« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008/05/29

斉藤 和彦さんモルドバへ

今年3月にテレビ朝日で放映された「モルドバで炭焼きを教えてきた

 

斉藤 和彦さん」からモルドバへ行ってきての体験談を聞きました。

 

5月18日に愛知県民の森で行われた あいち炭やきの会の総会での

 

ことです。

 

斉藤 和彦さんは愛知県の僻地 段戸山で炭焼きを教えている人です。

 

愛知炭焼きの会の副会長で三河炭焼き塾の塾長でもあります。

 

斉藤 和彦さんは4人の子宝に恵まれていますが4人目の坊ちゃんがちょっと

 

障害があるために50才までやっていたサラリーマンをすっぱりやめて

 

山に入って炭焼きになり息子さんと一緒に生活されています。

 

今の生活に大変満足しているとおっしゃっていました。

 

以下は斉藤 和彦さんのお話です。

 

続きを読む "斉藤 和彦さんモルドバへ"

| | コメント (5)

2008/05/28

長谷部さん 健康会だより

長谷部 茂人さん から 「健康会だより」 の新しいのが送られてきました。
長谷部 茂人さんはなかなかの勉強家で健康全般についてよく勉強されています。

そのパンフレットを載せさせていただきますとともに主な内容を書いてみます。

「20080523.pdf」をダウンロード

・ノーベル賞のメダルの図柄について
  メダルを見たことはないのですが、最近名古屋市科学博物館でそのレプリカが展示されたそう  です。
  どっちみち縁のないものではありますが
  メダルの裏側の像は2人の像が描かれています。左側にべ-ルを被った自然の女神ナトウラ (Natura)がいて、右手に持つ水牛の角には穀物が入っている。ナトウラの隣に描かれているは、  科学の女神スキエンチア(Scientia)。スキエンチアがナトウラの被いを取ろうとしている様子を描写し  ています。
  このことは自然科学の役割を示しているもので、自然の真の姿を覆い隠しているベール、すな わちカヴァー(cover)を除去(dis)することが発見(discovery)の語源になっているといわれている。つまり、自然の立場から言うと、自然は真の自分の姿は隠しているもので、人間がそのベールをはがさないと真理を見出すことはできないと考えているのである。

・子どもはつくるものか授かるものか?
  あなたはどう思われますか
  世界では毎日20万人づつ産まれているそうですが

・地球上最初の生物はどのように発生したのか
  随分昔の話ですが、ソ連科学アカデミー会員だったアレクサンドル・オパーリン博士は、「太古の地球において、低次の有機物質群とよべる原始スープの中で、生物でないものから生物がつくられた」という研究を発表して、世界中から脚光を浴びました。

・生命はつくれない
  近頃、京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授らは、人間の大人の皮膚細胞か  ら人工多能性幹(iPS)細胞を生成する技術を開発し、世界的な注目を集めました。
  しかし生命そのものは作れないのです。大腸菌一つさえも出来ないのだそうです。

・健康づくり ワンポイント

 ①運動
    <ウオーキング>  1日1時間のウォーキングを

    <ストレッチング> 赤ちゃんのような柔らかい体になるとリンパの流れがよくなる

 ②食事
    <穀菜食主義>   穀物 野菜中心の食事をしよう

    <岨囁-よく噛んで食べる> 

 ③温熱法
    <十4度入浴法>   基礎体温+4度高い温度で20-30分入浴する。

    <高温浴>      44度から45度の高温で10分間入浴する。

    <全身温熱法>

| | コメント (2)

神と繋がるアートの祭典

歌手の 織絵さん が面白い企画を考えたようです

興味があったら参加してみませんか?  織絵さんはあの有名な お産の家 岡崎の吉村医院のお嬢さんです。 随分前から歌手活動をされてます。 私もささやかですが応援しています。

「20080704.pdf」をダウンロード

◆ 7月4日 金曜日  14時 開場  15時 開演

◆ 名古屋市東文化小劇場

◆ チケット   前売り  4000円  当日 4500円

◆ 申し込み  090-6031-9508   金本

          tenchijin_aoc@hotmail.co.jp

◆ 出演者  金本 由香      吉村医院で赤ちゃんを産んだ人

         大志          富士山をハンカチで包む運動家

        大牟田 智子     春日産院院長

        N‘DANA       アフリカンパーカッション・ユニット

        パニャソング芽衣   ダンサー シンガソングライター シンガー

        織絵           シンガー

| | コメント (0)

2008/05/20

あいち炭やきの会 総会

先週の土日に愛知県民の森で行われた「あいち炭やきの会 」総会に参加してきました。
P1140531





私は炭焼きそのものに勿論関心がありますが今回は本当に内容が濃いかったです。
まず土曜日は1時から5時までみっちりと各人から報告がありました。

柴田晃・政策科学博士  大幸テック株式会社 元社長

    「炭による地球温暖化防止と持続可能な産業振興」
    炭がどうしてカーボンマイナスになるのかなんとなく
    わかったような気になりました。

杉浦銀治・ 国際炭やき協力会会長 「エジプトに於ける金属シリコンと木炭」
    80歳を過ぎた銀治先生が世界を股にかけて炭焼きを指導して
    歩かれるお姿に感激です。

高橋忍・静岡県炭やきの会会長「ポーラス炭と地球温暖化防止」
    竹炭による農業への活用方法を教えていただきました。

陳文祈台湾工業技術研究院「台湾の環境問題と竹炭産業」
  
    台湾が短期間のうちに国を挙げてこのような炭の研究をされて
    いるのに驚きと同時に日本は大丈夫かとの思いです。
    4年ほどまえから日本から炭焼きを教えたのだそうですが今では
    国を挙げて活発に研究が行われています。
    陳先生をはじめかわいい二人の女性が来ていました。とても熱心に
    勉強していました。

斎藤和彦・三河炭やき塾塾長「モルドバ共和国に於ける炭文化の伝道
    テレビ局の仕掛けとはいいながら、初めて聞くモルドバのことや
    炭焼きによって暖房の仕組みを教えてこられたその実際の話に
    感動です。

鬼頭俊雄・NPO法人矢作川と三河武士「尿から水素、微生物と竹炭触媒」
    いつもながらの鬼頭節 今回はちょっとレベルが違いました。
    炭と微生物で水素が出来るなら世界を救う技術です。
    命を狙われないようにして本物に仕上げて欲しいものです。

また終わってからの懇親会では意外な出会いがたくさんありました。どこかで
みんな繋がっているのですね。初めての人ばかりだと思っていたら
とんでもない出会いがたくさんありました。

P1140736
 



翌日は早く朝食を済ませて 近くの阿寺の七滝を見てきました。
滝へ行く途中で空気が変る瞬間を体感出来たのは初めての経験でした。
なかなか行けないところですがよかったです。

P1140771







そしてポーラス竹炭作りの実際を見せていただいたのもいい経験でした。
あっという間にたくさんの竹が畑で炭になっていきました。これを畑に
蒔くと土地がよくなり炭素の固定にも繋がるということですね。

P1140807

P1140829

続きを読む "あいち炭やきの会 総会"

| | コメント (2)

2008/05/15

坂田 道信さんの はがき道 について

坂田 道信さんと言う人がいます。
今年68歳になられました。

だいぶ前に坂田 道信さんが名古屋へ来られた時にお話を聞きました。
坂田 道信さんは複写はがき という特殊なはがきを書いておられます。今日会ったらすぐに坂田 道信さんからこのハガキが来ます。本人は複写の写しが残っているというわけです。
坂田 道信さんの話を聞いて複写ハガキを実際にやっている人もたくさん知っています。
私は出来てませんが。
複写ハガキを書いたらどんな良いことがあるのですか? と尋ねる人がいます。
坂田 道信さんはまず複写ハガキを書いてみてください。
書いた人にだけ教えてあげましょう。 と言われます。ですから私はどんないいことがあるのか知りません。

坂田 道信さんは会った人すべてに年賀状を出されます。
年賀状だけで16000通 100万円もかかるそうです。
書くのに3ヶ月 読むのに3ヶ月。
本当にすごい人です。

坂田 道信さんの はがき道 について

坂田 道信さんの対談

坂田 道信さんから先日68歳になりましたと添付のようなお手紙をいただきました。
さすがにハガキには書ききれないからということでしたね。

「20080331sakata.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

いのち、きらめく医療

行事のご案内です

「inoti.pdf」をダウンロード

特定非営利活動法人 日本ホリスティック医学協会中部支部で毎年行っている恒例の
シンポジウムです。
今年は日本ホリスティック医学協会の会長である帯津 良一名誉院長をお招きして
特別講演「人間まるごとの医療」と題した講演があります。

もうひとつは濱島 秀行さん他の音楽療法士による楽器演奏があります。

まだ多少席はあるようです。
お申し込みはお早めに

◆ 日時  6月1日 午後1時10分から 4時20分 まで

◆ 会場  ウイルあいち (愛知県女性総合センター)
          ウイルホール

◆ 参加費  前売り  2500円  当日 3000円

◆ 申し込みは

       TEL O586ー46ー1273 FAX O586-46ー0367 長谷部 まで

       E-ma= kenko@world.interq.or.jp

| | コメント (0)

2008/05/11

整膚 の講演会

金曜日の中日新聞を見てビックリしました。
それは添付資料のような一面広告が載っていたからです。

整膚 の講演会の広告です。

整膚 と言ってもご存知ない方が多いかも知れませんね。
簡単に言うと「皮膚を引っ張る」健康法です。
今までの指圧は押す健康法ですがこれは引っ張る健康法です。

押してもダメなら引いてみな  というやつですね

広告の内容は
5月11日から31日まで殆ど毎日無料の講演会を開くというものです。

詳しくは資料をごらんください。

「20080511.pdf」をダウンロード

講演1
  時間  午前10時から11時30分まで
  講師  整膚学園学園長 徐 堅氏
  内容  「皮膚を耕す緩和医療の新しい道」

講演2
  時間  午後1時から2時まで
  講師  「整膚美容法」著者  蔡 晶氏
  内容  「整膚美容法のメカニズム」ほか

場所   名古屋ルーセントタワー3階 整膚学園
         052-588-7807

別に私は整膚 の回し者ではありませんし頼まれたわけでも
ないのですが、お暇のある方は是非聞いてみられたら如何かと思うので
お知らせします。

整膚 を私が最初に知ったのはいまから10年くらい前だったと思います。
この会の代表の徐 堅氏が広小路通りの丸栄の前に立って一人で整膚 を
説明していました。
私はそこで整膚 というものを知りました。
その後いろいろな知り合いがこの整膚 で仕事をするようになってそれで
知っているのですが。
このような大新聞に一面広告を出すようになったとは
名古屋ルーセントタワーのような 立派なビルに事務所を構えるように
なったことも驚きです。

| | コメント (0)

2008/05/08

下垣 真希さんのコンサート

下垣 真希さん のコンサートのお知らせです

「20080614.pdf」をダウンロード

父に捧げる 思い出の歌

◆ 6月14日 土曜日
  
    14時開演  (13時30分開場)

◆ ザ コンサートホール
      伏見 電気文化会館

◆ 全指定席   一般  5000円
           学生  2000円 (高校生以下)

◆ 予約・問い合わせ
        
    有限会社クレッシェンド企画   052-938-7011
                     info@maki-opera.com

いつも超満員の下垣 真希さんのコンサートです。
今回は特に大好きなお父さんに捧げるということで
素晴らしい舞台になると思います。

まだ少しチケットが残っているようです。
お確かめの上お出でください。

| | コメント (0)

「イタリア村」が自己破産

昨日新聞を開いて驚きました。
なんとあの名古屋港に出来ていた「イタリア村」が自己破産と出ているではありませんか?

http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2008050802009417.html

あんなに賑わっていたのにどうしたのでしょう?
新聞によると愛・地球博のときには大変賑わったが最近はさっぱりだったとか。
170億円の負債だそうです。

あそこにはちょっとした思い出があります。
もう10年くらい前でしょうか?
会社に行っていたころです。
中部ニュービジネス協議会の会員の一人としてあそこの開発計画を一緒に検討したことがあります。当時は古い倉庫の建物があるだけでした。
この倉庫を使って小樽みたいな雰囲気のものが出来たらいいね
ということでいろんなアイデアが出ましたが、そのときは採用とはなりませんでした。
そして愛・地球博のちょっと前にイタリア村の話が出てきてあれよあれよと言う間に出来上がりました。
イタリア村とはうまいことを考えたものだと感心したものです。

私も二度ほど行きましたが正直言って買いたいものはあまりありませんでしたね。
もっとも買うためのお足がないことが原因ですが

今朝の新聞では結婚式場のクレールがあとをやってもいいと言っているとか。
なんでもイタリア村の結婚式場は1年半先まで予約が入っているそうでここでやめてはもったいないですね。

そしてもう一つ興味があるのがPFI方式による事業の破産です。なんでも全国で二つ目だそうですが。

PFI方式とは
http://www.jcca.or.jp/iinkai/pfi/NewFiles/3.html

これなら大丈夫と思ってやった方式のはずですが、どんな方式でも倒産するということですね。

| | コメント (2)

2008/05/03

「お茶の子菜々倶楽部」 ご案内

昨年から常滑で若者3人が畑を借りて農業を始めました。
まだまだたいしたものではありませんが、考えていることはデッカイです。

そこで今回はその手始めととして「お茶の子菜々倶楽部」のご案内をします。

◆「お茶の子菜々倶楽部」 とは
50才以上の人を対象とした農業体験コミュニティです。
毎月一回実施しますので参加してみようかなと言う方はこちらまで連絡してください。

「otyanokosaisai.pdf」をダウンロード

株式会社 M-easy
  〒479-0806
    愛知県常滑市大谷字奥條97番地
    連絡先 TEL:  0569-37-1770       
     戸田友介 ・竹内 匡史 ・溝邉 育代

http://www.m-easy.co.jp/
info@m-easy.co.jp

もう一つお知らせ
◆ 旬の野菜 の宅配便

別紙の案内を見てください
連絡 ご注文は M-easy まで

「syunoyasai.pdf」をダウンロード
そして彼らはもう一つデッカイことを考えています。
それは常滑に愛知県で始めてのクラインガルテンを作ることです。
いま着々と準備を進めています。
お楽しみに待っていてください。

| | コメント (0)

2008/05/02

京都の旅

新緑の季節を迎えて久しぶりに家内と京都へ行ってきました。
目的は知多市の加藤 不譲先生が乾窓院というお寺で襖絵を描いておられるのを応援することですがついでの用事のほうが多くなりました。

今回回ったところ
・佐川美術館   素晴らしい美術館です。さすが佐川さんだと思いましたね。近くにあるラブホテルなんとかならないですかね。色がひどすぎます。平山郁夫さんの数々の作品に加えて10周年記念の特別展 小磯 良平さんと佐藤 忠良さんも素晴らしかったです。それぞれのお人柄がよく現されていて、そして佐藤 忠良さんはまだご存命なんですね。池の中にも鹿の像が立っています。ここの美術館にはなくてはならない方です。

P1130195P1130208









・浮御堂      比叡山への登り口にありました。名前は聞いていたけど行ったのは初めてです。ここからどこへ行っても参拝料金を取られる旅の始まりです。近江八景だったかな 
。「五月雨の雨垂ばかり浮御堂」 青畝の句碑がありました。

P1130249








・比叡山 延暦寺根本中堂   以前にも来たことがありますがその大きさには圧倒されます。これほどのものをよく作られたものです。織田  信長が攻めたことや石山寺と戦ったこと。石山寺の鐘楼の鐘を弁慶が引っ張って持ってきたことなど驚くことばかりです。また最近絵看板が立てられていて読みながらすすんでいくといつの間にか物知りになっています。立派なお坊さんがここから出ているのがよくわかります。本堂ではお坊さんの説教がありました。仏様は線香の匂いが大好きなんだと

P1130270P1130274






・曹洞宗乾窓院   午前午後と音楽が演奏されその隣の静かな部屋で不譲先生が黙々と筆を動かしておられました。私はだいぶ出遅れてしまったのですが特別に筆を一筆入れさせていただきました。乾窓院は新しい建物でそこの襖は全て不譲先生が書いておられるのです。
翌日には中国の田偉さんという京劇の先生がお出でになって上海でのお仕事が出来るかもと不譲先生は張り切っておられました。

P1130288

P1130296

P1130299






・大原 寂光院    建礼門院ゆかりの尼寺ですね。今では車ですっと行けますが昔はさぞかし大変な田舎だったろうとしのばれます。聖徳太子ゆかりのお寺であり平家物語にも出てくるという歴史に残るお寺です。それにしても火災で焼けたのは痛いですね。その時の熱で1000年の桜が枯れてしまいました。
痛ましいです。

P1130338

P1130340P1130344 





・大原山荘   大きな民宿で学生アルバイトばかりでまかなっているような感じでした。部屋はよくありませんが食事と風呂はとても良かったです。温泉なんですね。

    三千院  時間の都合で中を見ることは出来ませんでしたが、駐車場から三千院あたりをゆっくり散歩できました。素晴らしいお寺ですね。またゆっくりと訪れたいものです。早朝のすがすがしいお参りが出来ました。

P1130407P1130403 途中八瀬駅によりました

P1130456






・太秦 広隆寺  聖徳太子と秦野川勝ゆかりのお寺です。さすがに貫禄ですね。駐車場がなくて不便でした。京都の町は秦野川勝が作ったと聞いています。嵐山や桂川を堰きとめて農業が出来るようにしたのですね。どちらも西のほうから来た人らしいですね。

P1130479






・嵐山ーー亀岡  トロッコ列車  予定を一時間遅れてでしたがギリギリ間に合いました。往復ともゆったりと周りの景観を楽しめての旅でした。船に乗りたかったのですが時間がかかります。山陰本線と右に左に入れ替わりますがこちらのほうがずーっと風情があります。

P1130495P1130514






・嵐山  天龍寺  トロッコ列車を嵐山で降りて天龍寺経由して嵐山の駐車場まで歩きました。途中の竹やぶが見事です。大きく太い竹がもう3メートルほど伸びていて成長の速さを感じさせます。 天龍寺の寺の中から庭を見るのは最高ですね。後ろの山が庭の一部として組み入れられているのがよくわかります。

P1130556P1130582P1130597






・アサヒビール大山崎山荘美術館 ここは3度目ですが新緑に囲まれてしっとりと良かったです。モネの睡蓮 何度見てもあきません。微妙に書き方が変っているのですね。ここは駐車場がないので下の市営駐車場に停めてから歩いて行きました。企画展も良かったです。

P1130628

P1130629







・東寺  帰りにちょっと寄ってみました。ここの五重塔は日本一大きいのではないでしょうか?周りのかずかずのお寺もすばらしいですね。弘法大師のお寺なんですね。四国八十八箇所めぐりをするときはここへお参りしてから行くことと書いてありました。

P1130641

P1130645









帰りは新しく出来た新名神高速道路を通って亀山から桑名へ出て帰ってきました。
遠回りですが新しく出来た高速道路は山の中の何もないところを通っておりとても快適でした。
特に新しいトンネルがいいですね。
広いのとメタルハライドランプのトンネル照明がとても明るくて良かったです。

Img_3351

| | コメント (0)

日本李登輝友の会

4月26日岐阜にて日本李登輝友の会岐阜支部発会式がありました。
私は会員ではないのですが 金 美齢さん の講演が聞きたくて行ってまいりました。

会員は4-50名ほどのようでしたが講演会は200名ほどの満席でやはり同じ思いの人が多いのかと思いましたね。

金 美齢さん はテレビでもお馴染みでとても硬派の話しぶりで有名ですね。

講演の前に衆議院議員の野田 聖子さん が挨拶されました。堂々とした立派な挨拶で上手になりましたね。おじいさんも大変な台湾びいきで中国へは一度も行かなかったようです。

P1130123

P1130124

P1130129

「ritouki.pdf」をダウンロード

「sittehanaranai.pdf」をダウンロード

金 美齢さんの話

・最近良く佐伯チズさんに間違われるけどうれしいことだ
   若く美肌に間違われてうれしい

・メイドイン日本への回帰
   チャイナ フリー が大事ですよ
   日本製品を買ってください。
   まずは地元を大切にせよ

・テレビの話
   私の話は殆どカットされてしまい何のためにテレビに出ているのかわからないが
   たまにカットされずにテレビにその発言が出るだけでも意義はあると思う。

・海老名 香葉子さん 憲法9条があったから日本は戦後平和を固持できた。と発言した
   「それは違うでしょ、 日米安保があったからよ」

・ケネディの言葉を思い出しましょう
   「国が何をしてくれるか ではなくて
     自分は国のために何が出来るか?」

・台湾はいま危機である
   3/4は国民党になった。国民党というのは中国国民党である。
   台湾は近いうちに中国になるだろう。
   すでに交渉始まっている。
   台湾が中国になったら太平洋は半分は中国のものになる。
   このことはアメリカに対して発言している。 本気だ。
   最前線は日本になる。

・チベット問題 聖火問題
   善光寺  若いお坊さんよくやった。
   福田首相、マスコミ、国民 みんななさけない
   この地域で中国と対等に向かえるのは日本だけです
   日本は毅然とした態度で向かうべきです
   日本は覇権主義でないので日本こそ資格があるのです。

・福祉  何でも国の責任か?
   支えるのは誰か

・自分は台湾からの違法入国者ですが、日本のお陰で無事これまで暮らしてこれた。
  日本に感謝している。

・戦後日本の間違い
  日本が嫌いになるような教育をしてきたこと。

・台湾   清朝
      日本
      蒋介石
        外国から統治の歴史
        一度も自立した経験がない

      その中で日本が一番良かった
      今台湾があるのは日本のお陰である
      台湾の近代化は日本のお陰である

・私は福祉や介護に少しでも貢献できるようになりたい。
   お陰で子供たちがしっかりやっているから最悪は世話をみてもらえると思う。
   生活保護のお世話にはならない。

・日本のために台湾が如何に大事かを知ってほしい。
・日本の精神に戻ることが大事だ。

ほぼこんな話でした。

日本李登輝友の会の責任者の話

・日台の人的交流
   台湾から 年間 130万人
   日本から    120万人

      韓国に続いて二番目

・台湾は日本のシーレーンである
    石油の安全も確保むつかしくなる

・平成15年から台湾で天皇誕生日レセプションが始まった
    
・台湾国民調査
    好感度調査  1位  日本  36%
             2   アメリカ
             3   韓国
             4   中国   3%

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »