« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008/11/30

湖東三山と永源寺

友人が先週 湖東三山と永源寺へ行ってきて良かったというメールがきました。
来週あたりが最高だと書いてありました。

天気予報を眺めて今日行ってきました。
天候に恵まれて紅葉狩りとしては近年にないすばらしいものでした。
友人に感謝ですね。
どこも大変な人出で紅葉よりも人出を見に行った感じがしないでもないですが。

◆ 西明寺 
Img_1946Img_1956Img_1987Img_1960






彦根から一番近くにあります。おなじみ多賀大社を過ぎるとほどなく駐車場が見えて来ましたが今日は下のほうはいっぱいで山の上のほうの駐車場に案内されました。こちらのほうがお寺には近かったのですが。
きょうは4箇所回りましたが後から考えるとここが一番紅葉がきれいでしたね。
日差しのせいもありますが
それから西明寺で感じたのはご住職の商売熱心さでした。ありとあらゆるものを販売しようという魂胆が現れていまして実にこまめに商売をされています。
湖東三山といって3つのお寺が一緒に売り出されていますが一番初めに訪れるこの西明寺で商売は終わりといった感じです。
いえ悪い感じはしませんのですが。
ご住職の熱心さに打たれました。
庭も素晴らしいし三重の塔もいいですね。
それから本堂を見せていただきましたら本堂の裏側にたくさんの仏像が並べてあるのです。説明の方の話では昔ここには17のお寺があったそうですが織田  信長にみんな焼かれてしまって仏像だけが逃げてきたのだそうです。いつの日かお寺が再建されるのを待っているのだそうですがもう600年も待っているのですね

◆ 金剛輪寺

Img_1996Img_1999

Img_2084


金剛輪寺は西明寺から西へ2キロ行ったところにありました。道路を左に回るのですがあまりそちらへ行く車が見当たらずここはマイナーなのかと思いましたが行ってみるとたくさんの観光バスや観光客がいっぱいでした。
ここも素晴らしい庭と本堂はかなり階段を登った山の上にありかなり疲れました。ここでも本堂にはたくさんの仏像が安置されていました。また三重の塔もりっぱですね。本堂への道中にたくさんの石仏が並んでいましたがあれは水子の供養でしょうか?
ここでも織田  信長の焼き討ちがあったようですね。

◆ 百済寺(ひゃくさいじ)

Img_2114Img_2128_2Img_2165Img_2174Img_2176_2 次はまた西へ車を走らせて百済寺へと向かいました。私はこのお寺をくだらじまたはくだらでらと思ってカーナビにセットしましたがどうしても出てきません。カーナビがおかしいのかと思ったのですがあとは道路標識目当てに走りました。標識をよく見ると「ひゃくさいじ」と書いてありまして なーるほど と合点が行きました。
百済寺はなんと聖徳太子がお作りになったという近江では一番古いお寺だそうです。知りませんでした。なんとここも織田  信長に焼き討ちにあっているのですね。織田  信長は聖徳太子をも恐れないとんでない人だったのですね。いろいろ理由はあるのでしょうが
百済寺は当時は城の役目をしていたらしいです。お寺はずいぶん高いところにあり歩くのにかなり疲れました。ここもお庭がとても立派です。
織田  信長は安土城を作りましたが石垣はここ百済寺からずいぶん持って行ったそうですね。とても大きなお寺で驚きました。

◆ 永源寺

Img_2230

Img_2229

Img_2249



最後は永源寺です。ここは紅葉の名所として有名ですね。過去に二度ほど来ています。ところが私はほとんど覚えていませんでした。なんという物忘れがいいことでしょう。お陰で今回も新鮮な気持ちで見ることが出来ました。やや紅葉は遅かったようですがお寺はとても立派です。またここはお寺以外の商人が商売熱心です。門前町みたいにみやげ物屋さんや食堂旅館まであります。駐車場も500円取られました。ちなみに前の3つのお寺は駐車場はすべて無料でしたが。面白かったのは地元の小学生によるお寺の説明のポスターがお堂の中にはってありました。いいことですね。

◆ おまけ
紅葉めぐりで疲れたので近くの温泉に入ろうと思って売店のお姉さんに聞きましたらすぐ近くに永源寺温泉と言う素晴らしい温泉があるとのことで早速行きました。入り口で値段を見てビックリ

Img_2267

土日は大人1500円です。家内と顔を見合わせて「もったいない」そこから彦根へ回って彦根の極楽湯へ入って来ました。そこはなんと390円でした。いつもは750円なのですが今日は特別な日だそうです。ラッキーでした。いろんな風呂があってよかったです。

極楽湯

Img_2286

| | コメント (2)

2008/11/23

トヨタ白川郷自然学校へ

21-22とメロウ倶楽部のみなさんで白川郷にあるトヨタ白川郷自然学校へ行ってきました。

21日は雨と雪の天候でした。でもはじめて見る雪景色はとても新鮮でしたね。まさか11月に雪景色を見れるとは思いませんでした。
トヨタ白川郷自然学校では館内の案内をしていただいたあと食堂でのフレンチフルコースは最高でした。ワインもうまかった。飛騨牛ですかの問いに対して「氷見牛です」との答えには驚きましたね。同店では氷見から新鮮な魚介類を仕入れていましてそのついでに氷見牛も仕入れているとのことでした。飛騨牛に負けないくらいおいしかったです。

Img_0769

Img_0850


夕食パーティの後、同学校のインタープリターの指導で、野外で焚き火をしながら、白川郷近辺の自然の紹介、民話紹介など、約一時間の学習体験はあっという間に終わりました。

  Img_0807
Img_0803_2





その後、室内に戻り、二次懇親会。持込のお酒や焼酎、ワインなどで歓談が尽きることを知らないくらいに盛り上がりました。今回は北陸のみなさんとも一緒でしたからおいしいお菓子や珍しい漬物などでご馳走になりました。
 
明けて、二日目は、天候が晴れ上がり、氣温も復調。同所インタープリターの指導で、山の雪上自然観察体験。 かんじきを履いて、森のなかに入り、山の動物達の生態や、樹木の移り変わりなど、学習しました。山の外気を部屋の中に取り入れて冷暖房の足しにしているのには驚きましたね。

Img_0921

Img_0900

Img_0915 Img_0852






トヨタ白川郷自然学校を後にして、白川郷の高台の白川郷展望台に上がり、白川郷一帯を眺望して全貌を把握できました。土曜日でもあり環境客の多いこと多いこと。

Img_0942

Img_0946


それから全員でおりよくうどんやに入りそこではにごり酒を飲みました。
あとは各自自由散策で3時35分のバスで名古屋・岐阜へ帰りました。

自由散策では眺望という喫茶店へ入りました。
明善寺のお寺の前にあり喫茶店「眺望」の窓際に外へ向かって一列に並んだ席から外を眺めれば世界遺産を眺められる唯一の喫茶店とおやじがいばるだけのことはあります。

またバス停前の食堂へ入りまたまたにごり酒を飲みました。うどん屋とは格別に違いのわかるおいしい酒でした。硬い豆腐の田楽もおいしかった。飛騨牛コロッケもうまかった。
食べる楽しみばかりでしたね。

今回の白川郷は初雪に恵まれて残っていた紅葉とともにいい体験が出来てよかったです。
トヨタ白川郷自然学校のみなさんの対応もとても良かったし温泉もホカホカといつまでも暖かくて

| | コメント (0)

来年の「月と季節の暦」 

来年の「月と季節の暦」の案内が志賀 勝様から来ました。
この「月と季節の暦」というのは月を中心にしたカレンダーなんです。1年の始まりは旧暦の1月1日ですからたいていは2月になりますね。
来年は1月26日が旧暦の元旦です。

「2009.pdf」をダウンロード

志賀 勝様と知り合ってから月のことをいろいろと知ることになりました。
勉強すればするほど面白いです。

みなさんも如何でしょうか?
1冊 2100円です。
ホームページから注文できますよ

 http://tsukigoyomi.jp/

| | コメント (2)

2008/11/12

「まぼろしの邪馬台国」

今日の夕方急に思いついて映画を見てきました。かねてから見たいと思っていた「まぼろしの邪馬台国」です。主人公の宮崎 康平氏を今まで知りませんでした。

島原鉄道の社長であり「まぼろしの邪馬台国」という本の作家であり「島原の子守唄」の作詞家でもあります。

映画館はたくさんの映画館から出来ているいわゆるシネコンで大きなショッピングセンターの中にあります。
切符売り場でチケットを買うときに売り子の男性が「場所はどのあたりがよろしいでしょうか?」とたずねるので真ん中あたりがいいね と言いましたら承知しましたと言ってチケットを渡してくれました。

映画館の中へ入ったら私たち夫婦しか客はいません。そして最後まで二人だけの貸切状態でした。もしも私たちが行かなかったら観客0でしたね。それでもやはり上映するのでしょうね。

気がついたらこのところ吉永小百合の主演映画ばかりみています。最近では「母べえ」
その前は「北の零年」でした。
どの役もしっかりものの女性ですのでなんだか吉永小百合そのものを見ているような錯覚に陥ります。

「まぼろしの邪馬台国」早速図書館で借りてこようと思います。大きなロマンですね。宮崎社長は過労から目が見えなくなったそうですが、目が見えなくなると他のものがよく見えるようになるのでしょうかね

| | コメント (0)

2008/11/09

ヌード撮影  初体験

昨日 名古屋国際会議場で開かれているエンジン01 というのに
参加してきました。
国内の文化人約120人がボランティアで参加しているもので
今回は名古屋大会です。

http://www.bunka758.or.jp/enjin01/

その中に「ヌード撮影をやってみよう」というのがあったのです。
約50名ほどが参加しました。
おじんばっかりかと思ったら意外と若い女性の参加が多かった。

Rimg0069Rimg0076_2Rimg0078

他の講座は録音 撮影 一切禁止となっていましたがここだけは撮影OK(あたりまえ)

ですがカメラのない人にはデジカメを貸してくれるというサービス満点ですね

本当に女性のヌードモデルが来るのだろうかと期待に胸膨らませて
いましたら
来ました 来ました
最初は大きなバスタオルを羽織っていましたがその
きれいなこと
まるで妖精か天女のような素晴らしい美女ではないですか

今回の先生(会を主催する)は以下の方々でしたがみなさん
ヌード撮影は初めてだという人が多くて先生方も興奮気味でした。
(写真参照)

全員の撮ったものを一人1枚に限り展示してその中から数名に
賞品がもらえました。

私は後のスケジュールがあったので自分の分を撮ってから退散
しましたが

いい体験でした。

| | コメント (0)

2008/11/01

家電業界の話

先日名古屋の家電大手の株式会社エイデン 岡嶋 昇一社長様のお話を聞く機会がありました。かいつまんで書きますと

わが国の家電業界
  総売り上げ      10兆円   ここ5年間ほぼ横ばい
    大手10社     5兆円   50%
       3社     3兆円   30%  を占めている

 
家電業界のNO・1の移り変わり
   1993年   地域家電店 パパママストア   27%
   1998年   旧大型量販店          25%関西電波・エイデンなど
   2003年   新興量販店           25%ヤマダ・コジマなど 

エイデンの成長エンジン
   1980~  通販
   1990~  情報家電 パソコンなど
   2002~  店舗の大型化

業界の再編は
   ・商材はあるが価格競争ますます激化するだろう
   ・全国で生き残るのは2社か3社に集約されるだろう

岡嶋社長の好きな言葉より

・ 禍福は、糾える縄の如し  失敗は恐れない いつも前向きに
                     家電の不法投棄事件の教訓から

・ 時代の風を肩で知る 時代の変化を感じて仕事をすることの喜ぶ
                     NECの関口会長の言葉から

・ 人の行く裏にみちあり花の山 常識を疑う、時代とともに常識は変化する
                     上新電機の前社長から

ということでこれからますます大変なことになりそうですね。
 

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »