« トヨタ白川郷自然学校 | トップページ | 第24回地方銘酒を楽しむ会 »

2008/03/10

合掌造りと焔硝


今回のトヨタ白川郷自然学校での東海インタープリテーションネットワーク勉強会で私が一番驚き興味を持ったのは「焔硝と合掌造り」の関係です。

ここへ来るまで恥ずかしながら焔硝という言葉も聞いたことがありませんでした。
トヨタ白川郷自然学校のインタープリターから今日の歴史探訪を4班に分かれておこなうと発表がありました。
1・いろりと方言 について
  神田家(宮大工が作った合掌造り 一番立派な家)を訪ねてご当主から話を聞く
2・木で作った籠作り ヒデ作り  渡辺 貞夫さんに聞く
    電気屋をしながら作っている 今は一人だけ

    P1100598
P1100599

3・床下は火薬工場  合掌造りの床下では焔硝作り(火薬の材料)をしていた
   コーヒー屋 鄙(ひな)  のマスターから聞く
4・とち餅 なら餅 
    下山はるえ さんに聞く(トヨタ白川郷自然学校が出来る前ここの合掌造りに  住んでいたおばあさん)この班はなら餅が食べれるかも

私は1番に参加しました。
どれも興味の沸く内容ですが、ここの1番と3番に出てくる焔硝にとても興味が沸きました。

焔硝は塩硝、 煙硝とも言われました。これは本来の焔硝(火薬)を隠すために使われたと聞きました。焔硝という字は幕府だけが使えた字だそうです。
焔硝をつくるには、山村生活の廃棄物であるカイコや鶏の糞、米殻やソバ殻、身近で取れるヨモギや麻の葉、小便などを発酵させて煙硝を作っていました。 化学反応、発酵技術を応用したものですね。

焔硝は黒色火薬の材料です
黒色火薬の内訳   焔硝 75% 木炭 15% 硫黄 10%

焔硝づくり

合掌造りの床下で作られていた
  材料は
    よもぎ 蚕の糞  人間の小便  が材料

  最初作るのに5年かかる  それからは毎年出きる。合掌造りの村の最大の収 入源であった。その次はお蚕です。米や野菜は自分たちの食べるだけ。

この技術を白川郷や五箇山へ持ち込んだのは京都の浄土真宗なんだと聞いてまたビックリ。これは白川郷で聞いたのではなく翌日昼食を一緒にした仲間から聞いたのです。この人はなんと川崎市から来ておられた方で川崎市立民家園でボランティアをされているのです。その担当が合掌造りだそうで焔硝のことを研究されていたのです。
P1100549P1100551P1100546
浄土真宗と織田信長が石山寺で11年にわたる戦いをしましたが、本願寺は金沢、美濃方面にとても勢力を持っていましたのでこちらに援軍を頼みました。ここから焔硝を運んだりまた農民も戦に出て行って信長と戦ったので相当な戦力になったそうです。もちろんこの焔硝のもとはポルトガルから種子島に伝来した鉄砲ですね。種子島と白川郷が繋がっているとは思いもよりませんでした。ここは人里はなれたところなので秘密保持には最適な場所だったのではないでしょうか?

白川郷の焔硝は江戸幕府へ  五箇山の焔硝は加賀前田藩へ持って行ったそうです。こういう山深いところだから秘密を守るのに良かったのでしょうね。山の中だからさぞかし自給自足の生活をされていたのだろうと想像していましたが案外と裕福な暮らしだったかもしれません。


いろりを見せていただいた神田家のご当主は若いころ東京で生活されていて奥さんも東京から連れてこられたそうです。
方言を教えてください。 と言いましたら特に見当たらないよ。東京へ出て行ったときも言葉では何も苦労しなかったとおっしゃいました。江戸と通じていたからでしょうか?あの方が特別ハイカラなかたなのかはわかりませんが。

ちょうど神田家では60年に一度の萱屋根の葺き替え作業をされており珍しい場面を見せていただきました。以前はこの山奥の萱を使っていたが最近は取れなくなり富士山のふもとの萱を運んでいるそうです。暖かいところの萱は早く傷むので以前は60年もったけど今からは30年くらいしか持たないだろうとおっしゃってました。

P1100448

また白川郷の囲炉裏では自在鍵を使っていません。自在鉤はぜいたく品と見られて年貢が多くなるから使わないんだと言われました。こちらでは 五徳 を使っています。
隣の五箇山の囲炉裏では自在鉤を使っているそうです。前田藩はそれだけ鷹揚だったかも

|

« トヨタ白川郷自然学校 | トップページ | 第24回地方銘酒を楽しむ会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

jyunさん

ご指摘ありがとうございました。
さっそく直しておきました。

投稿: えーさん | 2008/03/10 22:13

 焔硝の話、興味深く拝見しました。
>白川郷の焔硝は江戸幕府へ  五箇山の焔硝は加賀前田藩へ
 どちらも飛び道具に必要だったのでしょうか。
 萱屋根の葺き替えもご覧になったのですね。
 よい勉強会でしたね。

 ※焔硝のリンク先が川崎市立民家園になっていますよ

投稿: jyun | 2008/03/10 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トヨタ白川郷自然学校 | トップページ | 第24回地方銘酒を楽しむ会 »