« いのち、きらめく医療 | トップページ | あいち炭やきの会 総会 »

2008/05/15

坂田 道信さんの はがき道 について

坂田 道信さんと言う人がいます。
今年68歳になられました。

だいぶ前に坂田 道信さんが名古屋へ来られた時にお話を聞きました。
坂田 道信さんは複写はがき という特殊なはがきを書いておられます。今日会ったらすぐに坂田 道信さんからこのハガキが来ます。本人は複写の写しが残っているというわけです。
坂田 道信さんの話を聞いて複写ハガキを実際にやっている人もたくさん知っています。
私は出来てませんが。
複写ハガキを書いたらどんな良いことがあるのですか? と尋ねる人がいます。
坂田 道信さんはまず複写ハガキを書いてみてください。
書いた人にだけ教えてあげましょう。 と言われます。ですから私はどんないいことがあるのか知りません。

坂田 道信さんは会った人すべてに年賀状を出されます。
年賀状だけで16000通 100万円もかかるそうです。
書くのに3ヶ月 読むのに3ヶ月。
本当にすごい人です。

坂田 道信さんの はがき道 について

坂田 道信さんの対談

坂田 道信さんから先日68歳になりましたと添付のようなお手紙をいただきました。
さすがにハガキには書ききれないからということでしたね。

「20080331sakata.pdf」をダウンロード

|

« いのち、きらめく医療 | トップページ | あいち炭やきの会 総会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いのち、きらめく医療 | トップページ | あいち炭やきの会 総会 »