買ってきました。知り合いにも読んでほしいと思ってね」ということでした。
読んでみて本当に驚きましたし、大変感動感激しました。
こんな人もいるもんだなー
こんなこともあるのだなー って

本のタイトル
 奇跡のリンゴ 
    「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

     幻冬舎  石川 拓治著 1300円

NHKの番組 「プロフェッショナル 仕事の流儀」で2006年12月7日に放映されましたから見られた方も多いかと思います。あの 茂木健一郎 さん の番組ですね。
またこの本以外にも本が出ていますし、木村 秋則さんはいまでは全国の農家を回って講演やら指導をされておられますので話を聞かれた方もいらっしゃると思いますが

木村 秋則さんは22歳で奥さんと結婚して木村家の養子となりました。
農業が根っから好きで好きで一生懸命働いてとてもいいお婿さんでした。
それがある転機があって無農薬無肥料栽培へと走ることになりました。

木村 秋則さんはとても勉強家で冬の間は雪で農作業が出来ないために本をいろいろと読んでいました。あるときトラクターのことが知りたくて町の本屋さんでその本を見つけましたが一番最上段に置いてあって手が届きません。近くにあった棒切れでその本を引っ掛けて取ろうとしましたら隣の本まで一緒に落ちてきました。そして下の水溜りにつかってしまって売り物にならなくなってしまいました。しかたないのでその本も買って帰りました。
この本に出会ったのがこの道に入ったきっかけになったのです。

それは福岡 正信という人が書いた 「自然農法」 という本です。
この本を読んでからリンゴの無農薬栽培をやってみようと思い立ったらしいのです。
それには奥さんがやたらと農薬に弱いという事情もありました。

無農薬でのリンゴ栽培はみんな大反対です。
実家の両親が一番反対しました。とうとう親子の縁も切られました。
しかし養子先の木村家の両親は「やってみなさい」と許可してくれまして最後まで反対の言葉を言わなかったそうです。

それから30年 筆舌しがたい苦労の連続です。
とうとう 岩木山 に登ってロープで首をつろうというところまでいきました。
その山の中であるものを見て気が変わり、急いで山を降りました。
それから成功への道筋がついていったのです。

詳しくは是非本を読んでください。

私もこのリンゴを食べてみたいものです。

そしてこういうものがあることを見つけました。
ハーモニック・トラストという無農薬無肥料の野菜などの通信販売をしている会社があります。ここの河名さん という社長が木村 秋則さんと意気投合して今は全国行脚をしていますが、ここのホームページから木村 秋則さんの話をダウンロード出来ますのでこれもご参考までに

ハーモニック・トラスト
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/seisansya/kimura2.html

| | コメント (0)

2009/02/27

植松 努様の講演会

2月の21日から3日間北海道から植松 努様をお招きして講演会やロケット教室をやりました。あいにく20日21日の北海道は大変な嵐と吹雪で千歳空港は閉鎖されました。その中を植松 努様は「夢はあきらめない」を地で行ったような行動で20日は1時間しか寝ないでマジックのように30分前に会場に現れました。
そのような状況で鼻水がたらたら落ちる状態で初日から最後まで精力的に語り、行動されました。
植松 努様の講演そのものの行動でした。
私はそれぞれの主催者とともに3日間植松 努様と行動を共に出来てとても幸せでした。

この3日間の内容は以下のとおりです。

21日 土曜日  メロウ倶楽部講演      西区生涯学習センター  50名
22日 日曜日  ロケット教室        港区西福田小学校     110名
           NPOアースアズマザー講演 ウイルあいち      150名
23日 月曜日  工場見学          東邦ガス緑浜工場
         (株)ニコム講演        新東通信           90名

Img_0098

Img_0013

Img_0035

Img_0101

Img_0126





メロウ倶楽部     ロケット教室 

Img_0136

Img_0148

Img_0019

Img_0098_2






全員で     パネルディスカッション ガスタンク  (株)ニコム講演会

講演の後の懇親会にもすべてに参加していただけました。あまり食べられなかったのではと心配です。
各所で講演を聞いた人はみな興奮しました。
翌日会った奥さんは「昨日の夜お父さんが帰ってきてえらく興奮しているのですよ。
とにかくあんなお父さんを見たのは初めてですわ。」
と言う人や聞いたその場で次の講演を植松 努様にお願いする人も2,3出てきました。
また自分が聞いてこれは息子や娘に聞かせなければと翌日の講演を申し込む人も出てきました。

植松 努様からは数々の珠玉の言葉をいただきました。スライドを見せながらの言葉には実践に裏づけられているだけに説得力がありますね。

そのいくつかをここに上げてみますね

ーーー植松語録ーーー

◆無駄遣いした方が豊かになる社会から
 節約した方が豊かになる社会に変わっていくのです

◆これからは0から1を生み出す仕事に生き残る可能性がある
  1を10にしたり100にするのは中国やインドがやるだろう

◆そんなこと無理だよ  ではなくって
 キーワードはだったらこうしてみたら?

◆生まれたときからあきらめ方を知っている人間などいない!

◆おばあちゃんの教え
  お金はくだらないよ一晩で価値が変わるから
  お金があったら本を買いなさい

◆間違いは一緒に直せばいい
   知らないことは一緒に調べればいい

◆「教えてもらわないとできない」から
  「自分で学ぶ」に変わりましょう

◆好きなことを掘り下げて学ぶのが大学や専門学校です
  

◆「どーせ無理」は楽をするための魔法の言葉
   なにもしなくてよくなる何も考えなくてよくなる
   楽することを覚えたら人生の落後者になる

楽をすると無能になる

◆「嫌なことは自分のところで食い止めるぞ!」
   という鋼のハートが不幸の連鎖を断ち切ります

◆楽をしてはいけません
   楽しみましょう

◆かってケネディ大統領はこう言いました
  「私たちが月を目指すのはその道が容易だからではない
     困難だから目指すのだ!」

◆手加減をして給料分の仕事しかしていないと
  給料分の人間にしかなれない

◆あきらめるとどんなに素敵な過去も後悔の対象にしかならない
  あきらめないとどんなに辛い過去にも感謝できる。笑いあえる。

◆「してもらう」と能力を失う
   「する」と能力が得られる

◆国家主導の「世界初」なんてありません
  「世界初」はすべて個人が自腹でやっているんです

◆殺人が罪なのは、人類にとって大切な、
    1人の可能性を奪うからです。

◆言葉で人の可能性を奪うことは殺人と同じなのです。

学力とは「学ぶ力」いまよりどれほど変われるか
   という未来の可能性の価値現在の値ではない!

◆夢とは、大好きなこと。やってみたいこと。
   仕事とは、社会に役立つこと。

◆夢が沢山あれば、一個くらい挫折しようが、
   くじけようが、平気でいられます。

◆これからの社会人に必要なのは
   やさしさ  わくわく  くふう

◆NASAの門に80年前から刻まれる言葉
   Dream can do,
   Reality can do

  
思い描くことができれば、それは現実にできる

   can do=感動

◆「明日のために、今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ!」  沖田十三
    

植松 努様は今年13万m2の土地を買ってARCプロジェクト を立ち上げました。
 http://innovation.nikkeibp.co.jp/etb/20080605-00.html

これは子供たちの知恵を集めて未来を開発しようというものです。
当面の課題は

  僕の夢
 住むためのコストを1/10に
 食うためのコストを1/2に
 学ぶためのコストを0に

みんなで植松 努様の 「どーせ無理」禁止条例 に署名しましょう。
  そしてだったら「こうしてみたら」 と言いましょう。

| | コメント (0)

あのkakkoちゃん(山元 加津子さん)の映画 「1/4 の奇跡~本当のことだから」

あのkakkoちゃん(山元 加津子さん)の映画 「1/4 の奇跡~本当のことだから」
の上映会とトークセッションが瀬戸蔵であります。

瀬戸の人やお近くの人は是非ご参加ください。「0426.pdf」をダウンロード

◆ 開催日時  2009年4月26日(日)12時30分~15時30分

         
◆ 場所   瀬戸蔵  多目的ホール

    
◆ プログラム ・主催者挨拶  
        ・映画上映  「1/4 の奇跡~本当のことだから」
        ・「障害者や病気(心身)が教えてくれること
           トークセッション
            ゲスト:竹内 由美子
                 じゃんぐるじむ  代表

◆  参加費   500円(小学生以上)

◆  主催    クリキンディの仲間たち@せと

◆  お問い合わせ  080-5126-7961
           kurikindist@pdx.ne.jp

            

| | コメント (0)

今日はお金のいらない国DAY

りゅうじんさん がやります

お金のいらない国DAY


本当にお金はいりません
◆日時  2009年3月20日 午後2時~4時30分
◆場所  東桜会館 第二会議室  100名

◆スケジュール   14:80~15:20 第1部 オープニンク:あいさつ(長島龍人)
             「お金のいらない国」 寸劇 1・2・3・4
              紳士役:長島龍人
              相手役:江場 康雄 、下田慎一、中野澤二、あそさん♪
                   後藤由美子、中村多恵子、青木祐子、江端左恵子
             15:20~1:30 休憩
             15:30-16:20 第2那 トークタイム

                                              (長島龍人×江場康雄×後藤由美子)
             「お金のいらない園へようこそ」
             16:20~16:38 ライブ「お金のいらない国」の歌など

◆参加費       葉っぱ 3枚(どんな葉っぱでもOK)
              お金はいりません

「2103.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2009/02/25

答志島の八幡神社大漁祈願祭

今年も答志島の八幡神社大漁祈願祭に菰野のMさんに連れて行っていただきました。
男3人美女3人の旅でした。
今年からお祭りは旧暦の1月15日のあと2,3日の休日を中心に3日間やることになったそうです。本来は旧暦1月18日と決まっていました。それで今年は2月11日の祭日が祭りの中心となり前後3日間のお祭りが催されました。Img_0089
Img_0094







天気もよくて暖かくてとても穏やかな祭り日和でした。この祭りは正式には八幡神社大漁祈願祭と呼ばれて島での最大の年中行事です。この3日間は小学校はお休みです。漁も休み民宿も休みで村民一同が揃ってお祝いする祭りです。従って特に宣伝をするわけでなく観光客もあまり来ていませんが、行けば村の人たちは大歓迎してくれます。

答志島のことはこちらで
http://www.ymd7.com/trk/tousi-iroha.htm

鳥羽港発 9時20分発、和具・答志行きに無事乗船!
25分後に和具港へ。
まず、歴史探訪!この島一番の武将 九鬼嘉隆首塚、胴塚へ。
散策路は凄い勾配で途中2度の休憩?しかし景色は最高です!

Img_0118

Img_0116

Img_0125

その後美多羅志神社に参拝し橋本宮司さんから神さましか飲めないと言われているにごり酒を一升いただきました。これはM氏のお陰です。そのお酒を持って今日の昼食場所 「すし川」 へ 

なんとこれで2000円の料理です。煮魚は今朝お寿司屋の大将が私達のために釣ってきてくれたのだそうです。これはサービスですって。
申し訳ないことです。

Img_0142

Img_0149

このお酒(三重の新嘗)は四日市のタカハシ酒造が造るお酒で三重県の800の神社にしか配らないお酒なんです。非売品です。

ある程度満腹になり、雑談に花が咲き、勢いに乗って女将さんもいつの間にか参加!?答志ではお正月、還暦祝い があり、還暦の人にはそれぞれの歌詞が与えられ、一時間かけて漁業組合から美多羅志神社まで自分の歌詞を伊勢音頭で歌いながら歩くそうです。その模様をビデオを持ち出して女将さんが説明してくださいました。なかなかいい風習ですね。自分だけの歌があるなんて。もっとも誰もが歌を作るのはつらいので歌を作る専門家がいるのだそうです。
 いつの間にか12時前になり、急いで会場へ。

Img_0156

Img_0160Img_0159(これは還暦祝いの ビデオを撮ったものです。)

会場はこれまたM氏の計らいで宮司の奥さんが特等席を用意していただいて、いい場所でお祭りのクライマックスシーンを見学させていただいています。しかし、今年は一部立ち入り禁止? その訳は「今年は鳥羽市長が観覧されるので・・・」ということで納得。奥様と入場されました。

日本舞踊が始まりました。小学3年生の演技から中学生代表の演技          
これなる演技がプロ?

Img_0168

Img_0171

Img_0179

Img_0186

それからおばちゃん連中の踊りと続いていよいよクライマックスの獅子舞いです。

ここの獅子舞いは一升瓶や寒ぶりそして投げ銭などなんでも食べちゃいます。
舞台の前の道路では「お的」という行事で運ばれる神聖なる墨を島の男らが奪い合うことが行われます。
このクライマックスが終わると人々は休憩のために家に帰ります。
私たちも帰りの船に向かいましたが港の近くの漁業組合の広場で酒、ビールにサシミや魚の煮つけなどなどがいっぱいあって飲み放題食べ放題の大盤振る舞いをされました。

Img_0204Img_0209Img_0219Img_0250

中日新聞の記事

Image001

| | コメント (0)

2009/02/19

「須磨子という名の正子 ~女優・松井須磨子の光と影~」

今度岐阜で私の知り合いの 後藤 好子さん が一人芝居を
することになりました。
私も今度初めて見るのでその腕前の程はよく知りませんが

名古屋の俳優館というところで頑張っている女優です。
チラシでは看板女優と書いてありますね。
なかなか迫力のある女性でもちろん美人です。
もしお時間と興味があったら見てやってください。

■ プレイベント

◆ 日時  3月10日火曜日 14:00~15:30

◆ 場所  岐阜市文化センター  小ホール


◆ 料金  無料(当日先着順)

■ 「須磨子という名の正子 ~女優・松井須磨子の光と影~」

◆ 日時  3月25日水曜日 19:00~ 
          26日木曜日 13:30~

◆ 場所  岐阜市文化センター  小ホール

◆ 料金  一般 3000円 高校生以下 2000円 (当日は500円増)

   チケット発売  岐阜市文化センター  058-262-6200
           岐阜市民会館       058-262-8111
           長良川国際会議場    058-296-1200
           ローソン チケットピア  でも販売しています

| | コメント (0)

日本ナレッジ・マネジメント学会第12回年次大会のご案内

「210307.pdf」をダウンロード

「mousikomi.pdf」をダウンロード

私の友人がこの 日本ナレッジ・マネジメント学会 の役員をしています。
今年名古屋で初めて学会の年次総会が開かれます。通常は会員だけなのですが今回は会員以外も参加OKだそうです。それよりも集客が大変だと言っていました。

内容はちょっと硬いですがとてもよさそうです。
大会は無料ですが終わってからの懇親会は3000円いります。

よかったらお申し込みください。

◆ 開催日時  2009年3月7日(土)9:30~17:00
         ※年次大会終了後、懇親会(17:15~20:45)

◆ 会 場  名城大学天白キャンパス共通講義棟南 302講義室
         名古屋市天白区塩釜ロ1丁目501番地 TEL(052)832-1151
            地下鉄鶴舞線「塩釜ロ/名城大学前」駅下車
            ※添付地図参照・なお車によるご来場はご遠慮下さい。

◆  テーマ  「創造性と知 一UniqueBusinessModeI on MONODUKURI」

◆  会 費    年次大会参加費 無料・懇親会参加費 3000円(実費)

◆  受 付   申込書に必要事項をご記入の上、2月27日(金)までに、郵送、FAX、
         電話、E-mailでお申し込みください。

| | コメント (0)

2009/02/09

山元加津子 さん  「宇宙の約束」 

私の知り合いが船戸クリニックでイベントをやります。
みなさんご存知の 山元加津子さん の映画とトークショー
さらに 「ボロン」のライブショーまであって無料です。

入りきれない恐れがあるので参加するよと言う方は
メールをいただきたいです。

「210426.pdf」をダウンロード

◆ 日時 2009年4月26日 日曜日   

          10:30開場    1l:00 上映開始       

◆船戸クリニック   岐阜県養老郡養老町船附134
              (大垣インターから車で国道258を南へ5分)
               

◆入場は無料です!(ドネーションは大歓迎です♪)
  
● 1部 上映会 山元加津子 ドキュメンタリー映画 「宇宙の約束」

● 2部 山元加津子講演 「宇宙の約束-いつかのいい日のため-」

● 3部 岩崎 靖子監督 トーク
          船戸 崇史先生 映囲出演記念トーク

● 4部 「ボロン」ライブ

| | コメント (0)

川田きし江  世 界 出 会 い 旅 ス ケ ッ チ  展

川田きし江  世 界 出 会 い 旅 ス ケ ッ チ  展 
  
   .......大自然に生きる少数民族や道端の草花にも心をよ せて...........

と き   2009年2月11日(水)~ 3月7日(土)まで
        10:00~17:00  (日、月、火 休み)

◆ところ   談話室 ギ ャ ラ タ ン 

      愛知郡東郷町白鳥2-15-20  TEL 0561 -38-4131

**** 第3回 グループ賛アジア写真・絵画展 ****

と き   2009年3月3日(火)~8日(日)
       9:30~18:00(最終日は17:00)

ところ  名古屋市民ギャラリー栄 (中区役所ビル7階第3室)
       TEL052-876-1443

| | コメント (0)

2009/02/07

四国八十八箇所お試し旅

Img_0012

Img_0052

Img_0067Img_0087Img_0159





先日四国八十八箇所お試し旅というのに参加してまいりました。
定年になったら 四国八十八箇所めぐり でもしようかな  なんて軽い気持ちでいたのですが早くも8年目になってしまい四国八十八箇所は遠い存在となっております。
今回は クラブツーリズム の 「こころの旅」 の企画の一つで9回の旅で回るものですがその第一回目の旅で名古屋駅を午前7時に出て午後9時に帰ってくるものです。1番から7番まで回りました。それで4980円昼食つきというめっちゃお値打ちの旅でした。

しかし後でわかったことですがこれが「えびで鯛を釣る」といういわゆるえびだったのですね。あとの旅はそれなりにお金がかかるようです。

しかし今回四国八十八箇所めぐりの参拝の仕方やお寺のことなどが専門の先達さんから伺えてとても良かったです。

納経帳  88箇所の帳面です  

           今回は添乗員さんがまとめて朱印を押してもらっていただきました。

打つ   お寺に行くことを言う
     昔はお寺にお参りするときに板を打ったものだそうです。

     くぎり打ち   一部のお寺をお参りすること
     一国打ち    阿波の国だけすべて回る場合
     通し打ち    すべてを一機にお参りすること
     打ち始め    その日最初にお参りするお寺
     打ち止め    その日またはその旅の最後のお寺

参拝の仕方
     山門で一礼
     身を清める   手水で手と口を清めます 1杯の水で
     本堂参拝   
        線香を立てる  3本です  身と口と意を表すそうです  3蜜の教え
                真ん中から立てること  後からの人のために
        ろうそくを立てる   上の段から  これも後からの人の立てやすいように                 

        お賽銭     賽銭箱に入れる
        納札      事前に名前 年齢 住所を書いた札を納札箱へ入れる
                 これは名刺のようなものです

        お経を唱える  開経偈
                懺悔文
                般若心経
                御本尊御真言 十三の仏がそれぞれのお寺にお祭りしてあり                            そのお寺の御本尊にあわせて御真言を三回唱えます
                光明真言    三回唱えます
                大師宝号    弘法大師のこと 3回唱えます
                回向文

               これだけのお経を先達さんについで唱えます

     大師堂参拝   どこのお寺にも大師堂というものがあります。
               ここでも本堂と同じようにお参りします。
               違うところは大師堂には御本尊御真言はありません。

     山門で一礼

  一つのお寺にこれだけのお参りがありますから大変です。
  今回は平日でしかも2月という季節なのでどこも大変空いていました。
  4月以降は大変な人出だそうでお参りもえらいことです。

 その他

  ・鐘 つき    お参りの前に鳴らすこと
  ・トイレに行くときは 杖 輪げさ は持って入らないこと
  ・杖    橋の上では杖をつかないこと   同行二人お大師さまと一緒に歩く                                                             
  ・ろうそくの火   他のろうそくから火をもらわない
  ・お参りの通行  左側から回る
  ・金剛杖  家に帰ったら水できれいにして床の間などに置いておくこと
        弘法大師の代わりとうけとられてます

  ・お接待  地元の人たちが巡礼の人に施しをすることを言います。
        お茶や食事食べ物など
        お接待させていただけませんかと声をかけられるそうです
        バスではほとんどありません

今回はバスでの団体参拝でしたが自家用車ジャンボタクシーで行く人や歩いて回るやりかたなどがあります。
歩いて行くとなると40日から50日かかります。一日40キロくらい歩いての計算ですから並大抵のことではありませんね。

天気が良くて暖かくていいお参り日和でした。

88箇所全部回れるかどうか思案中です。
結構お金と時間がかかりますね。

今回のバス旅行では行きと帰りに車中で般若心経を全員で唱えました。車中でお酒を飲む機会も買う場所もありませんでした。今までのバス旅行では考えられないことですね。

                
        

| | コメント (0)

2009/02/02

本間 希代子さん 個展のお知らせ

中津川市加子母で一人で村おこしの絵を描いている本間 希代子さんの個展のお知らせが参りました。以下彼女からの案内文です。

Honma1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月1日(日)から、名古屋大曽根の喫茶ぱんとまいむさんで、個 展が始まりました。
今回は、手のひらサイズの小さな額絵がたくさんと、牛乳パックを漉い
た紙に描いた水彩画、カレンダーの原画も展示販売しています。

初日から小さな額絵はお客さまのもとへ旅だっています。。

嬉しい悲 鳴!途中で追加する予定です。
喫茶ぱんとまいむのモーニングはいろいろついてて素敵ですよ~。長い も明太子パスタもお気に入りです。
お近くにお越の際は、ぜひ、寄って下さいね。>
私が会場にいる日は、10日(火)夕方~、14日(土)、15日
(日)午後から、28日(土)です。
最終日の28日は5時までですので、お気をつけ下さいませ。

個展 アトリエからこんにちは
2009年2月1日(日)~28日(土)*8日(日)22日(日)はお休 みです

喫茶 ぱんとまいむ 月~金曜 AM7:00~PM7:00 土
                                   日祝 AM7:00~PM5:00
                            〒461-0023 名古屋市東区徳川町2501マルカネビル1F
● JR中央線・名鉄瀬戸線・地下鉄名城線「大曽根駅」より南へ 徒歩5分
●「徳川美術館北」の交差点角 http://www.geocities.jp/pantmano

 本 間  希 代 子
うたたねハンモック

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »