« 幸塾 全国大会 | トップページ | グレーター・ナゴヤ クラスターフォーラム2008 »

2008/01/22

またまた武田教授の講演

今年初めての武田 邦彦教授の講演を聞きました。名古屋の介護、医療施設の企画設計会社 株式会社 ニコム 主催の講演会が栄の東邦ガス 栄ビル大ホールで行われました。100人近い人で大盛況でした。終わってからは近くの居酒屋で50人以上が参加して武田教授を囲んでの懇親会もありました。

一般に信じられている環境問題の間違いを理路整然とわかり易くお話いただきました。

P1080585_2
間違った環境の常識とは
1・ダイオキシンはそれほど人間に害を及ぼすものではない。
   東大の和田教授(最高のオーソリティ)が2001年にこれを発表している。その後それが間違いという報告はない。ダイオキシンがいけないなら焼鳥屋のおやじはみんな病気になっているはずだ。 モルモットと人間は違うのだ。

2・虚像のリサイクル
   ペットボトルはリサイクルされているのか
   回収が増えるほど製造も増えている
   大事なことはリサイクルよりもたくさんのペットボトルを使わない
   生活をすることではないか

3・紙のリサイクルについて
   今の製紙会社のリサイクルの問題はある意味では製紙会社のほうが被害者の面がある。
   ごまかしはよくないが政府 役所が製紙会社を追い込んだのではないか?
   日本は先進国一番の森林国なのにその利用率は低い。
   40年前前までは国産の木から紙は出来ていたのに今では殆どが外国からの木材で作られている。

4・温暖化について
   私は日本の温暖化についてそれほど深刻に考えていない。
   100年で2度か3度上がると言われているがこれはゆっくりとしたカーブで起こる
   ことだ。温度がその程度上がることは日本にとってはむしろいいことではないか?
   (今の温暖化対策関係者が聞いたらビックリ仰天する話ですね)
   最悪日本が台湾程度に100年後くらいになるかもしれないが
   それでもいいではないか

   北極や南極の氷が溶けても海面は上昇しない。IPCCもそう言っている。最近は誰も
   言わなくなった。

P1080593_2
   

5・京都議定書のウソ
   150カ国でCO2を真面目に削減しているのは日本だけ。
   1990年を基準にして決められたことがおかしい。
   ヨーロッパの国々は1990年から1997年ですでに大幅にCO2が
   削減されていた。増加していたのはアメリカ、カナダ、日本の三カ国だけ。
   しかしアメリカとカナダは脱落して残ったのは日本だけ。

P1080592_2

これからの大問題
  1・食料を自動車に食べさせること
   トウモロコシから自動車の油を作る方向に動いていること。
   世界に8億人の飢えた人がいる。
   世界に8億台の自動車がある。
   自動車に食べさせようとしているのだ。しかもこの動きは止められない。
   自分さえ儲かればいい という考えが世界を支配している。

  2・日本の農業が心配だ
   現在の農業従事者 65歳以上が52%もいる。フランスやイギリスは30代の若い人が農   業をやっている。米を作るのに5倍のエネルギーを使っている。石油がなくなったら米も出   来ない。

日本の将来に期待したい
   日本人が本来の姿に立ち戻るべきだ。そうすればきっと日本は良くなるだろう。
   カッテンディーケとモースの言った言葉をここに書きます。
   日本本来の心を取り戻しましょう。

  カッテンディーケ(オランダ人で勝 海舟に教えた人)
   「 日本人が他の東洋諸民族と異なる特、性の一つは、奢侈贅沢に執着心を持たないことで    あって、非常に高貴な人々の館ですら、簡素、単純きわまるものである。すなわち、大広    間にも備え付けの椅子、机、書棚などの備品が一つもない。」

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B1

  渡辺 京二 「逝きし日の面影」から
    モースの「日本人の住まい」(大森貝塚を発見した人)

   「鍵を掛けぬ部屋の机の上に、私は小銭を置いたままにするのだが、日本人の子供や召使い    は一日に数十回出入りをしても、触っていけないものは決して手を触れぬ。」

  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B9

   
 

|

« 幸塾 全国大会 | トップページ | グレーター・ナゴヤ クラスターフォーラム2008 »

環境」カテゴリの記事

コメント

ちやすさん

あなたは武田教授よりもっと大きな目で地球をみておられるのでしょうね。


武田教授は今の環境問題に一石を投げかけられていると思います。

投稿: えーさん | 2008/01/23 23:01

武田氏のお話、著書を読むと
視点がどこにあるのか?
自分勝手な環境論なのか?
思いました。
地球は人類だけのものじゃない。

すれ違うときに少し肩をよける
~このくらいの美徳から
まずは一歩一歩
あっぱれな倭の国に!

投稿: ちやす | 2008/01/23 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸塾 全国大会 | トップページ | グレーター・ナゴヤ クラスターフォーラム2008 »